フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
99 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

super-taikyu News and Analysis

グリッド
リスト

富士24時間レース、下から観るか? ”空”から観るか? AirXが「ヘリコプター遊覧」を実施。3900円から

エアモビリティプラットフォーム開発を行なうAirXは、富士スピードウェイで6月4〜5日にかけて行なわれる「NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース」に併せて、サーキット上空からレースを観戦する「ヘリコプター遊覧」を実施する。

衝撃! ラトバラがS耐の富士24時間に参戦。水素エンジンのカローラに「乗ってみたいと思っていた」

TOYOTA GAZOO Racingは、6月3日から5日に行なわれるスーパー耐久の第2戦、富士24時間レースの参戦体制を発表。現在トヨタWRCのチーム代表を務めるヤリ-マティ・ラトバラの参戦が明らかとなった。

モータースポーツで実現する脱炭素社会へ……スーパー耐久で広がる挑戦。トヨタ、マツダ、スバルが取り組んでいること

スーパー耐久では、様々なメーカーが”カーボンニュートラル”社会の実現を目指した開発車両を走らせている。舞台となった鈴鹿サーキットでは会見も開かれ、各社、各車両が目指す方向性が語られた。

スーパー耐久開幕戦鈴鹿5時間は終盤にまさかの展開。DAISHIN GT3 GT-Rが開幕戦を制す

2022年スーパー耐久開幕戦が鈴鹿サーキットで行なわれ、81号車DAISHIN GT3 GT-Rが優勝を飾った。

2022年スーパー耐久、大会数増加に伴い一部大会で不参加クラスを設定

スーパー耐久は、全7大会からなる2022年シーズンのスケジュールについて発表。一部大会では不参加クラスが設けられることとなった。

【スーパー耐久】ホンダの従業員チーム『Honda R&D Challenge』、2022年はST-2クラスで初のフル参戦へ

ホンダの従業員有志で結成されたプライベートチーム『Honda R&D Challenge』が2022年スーパー耐久の参戦体制を発表。今季は初のフル参戦をすることとなった。

ポルシェセンター岡崎、2022年のスーパー耐久参戦体制を発表。Cドライバーに伊藤大輔

ポルシェセンター岡崎は、2022年のスーパー耐久参戦体制を発表。昨年同様、ポルシェ911 GT3RでST-Xクラスに参戦する。

BUSOUがスーパーGT・GT300&スーパー耐久参戦を発表! S耐はZ投入、GTの体制は未発表もサプライズありか

エアロパーツメーカーのBUSOUが、スーパーGTのGT300クラスとスーパー耐久のST-3クラスに参戦することを発表した。

【スーパー耐久】2022年は1.4リッターターボのGR86がST-Qクラスから参戦へ

2022年のスーパー耐久では、1.4リッターターボエンジンのGR86がST-Qクラスから参戦することとなった。

スーパー耐久第6戦岡山(Gr.1):ポルシェセンター岡崎911GT3Rが今季2勝目。 ST-Zクラスはエンドレスメルセデスが3連覇

スーパー耐久第6戦岡山のグループ1決勝では、16号車ポルシェセンター岡崎911GT3R(永井宏明/上村優太/中山雄一)が優勝を飾った。

スーパー耐久第6戦岡山(Gr.2):最終戦で埼玉トヨペットクラウンが今季2勝目。バイオディーゼル燃料車のデミオも無事完走

スーパー耐久第6戦岡山のグループ2決勝では、52号車埼玉トヨペット GB クラウンRS(服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰)が優勝を飾った。

スーパー耐久から広がる“脱炭素”の輪。トヨタ、カワサキ、マツダ、ヤマハ、スバルの国内5社が「選択肢広げる」取り組みに挑戦

トヨタ自動車、川崎重工業、マツダ、ヤマハ発動機、スバルの5社が、カーボンニュートラル実現に向けての取り組みに協力して挑戦していくことを発表した。

スーパー耐久が2022年開催スケジュールを発表。鈴鹿で2大会開催、全7戦に

スーパー耐久2022年シーズンの開催スケジュールが発表され、全7戦で争われることが明らかとなった。

ケイ・コッツォリーノ代表のAtes株式会社、10月に富士で“プレミアム”なドライビングイベントを開催

ケイ・コッツォリーノが代表を務めるAtes株式会社は、10月10日に富士スピードウェイでプレミアムカーオーナー向けサーキットイベントを開催すると明かした。

スーパー耐久第5戦鈴鹿:SC/FCYゼロ! 777号車D'stationが今季2勝目でタイトル決定

スーパー耐久の第5戦が鈴鹿サーキットで行なわれ、777号車D’station Vantage GT3が総合優勝。今季2勝目を挙げると同時に、今シーズンのチャンピオン獲得を決めた。

【スーパー耐久】水素エンジンカローラがさらに進化。給水素時間は2分、ペースも上位クラスに匹敵するレベルに

スーパー耐久での投入3戦目となった水素エンジンカローラ。給水素時間から車両パフォーマンスまで、様々な面でさらなる進化を遂げているようだ。

日産&ニスモ、『NISMO Festival』の開催見送りを発表。新型コロナ感染拡大で2年連続

日産自動車とニスモは、オフシーズンに毎年開催しているファン感謝イベント「NISMO Festival」の2021年の開催を見送ると発表。昨年から2年連続で開催されないこととなった。

スーパー耐久第4戦オートポリス:視界不良で1時間中断したレースでマクラーレンが初優勝

スーパー耐久第4戦がオートポリスで行なわれ、2番手フィニッシュの290号車Floral UEMATSU FG 720S GT3が他車の失格により繰り上がり優勝となった。

水素エンジンカローラ、改良型がS耐オートポリスに参戦。給水素時間は40%向上

スーパー耐久富士24時間レースで初登場した水素エンジン搭載のカローラが、オートポリス戦でも改良を経て投入された。

水素エンジン搭載のカローラスポーツが富士24時間を完走「未来の扉開く準備ができた」水素充填は計35回

スーパー耐久富士24時間レースを完走したROOKIE Racingのモリゾウ(豊田章男トヨタ自動車社長)は、世界初となる水素エンジン車で参戦したこのレースを無事戦い切れたことへの満足感を口にした。

スーパー耐久富士24時間:DAISHIN GT3 GT-Rがトラブルを抱えながらも走り切りS耐初優勝

スーパー耐久シリーズ第3戦は、5月22〜23日に富士スピードウェイにおいてシリーズ最長の24時間レースとして開催され、ST-Xクラスの81号車DAISHIN GT3 GT-R(大八木信行/青木孝行/藤波清斗/坂口夏月)が763周を走破し優勝した。

水素エンジン搭載の『カローラスポーツ』駆る小林可夢偉「このマシンには未来がある」|S耐久富士24時間

スーパー耐久富士24時間レースでデビューを果たした水素エンジン搭載車の『カローラスポーツ』。ドライブを担当するROOKIE Racingのドライバーたちは、そのマシンでレースをすることで、ファンに希望を与えられると感じているようだ。

S耐スープラはなぜ3つのクラスに分散しているのか? カスタマーサービス、そしてモノ作りへの熱意

2021年のスーパー耐久では、トヨタGRスープラがST-Z、ST-Q、ST-1という3つのクラスで走っている。同じ車両でありながら、なぜここまで分散しているのか? その背景には“モノ作りへの情熱”があった。

トヨタ、スーパー耐久で”水素エンジン”の技術開発に挑戦。第3戦富士24時間で実戦投入を開始

トヨタは、カーボンニュートラルなモビリティ社会実現に向けて、スーパー耐久第3戦富士24時間レースからカローラ スポーツをベースとした水素エンジン搭載車両を参戦させることを発表した。

スーパー耐久第2戦SUGO:グループ1レースはPC Okazakiポルシェが今季初優勝

スーパー耐久第2戦SUGOのグループ1決勝では、ST-Xクラスの16号車PC Okazaki 911 GT3R (永井宏明/上村優太/中山雄一)が優勝を飾った。

スーパー耐久第2戦SUGO:グループ2レースは埼玉トヨペットクラウンが優勝

スーパー耐久第2戦SUGOのグループ2決勝では、52号車埼玉トヨペットGBクラウンRS(服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰)が優勝を飾った。

スーパー耐久開幕戦は天候不良のために4時間で打ち切り。777号車D’stationが優勝を飾る

2021スーパー耐久シリーズ開幕戦がツインリンクもてぎで行なわれ、777号車D’station Vantage GT3がST-Xクラスの優勝を飾った。

ROOKIE RacingとNTTコミュニケーションズがパートナー契約を締結。IoT技術の活用を目指す

NTTコミュニケーションズはROOKIE Racingとスポンサー、テクノロジーパートナー契約を締結。スーパーフォーミュラでは「NTT Communications ROOKIE」として活動することを発表した。

KTMカーズジャパン、S耐久ST-1クラスへの参戦を発表。”日本に1台”のKTM X-BOW GTX使用

KTMカーズジャパンはKTM X-BOW GTXを使用し、2021年のスーパー耐久ST-1クラスへ参戦することを発表した。

スーパー耐久ST-4クラス王者のC.S.I Racing、今季はGRスープラ投入しST-Zクラスにも参戦

C.S.I Racingは、昨年タイトルを獲得したST-4クラスに加え、GRスープラを投入してST-Zクラスにも参戦することとなった。

D'station Racing、2021年はWECに加えスーパー耐久にも体制を継続し参戦

D'station Racingは2020年シーズンに引き続き、スーパー耐久のST-XクラスとST-Zクラスに参戦することを発表した。

スーパー耐久、2021年シーズン開催予定を公表。3月20日にもてぎで開幕

スーパー耐久は3月20日にツインリンクもてぎで開幕を迎える全6戦の2021年シーズンの開催スケジュールを公表した。

S耐、新型コロナ受け中止の第6戦代替レースを断念。全5戦で2020年シーズン決着

スーパー耐久は1月23日に予定されていたものの新型コロナウイルスの影響によって中止された第6戦の代替大会開催を断念。全5戦で2020年シーズンを終了させることを発表した。

STO桑山事務局長、S耐最終戦の開催諦めず「コロナ禍でも皆さんが盛り上げてくれたから」

スーパー耐久を運営するSTOの桑山晴美事務局長は、中止となった2020スーパー耐久第6戦の代替レースを何とか開催したいと考えており、現在も調整を続けていると語った。

S耐 第6戦鈴鹿の開催が中止に。近隣府県の緊急事態宣言発令を受け

新型コロナウイルスの感染拡大により、1月23日に開催予定だった2020スーパー耐久第6戦鈴鹿の開催中止が決定した。

S耐第5戦オートポリス|777号車D’stationが今季2勝目、ST-X王座決定は最終戦に持ち越し

2020スーパー耐久第5戦オートポリス。最高峰のST-Xクラスは#777 D’station Vantage GT3が優勝し、チャンピオン決定は最終戦に持ち越されることとなった。

MORIZOが乗るGRヤリスが最終戦待たずにST-2クラスチャンピオン決定!

2020スーパー耐久第5戦では、トヨタの豊田章男社長(MORIZO)もドライバーとして参加する#32 ROOKIE Racing GR YarisがST-2クラスチャンピオンを決めた。

S耐第5戦オートポリス|接戦の末、777号車D’station Vantage GT3が今季4度目のPP

2020スーパー耐久第5戦オートポリス。公式予選では#777 D’station Vantage GT3が接戦の末ポールポジションを獲得した。

S耐もてぎ|前戦大クラッシュから復活! 888号車HIRIXメルセデス今季2勝目

2020スーパー耐久第4戦もてぎ。決勝レースは#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3が今季2勝目を挙げた。

S耐 第4戦 もてぎ|777号車D’station Vantage GT3が今季3回目のPP獲得

2020スーパー耐久第4戦もてぎの公式予選が行なわれ、最高峰のST-Xクラスは#777 D’station Vantage GT3が前回の岡山大会に続き、ポールポジションを勝ち取った。

スーパー耐久、ハンコックとオフィシャルタイヤサプライヤー契約締結。2021年から

スーパー耐久シリーズは2021年からハンコックタイヤのワンメイクとなることが正式に発表された。

今季初勝利を飾った777号車D’stationヴァンテージ、いつもと違う戦略で勝機呼び込む

2020年のスーパー耐久第3戦岡山。ST-Xクラスで今季初優勝を飾った#777 D’station Racing Vantage GT3の藤井誠暢は、いつもと異なる戦略がうまく機能したことが勝利につながったと語った。

S耐で大クラッシュ喫した高木真一が容態を報告。腰椎と右手首を骨折し木曜に手術

2020スーパー耐久第3戦で大クラッシュを喫した#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の高木真一だが、その後の検査で腰椎と右手首が骨折していることが明らかとなった。木曜日に手術を受けることになり、スーパーGTをはじめ、その後のレース参戦への影響が心配される。

S耐 第3戦 Gr.1決勝|777号車D’stationヴァンテージがライバル圧倒し今季初優勝

2020年のスーパー耐久第3戦岡山。Gr.1の決勝レースは、ポールポジションからスタートした#777 D’station Vantage GT3が終始力強い走りをみせた。

S耐 第3戦 Gr.2決勝|逆転に次ぐ逆転の末、884号車 林テレンプ86が今季初V

2020年のスーパー耐久第3戦。Gr.2決勝は昨年のST-4クラス王者である#884 林テレンプSHADE RACING 86が今季初優勝を飾った。

S耐第3戦Gr.1予選|ST-Xは僅差のバトル、777号車D’stationヴァンテージがPP

2020年のスーパー耐久第3戦が岡山国際サーキットで開幕。Gr.1の公式予選は#777 D’station Vantage GT3が僅差でタイムアタック合戦を制した。

開幕2連勝も「終盤はかなりキツかった」……坪井翔、次戦に向けて気を引き締める

スーパー耐久第2戦SUGOのST-4クラスで開幕2連勝を飾った#310 GRGarage水戸インターGR86は、序盤から後手を踏む展開となってしまったが、坪井翔の活躍で逆転勝利をつかんだ。

S耐 第2戦SUGO|Gr.1決勝はトップ争いが二転三転、16号車ポルシェGT3Rが優勝

2020スーパー耐久第2戦のGr.1決勝レースのST-Xクラスはトップ争いが二点三転する激戦となった。

S耐 第2戦 SUGO|Gr.2決勝は310号車GR水戸インター86が接戦を制する

2020スーパー耐久第2戦SUGO。フルウエットコンディションとなったGr.2決勝は#310 GRGarage 水戸インター GR86が開幕2連勝を飾った。

S耐 第2戦 SUGO|Gr.1予選が悪天候のためキャンセル

2020スーパー耐久第2戦SUGOのGr.1公式予選は、悪天候によりキャンセルされることとなった。

元F1ドライバーのミカ・サロ、富士24時間の“クリーンさ”に驚き「ほぼ全車完走している」

過酷な富士24時間レースでほとんどの車両がリタイアせずに完走したことに、元F1ドライバーのミカ・サロも驚いた様子だった。

最後まで波乱続きだった富士24時間、新規チームの888号車HIRIXがデビューウィン

今年は雨絡みで大波乱の展開となったスーパー耐久 富士24時間レース。各クラスでは終盤にトップが入れ替わるなど、最後までドラマが絶えなかった。

富士24時間レース 決勝速報|888号車HIRIXが劇的デビューウィンを飾る!

2020年のスーパー耐久第1戦 富士24時間レースは、 #888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3がチームデビュー戦でいきなり総合優勝を飾った。

富士24時間レース|ゴールまで残り4時間、888号車HIRIXが初Vに向けリード広げる

2020年のスーパー耐久富士24時間レースは終盤を迎え、#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3が総合トップの座を守っている

富士24時間 16時間経過|81号車DAISHINにペナルティ、888号車HIRIXがトップに

2020スーパー耐久第1戦 富士24時間レース。総合トップにつけていた#81 DAISHIN GT3 GT-Rだが、明け方に痛恨のペナルティストップを受け、#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3がトップに浮上した。

富士24時間レース|スタート12時間経過、81号車DAISHIN GT-Rがトップを快走

2020年のスーパー耐久 富士24時間レースは悪天候により一時中断はあったものの、スタートから12時間が経過した。

富士24時間レース|4時間30分の中断を経てレース再開するも、悪天候が続く

開始3時間のところでレースが中断されていた富士24時間レースだが、22時30分に再開。途中セーフティカー導入がありつつも、各車が周回を重ねている。

富士24時間レース決勝|天候回復の見込み立たず……赤旗中断がさらに長引く

悪天候により赤旗中断となっているスーパー耐久 富士24時間レースだが、現在もレース再開の見込みは立っていない。

早くも荒れ模様の富士24時間、豪雨のため開始3時間のところで赤旗中断

2020スーパー耐久第1戦 富士24時間レースは豪雨の影響で開始3時間のところで赤旗中断となった。