アルファタウリのテクニカルディレクター、角田裕毅のクラッシュは「新人が成長していく過程」

角田裕毅のクラッシュについて、アルファタウリ・ホンダのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、「新人が成長していく過程のひとつ」だと語った。

アルファタウリのテクニカルディレクター、角田裕毅のクラッシュは「新人が成長していく過程」

 F1エミリア・ロマーニャGPの予選は、アルファタウリ・ホンダにとっては明暗両方が混在するセッションになった。ピエール・ガスリーは5番グリッドを獲得した一方で、角田裕毅はQ1でクラッシュしたことによりノータイム……最後尾から決勝を戦うことが決まった。

Read Also:

 しかしクラッシュしたとはいえ、角田に速さがあったのも事実。これについて、チームのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、次のように語った。

「週末を通じて我々のマシンのペースは速く、ふたりのドライバーがパフォーマンスを発揮し、マシンのパフォーマンスを引き出している」

 そうエギントンは語った。

「残念ながら、ユウキは少しやりすぎてしまった。彼の言葉によれば、興奮していたようだ。スロットルを貪欲に開きすぎてしまい、マシンをスピンさせてウォールにぶつかってしまった。しかし彼のそれまでのパフォーマンスを考えれば、トップ10に入る可能性があったことも間違いない」

 角田のマシンは、リヤが大破していた。実際には、どれほどのダメージが及んでいるのか? エギントンは次のように説明した。

「ギヤボックスは半分が壊れた。だから、もう使えない。パワーユニットに関しては、現在よく検証しているところで、何が起きているのかを調べている。リヤサスペンションやリヤウイング、ボディワークなどにもダメージが及んでいる。しかし、現時点ではシャシーには問題がないようだ。それが現在までで分かっていることだ。それほど悪い状況ではないが、メカニックは忙しくなるだろう」

 角田はクラッシュしたことについて「興奮しすぎた」と語ったが、もう少し落ち着くように言うべきか? そう尋ねられたエギントンは、次のように語った。

「彼はテストからこれまで、分別をわきまえて行動することができてきたと思う。そう言うのがフェアだろう。しかし彼は金曜日のFP2で良いパフォーマンスを発揮した。今日も良いパフォーマンスだったし、あのアタックの序盤も、うまく始めた。その早い段階でトラフィックに遭ったり、何かおかしなことをするということもなかった」

 そうエギントンは説明する。

「セクター1はとても素晴らしかった。セクター2はまずまずだった。彼は縁石に乗った際、スロットルを少し早く開けすぎたんだ。それで全てを失ってしまった」

「今回のことは、キャリアの早い段階で、若いドライバーに起きることのひとつに過ぎないと思う。どんなドライバーも、こういうことを常に経験している。彼がプッシュしすぎるような傾向にあるとは思わない。ただ、今日は全てを失ってしまったというだけだ」

「後から考えれば、彼はもう少し余裕を持つこともできたのかもしれない。でもこれも、新人が成長していくひとつの段階だと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
アロンソ、Q2敗退の責任は自分にあると認める「僕に速さがなかった。マシンの限界を知る必要がある」

前の記事

アロンソ、Q2敗退の責任は自分にあると認める「僕に速さがなかった。マシンの限界を知る必要がある」

次の記事

ペレス「僕はポールポジションを獲るべきだった」最終周最終コーナーのミスを悔やむ

ペレス「僕はポールポジションを獲るべきだった」最終周最終コーナーのミスを悔やむ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント エミリア・ロマーニャGP
サブイベント QU
ドライバー 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 田中 健一