F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
18 時間
:
31
:
10
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

ルクレール、望外の2位獲得でチームを鼓舞「僕たちは何だってできるんだ!」

シェア
コメント
 ルクレール、望外の2位獲得でチームを鼓舞「僕たちは何だってできるんだ!」
執筆:
2020/07/05 16:17

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1オーストリアGPで獲得した2位は予想外の好結果であり、優勝にも等しい喜びを感じていると語った。

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、完走11台というサバイバルレースを生き残り、2位を獲得。予想外の好結果に、優勝にも等しい満足感を感じていると話した。

 予選で振るわず、7番グリッドから決勝に臨んだルクレール。レース序盤はなかなかポジションを上げていけなかったが、今回のレースは上位陣にもリタイアやトラブルが続発する波乱の展開だった。ルクレールは終盤にセーフティカーが出動する展開も味方につけ、ランド・ノリス(マクラーレン)とセルジオ・ペレス(レーシングポイント)をオーバーテイクした。

 そして2番手でチェッカーを受けたルイス・ハミルトン(メルセデス)がアレクサンダー・アルボン(レッドブル)と接触し5秒のタイム加算ペナルティを受けたことで、ルクレールが繰り上がり2位を獲得した。

Read Also:

 レース後、ルクレールは予想外の結果だったと認めた。

「僕はとてもハッピーだ。今日はレースに勝ったようにも感じる」

「こんな結果は期待していなかった。素晴らしいサプライズだ。僕たちは今日、全てを完璧にこなしたから2位になれたんだと思う」

「言うまでもなく、ルイスにペナルティが出たのは少し運が良かった。あちこちでクラッシュが起きていた。自分たちに思っていたようなペースがなかったとしても、あらゆるチャンスを利用するというのが目標だったから、2位になれてとても満足だ」

「僕たちにはまだ、やらなければならないことがたくさんある。僕たちは望んでいたようなところにはいないし、離されている。でもどんなことでも可能なんだ。だから、メンタルを強く保つ必要がある。チーム全体がきちんと機能すれば、うまくいくと確信している。それには時間がかかるんだ」

 ルクレールは可能な限り激しくプッシュしていたとレースを振り返った。

「僕は毎回セーフティカーが出た時に、ターン1からターン3までで苦戦していたから、ここでは自分にチャンスがないと分かっていた」

「でも、誰かがミスをした時にはチャンスが訪れると思っていた。だからランドがセルジオとバトルをして少し減速した時に攻めた。セルジオとのバトルもかなり厳しかったけど、楽しんだよ」

「僕はミスをしなかったから、このレースは僕にとって、F1での最高のレースのひとつだったと考えている」

Read Also:

F1オーストリアGP決勝:レッドブル・ホンダに悲劇。大サバイバル戦をボッタス制す

前の記事

F1オーストリアGP決勝:レッドブル・ホンダに悲劇。大サバイバル戦をボッタス制す

次の記事

勝てるレースだった……アルボン、ハミルトンとの“2度目”の接触で涙を呑む

勝てるレースだった……アルボン、ハミルトンとの“2度目”の接触で涙を呑む
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ドライバー シャルル ルクレール
執筆者 Adam Cooper