F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
2 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
9 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
30 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
44 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
58 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
86 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
93 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
107 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
114 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
128 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
142 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
149 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
163 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
177 days

昨季は期待外れの1年となったルノー、2020年マシンの開発方針は?

シェア
コメント
昨季は期待外れの1年となったルノー、2020年マシンの開発方針は?
執筆:
2020/02/13 23:30

ルノーは昨年期待外れのシーズンを送ったが、2020年マシンをこれまでと全く異なるコンセプトで開発することはしなかったようだ。

 昨年コンストラクターズランキング5位に終わったルノー。彼らは2020年の目標を同4位に設定し、3強チームとの差を縮めることを目指す。

 2月12日にルノーはパリで開かれた記者会見の中で、2020年マシン『R.S.20』のイメージ画像を公開した。しかし、マシン全体は映し出されておらず、カラーリングもテスト用。その全貌は未だベールに包まれたままだ。

 ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、R.S.20の開発アプローチについて次のようにコメントした。

「今年は少しだけ異なるアプローチをとることにした。レギュレーションは昨年からほぼ変わらないので、マシンのパフォーマンスに直接的に影響しないいくつかの要素については、昨年のままとなっている」

「かといって、今年のマシンが昨年と全く同じであるということはない。我々がR.S.20に関してパフォーマンスの面で焦点を当てたこと、取り組んだことは、2021年(のマシン開発)にもつながることだ。それらの取り組みがうまくいくかどうか、(開幕戦)メルボルンの土曜日を見てみようじゃないか」

 また、ルノーのエグゼクティブディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、R.S.20の進化したデザインが成果をもたらすと感じている。

「昨年のマシン開発が全体的に期待外れであったことは確かだ」とブコウスキーは語った。

「だから我々はあらゆるものを見直し、何が間違っていたのかを分析した。どこが長所でどこが短所だったのか、マシン開発や組織運営においてどこが弱点となったのか……そういったことがR.S.20の開発の肝となった」

「真っ白なキャンバスから始めることなく、R.S.19の長所と短所をベースに(R.S.20の)開発ができたので、近年で最大の変化が起きるであろう2021年に向けても、さらに力を入れて取り組むことができる」

 またブコウスキーは、2020年マシンのデザインが昨年のものと比べ進化しているとしつつも、シーズン中も空力の開発を積極的に行なっていくと語った。

「昨年のような開発の停滞は避けたい。最初のレースが終わったことにはある程度進化の度合いが見えてくるだろうが、我々はシーズン中も積極的な開発を行なうだろう」

Read Also:

次の記事
【ギャラリー】2020年はさらなる躍進を! マクラーレンMCL35

前の記事

【ギャラリー】2020年はさらなる躍進を! マクラーレンMCL35

次の記事

弱点を克服し、マクラーレンはさらに進化する? 新車MCL35を開発責任者が解説

弱点を克服し、マクラーレンはさらに進化する? 新車MCL35を開発責任者が解説
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble