予想外のノリス表彰台、マクラーレン代表「チャンピオンシップ争いでも良い展開」

マクラーレンはF1モナコGPでランド・ノリスが3位表彰台を獲得したが、チーム代表のアンドレアス・ザイドルはこれほど速さを発揮するとは全く予想していなかったと語る。

予想外のノリス表彰台、マクラーレン代表「チャンピオンシップ争いでも良い展開」

 2021年のF1モナコGPでマクラーレンはランド・ノリスが3位表彰台を獲得した。チーム代表のアンドレアス・ザイドルは予想外の好結果を喜んでいる。 

 マクラーレンは今季のモナコGPに特別カラーリングで参戦。フリー走行から常に表彰台を伺う位置につけていたわけではないが、ノリスはトップ10に入る位置での走りを見せていた。

 予選でノリスは5番グリッドを確保。そしてポールポジションのシャルル・ルクレールと、2番手を走っていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)がトラブルによりリタイアを強いられたことで、ノリスの表彰台獲得への道がひらけた。

 ザイドル代表は今回の表彰台獲得は予想していなかったと語っている。

「我々がこうした結果を残し、そしてメルセデスやレッドブル、フェラーリに対して接近できるとは予想していなかったことは間違いない」

「シーズン開幕から常に低速セクションで苦戦してきたことは分かっていた。だからこの週末の結果はとても励みになる」

「このレースウィークに向け、マシンを用意してくれたエンジニアリングチームとプロダクションチームにとても感謝している。彼らはこの冬の間素晴らしい仕事をしてくれていて、さらにプッシュし続けてアップグレードを用意してくれている」

 マクラーレンは5レースを終えた段階で、コンストラクターズランキング3番手を維持。ただザイドル代表は今回ルクレールがリタイアしたことで、フェラーリの大量ポイント獲得のチャンスが失われたことも助けになっていると認めている。

「チャンピオンシップという点では、今回のレース展開は明らかに我々にとって良い結果になった。フェラーリが強力なペースを持っていることは初日、2日目に分かっていたため、大量のポイントを稼がれてしまうリスクが高かった」

「言うまでもなく我々はシャルルの不運で得をしている。ただそうしたモノをどういった形であれライバルに望むことはない」

「ただし、チャンスがあるときに掴める場所に居ることは重要で、我々はそれをできていたのだ。レースではランドが飛ぶような走りをして、チームは戦略面で素晴らしい仕事をして、狙い通りだったと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
FIA会長選挙に立候補のグラハム・ストーカー「課題は山積みだが、我々はそれを乗り越えられる」
前の記事

FIA会長選挙に立候補のグラハム・ストーカー「課題は山積みだが、我々はそれを乗り越えられる」

次の記事

【インタビュー】ホンダ長井昌也モータースポーツ部長(2)“松下騒動”を語る

【インタビュー】ホンダ長井昌也モータースポーツ部長(2)“松下騒動”を語る
コメントを読み込む