F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

ルクレールの”速さ”がフェラーリに悪影響? ビルヌーブ「ライコネンを残すべきだった」

シェア
コメント
ルクレールの”速さ”がフェラーリに悪影響? ビルヌーブ「ライコネンを残すべきだった」
執筆:
2019/05/03 3:36

ジャック・ビルヌーブは、シャルル・ルクレールがフェラーリに悪影響を及ぼしていると考えている。

 1997年のF1王者であるジャック・ビルヌーブは、今季フェラーリに新規加入したシャルル・ルクレールがチームに悪影響を与えていると考えている。

 それは、チームがセバスチャン・ベッテルと、”野心的な若者”との間の競争を管理することができていなかったからだという。

 ルクレール自身はザウバーで過ごしたデビューシーズンを終え、トップチームに移籍する準備ができていたものの、彼の存在はフェラーリのバランスを崩し、ベッテルを不安定にしているとビルヌーブは語った。

「ファンの声を聞いたり、フォーラムを覗いても、たとえ(アゼルバイジャンGPの)予選でクラッシュしても、ルクレールは批判されない」

「もしクラッシュしたのがベッテルだったら、メディアやファン、全員によって”破壊”されていただろう」

「究極的には、それがチームに悪影響を及ぼしていると思う。バーレーンGP決勝でのセブ(ベッテル)のスピンはそれが原因だ。それから中国でのチームオーダーもそうだ」

「ルクレールが予選でクラッシュしたのも、彼がチームのナンバー1であることを証明しようとしたからだ。結局、それがチーム全体にダメージを与えている」

「チームがバランスを取り戻すことを願っている。なぜなら彼らは、メルセデスに追われる立場だったはずだからだ。しかし彼らはまだ表彰台を3回しか獲得できていない」

 ビルヌーブは、2019シーズンのタイトル獲得に挑戦できると知っていたなら、フェラーリはキミ・ライコネンの起用を継続し、安定性を維持するべきだったと考えている。

「ルクレールは速い。彼個人は準備ができている。こういう状況に対応する準備が整っていないのはフェラーリの方だ」

「ルクレール個人のことを考えるならば、彼が今年そこにいるのはすごいことだし、彼は自分がとても速いことを示している」

「しかしフェラーリとしては、ベッテルの過去を振り返らなければならない。レッドブルに(ダニエル)リカルドが加わった時のことだ。セブはチームやファンから愛されているということを知っている必要がある。今年はそれが無くなってしまった」

 ビルヌーブは、フェラーリがライコネンをもう1年チームに残す可能性があったと考えている。それとは対照的に、エステバン・オコンを起用するという選択肢があったメルセデスが、バルテリ・ボッタスと単年契約を結ぶことで安定性を選んだことを指摘した。

「彼ら(フェラーリ)は、ルクレールとは2020年から契約を結び、キミをもう1年チームに残すことはできたはずだ。なぜなら今年は、戦える年だったからだ。そうすれば何もバランスを崩すことなく、誰もがハッピーだっただろう」

「ルクレールが良くないと言っているのではない。彼は信じられないくらい速い。トップチームにいるのにふさわしい。それが問題ではないんだ。しかしフェラーリのオペレーションが正しくない」

「メルセデスが何をして、今年どれほどの強さを見せているかを考えてほしい。彼らがもしそこにオコンを起用していたら、ルイスも(ベッテルと)同じように反応していただろう」

「しかしボッタスとの間には敬意がある。たとえ両者が2勝ずつ挙げていたとしても、ルイスはそれに動揺しているようには見えない。例えばニコ(ロズベルグ)とはそうではなかった。その効果によって、チームはほとんど前例がないようなレベルのパフォーマンスを発揮しているのだ」

次の記事
新タイヤへの”適応”が鍵に? ウルフ「これまでの知識は重要じゃない」

前の記事

新タイヤへの”適応”が鍵に? ウルフ「これまでの知識は重要じゃない」

次の記事

全長1.5kmのストレートが見所! F1ベトナムGPは追い越しの多い魅力的なレースに?

全長1.5kmのストレートが見所! F1ベトナムGPは追い越しの多い魅力的なレースに?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Adam Cooper