Q2でまさかの苦戦。一方チームメイトは好調……ベッテル「ルクレールは別クラスのよう」

F1ポルトガルGP予選でQ2敗退に終わったセバスチャン・ベッテルは、チームメイトのシャルル・ルクレールが“違うクラスのマシン”に乗っているように感じると語った。

Q2でまさかの苦戦。一方チームメイトは好調……ベッテル「ルクレールは別クラスのよう」

 アルガルヴェ・サーキットで行なわれたF1ポルトガルGPの予選は、フェラーリ勢にとって明暗の分かれる結果となった。シャルル・ルクレールはメルセデスの2台とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に次ぐ4番手となったが、一方でセバスチャン・ベッテルはQ2で苦しみ、15番手に終わった。

Read Also:

 予選後、地元ドイツのテレビ局に対してベッテルは、ルクレールとの差について「かなり離れている」と語った。

「ただ負けただけじゃなくて、(ルクレールのマシンが)まるで別クラスのようだった」

「僕はできる限りのことをしている。僕のラップはかなり遅かったけど、それでもある程度は満足している。現時点では、自分の持っているものを最大限活かす以上にできることはないんだ」

 Q1はソフトタイヤを履き、8番手で通過したベッテルだが、Q2ではミディアムタイヤを履いてアタックした。Q1の結果を考えると、ソフトタイヤを履いていればQ3進出もあったはず……そう考えることもできるが、ベッテル自身はQ2でミディアムを選んだのは正しいことだったと考えているようだ。

「(Q2)最初のトライでフィーリングが良かったんだ」とベッテルは言う。

「でも2回目の時は、タイヤの温度が全然上がらなかった。ターン3ではホイールをロックさせてしまって、以降のラップはめちゃくちゃになってしまった」

 そう語るように、ベッテルはQ2最初のアタックでのフィーリングを考えれば、なぜ2度目のアタックで苦戦したのか分からないようだ。

「なぜこんなにタイヤの温度を上げるのに苦労しているのか分からないし、毎回フィーリングが少しずつ違う感じがするんだ。さっきも言ったように、最初に試した時はマシンのフィーリングが良かったんだ」

「今回のミディアムなら、Q1と同じようなタイムを簡単に出せると思っていた。それが目標だったけど、そう簡単にはいかなかった」

 また、Q2でミディアムタイヤを履いた理由についてベッテルは、フリー走行でソフトタイヤにグレイニング(ささくれ摩耗)が発生していたことで、ソフトタイヤでアタックをすることに消極的だったと語った。

「この週末、ソフトタイヤで少し苦戦していたんだ」

「僕の場合は、タイヤにすぐグレイニングが起きてしまったんだ」

「ミディアムの方が耐久性があるように見えた。最初のトライでもフィーリングが良かったし、タイムも良かった。(Q3に通過できる)タイムを出すのは簡単なはずだったけど、うまくタイヤが機能しなかったんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
初開催……決勝では何かが起きるかも? ガスリー9番手から”チャンス”を狙う
前の記事

初開催……決勝では何かが起きるかも? ガスリー9番手から”チャンス”を狙う

次の記事

レッドブルのホンダPU継続使用に追い風? メルセデス代表、2022年のPU開発凍結を支持

レッドブルのホンダPU継続使用に追い風? メルセデス代表、2022年のPU開発凍結を支持
コメントを読み込む