サインツJr.、予選の達人ルクレールにも追いつける? 『区間ベストを繋げれば……イケる!』

フェラーリのカルロス・サインツJr.は自身の最速セクタータイムを考えると、予選でチームメイトのシャルル・ルクレールに追いつくことは可能だと考えている。

サインツJr.、予選の達人ルクレールにも追いつける? 『区間ベストを繋げれば……イケる!』

 2021年シーズンにフェラーリへ移籍したカルロス・サインツJr.。開幕2レースを終え、彼はまだチームメイトのシャルル・ルクレールに後れを取っているが、データを分析した結果、予選でチームメイトに匹敵するタイムを出すことは可能だと考えている。

 今季のF1はテスト日数削減もあり、チームを移籍したドライバーにとっては厳しいシーズン序盤となっている。マクラーレンからフェラーリへ移ったサインツJr.もその例外ではなく、新たな環境とマシンへの適応に苦戦している。

 第2戦エミリア・ロマーニャGPでサインツJr.は予選11番手でQ2敗退。一方でフェラーリ3年目のルクレールは4番グリッドを獲得するなど、その差は明らかだ。

 ただサインツJr.は自身の区間ベストタイムはルクレールのそれに匹敵するものであるため、あとは1周すべてをまとめ上げることが問題だと考えている。

「彼(ルクレール)が予選のエキスパートだってことは分かってる」と、サインツJr.は言う。

「それにフェラーリで彼はすごく居心地が良さそうだし、Q2からQ3のハイグリップな状況で何をクルマから引き出せるのかを正確に分かっているようだ。彼は予選のエキスパートで、とても優れたドライバーだよ」

「でもこの2レースで僕に分かったことがあるとすれば、それは僕がどのコーナーでも彼より遅いわけじゃない、ということだ。つまり僕はラップをまとめ上げることができれば、あそこまで行けるんだ」

「今はラップをどうまとめ上げるのか、彼が何をしているのか、そして僕がより上手くできることは何かという問題に焦点を当てている」

「もしくは、僕には単にもう少し時間と経験が必要なのかもしれない。だから様子を見てみよう。でも確認したデータには励まされたし、僕にとってはこれまで以上に時間の問題になったんだ」

 なお第2戦の舞台となったイモラ・サーキットでは、縁石の使い方によって大きな違いが生まれたとサインツJr.は指摘している。

「縁石の乗り方かもしれない。クルマが縁石にどう反応するか……縁石に向かうアングル次第なのかもしれないんだ」

「僕はシケインで縁石を別の角度で捉えたり、位置がずれることで、何度か引っかかってしまった」

「その縁石の次にはロングストレートが待っている。それでストレートでコンマ1〜2秒を失っていたんだ」

「基本的にはマシンが(縁石に向かう際の)アングルにどう反応するかを把握して、次のストレートでタイムを失わないようにアタックのアングルを調整することが必要、ということだ」

「どこでラップタイムを稼げるのか、そしてどう引き出せば良いのか、よく分かったよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅、イモラ予選Q1でのクラッシュは”良い学習”「目標を高く設定しすぎていた」

前の記事

角田裕毅、イモラ予選Q1でのクラッシュは”良い学習”「目標を高く設定しすぎていた」

次の記事

フェルスタッペンとハミルトン……イモラで”触れ合った肩”は今年の王座争い”激化”の兆候?

フェルスタッペンとハミルトン……イモラで”触れ合った肩”は今年の王座争い”激化”の兆候?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. , シャルル ルクレール
チーム フェラーリ
執筆者 Adam Cooper