F1
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
イベントは終了しました
23 10月
イベントは終了しました

ハイダウンフォースのサーキットでも、ルノーは強くなった……リカルドの自信

シェア
コメント
ハイダウンフォースのサーキットでも、ルノーは強くなった……リカルドの自信
執筆:

ルノーのダニエル・リカルドは、ムジェロで見せた力強いパフォーマンスは、ダウンフォースが必要なサーキットにも、マシンが適応しつつあることの証左であると信じている。

 ルノーは、スパとモンツァで高い戦闘力を発揮した。このふたつのサーキットは、直線区間が多いためにダウンフォースを減らし、最高速を伸ばすセッティングにすることが多い場所。ルノーはこのような”低ダウンフォース”が求められるサーキットに適していることが、この2戦で明らかになった。

Read Also:

 しかし続くムジェロでも、ルノーは速かった。最後、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンに抜かれたものの、ダニエル・リカルドが4位に入ってみせたのだ。しかも、一時は2番手を走るという快走ぶりだった。

 リカルドはこのムジェロでのパフォーマンスが、今後レース開催が予定されているサーキットでも、高いパフォーマンスを発揮することができる前兆であると考えているようだ。

「表彰台に近付いたのに……ちょっと悲しいかもしれないね」

 リカルドはレースを振り返り、そうコメントした。

「しかしパフォーマンスを見返してみると、戦闘力が高いと期待してはいなかったサーキットだった」

「ムジェロでは高いダウンフォースが必要だし、僕らはそういうコースを、これまであまり得意としてこなかった。バルセロナのようなサーキットは、僕らにとっては強みではない。でも、そういう部分で良い形で進歩することができたんだ」

「それは、今後に向けた励みになると思う。今回のパフォーマンスは、大きなダウンフォースが必要なサーキットに向け、僕らを楽観的にしてくれる」

「マシンを良いポジションに置くことができているようだ。僕らのいるグループは大接戦だけど、僕らのレースペースはしっかりしていると思う。だから僕らは予選を好位置で終えることができれば、良い位置で戦うことができるんだ」

 ルノーのスポーティング・ディレクターであるアラン・パルメーンは、ムジェロでの好材料は、リカルドがセルジオ・ペレス(レーシングポイント)を抜くことができたという事実であるという。

「直線スピードでレッドブルやメルセデスを倒すには、まだ速さが足りない」

 そうパルメーンは語った。

「最後の12周で起きたことがそれを示している」

「しかし注目すべきなのは、最後の12周で、ペレスに対して5.2秒もの差をつけたということだ。それが重要なんだ」

「表彰台を獲得できなかったのは残念だ。それができれば素晴らしかっただろうが、残念ながらまだレッドブルともレースができていない。もちろん、メルセデスとも戦えていない」

「でも、我々はレーシングポイントと戦い、マクラーレンと戦い、フェラーリとも戦った。そして彼らをまとめて打ち負かしたのだ。それが重要なことだ」

Read Also:

躍進の立役者になるか? アルファタウリ、来季からレッドブルの風洞を共用

前の記事

躍進の立役者になるか? アルファタウリ、来季からレッドブルの風洞を共用

次の記事

マクラーレン、巨大ファクトリーを売却へ。この決断が“ポジティブな一手”である理由

マクラーレン、巨大ファクトリーを売却へ。この決断が“ポジティブな一手”である理由
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper