ルクレール、FP2でクラッシュもマシンに自信「予選を楽しみにしている」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、エミリア・ロマーニャGPの初日に印象的な走りを披露。「土曜日を楽しみにしている」と語る一方で、「トップチームに近いとは信じ難い」と慎重な姿勢も見せた。

ルクレール、FP2でクラッシュもマシンに自信「予選を楽しみにしている」

 F1エミリア・ロマーニャGPの初日、フリー走行2回目(FP2)でクラッシュを喫したフェラーリのシャルル・ルクレール。しかしパフォーマンスに関しては、かなりの手応えを感じているようだ。

 ルクレールはFP1でメルセデスの2台とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に次ぐ4番手タイムを記録。クラッシュで終えたFP2でも、5番手のタイムを計測している。さらにチームメイトのカルロス・サインツJr.も、好ペースを披露した。

「今日はたくさんポジティブな面があった。僕にとっては簡単な1日ではなかったけど、パフォーマンスは素晴らしいモノだった」

 ルクレールはそう語る。

「FP1では、前半に小さな問題があった。でもその後はフィーリングは良かったんだ。そしてFP2ではとても競争力があった。ターン9で少しはみ出してしまったのでラップタイムが抹消されてしまったが、最も重要なのは予選で同じことをしないということだ」

「でもパフォーマンスは高かったし、レースペースも良かった。最終コーナーでミスをしてしまい、ウォールにぶつかってしまったが……そうだね、レースでやるよりも今やった方がいい」

 ルクレールが言うように、フェラーリのFP2でのロングランは非常に優れていた。サインツJr.がソフトタイヤで、ルクレールはミディアムでロングランを実施したが、いずれもトップレベルのペース……燃料搭載量こそ分からないが、メルセデスをも凌ぐペースだったとも言える。

 今回のエミリア・ロマーニャGPは、開幕戦の舞台バーレーンと比較すると、コンディションがかなり低くなっている。しかしルクレール曰く、マシンをほとんど変えていないにも関わらず、フィーリングは良くなっているという。

「それはコースと気温次第というところだ。僕らはマシンを全く変えていない。しかし今回のコンディションでは、フィーリングははるかに良い。そして去年と比較しても、今週末のマシンは素晴らしいフィーリングなんだ。グリップも良く、バランスも良い。そして、マシンにかなりの自信を持っているから……明日を楽しみにしている」

「でも、全員がペースを上げ始める予選がある明日(土曜日)を待たなければいけない。僕らがトップチームにとても近い位置にいるとは、とても信じがたいからね。明日は、彼らがもっとペースを上げてくると思うから、それを待ってみよう」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデス、イモラでセットアップ面に大きな進歩? ボッタス「前進したと実感ができた」

前の記事

メルセデス、イモラでセットアップ面に大きな進歩? ボッタス「前進したと実感ができた」

次の記事

アルファタウリ、小柄な角田裕毅のためにコックピットを調整。”特別なペダルケース”を用意

アルファタウリ、小柄な角田裕毅のためにコックピットを調整。”特別なペダルケース”を用意
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント エミリア・ロマーニャGP
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ
執筆者 田中 健一