F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説|アルファロメオは、開幕前テストでどんな“実験”をしたのか?

シェア
コメント
F1メカ解説|アルファロメオは、開幕前テストでどんな“実験”をしたのか?
執筆:
, Featured writer
協力: Matt Somerfield
2020/03/10 7:31

2020年は、スイスを拠点とするザウバーチームがアルファロメオF1に改称して2年目のシーズンとなる。彼らはプレシーズンテストでどのような試みをしたのか?

Alfa Romeo C39 front wing

Alfa Romeo C39 front wing

Photo by: Giorgio Piola

 アルファロメオは今回のテストで、新たなフロントウイングをテストした。これは昨年と同じく、アウトウォッシュ(マシンの外側に空気を流す)のコンセプトに基づいて作られているように見える。

 ただ、メインプレーンのデザインはこれまでと形状が逆になっている。ウイング下に多くの空気が流れるように中央部は盛り上がっており、一方で外側のセクションが下がったデザインとなっている(緑の線は従来のデザイン)。なお、これに併せてフラップのデザインも最適化されている。

 これらの変更はウイングの揺れを減少させる効果があり、Y250ボーテックス(フロントノーズ両脇を流れる空気の渦)を調節するだけでなく、フロントタイヤ付近の気流を改善する狙いもあると思われる。

Alfa Romeo Racing C39 detail

Alfa Romeo Racing C39 detail

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 彼らはさらに、現在トレンドとなりつつあるバニーイヤー(うさぎの耳)と呼ばれるフィンを、独自バージョンに改良してテスト2回目に投入してきた。このL字型のデバイスも、付近の気流を整えるのに役立つ。

 なおこのデザインでは、パーツの水平部分がふたつに分かれている。

Alfa Romeo Racing C38 fins

Alfa Romeo Racing C38 fins

Photo by: Giorgio Piola

 アルファロメオは昨季も、同様のフィンをデザインこそ異なるが同じ場所に取り付けていた。これは“ケープ”と呼ばれる空力デバイスのすぐ後ろに位置しており、バージボード付近に効果的に空気を流すためのデザインとなっている。

Alfa Romeo Racing C39 rear wing pillar detail comparison

Alfa Romeo Racing C39 rear wing pillar detail comparison

Photo by: Giorgio Piola

 アルファロメオは、リヤウイングに関しても新たなデザインを試した。ピラーのデザインは、従来と同じ“スワンネック型”となっており、2本のピラーが上からウイングを支えるような形状となっている。しかしながら、以前のもの(右)と比べると、今回のデザイン(左)がより大胆なものとなっているのが分かる。

 そのピラーの高さは、DRSの作動装置にも到達しようかという高さとなっている。彼らは、ウイング全体のダウンフォースの向上、そしてDRSの効果増大を目指して、あらゆる形状を試しているものと思われる。

Antonio Giovinazzi, Alfa Romeo Racing C39

Antonio Giovinazzi, Alfa Romeo Racing C39

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 新デザインと呼ぶほどのものではないが、こちらの“実験”も興味深い。上の写真で注目すべきは、リヤウイングのフラップの両端が少し下がっていることだ。おそらく、両端に発生する空気の渦を軽減し、空気抵抗を減らす狙いがあるはずだ。

Kimi Raikkonen, Alfa Romeo Racing C39, spins

Kimi Raikkonen, Alfa Romeo Racing C39, spins

Photo by: Glenn Dunbar / Motorsport Images

 アルファロメオはまた、テスト2回目に新たなエンジンカバーをテストした。これは昨年の一時期に使用されていたものとデザインが似ており、エンジンカバー後方の低い位置に小さなシャークフィンが形成されている。

 下の写真は、エンジンカバーのフィンがより高い位置にあるタイプのC39で、基本的にはこのタイプのエンジンカバーがテストのほとんどの日程で使用されていた。

Kimi Raikkonen, Alfa Romeo Racing C39

Kimi Raikkonen, Alfa Romeo Racing C39

Photo by: Andy Hone / Motorsport Images

 

Read Also:

次の記事
「去年のような失敗はゴメンだ」大苦戦の2019年に学ぶハース、今季は“注意深く”

前の記事

「去年のような失敗はゴメンだ」大苦戦の2019年に学ぶハース、今季は“注意深く”

次の記事

DAZN、F1開幕記念ハッシュタグキャンペーン”#おしえてF1”を開催中

DAZN、F1開幕記念ハッシュタグキャンペーン”#おしえてF1”を開催中
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Alfa Romeo
執筆者 Giorgio Piola