James Allen
執筆者

James Allen

Latest articles by James Allen

グリッド
リスト

なぜサウジアラビアはモータースポーツに巨額の投資を始めたのか? 同国スポーツ大臣が語るF1誘致とeスポーツの可能性

今日日、地球上でサウジアラビアほどモータースポーツに投資を行なっている国はないだろう。今季のF1初開催を控え、モータースポーツ界でも存在感を強めているサウジアラビアがこれほどの投資を行なう理由はどこにあるのだろうか。同国でスポーツ大臣を務めるアブドゥルアズィーズ王子に話を伺った。

次期FIA会長候補ベン・スレイエム「世界のモータースポーツ人口を2倍にしたい」

次期FIA会長を決める選挙が、12月17日にパリで行なわれる。この選挙に立候補している次期会長候補のひとりが、モハメド・ベン・スレイエムだ。スレイエムはマニフェストの中で、今後4年で世界のモータースポーツ人口を倍増させたいと語る。

フェラーリF1ビノット代表:持続可能燃料への切り替えは「重要なこと」
ビデオ・インサイド

フェラーリF1ビノット代表:持続可能燃料への切り替えは「重要なこと」

F1は、2025年シーズンから新たな仕様のパワーユニット規則を導入する予定だ。そしてこの次期パワーユニットは、持続可能燃料のみで稼働することになる。これについてフェラーリのマッティア・ビノット代表に話を訊いた。

インタビュー:スージー・ウルフ「F1オーナーになる”野望”はなし。ウルフがひとりいれば十分でしょ?」
ビデオ・インサイド

インタビュー:スージー・ウルフ「F1オーナーになる”野望”はなし。ウルフがひとりいれば十分でしょ?」

フォーミュラEに参戦するベンチュリのチーム代表を務めるスージー・ウルフが、motorsport.comのインタビューに応じ、チームの野望、そしてモータースポーツに多くの女性が進出することなどについて語った。

FIA会長選挙に立候補のグラハム・ストーカー「課題は山積みだが、我々はそれを乗り越えられる」
ビデオ・インサイド

FIA会長選挙に立候補のグラハム・ストーカー「課題は山積みだが、我々はそれを乗り越えられる」

FIAの競技部門担当副会長を務めるグラハム・ストーカーが、今年後半に行なわれるFIA会長選挙に立候補することとなった。彼はどんな人物なのだろうか。

【インタビュー】ファン・パブロ・モントーヤが語る、F1とインディカーの将来、そして後進の育成

元F1ドライバー、ファン・パブロ・モントーヤのロングインタビュー。現在は息子をレースの世界に送り込み、後進の育成にも関心を持つ彼は、モータースポーツの行く末をどう見ているのか?

ゲルハルト・ベルガー、参戦チーム増加傾向のDTMに「GT3化の判断は正しかった」

DTMの運営団体を率いるゲルハルト・ベルガーは、強豪チームが相次いで参戦を表明したことは、DTMがGT3マシンをベースとした選手権にすると決断したことが正しかったことを裏付けていると語る。

F1の将来の形はどうなっていくのか? F1の商業戦略責任者に訊く

新型コロナウイルスのパンデミックという、大きな危機をなんとか乗り越えることができたF1。このF1の商業戦略や事業開発を担うひとりが、ヤン・ガンガクマランだ。彼がF1の長期的な方向性を考え、それに向けた活動を推進させている。

“史上最高”のF1を目指すためには何が必要か? 元敏腕エンジニアがF1の未来を語る

かつて敏腕エンジニアとして活躍したボブ・ベルは現在、F1の技術を広く社会に役立てようと奔走している。そんな彼に、F1の目指すべき道、未来について語ってもらった。

コロナ対策でF1チームが奇跡の共闘。ルノーがレッドブルのファクトリーで仕事?

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、ルノーのスタッフがレッドブルのファクトリーで働くという、考えられないことが起きたと話した。

レッドブル代表、カスタマーカーの短期導入を提案「F1には大胆な策が必要」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、コロナウイルスによる危機を乗り越えるため、大胆な対策が必要だと語った。

ル・マン24時間は『特別』。9月開催がムリなら、11月まで延期の可能性も

9月に開催が延期されたル・マン24時間レースだが、再度スケジュールが変更されたとしても、11月までは開催が可能だという。

FEのGen3マシン導入は延期される? 会長は「急いで決める必要ない」と慎重姿勢

フォーミュラEの会長であるアレハンドロ・アガグによると、フォーミュラEの“Gen3”マシンの導入延期は2020年夏頃まで決定されないという。

コロナ危機はF1が”変わる”良い機会に? FE会長「今のF1の状況は普通じゃない」

フォーミュラEの会長であるアレハンドロ・アガグは、今回の新型コロナウイルスの危機により、F1は財政面のモデルを”調整する”チャンスを手にしたと考えており、予算上限を7500万ドル(約80億円)に引き下げるべきだと主張する。

フェラーリCEO、リバティの“アメリカ流”を称賛。ドキュメンタリーにも高評価

フェラーリのCEOであるルイス・カミッレーリは、F1を所有するリバティ・メディアのビジョンを称賛し、NetflixによるF1ドキュメンタリー番組などで新たな魅力を伝えられていると語った。

アロンソは”三冠”達成のため、F1を引退してインディ500を優先する?

今年のル・マン24時間レースを初挑戦で制したフェルナンド・アロンソ。その去就に注目が集まっている。

レッドブル+アストンマーチンの提携が意味するモノとは!?

アストンマーチンとの提携を発表したレッドブル。両者の関係は、今後どう発展していくのか? そして、両者の提携が意味するモノとは?