ガスリー、前戦でチーム内バトル展開のオコンとは“対話なし”と明かす。しかし基本的には楽観視「ハードなレースは好きだ」

アルピーヌのピエール・ガスリーは、チームメイトのエステバン・オコンとコース上で激しいバトルを続けているが、「ハードなレースは好きだ」と語った。

Esteban Ocon, Alpine F1 Team, with Luke Littler, English darts player, & Pierre Gasly, Alpine F1 Team

Esteban Ocon, Alpine F1 Team, with Luke Littler, English darts player, & Pierre Gasly, Alpine F1 Team

写真:: Sam Bagnall / Motorsport Images

 ここ数戦、緊迫したバトルが繰り広げているアルピーヌのピエール・ガスリーとエステバン・オコン。オーストリアGPでもコース上であわや同士討ちといった場面があったが、レース後に話し合いの場が持たれることはなかったとのことだが、ガスリーも概ね楽観視しているようだ。

 モナコGPで両者接触したことで、一気に緊張感が高まったアルピーヌのふたり。オコンが事前の協定を破ってガスリーに仕掛けたことは、オコンが今季限りでチームを放出されることの遠因にもなったと言われている。ここ最近は特にマシンの戦闘力が向上したこともあり、ふたりが入賞を懸けて争うことも増えたが、オーストリアもその例に漏れず、激しいバトルが見られた。

 ガスリーはオーストリアでのチームメイトバトルについて、オコンがもう少しスペースを与えるべきだったと考えている。また、チーム内バトルに関する紳士協定については「レース前にできるだけ明確にしておいたと思うけど、僕がコントロールできるのは自分のマシンだけ。これは僕らの間で話し合う必要がある。でも既に話し合ったことだし、他に何ができることがないか考えてみるよ」と話していた。

 その後、オコンと対話をすることはあったのかと問われたガスリーは、次のように語った。

「いや、対話はなかった」

「僕たちにはそれぞれの意見があると思う。僕が言っているのは、もう少しスペースがあればよかったのにということだけど、大したことじゃない」

「僕はハードなレース……ハードでフェアなレースが好きだ。だから問題ないよ」

 ポイント圏内を争う中でバトルを展開したガスリーとオコンだが、もしふたりが争っていなかったらレースの結果はどうなっていたかについて、チームとしてはどのような結論が出ているかと問われたガスリーは、こう答えた。

「全体としては、僕たちの持っているものを最大限活かせなかったと思う」

「最終的な結果としては、僕は8位の(ケビン)マグヌッセン(ハース)から2.5秒、9位のダニエル(リカルド/RB)から0.4秒差(の10位フィニッシュ)だった。色々な理由によって、レースの瞬間瞬間で数秒(稼げる場所が)あったと思うけど、最終的にはそれを活かせなかった」

 なおガスリーは今週末のイギリスGPに向けてパワーユニットを新調し規定数を超えるため、ペナルティによりグリッド最後尾からのスタートになる。曰く、バッテリーに不具合が出たことでバッテリーとコントロールエレクトロニクスを交換するが、この時点でグリッド最後尾が確定する状況だったため、内燃エンジンも含めて完全に新しいパワーユニットを投入することになったようだ。

 

前の記事 角田裕毅、熾烈なF1中団争いでは好調ハースとアストン復活を警戒。RBは“トップ”ではない……しかし「僕らは戦いの中にいる」
次の記事 アップデートの効果を活かせない! フェラーリ、F1イギリスGPで比較テストを計画……しかし初日の雨がこれを妨げる?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本