速報ニュース
F1 第8戦フランスGP

ハミルトン、”クール”なドリフトに満足。ニアミス事件は「たまにあること」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、フランスGPのFP2でコースオフした際のことを振り返った。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W10 runs wide

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、フランスGPのフリー走行2回目にマシンを大きくマシンをスライドさせ、コースオフを喫する場面があった。彼はなんとかマシンをコントロールし、深刻なクラッシュを避けられたことを喜んでいる。

 ハミルトンは、ソフトタイヤを履いて予選シミュレーションを行うタイミングで、ターン4で大きく挙動を乱した。マシンはドリフト状態のまま縁石に乗り、プラスチック製のボラードと接触。ランオフエリアに飛び出たが、ハミルトンはなんとかコントロールを取り戻した。

 その後ハミルトンがコースに合流する際、後方から接近していたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と接触しかける場面があったが、フェルスタッペンが回避行動をとり、大事には至らなかった。

 この件は審議対象となり、ハミルトンはスチュワードに召喚された。しかし、ハミルトンはフェルスタッペンが近づいているのを視認できず、何の行動も取れなかったとして、お咎め無しの裁定が下った。

Read Also:

「深刻な局面だったね」とハミルトンは振り返った。

「僕は驚いている。もし僕がスピンしていたら、ウォールまで行ってしまったかもしれない。だから僕はマシンをドリフトさせてコントロールしようとした。ブレーキをかけたり抜いたり、少しアクセルを開けたりして、バランスを保とうとしていたんだ」

「それは”クール”だったね。だから、僕はマシンをセーブできて間違いなくハッピーだ。タイヤにもそんなにダメージはなかった」

 その後に起きたフェルスタッペンとのインシデントに関しては、次のように語った。

「言うまでもなく僕はコースオフしたから、ゆっくりとトラックに戻ろうとした。レーシングラインから離れてね。でも当然、結局はレーシングラインに着くんだ」

「ミラーを見ていたけど、ホワイトラインしか見えなかった。後ろには何もなかったんだ。マックスはレーシングラインの反対側にいて、かなり離れていたからだ」

「僕は邪魔にならないように、ゆっくり行こうとしていた。彼がやってくるのが突然見えたんだ。幸い、彼との距離が近すぎてはいなかった。彼がコーナーに入っていくのを止めることはできなくて、彼はコーナー出口で大きくスナップした」

「しかしそうだね、僕たちはそこにいた。フリー走行だから、時にこういうことは起こるんだ。それは意図的なものではなかった」

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 今季のレッドブルの苦戦は“新フロントウイング規定”が原因? フェルスタッペン語る
次の記事 F1フランスFP3速報:ボッタス首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン5番手

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本