F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

コーナリング速度向上のフェラーリ、今度は直線が弱点に?「ドラッグ低減が急務」

シェア
コメント
コーナリング速度向上のフェラーリ、今度は直線が弱点に?「ドラッグ低減が急務」
執筆:
, Grand prix editor
協力: Jonathan Noble
2020/02/28 3:54

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリのマシンにドラッグ(空気抵抗)が増加したと感じており、直線スピードでライバルから後れを取っていると語った。

 カタルニア・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテストの後半2日目でトップタイムを記録したのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルだった。ただ、1分16秒841というベストタイムは、テスト前半最終日にメルセデスのバルテリ・ボッタスが記録したものより1秒も遅かった。

 昨年のフェラーリのマシン『SF90』は直線スピードに秀でたマシンだったが、今季の『SF1000』はコーナリングスピードの向上に焦点を当てて開発を行なった。しかしその結果、今度は武器であった直線スピードが損なわれてしまったようだ。フェラーリ側も、“現時点では”メルセデスやレッドブルほどの速さがないことを認めている。

 ベッテルはmotorsport.comに対し、SF1000はダウンフォース量が増えた分、ドラッグ(空気抵抗)も増えてしまったと語った。

「マシンは良くなったと感じる。特にセクター3は良い」

「でもそれがトレードオフの関係であることは理解している。少しドラッグが増えた分、ストレートが前よりも遅くなってしまったんだ。僕たちにはまだやるべきことがある」

「僕たちはその現状を理解しているけど、(今季の)目標はマシンのダウンフォースを増やすことだったんだ。セクター3でのフィーリングは良くなったけど、その後(メインストレート)からターン1にかけては、昨年ほど良くはない」

「間違いなくコーナーでフィーリングの違いを感じるし、改善したと思う。でもまだ他のチームの方が少し速いみたいだから、やるべきことはたくさんある」

 ベッテル曰く、ダウンフォース重視のマシンにシフトするというフェラーリの決定は、レースでのパフォーマンスに重点を置いたことによるものだという。昨年9回ものポールポジションを獲得したフェラーリだが、レースでは逆転を許すことが多く、シーズン3勝に終わった。

「僕たちはオフシーズンの間懸命に働き、前進したと思う。確かに今はドラッグが増えてしまっているけど、それは重々承知している」とベッテルは語った。

「ドラッグを低減し、空力的な効率の良いマシンにするように、懸命に取り組んでいる。ただ、今のセットアップはレースでアドバンテージをもたらすと思う。どうなるか見てみよう」

「ただ僕たちは現時点で最速ではないみたいだから、ここからのマシンの開発が重要になってくるだろう」

 今回ベッテルがトップタイムを記録したとはいえ、ここまでライバルを驚かせるほどのパフォーマンスをフェラーリは見せていない。メルセデスは先日、フェラーリが意図的にパワーユニットの出力を落とし、爪を隠しているのではないかとも示唆した。

 ベッテルは各チームのテストプログラムが様々であることから、上位チームの勢力図を比較することは難しいとしつつも、フェラーリがパドックを驚かせるほどの存在ではないことを認めた。

「ビッグチームを見てみると、どこも(パフォーマンスランなど)派手なことをしていないように思うし、様々な作業が水面下で進んでいるだろう」とベッテルは語った。

「(開幕戦の)オーストラリアでどの位置にいるかを確かめたい。ただ、現時点で僕たちが強烈な印象を残していないのは確かだ」

「でも僕は心配していない。(開幕戦は)数週間後だ。明日ある訳じゃないんだ」

 

Read Also:

次の記事
ホンダ、テスト後半2日目は有意義な1日。田辺TD「様々な状況でデータ得られた」

前の記事

ホンダ、テスト後半2日目は有意義な1日。田辺TD「様々な状況でデータ得られた」

次の記事

フェラーリ、ベッテルとの契約延長の”早期締結”を期待

フェラーリ、ベッテルとの契約延長の”早期締結”を期待
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Luke Smith