アロンソの移籍は判断ミス? アルピーヌ代表「彼がいる間に、アストンマーチンに負けることはない」

アルピーヌF1のチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソが加入するアストンマーチンを、今後も凌駕し続けることができると信じているようだ。

アロンソの移籍は判断ミス? アルピーヌ代表「彼がいる間に、アストンマーチンに負けることはない」
Listen to this article

 フェルナンド・アロンソが今シーズン限りでアルピーヌを離れ、来季からアストンマーチンに加入することになった。ただアロンソを失うことになったアルピーヌは、今後もアストンマーチンに負けるつもりはないと意気込む。

 アロンソはアルピーヌ契約延長のオファーを断る形で、来季からアストンマーチンに加入ことを選択した。その契約年数は複数年と伝えられていて、少なくとも2024年までは同チームで現役を続けることになるはずだ。

 ただ2022年のハンガリーGPを終えた段階では、アルピーヌが99ポイントを獲得してランキング4番手につけているのに対し、アストンマーチンは20ポイント獲得に留まり、ランキングでも9番手に甘んじている。

 なお現在アルピーヌのチーム代表を務めているサフナウアーは、昨シーズンまでアストンマーチンのチーム代表だった。そのサフナウアー曰く、今後もアルピーヌは、アストンマーチンの前に留まり続けると確信していると語る。

「私は両方のチームをよく知っている」

 サフナウアー代表はそう語った。

「私はあのチーム(アストンマーチン。前身のレーシングポイントやフォースインディア時代含む)で12年間過ごした。だからここ(アルピーヌ)にいる人たちよりも、彼らの方がよく知っているかもしれない」

「12月に私が去ってから、彼らは何人かの人物を雇ったことは知っている。そのうちの一部は、私が採用を担当した。ダン・ファロウズやエリック・ブランディンなどね。だから、彼らが何をしようとしているのか、私は知っているんだ」

「私はアストンマーチンにいる人たちも、アルピーヌのことも知っている。両方のチームが、大きな可能性を秘めていると思う」

「でも今ここにいると、このチームははるかに高いレベルのパフォーマンスを発揮している。未来を予測するのは難しいが、近い将来には、これ以上かどうかは分からないまでも、最低でも今のレベルのパフォーマンスを続けていくことは間違いない」

 サフナウアー代表曰く、アルピーヌも人材を増やそうとしているという。

「我々には”登山者(Mountain Climber)”と呼ばれる社内プログラムがある。これは、このチームの能力を向上させるのに役立つ戦略的な分野で、さらに75人を雇用するというモノだ」

「この75人を雇用することと共に、現在改善中のツール、シミュレーションツールや新しいシミュレータ、製造能力の拡大、そして風洞のアップグレートなどを行ない、100レースのうちに勝つことを目指している」

「これらのことは、まだ進行中だ。そして急速に進んでいる。すでに850人の規模になっているんだ」

「だから私は、フェルナンドがアストンマーチンにいる間は、彼らの前を走ることができると確信している」

 
Read Also:

シェア
コメント
ベッテルは”偉大なアンバサダー”。引退後もドライバー協会の理事留任を求める声
前の記事

ベッテルは”偉大なアンバサダー”。引退後もドライバー協会の理事留任を求める声

次の記事

「2023年FIA国際スポーツカレンダー登録」の申請一覧発表。F1日本GPは10月上旬、国内レースは今年とほぼ同じ日程か

「2023年FIA国際スポーツカレンダー登録」の申請一覧発表。F1日本GPは10月上旬、国内レースは今年とほぼ同じ日程か