ジョビナッツィ、フォーミュラEでの未来を「あと数戦」で判断。来季はフェラーリのWECハイパーカーをドライブ?

ドラゴン・ペンスキーからフォーミュラEに参戦中元F1ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィは、2023年以降の身の振り方を今後の数レースで判断すると語った。

ジョビナッツィ、フォーミュラEでの未来を「あと数戦」で判断。来季はフェラーリのWECハイパーカーをドライブ?
Listen to this article

 アントニオ・ジョビナッツィ(ドラゴン・ペンスキー)は、2023年以降もフォーミュラEに参戦するかどうかを「今後の数レース」で判断すると語った。 

 ジョビナッツィは2021年限りでアルファロメオF1のシートを失い、今年はフェラーリのF1リザーブドライバーを担当するのと平行して、フォーミュラEに参戦している。 

 フェラーリは、2023年から世界耐久選手権(WEC)のル・マン・ハイパーカー(LMH)クラスに参戦が決定しており、ファクトリー契約のジョビナッツィがそのドライバー候補として注目されている。 

 それまでのフォーミュラマシンとは異なる点の多いフォーミュラEでジョビナッツィは、適応に苦しんできた。しかしパフォーマンスは徐々に改善の兆しを見せ、過去3戦ではグリッド最後尾をひた走ることは回避できている。 

 チームとして戦闘力に欠けていることもあり、チームメイトのセルジオ・セッテ・カマラと共にジョビナッツィは現時点で無得点。ただ順位としては、セッテ・カマラの後塵を拝している。 

 Motorsport.comから今後のキャリアについて尋ねられたジョビナッツィは、2023年に向けていくつかの選択肢があると明かした。ただその前に、フォーミュラEへ完全に適応できるかを確かめたいという。 

「まだ分からないよ。このマシンにもっと適応できるかどうかを理解するために、ここでまだ何戦がレースをしたい」とジョビナッツィは言う。 

「これまでのところ、たしかに厳しいシーズンになっている。正直、それは明白だ」 

「それ(フォーミュラEへの完全な適応)は僕が見てみたいことだけど、来年どうしたいかは考えている。選択肢は確かにある」 

「自分のキャリアにとってベストな選択をしたい。まだ(決断を下すのは)早すぎるけど、来月にはもっと理解できると良いね」 

 
Read Also:

シェア
コメント
デ・フリーズが今季2勝目。好調モルタラをスタートでズバッと攻略|フォーミュラE第8戦
前の記事

デ・フリーズが今季2勝目。好調モルタラをスタートでズバッと攻略|フォーミュラE第8戦

次の記事

ベルニュがダ・コスタとの同門対決を制しポールポジション|フォーミュラE第9戦予選

ベルニュがダ・コスタとの同門対決を制しポールポジション|フォーミュラE第9戦予選