F1シュタイアーマルクGP予選:フェルスタッペンが驚速アタックで2戦連続PP! 角田裕毅は自己ベストタイの8番手

F1シュタイアーマルクGPの予選が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2戦連続となるポールポジションを獲得した。

F1シュタイアーマルクGP予選:フェルスタッペンが驚速アタックで2戦連続PP! 角田裕毅は自己ベストタイの8番手

 F1第8戦シュタイアーマルクGPの予選セッションがオーストリアのレッドブルリンクで行なわれた。ポールポジションを獲得したのは前戦フランスGPに続きマックス・フェルスタッペン (レッドブル)だった。

 開幕前は雨の予報もあった予選日だが、それに反してレッドブルリンクは晴れのドライコンディション。路面温度が50℃を優に超える中でまず18分間のQ1がスタートした。セッション前半、各車1セット目のタイヤでアタックを行なった段階で、トップは1分04秒489を記録したフェルスタッペン。バルテリ・ボッタス(メルセデス)、ランド・ノリス(マクラーレン)が僅差でそれに続いた。初日から好調のアルファタウリ勢も、ピエール・ガスリーが6番手、角田裕毅が7番手につけた。

 終盤のアタック合戦では脱落圏に近いドライバーを中心に続々とタイムアップしていく。ここで角田は1分04秒608という好タイムを叩き出し、4番手でQ1を通過した。セッショントップはフェルスタッペンで、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、エステバン・オコン(アルピーヌ)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、ミック・シューマッハー(ハース)、ニキータ・マゼピン(ハース)がQ1敗退となった。

 迎えたQ2最初のアタックでミディアムタイヤを履いてコースインしたのは、メルセデス勢とフェルスタッペン、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)の4台だ。1周の距離が短く、ただでさえタイム差が拮抗している中で上位陣が1段階硬いコンパウンドのタイヤを履いたため、セッション序盤は超大混戦。トップタイムのガスリーから12番手のセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)までのタイム差はコンマ5秒を切っていた。

 セッション終盤は各車が間隔をとりながら、連なった状態でラストアタックに入っていった。ここでタイムを上げたのがセルジオ・ペレス(レッドブル)とノリス。それぞれ1分04秒198、1分04秒298をマークしてガスリーのタイムを上回り、トップ2に食い込んでQ2を終えた。角田はライバルがタイムアップする中でも8番手に留まり、アゼルバイジャンGP以来となるQ3進出を決めた。なお、フェルスタッペン、ハミルトン、ボッタスの3名はミディアムタイヤでQ2を通過したため、決勝はミディアムタイヤを履いてのスタートとなる。

 Q2敗退となったのはジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)、ベッテル、ジョビナッツィ。ラッセルは10番手のランス・ストロール(アストンマーチン)にわずか0.008秒及ばず、Q3進出を逃した。

 ポールポジションを決するQ3がスタートすると、真っ先にアタックしたのがハミルトン。1分04秒205をマークした。しかし、フェルスタッペンは1分03秒841という驚速タイムでそれを更新して見せた。角田は1回目のアタックをユーズドのソフトタイヤで行ない、1分04秒980を記録した。

 ハミルトンはQ3に3セットの新品ソフトタイヤを残して進出しており、ピットに戻るとタイヤを交換して2アタック目に挑んだが、フェルスタッペンには肉薄できなかった。

 ラストアタックでもメルセデス勢はフェルスタッペンに及ばず。ボッタスはタイムを1分04秒035に伸ばしたが2番手止まり。ハミルトンはこのQ3で3セット目の新品ソフトタイヤを履いてアタックしたが、コースを外れる場面もあり自己ベストを更新できず3番手に終わった。これにより、ただひとり1分03秒台のタイムを叩き出したフェルスタッペンの2戦連続、今季3度目となるポールポジションが確定した。フェルスタッペン、そしてレッドブル・ホンダにとって、2戦連続のPPは初めて。なおボッタスはフリー走行中にピットレーン上でスピンを喫したことで3グリッド降格ペナルティを受けており、フロントロウにはハミルトンが並ぶことになる。

 4番手に食い込んだのはノリス。以下ペレス、ガスリー、シャルル・ルクレール(フェラーリ)と続き、1分04秒514の角田は8番手で予選を終えた。これは角田にとって自己最高タイとなる予選順位だ。9番手はフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、10番手はストロールだった。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 7 1'03.841     243.492
2 Finland バルテリ ボッタス 7 1'04.035 0.194 0.194 242.754
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 10 1'04.067 0.226 0.032 242.633
4 United Kingdom ランド ノリス 6 1'04.120 0.279 0.053 242.432
5 Mexico セルジオ ペレス 6 1'04.168 0.327 0.048 242.251
6 France ピエール ガスリー 6 1'04.236 0.395 0.068 241.995
7 Monaco シャルル ルクレール 6 1'04.472 0.631 0.236 241.109
8 Japan 角田 裕毅 6 1'04.514 0.673 0.042 240.952
9 Spain フェルナンド アロンソ 6 1'04.574 0.733 0.060 240.728
10 Canada ランス ストロール 3 1'04.708 0.867 0.134 240.229
シェア
コメント
【F1動画】2021年第8戦シュタイアーマルクGP予選ハイライト
前の記事

【F1動画】2021年第8戦シュタイアーマルクGP予選ハイライト

次の記事

角田裕毅、痛恨の3グリッド降格ペナルティ。Q3でボッタスの進路を妨害

角田裕毅、痛恨の3グリッド降格ペナルティ。Q3でボッタスの進路を妨害
コメントを読み込む