F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

ルノーF1、リカルド後任に”大物”と交渉。「チームを理解してくれる人材が必要」

シェア
コメント
ルノーF1、リカルド後任に”大物”と交渉。「チームを理解してくれる人材が必要」
執筆:

ルノーF1のシリル・アビテブール代表は、ダニエル・リカルドの後任となる2021年のドライバーについて、”大物”との交渉を行なっていると語った。

 ルノーF1チームのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、2021年のドライバー候補として、”ビッグネーム”との交渉を行なっていると明かした。

 セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱をきっかけに発生した玉突き移籍の結果、2021年にダニエル・リカルドがマクラーレンへと移籍することが決まり、ルノーのシートに空きが生じることになった。

 それ以来、去就が決まっていないベッテルと、F1への復帰が噂されるフェルナンド・アロンソがこのシートに座るのではないかと見られている。

Read Also:

 オーストリアGP初日の7月3日、アロンソの獲得に関心があるかと訊かれたアビテブールは、詳細についてコメントを避けたものの、チームが今後に向けて何を望んでいるか説明した。

「まず、それぞれのクルマにひとりドライバーが必要だね!」

「我々には速いドライバーが必要だ。ルノーのプロジェクトを理解し、受け入れるドライバーが必要なんだ」

「我々のチームの性質は非常に明確だ。F1の中でも我々は少しユニークなチームだが、同時にまだ若いチームであり、チームを作っている最中なんだ。特に昨年のように、苦戦するときもある」

「だから、我々にはそれを全て理解できる人材が必要だ。我々が取り組んでいる仕事や努力、我々の倫理といったモノの価値を理解できる人が必要なんだ。ダニエルがそれを理解できてないと言っているのではない。私は今後について話をしているんだ」

「我々は何人かと話をしている。何人かのビッグネームや、それよりも知られていないドライバーとも話をしている。時間をかけて、我々がどんなチームなのか、我々のチームに参加する上で彼らがなにを求めているかといった点で、適切な調整をしていく」

 アビテブールは、ドライバーの決定について期限を設けていないという。

 

Read Also:

 

【動画】2020F1オーストリアGPフリー走行3回目ハイライト

前の記事

【動画】2020F1オーストリアGPフリー走行3回目ハイライト

次の記事

F1オーストリア予選速報:ボッタス、今季最初のPP! フェルスタッペン3番手

F1オーストリア予選速報:ボッタス、今季最初のPP! フェルスタッペン3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper