オコン、アロンソと”チームメイト”であるのは光栄「彼はセナやシューマッハーと同じF1の伝説」

今季F1に復帰し、先日のカタールGPでは復帰後初の表彰台を獲得したフェルナンド・アロンソについて、エステバン・オコンはチームメイトとして共に働けるのは非常に素晴らしいことだと語った。

オコン、アロンソと”チームメイト”であるのは光栄「彼はセナやシューマッハーと同じF1の伝説」

 アルピーヌのエステバン・オコンは、フェルナンド・アロンソという偉大なチームメイトと組めるのは、非常に光栄なことだと語る。

 先日行なわれたF1第20戦カタールGPで、アロンソが3位表彰台登壇を果たした。彼にとってこの表彰台は、フェラーリに所属していた2014年のハンガリーGP以来、実に7年ぶりの表彰台ということになった。

 アロンソは2018年シーズンを最後に、一時F1を離れていた。その後、WEC(世界耐久選手権)やダカール・ラリー、インディカー・シリーズなどに参戦。ル・マン24時間レースでは2018年と2019年に2年連続で勝利を手にし、WECの2018-2019年シーズンには年間チャンピオンにも輝いた。

 そして2021年、2年のブランクを経てF1に復帰。しかしそのブランクを感じさせぬパフォーマンスを見せて安定して入賞を続け、ついに表彰台に返り咲いた。

 また表彰台には繋がらなかったが、ハンガリーGPでは後方から迫り来るルイス・ハミルトン(メルセデス)を執拗に抑え込み、チームメイトであるエステバン・オコンの勝利をサポートしてみせた。そして今回のカタールGPでは、ハンガリーの”お返し”を求めるような格好で、オコンに対して「ライオンのように(セルジオ・ペレス/レッドブルを)抑えるように言ってくれ!」と無線を飛ばした。

 アロンソは2001年にミナルディからF1デビュー。つまり今年で、デビューから20年経った今もF1で戦い続けているというわけだ。そのモチベーションを長く維持していることに、オコンは感銘を受けているという。

「僕はフェルナンドに、非常に大きな敬意を払わなければいけないと思う」

 そうオコンは語った。

「彼がどれだけのモチベーションを持って挑んでいるのか、そして今の彼の年齢で、そしてどれだけの経験を持ち、このスポーツでどれだけのことを達成してきたのかを知っている」

「それは印象的と言う以上のモノだ。彼はこのスポーツの伝説の一部だよ。(アイルトン)セナや(ミハエル)シューマッハーなどと同列のポジションにいるんだ」

「他のドライバーと比較して、彼が経験から何を出してきて、様々なことをどう考えているかということは、前例がないことだと思う」

 そんなアロンソとチームメイトとして共に戦えるということは、誇りに思うとオコンは語る。

「彼のように考え、彼のようにレースを組み立てる人は、他には誰もいないと思う。だから彼のチームメイトであり、共通の目標のために共にプッシュしていくことができるのを、誇りに思っているんだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
中嶋一貴、フランク・ウイリアムズの逝去に際しコメント「彼のアドバイスが、僕のアスリートとしての”コア”」
前の記事

中嶋一貴、フランク・ウイリアムズの逝去に際しコメント「彼のアドバイスが、僕のアスリートとしての”コア”」

次の記事

F1サウジアラビアGP、中団争いは大接戦に? サインツJr.「高速コースで、何が起きるか分からない」

F1サウジアラビアGP、中団争いは大接戦に? サインツJr.「高速コースで、何が起きるか分からない」
コメントを読み込む