Matt Somerfield
執筆者

Matt Somerfield

Latest articles by Matt Somerfield

グリッド
リスト

F1メカ解説|アストンマーチンの過激ウイング、夏休み明けに”増える”のか。他チーム導入のハードル

F1の2022年技術規則は、接近戦を演じやすくするため開発の自由度が過度に少なくなっていると言われているが、サマーブレイクを前にその盲点をついたパーツが登場した。

F1メカ解説|ハースF1のアップグレード……ただフェラーリをコピーしたわけじゃない?

2022年シーズンに力強いスタートを切ったハースF1は、アップデートの投入を遅らせた。ハンガリーGPでようやく大型アップデートを投入したが、このアップデートの効果はいかほどのモノなのだろうか?

F1メカ解説|工夫を凝らし、新旧パーツが“共演”……メルセデスがハンガリーで採用したアイデアをチェック

レッドブルやフェラーリとの優勝争いに生き残るため、ハンガリーGPでマシンにさらなる微調整を加えてきたメルセデス。その様々なアイデアをチェックしていこう。

アルファタウリがF1フランスGPで投入したアップデート。弱点にどう対処した?

今季のアルファタウリは、特定のサーキットでは速さを見せつつも、それ以外のサーキットでは苦戦するといった、浮き沈みの激しいシーズンを送ってきた。しかしフランスでアップデートを投入。これは、弱点にどう対処することになったのか?

F1メカ解説|マクラーレンもサイドポンツーンを”トレンド型”に変更。その効果はいかに?

マクラーレンは、開幕から使ってきたサイドポンツーンのデザインを諦め、今季のトレンドとも言えるデザインを踏襲してきた。この方向転換を決断したのはなぜなのか?

F1メカ解説|熱波のヨーロッパ、開発競争も熱い! F1フランスGPピットレーン直送便

ポール・リカールでスタートした、F1フランスGP。そのピットレーンで見られた各マシンのディテール写真を一挙紹介。

フェラーリ、F1フランスGPで新フロアを投入か。ルクレール車に試験搭載?

フェラーリはF1フランスGPで新しいデザインのフロアを評価し、レッドブルとの戦いで優位に立とうとしているようだ。

F1メカ解説|フレキシブルフロア規則変更案……各チームにはどんな影響が?

夏休み明けのベルギーGPから、マシンの上下動の監視が厳格化される。これに伴い、フロアのたわみも規制されることになったが、このことは各チームにどんな影響を及ぼすのだろうか?

メルセデス、F1フランスGPで新デザインのノーズを投入? ピットレーンで激写

メルセデスがF1フランスGPに持ち込むアップデートの片鱗が、木曜日にピットレーンで撮影された画像から垣間見える。

F1メカ解説|ポーパシングにさようなら? 2023年のF1レギュレーション変更案をチェック!

F1は2022年、より接近したレースを実現するためにグラウンドエフェクト・カーにコンセプトを切り替えたが、意図せずポーパシングが発生。2023年はその対策のため、レギュレーションが調整されるようだ。

F1メカ解説|深刻な健康リスクに? ブレーキダストをドライバーが浴びている理由

FIAは今後数週間、F1ドライバーのブレーキダストに関する懸念に対処するために行動を起こす必要があるかどうかを評価するため、チームと協議する予定だ。

F1メカ解説|アルピーヌF1大躍進。今やメルセデスに次ぐ”速さ”4番手……リヤウイングのアップデートが功を奏した?

アルピーヌF1は最近、メキメキと戦闘力を上げており、メルセデスのすぐ後ろにいることも少なくない。その理由のひとつが、リヤウイングのアップデートにありそうだ。

F1メカ解説|F1オーストリアGPに持ち込まれた各チームのマシンのディテール:ピットレーン直送便

レッドブルリンクでスタートした、F1オーストリアGP。そのピットレーンで見られた各マシンのディテール写真を一挙紹介。

ヘイローが周冠宇の命を救った一方……完全破壊されたロールバーには改善の余地ありか

F1イギリスGPでは周冠宇の大クラッシュが発生した。これについては、事故で完全に破壊されたロールバーが調査の焦点になるかもしれない。

F1メカ解説|アストンマーチン、”グリーン・レッドブル”傾向を強化。小さなフィンの効果は如何に

アストンマーチンは、”グリーン・レッドブル”こと今季マシン『AMR22』のBスペックに、イギリスGPでアップデートを投入。マシンのパフォーマンスを最大化することを目指している。

F1メカ解説|リヤウイングのたわみテストが厳格化。ルール変更で何が変わった?

F1イギリスGPの直前に、レギュレーション変更が承認され、即時有効となった。多数の微調整が行なわれたが、特に注目なのはリヤウイングのたわみテストの調整だ。

F1メカ解説|実はこんなところにも! 奇抜なエンジンカバーで話題のレッドブルが忍ばせていたアップデート

エンジンカバー付近のアップデートが話題となっているレッドブル。しかし実はフロアにも興味深い変更点があった。

F1メカ解説|多くのチームがアップデート投入。その新しい姿をクローズアップ:イギリスGPピットレーン直送便

多くのチームがアップデートパーツを投入しているF1イギリスGP。シルバーストンのピットレーンから届いたメカ写真を一挙お届け。

レッドブルにもフェラーリにも似ている? ウイリアムズがアルボン車を大幅アップデート

F1イギリスGPでアレクサンダー・アルボンがドライブするウイリアムズFW44は、サイドポッドを中心に大きな変更が加えられた。

F1メカ解説|フェラーリの新リヤウイングは効果大? 惜敗サインツJr.は使えず

フェラーリはカナダGPに新仕様のリヤウイングを持ち込み、空気抵抗を減らしてトップスピードを上げることを目指した。

F1メカ解説|カナダに持ち込まれた、様々な”空力レベル”のリヤウイング|ピットレーン直送便

3年ぶりの開催となった2022年のF1カナダGP。このグランプリに持ち込まれたリヤウイングを見てみると、チームによってそのダウンフォースレベルは様々だ。

F1メカ解説|高速パフォーマンス重視? それでも中低速性能も捨てられない……アゼルバイジャンGPピットレーン直送便

2.2kmにも及ぶ全開区間がありながら、旧市街を走る低速区間もある難しいコース”バクー市街地サーキット”。各チームはどんな空力パッケージを選ぶのか?

F1メカ解説|スペシャルパーツはないけれど……特別なモナコで求められる特別な対策

モナコGPの舞台である市街地コースで成功を収めるためには、そのユニークなコース特性に合わせた変更が必須となる。

F1メカ解説|モナコGPに持ち込まれた超ハイダウンフォース仕様マシン:モナコGPピットレーン直送便

全22戦中最も特殊なコースとも言えるモンテカルロ市街地コース。このコースで開催されるモナコGPには、最もハイダウンフォース仕様のパッケージが持ち込まれる。それ以外にもマシンの様々なディテールをご紹介。

【伝説のモナコGP】もっとダウンフォースを! 難攻不落のモナコで登場した”ビックリドッキリ”アイデア

狭く、曲がりくねったモンテカルロ市街地コースで開催されるF1モナコGP。ここを攻略するためには、他のサーキットとは異なる能力……つまり多くのダウンフォースと俊敏性が必要だ。チームはこれまで、アドバンテージを築こうと、様々な解決策を投入してきた。

F1メカ解説|アストンマーチンが”緑のレッドブル”化! 大幅アップデートでアイデア完コピ?

アストンマーチンがF1スペインGPに持ち込んだアップデートが波紋を呼んでいる。サイドポッドの形状が完全に変更され、”レッドブル化”しているのだ。

F1メカ解説|アップデート多数。アストンマーチンはコンセプト変更か?:スペインGPピットレーン直送便

仕切り直し、欧州ラウンド”初戦”となるスペインGP。例年通り、各チームがマシンの大幅アップデートを持ち込んだ。勢力図は変わるのか?

F1メカ解説|メルセデスのワイドなフロアは不利なのか? 他チームは”隠しステー”を使用

メルセデスはスペインGPで、ゼロポッドデザインに未来があるのかどうか、最終的な答えを出したいと考えている。

アルピーヌF1、スペインGPに新型リヤウイング投入へ。チーム代表明かす

アルピーヌは、次戦スペインGPにアップデート版のリヤウイングを投入する予定だ。

「直線のレッドブルvsコーナーのフェラーリ」この構図は長くは続かない?

今季のレッドブルとフェラーリのラップタイム差は非常に小さい。彼らのセットアップに対するアプローチは対照的となっているが、それらが収束していく可能性もある。

F1メカ解説|メルセデス、復活への第一歩。マイアミGPで投入した”過激”フロントウイング

メルセデスはF1マイアミGPにアップグレードを投入。ジョージ・ラッセルがトップタイムを記録したが、これはメルセデスにとって復活の前兆だったのだろうか。

F1メカ解説|マイアミGPピットレーン直送便……最適な空力バランスは?

初開催マイアミGPに各チームが持ち込んだF1マシン。ピットレーンで目撃された、各マシンのディテールをチェック!

F1メカ解説|大流行の兆し? フェラーリやレッドブルもコピーした、アストンマーチンの”キールウイング”

F1の歴史において、トップチームだけが優れたアイデアを独占しているわけではなく、優勝を争っていないマシンに最高のコンセプトを見出すことができる。

F1メカ解説|今もポーパシング問題に苦しむメルセデスが、イモラで行なったリヤウイングの”実験”

メルセデスは今季、激しいポーパシングに悩まされ、パフォーマンス面でも苦しめられている。これに対処するため、エミリア・ロマーニャGPのフリー走行では、ある実験を行なっていた。

F1メカ解説|2022年ヨーロッパ初戦……エミリア・ロマーニャGP木曜日、ピットレーン直送便

2022年のF1も、ヨーロッパでの初戦エミリア・ロマーニャGPを迎える。金曜日からの走行開始に向け、各チームがガレージで準備……そこで見られた、各マシンのディテールをご紹介。

フェラーリF1、ポーパシング解消の解決策を見つけた? オーストラリアで小変更されたディフューザーをテスト

今季開幕3戦で2勝を挙げ、絶好の形でシーズンをスタートさせたフェラーリ。しかし彼らもまた、ポーパシングに苦しめられている。これを打開するため、オーストラリアGPではディフューザーに小さな変更を加えていた。

F1メカ解説|レッドブル、空力効率向上と軽量化実現へ……オーストラリアで”はじめの一歩”を踏み出した?

レッドブルはフェラーリとの差を縮めるため、空力効率の向上と軽量化の両方を同時に実現させようと考えている。レッドブル以外のチームも、パフォーマンス向上を目指し、オーストラリアGPにアップデートパーツを投入した。

F1メカ解説|ドレスアップ……じゃない! メルセデスの“アンダーネオン”がポーパシング解決の光に?

メルセデスは、F1オーストラリアGPでルイス・ハミルトンのマシンに“発光装置”を装着させていた。それが今年のメルセデスを苦しめるポーパシングの解決の光明になり得るかもしれない。

F1メカ解説|2022年の”トップ2”フェラーリ&レッドブル、アイデアでも一歩先へ……ノーズのデザインを自由に変えられる?

フェラーリとレッドブルは、今季のタイトル争いでは効果的なアップグレードが重要な要素となるのを理解していた。そのためノーズ先端のデザインを、自由に変更できる準備を施していた。

F1分析|レッドブル、スピードトラップ最速の秘訣は”低ドラッグ”仕様のリヤウイング?

F1バーレーンGPのパドックでは、フェラーリが最高のPUを作ったという意見が強まったが、スピードトラップでトップだったのはレッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。

F1メカ解説|開幕戦……しかし各チームがアップデートを多数持ち込む:F1バーレーンGPピットレーン直送便

F1バーレーンGPのピットレーンで、各チームのマシンのディテールを激写! 開幕戦ながら、それぞれ多くのアップデートを施してきた。

F1メカ解説|今季はブレーキ冷却開発が“熱い”? マクラーレンの新デザイン投入で垣間見えた新たな技術競争

バーレーンテストでブレーキトラブルに見舞われたマクラーレンは、バーレーンGPに向けて新たなデザインのブレーキを投入。新レギュレーションの影響により、このエリアの開発は各チームで個性が分かれそうだ。

レッドブル、『RB18』のサイドポンツーンをブラッシュアップ。下部のえぐりこみがさらに過激に

レッドブルは、バーレーンでのF1プレシーズンテスト最終日にマシンをアップデート。サイドポンツーン下部がさらに過激にえぐられている。

メルセデスが“大幅アップデート”で投入した超小型サイドポンツーン。レギュレーションではどう規定されている?

メルセデスは、F1バーレーンテストに大きくアップデートが施されたニューマシン「W13」を持ち込んだ。これには多くの関係者が驚かされたが、レギュレーションでは当該箇所はどう規定されているのだろうか?

アストンマーチン、バーレーンテストでAMR22に早速アップデートを投入。メルセデスを模倣?

アストンマーチンは、バーレーンでのプレシーズンテストを前に、AMR22に早くもアップデートを施してきたようだ。

【F1分析】巷で話題の『メルセデスF1最新型、サイドポッドない説』……本当にそんなことは可能なのか!?

メルセデスがバーレーンテストで“サイドポンツーンなし”のマシンを走らせるのではないかという噂がまことしやかに囁かれているが、果たしてそれは可能なのか?

【分析】過激なサイドポッドだけじゃない! レッドブル『RB18』の注目ポイント

レッドブルのRB18は、発表会とは大きく異なる姿をバルセロナのプレシーズンテストで見せた。その過激な形状のサイドポッド以外にも注目ポイントは存在する。

サイドポンツーンの背後に”謎”の開口部。ウイリアムズが実現した独特デザインのFW44

2022年のF1マシンデザインで差を生んでいるのは、サイドポンツーンである。各チームは様々なデザインを採用。その中でもウイリアムズのそれは、他とは一線を画す考え方となっている。

2022年のF1新車発表、注目ポイントはここ! 新レギュレーションのデザイントレンド

ハースが発表した『VF-22』の画像は完成品ではなかったかもしれないが、それでも各チームが2022年のルールをどう解釈しているのか、答えを出してくれた。

要チェック! ハース『VF-22』から分かるF1新時代のヒント。細かいところに秘密アリ?

ハースがニューマシン『VF-22』を発表した。あくまでもカラーリングの発表であり、新車の全貌が明らかにされたわけではないが、それでも新たな時代のヒントが散りばめられている。

2022年F1”空力コンセプト”の大変更が、パワーユニット開発凍結の影響を隠す?

2022年、F1のテクニカルレギュレーションが大変更され、空力コンセプトが大きく変更される。しかしその一方、2022年限りでパワーユニットの開発は凍結されるが、その影響は空力面の大変更で隠されるかもしれない……。

マクラーレン、2022年はプルロッド式のフロントサスペンション採用? 初始動動画でチラ見え

各F1チームは、ニューマシンの発表とプレシーズンテストに向けて最終段階に入っている。マクラーレンの新車初始動の動画では、興味深い変更点が垣間見えた。

2022年の新レギュレーション作成に、2009年のような”ミス”がないことを願うFIA

F1の首脳陣は、2022年に導入される新レギュレーションが完璧な効果を発揮するという幻想を抱いているわけではない。ただ、2009年のような”抜け穴”が存在しないことを望んでいるという。

ラッセルがメルセデス代役参戦で得た収穫……王者ハミルトンのステアリングレイアウトを踏襲

2020年のF1サヒールGPでメルセデスのマシンをドライブしたジョージ・ラッセル。この経験は、ウイリアムズに戻ってからも様々な面で活きた。特にステアリングはその顕著な例だった。

レッドブルのはためくフラップ問題はまだ続く? 残る2戦はリスク上昇も「修理は比較的簡単」

レッドブルが頭を悩ませているリヤウイングのフラップに関する問題は、今季残る2レースでも影響してきそうだ。

【激写】メルセデスの”トリック”の証拠? リヤウイングのエンドプレートに残った傷跡

レッドブルは、メルセデスがサンパウロGPで使ったリヤウイングを使い続ける場合、抗議する可能性を示唆した。なぜ、傷跡がついたリヤウイングがトリックの証拠だと考えられているのだろうか?

F1メカ解説|メルセデス、新仕様ウイングをフリー走行でテスト。低ダウンフォースのレースで実戦投入?

今季のタイトルを争うメルセデスとレッドブルは、コース上でのホイール・トゥ・ホイールの戦いと同様に、マシン開発の面でも激しい切磋琢磨を続けている。

8年ぶりタイトル獲得へ……レッドブルの躍進を後押しした”開発トークン”

レッドブルのエイドリアン・ニューウェイは、昨シーズンから開発が凍結されている中、追加での開発を許可する”トークン”をうまく使うことができたため、パフォーマンス向上に繋がったと考えているようだ。

【F1メカ解説】レッドブルの”細やかな”空力仕様……ブレーキダクトを毎戦のように変更

レッドブル・ホンダは、2021年シーズン前半戦のほぼ全てのグランプリでアップグレードを投入。パフォーマンス向上に余念がなかった……。

2022年、レギュレーション一新のF1。新マシンのどこに”チームの個性”は宿る?

F1イギリスGPで、新規則を考慮して作られた2022年マシンの実物大モデルを公開された。F1の新時代が垣間見えたが、各チームの実際のマシンとどれくらいの違いがあるのだろうか。