角田裕毅に燃料システムのトラブル「明日の走行開始までに解決できるはず」

F1プレシーズンテストの初日、角田裕毅は午後の走行を担当したが、燃料システムのトラブルに見舞われ、37周の走行にとどまった。

角田裕毅に燃料システムのトラブル「明日の走行開始までに解決できるはず」

 今季F1にデビューすることになった角田裕毅(アルファタウリ)は、バーレーンで始まったF1プレシーズンテストの初日、午後の走行を担当。37周を走行し、総合9番手に終わった。

 これまで旧型マシンでじっくり走り込んできた角田は、いよいよデビューを目指してプレシーズンテストに挑んでいる。この日は風が強く、しかも角田が担当した午後はコース上に多くの砂が舞うという難しいコンディションだったが、なんとか周回を重ねていった。

「午後のセッションでニューマシンのドライブを経験し、アルファタウリのドライバーとして初めてFの1公式プレシーズンテスト初日を完了することができたのは、素晴らしいことでした」

 角田はチームのプレスリリースにそう語った。

「この段階で重要なのは、走行距離を積み重ね、データを集めることです。ルーキーとして、この3日間のテストを最大限に活用し、開幕戦の前に多くのことを学びたいと思っています」

 そう語る角田だが、やはりコンディションは簡単なモノではなかったと言う。

「午後のセッションは非常に難しかったです。天候が悪くなってしまい、風と砂がドライブするのを難しくしたんです」

 そして角田のマシンには、燃料システムにトラブルが発生してしまい、その後の走行を断念せざるを得なかった。

「チームは、僕のマシンの燃料システムに問題があることを見つけました。つまり、セッションが終わる前にマシンをピットガレージに戻す必要があったんです。チームはその問題を調べていて、土曜日朝のセッションでピットレーン出口の信号がグリーンに点灯する時には、コースに戻る準備が整っているはずです」

 チーフ・レースエンジニアのジョナサン・エドルズも、角田が見舞われた燃料システムのトラブルについて、次のように語った。

「残念ながら、燃料システムにいくつかの問題が見つかった。それは彼(角田)の走行のほとんどに影響を与えてしまった。彼に、一貫した走りをさせてあげられなかった」

「彼はこのセッションで妥協することになった。でも、チェッカーフラッグが振られる前に走行を終了したので、明日の朝のセッションが始まるまでに、問題の原因を調査し、修正することができる」

 

Read Also:

シェア
コメント
ベッテル、BWTのアンバサダーに就任。今季からピンクのヘルメットを採用

前の記事

ベッテル、BWTのアンバサダーに就任。今季からピンクのヘルメットを採用

次の記事

ペレスとサインツJr.、バーレーン政府が提供するコロナワクチン接種を受けたと明かす

ペレスとサインツJr.、バーレーン政府が提供するコロナワクチン接種を受けたと明かす
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Bahrain March testing
ドライバー 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 田中 健一