F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
16 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
23 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
30 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
44 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
51 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
72 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
100 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
107 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
135 days

フェラーリ離脱が決まり“肩の荷が下りた”ベッテル、2020年は飛躍の年に?

シェア
コメント
フェラーリ離脱が決まり“肩の荷が下りた”ベッテル、2020年は飛躍の年に?
執筆:
協力: Oleg Karpov
2020/06/30 10:51

元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、既にフェラーリ離脱が決まっているセバスチャン・ベッテルが昨年以上のパフォーマンスを見せるのではないかと予想している。

 新型コロナウイルスの流行によってF1の2020年シーズン開幕が遅れる中、フェラーリはセバスチャン・ベッテルと来季以降の契約を結ばないことを決定した。これにより今季のベッテルはチーム内での立場が危うくなり、戦いに対するやる気をなくしてしまうのではないか、という指摘もあった。

Read Also:

 しかしながら、元F1ドライバーで現在スカイ・スポーツのF1解説を務めるマーティン・ブランドルはむしろその逆だと考えており、ベッテルが今後の自分のために全力を尽くすだろうと語った。

「正直、ベッテルは“飛ぶように”速くなるだろう」とブランドルは言う。

「過去にレッドブルで(マーク)ウェーバーと一緒だった時も、そしてフェラーリで(シャルル)ルクレールと一緒の時も、彼はチームオーダーに一切耳を傾けなかった」

「彼はそういうことに全く関心がないだろう? 彼は自分のために走っているんだ。それは間違いない」

「彼がF1に残りたいと思っているか? おそらくそうだろう。ではルノーワークスで走ることに興味があるか? それはまだ分からない」

「とにかく、彼は強大な存在になっていくだろう。彼の速さ自体は失われていないからね。接近戦で少し判断力を失う時はあるかもしれないが、魅力的なレースをするだろう。フェラーリは間違いなく将来を嘱望されているルクレールを贔屓するだろうが、それは多くの人が昨年の時点で予測していた」

 ブランドルは、既に離脱が決まっているベッテルがフェラーリと共に仕事をすることはある程度の気まずさを伴うかもしれないと認めたが、過密スケジュールとなっている今シーズンは、そういった気まずさを感じにくいのではないかと考えている。

「ガレージを歩いていると、若干疎外感を感じるかもしれない。ある人は下を向いたり、ある人は目を逸らしたりする。彼ら(フェラーリ)はよそへ行く人間に来年に関することを知られたくないだろうからね」

「チームに入ったばかりの頃は、そんなことはなかっただろう。ファクトリーに顔を出すとみんな喜んでくれる。シート合わせをして、将来の可能性に胸を膨らませるんだ。しかし既に“脱出ルート”に入ってしまった人間は、少し居心地の悪さを感じるだろう」

「そういった状況を何とかやり過ごす必要があるが、レースが立て続けに行なわれるというのは、彼にとって助けになるかもしれない」

「だから……セブは間違いなく速いと思う。ただ彼は次にどこへ行くのだろうか? そもそもどこにも行きたくないのだろうか? 4回のチャンピオンで満足しているのだろうか? 彼には家族がいるが、トップ3以外のチームで続けるモチベーションと情熱を持っているのだろうか? おそらく、彼はできるならば続けたいと思っているだろう」

 ブランドルと同じく、元F1ドライバーでスカイF1のアナリストであるジョニー・ハーバートは、『フェラーリにタイトルを持ち帰る』というチームとファンからのプレッシャーを感じなくなることが、結果的にベッテルを助けることになるだろうと考えている。

「おそらく彼はそれほど悪い立ち位置にいるわけではないと思う。彼がこれまで常に感じていたプレッシャーがなくなり、肩の荷が下りただろうからね」

「彼の肩にはフェラーリ、ティフォシ(熱狂的なフェラーリファン)、そしてイタリアが乗っかっていたように思う。でもそれが今なくなったんだ」

 
 

Read Also:

次の記事
“メルセデス王朝”は彼抜きでは語れない。離脱するPU責任者コーウェルが傾けた情熱

前の記事

“メルセデス王朝”は彼抜きでは語れない。離脱するPU責任者コーウェルが傾けた情熱

次の記事

リカルド「ムジェロでF1マシンを走らせたら……興奮間違いなし!」

リカルド「ムジェロでF1マシンを走らせたら……興奮間違いなし!」
コメントを読み込む