F1残留に一歩前進? セルジオ・ペレス「いくらか進展があった」

来季の去就が未定のセルジオ・ペレスだが、彼はF1の2021年シーズンに向けた交渉で一定の進展があったと明かした。

F1残留に一歩前進? セルジオ・ペレス「いくらか進展があった」

 2020年限りでレーシングポイントを離れることが決まっているセルジオ・ペレスは、2021年シーズンのF1残留に向けた交渉に一定の進展があったと語った。

 ペレスはF1第9戦トスカーナGPでチームからの離脱が発表された際、そうした状況を予期していなかったため、自身の将来のための”プランB”は用意されていなかったと語っていた。

 彼はそれ以降、F1残留に向けた話し合いを他チームと行なっている。また以前から、技術規則の大きな変更がある2022年をターゲットにした長期的な計画を望んでいると彼は語ってきた。

 そしてロシアGP後に将来に向けた話し合いの状況を尋ねると、ペレスは交渉にある程度進展があったと語った。

「なんとも言えないけど、まだ契約はしていない」と、ペレスは言う。

「だけど間違いなくいくらかの進展があって、今後数週間のうちにわかるだろう」

「以前も言ったように、僕は今の段階では誰も急いでいないと思う。だから待ってみよう。まだ先は長い」

 彼を現実的に雇う可能性のあるチームはハースとアルファロメオだ。ハースは2021年以降のドライバーラインアップについて現在の正ドライバーであるロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンを含む、10名ほどの候補を検討しているという。

 その中でもペレスは、ドライバーとしての実績だけでなくスポンサーによる資金力もある魅力ある選択肢に見える。しかしギュンター・シュタイナー代表はそうであっても、即座に“一番の獲物”としてペレス獲得に動くとは限らないと語っている。

 アルファロメオも2021年のドライバーラインアップは未定の状況のため、ペレスにとっては選択肢のひとつとなる。ただチームと関係の深いフェラーリ育成の若手ドライバー昇格の可能性もペレスにとっては見過ごせない問題となるだろう。

 なおペレスがF1に留まることができなかった場合、マクラーレンが彼をインディカー・シリーズに起用することに興味を示している。

 

Read Also:

シェア
コメント
上位フィニッシュ連続にリカルド自信。「今ルノーはどこでも強い!」

前の記事

上位フィニッシュ連続にリカルド自信。「今ルノーはどこでも強い!」

次の記事

大坂なおみの刺激も受け、反人種差別を声高に訴えるリカルド「問題は沈黙」

大坂なおみの刺激も受け、反人種差別を声高に訴えるリカルド「問題は沈黙」
コメントを読み込む