F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
33 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
20 days

ベルガー、”甥っ子”アウアーの活躍に期待「スーパーフォーミュラで大きく成長した」

シェア
コメント
ベルガー、”甥っ子”アウアーの活躍に期待「スーパーフォーミュラで大きく成長した」
執筆:
協力: Sven Haidinger
2020/04/26 9:36

DTMを主宰するITRのゲルハルト・ベルガー会長は、甥のルーカス・アウアーがスーパーフォーミュラで大きく成長したと語った。

 元F1ドライバーで、現在はDTM(ドイツツーリングカー選手権)を主宰するITRの会長を務めるゲルハルト・ベルガーは、甥のルーカス・アウアーについて、2019年に日本のスーパーフォーミュラに参戦したことで大きく成長したと評価。DTMによりうまく適応できると語った。

 アウアーは2015年から2018年にかけて、メルセデスからDTMに参戦していたが、2018年限りでメルセデスがDTMから撤退。アウアーはレッドブルからのサポートを受けて、スーパーフォーミュラへと戦いの場を移した。

 アウアーのシングルシーターカテゴリーへの本格参戦は、F3ヨーロッパ選手権でランキング4位になった2014年以来5年ぶり。チームも、B-MAX Racingがmotoparkと組んで初年度という状況だったが、アウアーは第3戦のSUGOで3位表彰台を獲得し、ランキング9位でシーズンを終え、周囲の期待に応えた。

 アウアーはスーパーフォーミュラへの参戦継続に前向きなコメントも残していたが、最終的にBMWと契約しDTMへの復帰を選択した。

 ベルガーは、アウアーがより強力なドライバーとなってDTMに戻ってくると信じている。

「日本でのシーズンは、彼の個人的な進歩において、大きな一歩となった」と、ベルガーはmotorsport.comに語った。

「彼は初めて故郷を離れ、独り立ちして異なる文化の中で自分の道を見つけることを学んだ。スーパーフォーミュラはF1に次いで速いフォーミュラカーであるため、彼のドライビング技術も成長した」

 ベルガーは、アウアーがDTMでドライバーズタイトルを狙えるはずだと考えている。アウアーはメルセデスからDTMに参戦した4年間で、既に4勝を挙げており、ランキング6位がベストの成績となっている。

「元々、日本でF1参戦に必要なスーパーライセンスポイントを集めるのが、彼の目標だった」とベルガーは語った。

「それはうまくいかなかったが、彼はそれを受け入れた。私としては、彼の今の目標はDTMでトップクラスのドライバーになり、チャンピオンを争うことだと思う」

 DTMは2019年に、スーパーGT GT500クラスとの共通技術規則であるClass1規定に準拠したマシンを導入した。アウアーはDTMのマシンに再び適応する時間が必要になるのかと訊かれたベルガーは、次のように答えた。

「それはまだ評価するのが難しい。最初はマシンに慣れる必要があるかもしれない」

「だが、彼はより速いマシンに慣れているし、簡単に切り替えはできるはずだ」

 

Read Also:

Lucas Auer, B-Max Racing Team

Lucas Auer, B-Max Racing Team

Photo by: Masahide Kamio

次の記事
参戦メーカー数の減少に苦しむDTM。生き残るためにGT3マシンを採用?

前の記事

参戦メーカー数の減少に苦しむDTM。生き残るためにGT3マシンを採用?

次の記事

DTM王者、クビサの速さを確信「レースでのタイヤの理解は難しいが……」

DTM王者、クビサの速さを確信「レースでのタイヤの理解は難しいが……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ DTM , スーパーフォーミュラ
ドライバー ルーカス アウアー
執筆者 Rachit Thukral