ウイリアムズ、風に敏感なマシンを改善すべく新パーツ投入……次戦フランスGPでもテスト

ウイリアムズは、開幕戦からチームの悩みのタネであった「風の影響」を軽減すべく、今季のマシン『FW43B』のバージボードのデザインを変更している。

ウイリアムズ、風に敏感なマシンを改善すべく新パーツ投入……次戦フランスGPでもテスト

 ウイリアムズは、風に敏感と言われている今季のマシン『FW43B』を改善すべく、バージボードのデザインを変更した。

 ウイリアムズは大規模なレギュレーション変更が導入される2022年用のマシン開発に多くのリソースを割きつつも、昨シーズン中に示した改善を続けることを目指して2021年シーズンを戦っている。

 最下位争いをハースF1と共に繰り広げる中、チームは5月に今季用マシン開発が「最終段階」にあると語っていた。

 ドライバーのジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのふたりは、今季のFW43Bが抱える大きな弱点の一つとして「風に対する敏感さ」を挙げており、開幕戦のバーレーンGPで顕著にそれが表れていた。

Read Also:

 “風の街”とも呼ばれるバクーの市街地で開催された第6戦アゼルバイジャンGPでも、強い風がサーキットに吹きつけており、ウイリアムズは対策としてマシンのバージボードのデザインに工夫を凝らした。

 しかしウイリアムズのビークル・パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、バクーの市街地サーキットがコース両側を建物で仕切られた「トンネル型」であったため、予想よりも風の影響が少なかったと明らかにした。また、バージボードの変更による効果を判断するのに適しているサーキットとして、次戦のポール・リカール・サーキットと第9戦のシルバーストーン・サーキットを挙げた。

「マシン側面から強い突風が吹き付けるシルバーストンとは異なり、モナコのように“空気のトンネル“ができるので、そのシェルターは助けになったと考えている」とロブソンは説明する。

「ポール・リカールは風が強いので、そこに行けば(変更による効果が)分かると思う」

「(バクーでは)ジョージのマシンのバージボード周辺にいくつか変更を加えた。それはマシン側面(の気流)を改善すべく設計されたものだ」

「だが正直に言うと、(新パーツを試した)金曜日では、その点における効果を正確に判断出来なかった」

「だから今後3〜4戦で大規模なテストが行なわれると思う」

 なおラッセルはアゼルバイジャンGPのフリー走行3回目でマシントラブルに見舞われ、以前のパワーユニット(PU)の使用を余儀なくされたが、問題が発生したPUは再利用できる見込みだ。

 マイレージの積み重なった古いPUを搭載し予選に臨んだラッセルだったが、予選Q2に進出し15番手タイムをマークしており、ロブソンは古いPUに戻したことによるパフォーマンス低下は見られなかったと説明した。

「数値は持ち合わせていないが、(新旧PUの差は)実際には非常に小さい」とロブソンは語る。

「PUには手を加えることがほとんど許されていないので、実質的には同じものの新しいバージョンに過ぎない」

「今日では、これらPUのデグラデーションは非常に小さくなってきている。明らかな劣化が起きていた昔とは異なるのだ」

「(PUが)少し古いということで、彼(ラッセル)は損をしたかもしれない。しかし実際には、正直それ程のことではなく、(新しいPUでも)順位を上げられる程ではなかった」

 

Read Also:

シェア
コメント
ジョージ・ラッセルがメルセデスに移籍すれば、ウイリアムズにとっては”非常に大きな”損失に?

前の記事

ジョージ・ラッセルがメルセデスに移籍すれば、ウイリアムズにとっては”非常に大きな”損失に?

次の記事

【特集】勝利への執念があってはならない方向に……F1史に残る不正行為を振り返る:後編

【特集】勝利への執念があってはならない方向に……F1史に残る不正行為を振り返る:後編
コメントを読み込む