Matteo Nugnes
執筆者

Matteo Nugnes

Latest articles by Matteo Nugnes

グリッド
リスト

モルビデリ「ポルトガルで遅いようなら……心配になる」カタール連戦での苦戦から立ち直れるか

フランコ・モルビデリは開幕2連戦を不本意な結果で終えたが、第3戦ポルトガルでも不調が続くようなら、心配になってくると認めた。

大ベテランのロッシ、“敬意”に欠ける一部ライダーに苦言「最近は自分のことしか考えない者もいる」

バレンティーノ・ロッシは、2021年MotoGP開幕戦カタールGPを終えて、一部のMotoGPライダーはライバルに対する“敬意”が欠けていると苦言を呈した。

Moto2カタールテスト2日目:ジャビ・ビエルヘが首位。小椋藍は13番手に浮上

ロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれているMoto2のプレシーズンテスト。その2日目はPetronas Sprinta Racingのジャビ・ビエルヘがトップタイムをマーク。小椋藍は13番手タイムを記録している。

Moto2カタールテスト1日目:KTM Ajo移籍のガードナー首位。Moto2昇格の小椋藍は18番手

ロサイル・インターナショナル・サーキットで開始されたMoto2のプレシーズンテスト。その初日はレミー・ガードナーがトップタイムを記録した。今季からMoto2に挑戦する小椋藍は初日を18番手で終えている。

バレンティーノ・ロッシ、ペトロナスSRTでの初走行は「奇妙な感じ」|MotoGPカタールテスト

バレンティーノ・ロッシはペトロナス・ヤマハSRTでの初走行となったカタールテスト初日を振り返ると、初めは奇妙な感覚だったと語った。

ドゥカティ昇格のジャック・ミラーは、いきなりタイトル候補! チーム首脳が期待語る

ドゥカティは今季新たなライダーとしてジャック・ミラーを迎え入れるが、スポーティングディレクターのパオロ・チアバッティは彼がタイトル争いの主役になれると考えている。

ロッシ、2020年マルケス復帰への許可に疑問……リスク防ぐ精神自ら形骸化と批判

ペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは、2020年シーズンのヘレス連戦で、骨折した右腕の手術を終えたばかりだったマルク・マルケスに復帰許可を与えた理由が分からないと語った。

バスティアニーニ、MotoGPルーキーイヤーは結果を急がず「適応する時間は人それぞれ」

MotoGPデビューを果たすエネア・バスティアニーニは、ルーキーとして表彰台獲得のような結果を残さなければならないというプレッシャーはないと語った。

ロッシ、現役続行か引退か? 2021年シーズン”序盤6~7戦”のパフォーマンスが鍵

バレンティーノ・ロッシの右腕であるアレッシオ・サルッチは、ロッシは2021年シーズンの序盤6、7レースを戦った段階で、現役を続行するか判断すると語った。

「ロッシに勝っても仕返しはされない……と思う」ルカ・マリーニ、今季は兄と直接対決

2021年にMotoGPクラスへデビューするルカ・マリーニ。彼は異父兄であるバレンティーノ・ロッシよりも先にゴールしたとしても、兄から仕返しが来ることはないだろうと考えている。

ワークス離れるバレンティーノ・ロッシ、“最高の思い出”は『2013年のヤマハ復帰』

バレンティーノ・ロッシはドゥカティを離脱したあと、2013年にヤマハから復帰できなければ、レースを止めていただろうと語った。

「ランク3位も無理かと思っていた」アレックス・リンス、2020年の自己評価8.5点

アレックス・リンスはMotoGPポルトガルGPで適切なタイヤ選択をできなかったことで15位と低迷した結果に終わったと考えているが、同時に年間3位という結果も予想していなかったと語った。

ドゥカティ時代の苦戦再びは避けたい? ドヴィツィオーゾ、アプリリア加入断ったワケ

来季を休養期間とすることを決めたアンドレア・ドヴィツィオーゾだが、彼はアプリリアのレースシートを断った理由として、“自分のキャリアに必要な状況になかった”と説明している。

「ドゥカティは一歩も前進していない」ドヴィツィオーゾ、初日大苦戦で白旗?

MotoGPテルエルGP初日をアンドレア・ドヴィツィオーゾは総合19番手と苦戦。ドゥカティは前戦アラゴンGPから一歩も前進していないと彼は吐露した。

「パフォーマンスは良かったのに……」ロッシ、悪夢の“3連続”転倒リタイア。原因は不明?

ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、MotoGPフランスGPのオープニングラップで転倒してしまったが、その理由がわからないと語っており、3戦連続のリタイアを「凄く残念だ」と悔いた。

2021年がロッシのラストシーズンに? メカニック帯同不可など契約内容の一端明かす

バレンティーノ・ロッシはペトロナス・ヤマハSRTとの契約はカタルニアGPの週末にサインするだろうと考えていると明かし、契約内容の一端についても語り契約は1年のものとなっていると語った。

ペトルッチ、ドゥカティファクトリー離脱を認める。ミラー昇格でしわ寄せ

MotoGPに参戦するダニーロ・ペトルッチは、ドゥカティとの契約が更新されず、2020年限りでファクトリーチームを離れることを認めた。

「ドゥカティはドヴィツィオーゾを手放すべきではない」スズキ幹部、ライバルに助言

スズキのMotoGPチームマネージャーは、ライバルのドゥカティが2021年にチームのラインアップ変更も検討しているという噂について、アンドレア・ドヴィツィオーゾを手放すべきではないとアドバイスした。

早く乗りたい! ハミルトン、愛機交換企画でヤマハが制止するほどのやる気見せる

昨年のF1王者であるルイス・ハミルトンはヤマハのMotoGPマシンに乗る機会を得たが、ヤマハのスタッフは早朝から出走をはやるハミルトンを説得しなければならなかったと、その舞台裏を明かした。

新型コロナ、ライダー市場にも影響? ルカ・マリーニ「昇格のチャンスが減った」

Moto2に参戦するルカ・マリーニは、新型コロナウイルスの影響によって来シーズンMotoGPへステップアップするチャンスが減少したと語っている。

「ホールショットデバイスは重要」ビニャーレス、“弱点”のスタート改善を期待

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスは、2020年型のマシンにホールショットデバイスが搭載されたことは、弱点のスタートを改善する役に立つと考えている。

MotoGP新型タイヤ、ヤマハ向きの作りではない? 「全員に利点あり」とミシュラン

MotoGPにタイヤを供給するミシュランは、2020年用のタイヤがヤマハとスズキの並列4気筒勢に有利だという見方を否定した。

「ロッシがいないMotoGPは妙な感じになるはず」弟マリーニ、兄の現役続行望む

バレンティーノ・ロッシの異父弟であるルカ・マリーニは兄がMotoGPで現役を退いた場合、“妙な感じ”になると語り、現役を続行してくれる事を望んでいると語った。

イノベーションの立役者の“自負”あり。ドゥカティ「常に革新的であり続ける」

MotoGPに参戦するドゥカティのスポーティングディレクターを務めるパオロ・チアバッティは、ドゥカティがMotoGPにイノベーションをもたらしているという自負があると誇った。

もしドゥカティに残っていたら……ロレンソ「マルケスとタイトル争いできたはず」

ホルヘ・ロレンソは2018年限りでドゥカティを離れたが、もし2019年もドゥカティに留まっていたなら、マルク・マルケスとタイトル争いが可能だったと回顧した。

一理ある……アプリリアCEO、2020年型マシンの来シーズン継続使用に賛意

アプリリア・レーシングCEOのマッシモ・リボラは、MotoGPがコスト削減のために2021年も同じマシンを使用することは“狂気”ではなく考慮すべきことだと話した。

延期続くMotoGP、プライベートチームは財政面で“赤信号”。アビンティア明かす

MotoGPに参戦するアビンティアは、新型コロナウイルスの影響によってシーズンが中断されていることで、財政的に“赤信号"が灯っている状況だと明かした。

「リンス&ミルのコンビを長く続けたい」スズキ、ライダーラインアップ維持に腐心

MotoGPに参戦するスズキのチームマネージャーであるダビデ・ブリビオは、アレックス・リンスとジョアン・ミルのラインアップを今後も長く維持したいと考えている。

「マルケス兄弟の管理は難しいはず」同じく兄弟参戦のエスパルガロが見解

2020年のMotoGPではレプソル・ホンダがマルク・マルケスとアレックス・マルケスによる兄弟チームが結成されるが、ポル・エスパルガロはふたりのマネージメントは難しいだろうと語った。

引退が続行か……ロッシの将来プラン、新型コロナの影響で“めちゃくちゃに”

バレンティーノ・ロッシは新型コロナウイルスによるMotoGPの中断によって、2020年シーズン以降の自身の将来を決める計画が台無しになったと語った。

「僕より若いんだから」現役最年長のロッシ、ロレンソ&ペドロサは“復帰”可能と語る

ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、MotoGPのライバルとしてしのぎを削ってきたダニ・ペドロサとホルヘ・ロレンソが2021年に現役復帰することも可能なだけの力を持っていると語った。

ロレンソ、4年ぶりヤマハで“去年の"自分に迫るタイム。MotoGPシェイクダウン3日目終わる

MotoGPシェイクダウンテスト3日目は、KTMのポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。また、ヤマハのホルヘ・ロレンソがついにYZR-M1を走らせ、トップから約1秒差でテストを終えた。

ヤマハのロレンソ、走行は3日目に。MotoGPシェイクダウン2日目はペドロサ首位

セパン・サーキットで行われているMotoGPのシェイクダウンテスト。その2日目は、初日に引き続きKTMのダニ・ペドロサがトップタイムとなった。ヤマハのホルヘ・ロレンソはガレージに姿を表したが、走行は3日目にお預けとなった。

MotoGPシェイクダウンテスト始まる。ロレンソの参加は2日目以降か

マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開始された、MotoGPのシェイクダウンテスト。初日のセッションでは、KTMのダニ・ペドロサがトップタイムを記録した。

ランキング2位を夢見てしまった……ペトルッチ、後半の失速は“野望”が原因?

2020年にドゥカティで2年目のシーズンを迎えるダニーロ・ペトルッチ。昨年はMotoGPイタリアGPで初優勝を挙げるなど期待を抱かせたが、後半戦は失速。彼はランキング2位を狙う“野望”が悪い方向に作用したと話した。

”ドーピング疑惑”のイアンノーネ、2月4日に控訴審。テスト欠場は不可避?

ドーピング違反に問われているアンドレア・イアンノーネは、FIMの裁定に対して抗議。その控訴審が2月4日に行なわれることになった。しかしこのスケジュールにより、2020年最初のMotoGPプレシーズンテストに欠場することを余儀なくされそうだ。

ロッシはもうライバルに敵わない? アゴスチーニ「“時間”は止められない」

モーターサイクルレースのレジェンド、ジャコモ・アゴスチーニは、バレンティーノ・ロッシが既にライバル達と同程度には強くはないと考えているようだ。