ニック・デ・フリーズ、フォーミュラE初代”ワールドチャンピオン”獲得を喜ぶ「運が僕らに味方したことに感謝」

フォーミュラEの”初代”ワールドチャンピオンに輝いたメルセデスのニック・デ・フリーズは、「運が僕らに味方したことに感謝している」と語る。

ニック・デ・フリーズ、フォーミュラE初代”ワールドチャンピオン”獲得を喜ぶ「運が僕らに味方したことに感謝」

 フォーミュラEの2020-2021シーズン最終戦ベルリンePrixがテンペルホーフ空港特設コースで行なわれ、8位でフィニッシュしたメルセデスのニック・デ・フリーズが、ドライバーズチャンピオンに輝いた。フォーミュラEは今シーズンからFIAの”世界選手権”シリーズに昇格しているため、デ・フリーズはフォーミュラEの初代”ワールドチャンピオン”に輝いたということになる。

 そのデ・フリーズはチャンピオン獲得について、「運が僕らに味方した」と語っているが、確かにその言葉通り、最終戦は何もかもがデ・フリーズに味方したようなレースだったと言える。

 デ・フリーズは、ランキング首位で最終戦を迎えた。しかしランキング2番手のエドアルド・モルタラ(ベンチュリ)とはわずか3ポイント差。しかもチャンピオン争いは大混戦であり、10人以上にチャンスがある状態だった。さらにデ・フリーズは予選でうまくいかず、13番グリッドからのスタート。チャンピオン争いの行方は分からないという状況でのスタートとなった。

 しかしシグナルがブラックアウトし、レースがスタートすると、運はデ・フリーズに次から次へと味方していくことになる。

 まずランキング4番手で、3番グリッドにつけていたミッチ・エバンス(ジャガー)が、”エンスト”のような状態となりグリッド上でストップ。そこにランキング2番手で11番グリッドのエドアルド・モルタラ(ベンチュリ)が追突してしまう。両者のマシンは大破し、ここでリタイアすることになった。

 さらにこのクラッシュでの赤旗中断後、レース再開時にはランキング3番手のジェイク・デニス(BMW)が、ターン1で減速しきれずにウォールに激突してリタイア。つまりレーススタート直後に、ランキング2〜4番手が一気に姿を消したのだ。

 その後も、チャンピオンの可能性を残していたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)がリタイアしたり、ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)がペナルティを受けたりするなど、ライバルが次々と脱落。デ・フリーズはポジションを上げただけでなく、走りきればチャンピオン獲得……という状況になっていったのだ。

 結局デ・フリーズは8位でフィニッシュしたものの、チャンピオン獲得には十分。チームメイトのストフェル・バンドーンも3位に入ったため、メルセデスもチームタイトルを獲得することができた。

 デ・フリーズは、ベルリンePrixでは運を味方につけたと認めつつも、自らのパフォーマンスはチャンピオン獲得に値するモノだったと語った。

「言葉がないよ」

 そうデ・フリーズは語った。

「少し感情的になり始めている」

「もちろん、ミッチ(エバンス)とエド(モルタラ)に起きたことには残念に思っている。彼らは、最後まで戦うのに値したはずだ。ずっと接戦のチャンピオンシップだったからね」

「誰もが、浮き沈みが大きかった。そして、みんな同じような状況だったんだ。だから今日のような、誰もがチャンピオンシップに挑むことができる状態になったんだ」

「そして、運が僕らに味方したことを感謝している。でも僕らは信じられないほど力強いレースを走ったと思うし、それを誇りに思う」

「誰もが懸命にプッシュし、昼夜を問わず働いてくれた。チームにこのような結果をもたらしてくれたことに、とても感謝している」

「僕個人としては、まだ少し落ち着く必要がある。まだよく理解できていないんだ。2010年と2011年に、カートの世界選手権で勝ってから10年。そして2019年にはF2を制した。そして今回のチャンピオンを、誰も僕から奪い取ることができなかった。そのことが重要だし、とても満足している」

 デ・フリーズは非常に力強い形でシーズンをスタートした。しかしシーズンが進むに連れてその相対的なパフォーマンスは下落していき、第11戦ニューヨークePrixを終えた時点では、ランキング首位のサム・バード(ジャガー)から22ポイント遅れの10番手まで落ちてしまっていたのだ。

 彼とメルセデスは、シーズン中何度かミスを犯したこともあった。しかし彼らが安定した結果を残せなかった最大の要因は、フォーミュラEの予選システムにあるとも言える。フォーミュラEは、4グループに分けて予選を行なう形になっており、ランキング上位のドライバーは、第1グループに振り分けられる。サーキットの路面は走行を重ねるに連れてラバーが乗り、グリップが増していくため、最初に走行するのは後から走るドライバーたちと比較して圧倒的に不利なのだ。デ・フリーズはこのシステムに足を引っ張られた形になった。

 チーム代表のイアン・ジェームスは、今シーズンのチームの浮き沈みについて、次のように語った。

「今日のレースはほとんど、ピークとも言える状態だった」

 そうジェームス代表は語る。

「このシリーズは、何が起きるか分からないように設計されているため、落ち着くのにしばらく時間がかかる」

「シーズンを振り返れば、自分たちでミスをしたこともあったのは確かだ。他の人たちと同じように、運が悪いと思ったこともあった。でも、最終的にはうまくいった」

「メルセデス・ベンツという観点から言えば、127年ものモータースポーツでの歴史があり、そしてフォーミュラEで最初のワールドチャンピオンになることができた。しばらくの間、それを味わうつもりだ」

 メルセデスは、先行してフォーミュラEに参戦したHWAのプロジェクトを引き継ぐ形で、2019-2020シーズンから参戦をスタート。ワークス体制として2シーズン目で、ダブルタイトルを獲得してみせた。しかし2021-2022シーズンを最後に、フォーミュラEから撤退するのではないかという噂も立ち始めている。

 

Read Also:

シェア
コメント
FE最終戦でクラッシュのモルタラ、脊椎に微小な骨折も手術の必要なし。タイトル逃した精神的ダメージの方が大きい?
前の記事

FE最終戦でクラッシュのモルタラ、脊椎に微小な骨折も手術の必要なし。タイトル逃した精神的ダメージの方が大きい?

次の記事

王者獲得まであと一歩……ミッチ・エバンス、スタート直後のストップで全てが”水の泡”「しばらく苦しむことになる」

王者獲得まであと一歩……ミッチ・エバンス、スタート直後のストップで全てが”水の泡”「しばらく苦しむことになる」
コメントを読み込む