ビアッジ、アプリリアでテスト参加? イアンノーネ問題解決への“ウルトラC"か

シェア
コメント
ビアッジ、アプリリアでテスト参加? イアンノーネ問題解決への“ウルトラC"か
執筆:
2020/01/14 6:50

アプリリアは、アンドレア・イアンノーネがドーピングを疑われる問題を抱えているが、2月に予定されているセパンテストで、マックス・ビアッジを起用することも検討しているようだ。

 MotoGPは2月2〜4日に、マレーシアのセパンサーキットでシェイクダウンテストが実施される予定だ。ここには各メーカーのテストライダーとルーキー、そしてコンセッション(優遇措置)を受けるメーカーのレギュラーライダーが参加することができる。

 KTMはポル・エスパルガロが、アプリリアはアレイシ・エスパルガロがシェイクダウンに参加すると予想されている。しかしアプリリアにはある問題が発生している。

 アプリリアのもうひとりのライダーであるアンドレア・イアンノーネが、ドーピング検査で陽性となったことで、暫定資格停止処分をFIM(国際モーターサイクリズム連盟)に下されてしまったのだ。

Read Also:

 FIMからは公式声明などは出されていないが、イアンノーネは2回目の検査でも陽性だったと伝えられており、2020年シーズンは活動できないのではないかと見られている。

 アプリリアは大きな変更を施した“新型”マシンをセパンテストに投入すると言われている。そのためテストライダーを務めるブラッドリー・スミスが、プレシーズンテストでより重要な役割を担うことになる可能性がある。ただ、チームはイアンノーネの代わりにテストに参加するライダーを探していると考えられている。

 その候補としてイタリアメディアが言及しているのが、現在48歳となるマックス・ビアッジだ。彼はMotoGPでのランキング2位(2001年、2002年)やスーパーバイク世界選手権(WSBK)でアプリリアを駆って2度のタイトルを獲得(2010年、2012年)した実績あるライダーで、ブランドアンバサダーとして今もアプリリアとの繋がりを保っている。

 実際、彼は1月初旬には、アプリリアのスーパーバイクのひとつであるRSV4 Xのテスト走行をセパンサーキットで行なっている。

 ビアッジはこうした憶測を鎮めることはなく、「素晴らしい誘惑だ! アプリリアのMotoGPマシンのシートに乗る? 夢を見始めたんだろうか?」と、むしろ想像を掻き立てる発言を自身のSNSへ投稿した。

 なおビアッジの他にも、2019年限りでMotoGPのシートを失ったカレル・アブラハムや、WSBKライダーのロレンツォ・サヴァドリといったライダーも、セパンテスト参加が噂されている。

Read Also:

Related video

次の記事
アレックス・マルケス、テスト追加。シェイクダウン参加で慣熟走行図る

前の記事

アレックス・マルケス、テスト追加。シェイクダウン参加で慣熟走行図る

次の記事

MotoGP絶対王者マルケス、ダカール出場に意欲。4輪なら兄弟チーム結成!?

MotoGP絶対王者マルケス、ダカール出場に意欲。4輪なら兄弟チーム結成!?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アレックス マルケス
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Germán Garcia Casanova