0周リタイアのサインツJr.、ソチのターン2を猛批判「存在していてはいけないコーナー」

F1第10戦ロシアGPリタイアに終わったカルロス・サインツJr.(マクラーレン)は、ソチ・オートドロームのターン2は存在するべきじゃないと語った。

0周リタイアのサインツJr.、ソチのターン2を猛批判「存在していてはいけないコーナー」

 カルロス・サインツJr.(マクラーレン)にとって、F1第10戦ロシアGPはあっけないレースとなった。スタート直後のターン2でコースオフしてしまったサインツJr.は、ランオフエリアからコースへ合流する際、左フロントタイヤをウォールに当ててしまい、0周リタイアとなってしまったのだ。

Read Also:

 今回、ターン2ではトラックリミット違反の取り締まりが厳しく行なわれており、コーナーを通過できなかった場合はランオフエリアに設置されたオレンジ色のボラード(発泡スチロールの矢印看板)の間を通過してコースに戻らなければならなかった。これに違反した場合は5秒のタイム加算ペナルティが科せられた。

 レース後、サインツJr.は「進入角度を間違えた。クラッシュした責任は自分にある」と説明した一方、コーナーの形状がアクシデントの原因になっていると語った。

「残念ながらターン2ではイン側に誰かがいたので、少しワイドになってしまった」

「ボラードを回ろうと思ったときには、とても窮屈な角度になってしまっていたので、進入速度を見誤ってウォールに激突してしまったんだ」

「僕の判断ミスだけど、僕はやはりあのコーナーは存在していてはいけないと思う。あのコーナーはあまりいいコーナーではないし、こういう状況を引き起こしてしまうからね」

「僕の判断ミスだったけど、あのコーナーのデザインは良くない。レースでも多くの人がエイペックスを逃していたし、ボラードを壊していた。明らかに良いデザインではないよ」

 ルノーのダニエル・リカルドもターン2でのコースオフで5秒のタイム加算ペナルティを受けた他、ハースのロマン・グロージャンはなんとかボラードの間を通ろうとして、ボラードを破壊。バーチャルセーフティカー発動の原因となった。

 サインツJr.のクラッシュは、チームメイトであるランド・ノリスのレースにも影響した。クラッシュしたサインツJr.のマシンはデブリを撒き散らしながら、ノリスの目の前でスピン。減速したノリスは最後尾まで後退してしまった。

 マクラーレンのチーム代表であるアンドレス・ザイドルは、サインツJr.のアクシデントに失望したものの、その原因はコーナーのデザインではないと感じているという。

「カルロス自身が言っていたように、彼はアプローチする角度を間違えていた。それがバリアに接触した原因なんだ」とザイドルは語った。

「だから彼のミスだ。今、他に誰かや何かを責めるのは間違っていると思う」

「残念なことに、それで2台ともレースが終わってしまった。長いレースの最初の2コーナーで、ランドが最後尾になってしまったからね」

「失うものは何も無くなってしまったので、ランドはセーフティカー中にピットインしてハードタイヤに交換した。生き残るためと、またセーフティカーが出ることを望んでね。しかし、それは上手く機能しなかった」

「良い結果が出せると思っていたから、ポイントがゼロになってしまったのは非常に残念だ」

Read Also:

シェア
コメント
レースを完璧に支配したボッタス。”大きな蜂”が唯一の敵だった?

前の記事

レースを完璧に支配したボッタス。”大きな蜂”が唯一の敵だった?

次の記事

「F1が僕を止めようとしている」ハミルトン、“馬鹿げた”ペナルティに不満爆発

「F1が僕を止めようとしている」ハミルトン、“馬鹿げた”ペナルティに不満爆発
コメントを読み込む