F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
27 days
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
14 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
238 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

JAFが国内モータースポーツにおける新型コロナ感染対策の基本的なあり方の例を提示

7月以降の再開が見込まれている国内主要レースだが、参加する関係者は極力最小限にし、1大会あたりの開催期間も短縮されるなど様々な対策が施されそうだ。

緊急事態宣言解除を受け、国内モータースポーツも再開へ。JAFが対応方針を発表

新型コロナウイルスの影響で開催がストップしていた国内モータースポーツだが、スーパーGT、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久など主要カテゴリーについては7月以降に順次再開していく方向で調整が進んでいるようだ。

S耐、6月の富士24時間レースも延期が決定。代替日程は未定

新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内唯一の24時間レースであるスーパー耐久の第3戦富士24時間も開催が延期されることになった。

スーパー耐久第2戦SUGOの開催延期が決定、新型コロナ感染拡大を受け苦渋の決断

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月25日〜26日に開催予定だったスーパー耐久第2戦SUGOが、10月3日〜4日に延期されることが決定した。

S耐鈴鹿戦は11月に移動。今年のサウンド・オブ・エンジンは開催中止に

新型コロナウイルスの影響で開催が延期となっていたスーパー耐久開幕戦(鈴鹿サーキット)が、時期を11月に移して開催されることが決定。その一方で、今年の鈴鹿サウンド・オブ・エンジンの開催は中止されることになった。

ST-4王者の林テレンプSHADE RACINGが体制発表、不動の布陣で連覇目指す

昨年、スーパー耐久のST-4を制した林テレンプSHADE RACINGは今年も同じドライバー体制で連覇を狙う。

延期となったS耐開幕戦は代替日程は11月以降、SFも秋以降の開催で調整か

新型コロナウイルスの国内感染拡大による影響を受け、開催延期が決まったスーパーフォーミュラとスーパー耐久の開幕戦は秋以降でのリスケジュールを目指しているようだ。

鈴鹿2&4レース、S耐開幕戦の延期が決定。新型コロナウイルスが影響

4月4、5日に鈴鹿サーキットで開催が予定されていた鈴鹿2&4レースそしてスーパー耐久の開幕戦が、新型コロナウイルスの影響により開催が延期されることが分かった。

S耐富士テスト|TAIROKU RACING GT-Rがトップも上位は僅差

富士スピードウェイで行なわれた2020スーパー耐久の公式テストは、#300 TAIROKU RACING GTR GT3が終日にわたって速さをみせた。

S耐富士テスト、SF鈴鹿テストでパドックの一般入場が禁止に……新型コロナウイルス対策で

2月29日に富士スピードウェイで行なわれるスーパー耐久公式テスト、および3月9日〜11日に行なわれる鈴鹿サーキットでのスーパーフォーミュラ、スーパーフォーミュラ・ライツの公式テスト期間中は一般のパドック入場が禁止されることになった。

平木湧也・玲次兄弟が新チームを結成、S耐とFIA-F4に参戦

国内モータースポーツ界で活躍する平木湧也・玲次兄弟が新たにチームを結成。スーパー耐久とFIA-F4日本選手権にエントリーすることを明らかにした。

ST-4クラスのC.S.I Racingに坪井翔が加入、2020参戦体制を発表

今シーズンはスーパーGT(GT500)とスーパーフォーミュラに参戦を予定している坪井翔。スーパー耐久にはC.S.I RacingからST-4クラスにエントリーすることとなった。

31年続けた“挑戦の歴史”に幕……ル・ボーセ坪松代表が語るモータースポーツとは

2019シーズンいっぱいでレース活動を完全終了したレーシングチーム『ル・ボーセ モータースポーツ』。31年にわたってチームを率いてきた坪松唯夫代表にとっては、まさに“戦い”と“挑戦”の日々だった。

TAIROKU RacingがS耐に復活! 本山哲を起用しST-Xフル参戦

2019年のスーパー耐久で上位争いを繰り広げる活躍を見せていたTAIROKU Racing with B-Max Engineeringが2020シーズンに復活する。

S耐|最終戦岡山のスケジュールが変更、他カテゴリーとの日程重複を考慮

2020年のスーパー耐久の最終戦岡山大会の日程が10月31日〜11月1日に変更されることになった。

ROOKIE RACING、2020年はGRスープラ&GRヤリスの“豪華2台体制”

スーパー耐久に参戦するROOKIE RACINGが2020年の参戦体制を明らかにし、ST-1クラスとST-2クラスで戦うこととなった。

埼玉トヨペットGB、2020年は“GRスープラ”投入。新たに川合孝汰が加入

スーパーGTやスーパー耐久に参戦する埼玉トヨペットGreen Braveは、東京オートサロンで2020年のモータースポーツ活動体制発表を行ない、新たにGR SUPRA GTを投入することを明かした。

王者から絶対王者へ……さらなる進化をみせたGTNET GT-R

各クラスともに白熱した2019年のスーパー耐久。その中でも他を寄せ付けない強さを見せつけたのが、ST-Xクラス2連覇を果たした#1 GTNET GT3 GT-Rだった。

スーパー耐久の2020暫定スケジュールが発表、富士24時間は6月5日〜7日に開催

2020年のピレリ スーパー耐久シリーズは今年同様に6大会で開催を予定していることが明らかとなった。

宮田莉朋、怒涛の追い上げ。60号車が大逆転でスプリントカップのレース1制す

スーパーGT×DTM特別交流戦の併催イベント『auto sport web Sprint Cup』の決勝レース1は、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)が制した。

最後まで追い上げるも連覇ならず。97号車の大津弘樹「悔しい……」

クラス連覇を目指した#97 Modulo CIVIC。途中タイヤバーストなどの不運に見舞われながらも最後まで諦めずに力走を続けたが、惜しくも今季のシリーズチャンピオンを逃す結果となった。

激戦のST-4クラスで初戴冠、884号車の平中「みんなの頑張りがこの結果につながった」

2019スーパー耐久シリーズで“激戦区”のひとつと言われたST-4クラス。最終戦で見事チャンピオンを獲得したのは#884 林テレンプSHADE RACING 86だった。

熾烈を極めたST-TCRクラス王座争いは19号車アウディに軍配!

2019スーパー耐久第6戦岡山。トップ4台が2ポイント差にひしめく接戦となったST-TCRクラスは今季2勝目を飾った#19 BRP★Audi Mie RS3 LMSが初のシリーズチャンピオンに輝いた。

藤井誠暢、D’station Racingでの初勝利に感慨「この1勝はすごく嬉しい」

2019スーパー耐久第6戦岡山。ST-Xクラス優勝を果たした#777 D’station Vantage GT3の星野敏、藤井誠暢、近藤翼がレースを振り返った。