F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

イギリスGPで大苦戦10位。良いとこなしのベッテル「理由がわからない」

シェア
コメント
イギリスGPで大苦戦10位。良いとこなしのベッテル「理由がわからない」
執筆:

F1第4戦イギリスGPで10位と不振にあえいだセバスチャン・ベッテルは、マシンを快適に感じることができず、何か足りていないモノがあると語った。

 F1第4戦イギリスGPで、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは苦戦した。チームメイトのシャルル・ルクレールが3位表彰台を獲得する一方で、10位とポイントをギリギリで獲得する位置だったのだ。

Read Also:

 ベッテルはレース終了後、マシンを快適に感じる事が一度もなかったと振り返っている。

 彼のレースペースは周囲のドライバーと比較しても遅れていたが、ベッテルとしてもその理由は把握しきれていない様子だ。

「マシンを走らせるのがかなり難しかった」と、ベッテルはレース後に語った。

「自信を見出すのにかなり苦労していたし、その理由がわからないんだ。だからよく検証しなくちゃいけない」

「ただ僕がレース中の大半のラップ、つまり最初から最後まで苦戦しているようなら、何かが積み重なっていないことは確かだろう」

「ストレスフルなレースだったというわけじゃない。ただ単にチャンスがなかったんだ。周囲のドライバーは僕よりも速くて、オーバーテイクされてしまった。トラックの上に留まらせるために対処するのも難しかったんだ」

「肉体的には全く厳しくなかった。このマシンで一度も“アタック”できなかったからね。僕の好きなことをするのを、このマシンは許してくれないんだ。今、僕らにはそれが何故なのかをよく調べる必要がある。そして当然だけど次週にはレースがあるから、もっと良い結果を出すために取り組むことはできる」

 今回の結果を受け、チーム代表のマッティア・ビノットは同じシルバーストン・サーキットでの連戦となるF1 70周年記念GPでベッテルの苦戦の原因を解明することがチームにとって優先事項となると語った。

「今日の我々のレースを見たなら、少なくともセバスチャンは難しいレースだったとわかるだろう。彼のマシン、我々のマシンはもっと多くのことができるモノなんだ」

 ビノットはそう語った。

「彼は金曜日に走行時間を失ったが、それも助けにはならなかっただろう。しかし彼は今週末マシンに一度も自信を持てていなかった。だから多くのデータを確認し、理解を深め、それに対処する必要がある」

「シャルルはデータを確認して最適化を図り、何ができるかを見ていくことになるだろう。しかしセバスチャンについてはできること、やるべきことがたくさんあるんだ」

 

Read Also:

急遽代役のヒュルケンベルグ。決勝前のトラブルはクラッチのボルト?

前の記事

急遽代役のヒュルケンベルグ。決勝前のトラブルはクラッチのボルト?

次の記事

タイヤトラブル続発のイギリスGP。ピレリは”あらゆる可能性”を除外せず調査へ

タイヤトラブル続発のイギリスGP。ピレリは”あらゆる可能性”を除外せず調査へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
ドライバー セバスチャン ベッテル
執筆者 Jonathan Noble