スプリント予選レースでどこまでリスクを冒すべきか……メルセデス代表「誰もが混乱している」

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、今シーズンから導入されているスプリント予選レースについて、リスクを冒すのを思いとどまらせているため、「誰もが混乱している」と考えている。

スプリント予選レースでどこまでリスクを冒すべきか……メルセデス代表「誰もが混乱している」

 F1は今シーズン、3レースにスプリント予選レースを実施する週末のフォーマットを導入することを決めた。しかしメルセデスのトト・ウルフ代表は、決勝レースに向けてリスクを冒すことを誰もが躊躇しているため、多くのプレイヤーが混乱していると考えている。

 スプリント予選レースは、土曜日の午後に100kmの短いレースを行ない、日曜日の決勝レースのスターティンググリッドを決めるというもの。すでに今季ここまで、イギリスGPとイタリアGPで導入された。

 これは、週末に意外性を持たせるために採用されたものであったが、誰もがリスクを避けて走るためオーバーテイクが起きる可能性は少なく、1周目が終わった段階で隊列が出来上がり、そのままフィニッシュを迎えるということが多かった。リスクを冒してオーバーテイクを試みても、それが失敗してしまい、ポジションを落とすことになってしまえば、決勝のスターティンググリッド、ひいては決勝結果に大きな影響を及ぼすからだ。

 メルセデスのウルフ代表は、トップ3にしかポイントが与えられないというスプリント予選レースでリスクを冒すことは、日曜日の決勝レースを考えれば妥当なモノではないと考えており、それがドライバーたちを慎重にさせていると考えている。

「まず第一に、誰もが混乱している」

 そうウルフ代表は語った。

「みなさんにとってどうなのかはわからないけどね」

「現時点でのスプリント予選レースの形式は、誰もがあまりリスクを冒さないため、あまりメリットがないと思う」

「日曜日の決勝レースに影響を及ぼすというリスクに対して、得られるポイントが少なすぎる。そのリスクに見合うだけの価値はないんだ」

「そして、ストレートスピードはどれも似通っているため、オーバーテイクが難しいということをもそれに輪をかけている。ターン1とターン2でさえ、誰もリスクを冒さないんだ」

 しかしウルフ代表は、F1がこのフォーマットを試すのは正しいことであり、ブラジルGPに導入されると言われている3回目のスプリント予選レースで、より良い結果が出ることを望んでいると語った。しかしその一方で、現在の形のスプリント予選レースを、来年もそのまま行なうべきではないとも考えているようだ。

「ブラジルでもう一回試してみようじゃないか。何かが変わるか、それを見てみることにしよう。しかしそれは価値ある実験だと思う。私にとっては、個人的な意見であり、エンジニアとしての私の意見でもある。好みかどうかというモノではないんだ」

「スプリント予選レースは、試してみる価値があったと思う。だが将来もこのまま続けていくべきかどうかは分からない」

 

Read Also:

Toto Wolff, Team Principal and CEO, Mercedes AMG, with Lewis Hamilton, Mercedes

Toto Wolff, Team Principal and CEO, Mercedes AMG, with Lewis Hamilton, Mercedes

Photo by: Steve Etherington / Motorsport Images

シェア
コメント
ホンダのF1で培った技術が、インディカーにも活きる? 2023年からハイブリッド導入

前の記事

ホンダのF1で培った技術が、インディカーにも活きる? 2023年からハイブリッド導入

次の記事

開催断念のF1日本GPの代わりに……ホンダ、特別オンラインイベント『Honda Japanese Virtual Grand Prix』の開催を発表

開催断念のF1日本GPの代わりに……ホンダ、特別オンラインイベント『Honda Japanese Virtual Grand Prix』の開催を発表
コメントを読み込む