セバスチャン ブエミ
Switzerland
ドライバー

セバスチャン ブエミ

1988-10-31 (32歳)
チーム DAMS
23

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
21 articles
フィルターをクリアにする
セバスチャン ブエミ
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

セバスチャン ブエミの最新ニュース

グリッド
リスト

WECプロローグ:トヨタ、8号車が2日目午後にトップ。しかし最速タイムはLMP2クラス

WEC開幕戦を前に、スパ・フランコルシャンで行なわれた公式プレシーズンテスト2日目、午後のセッションでトヨタ8号車がトップタイムをマークした。

ブエミの動きは「信じられないほど愚か」、クラッシュでリタイアのディ・グラッシ痛烈批判

アウディのルーカス・ディ・グラッシは、日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミに追突され、フォーミュラ第4戦ローマePrixをリタイアに終わったが、そのブエミの行為を「信じられないほど愚か」だと痛烈に批判している。

日産リーフとアリアがフォーミュラEを走る?? 日産2021年モータースポーツ活動概要発表

日産は2021年のモータースポーツ活動概要を発表。その中で、今季はフォーミュラEのタイトル争いの有力候補になるという目標を掲げ、さらに参戦する2台のマシンにアリアとリーフという名前をつけることを明らかにした。

WECタイトル獲得を喜ぶ小林可夢偉「ドライバーだけで成し遂げられた記録じゃない」

バーレーンで行なわれたWECの2019-2020年最終戦。勝利を収めたTOYOTA GAZOO Racingの7号車TS050 HYBRIDの面々は、これでシーズンタイトルを獲得。小林可夢偉はこの成果を喜ぶと共に、チームメンバーの働きを労った。

日産e.ダムス、セバスチャン・ブエミ&オリバー・ローランドのコンビを継続起用

フォーミュラEに参戦する日産e.ダムスは、2021年シーズンも引き続きセバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドを起用することを発表した。

ブエミ&中嶋一貴ル・マン3連覇。「僕らは他の車よりも運に恵まれている」

2020年のル・マン24時間レースは、トヨタの8号車が総合優勝。中嶋一貴とセバスチャン・ブエミは、これでル・マン3連覇を成し遂げることとなった。8号車のクルーが、勝利の喜びを語った。

トヨタ8号車のブエミ、”アマチュア”の動きに警戒「サバイバルレースになるかも」

トヨタのセバスチャン・ブエミは、ウエットコンディションとルーキーの多さから、今年のル・マン24時間レースが生き残りをかけたレースになると予想している。

フォーミュラE、”ツインモーター”使用禁止へ。影響を受けるのは日産のみ?

FIAは、フォーミュラEのシーズン6からツインモーターの使用を禁止する方針を明かした。

ル・マン24時間:トヨタ8号車が連覇でWEC王者に。7号車はラスト1時間に泣く

第87回ル・マン24時間レースは、8号車トヨタTS050Hybridが総合優勝し2連覇。WECシーズンチャンピオンを獲得した。

ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

トヨタ7号車の小林可夢偉が、ル・マン24時間のウォームアップ走行で最速ラップを記録。まもなく決勝スタートを迎えるが、好調さを維持している。

大願成就! 8号車トヨタ、前年の周回数を大幅に上回りル・マン初優勝

2018ル・マン24時間レースは8号車トヨタが優勝、残り4時間になってもアクシデントが続出し、最後まで気の抜けないレース展開となった。

【FE】モナコePrix決勝:ブエミ今季4勝目。0.3秒差の争いを制す

フォーミュラE第5戦モナコePrixの決勝レースが行われ、ルノー・e.ダムスのセバスチャン・ブエミが今季4勝目を挙げた。

【WEC】シルバーストンFP1:首位トヨタ。ポルシェに0.8秒差つける

WEC(世界耐久選手権)開幕戦シルバーストンのフリー走行1回目でトップタイムを記録したのは、トヨタのセバスチャン・ブエミだった。

【FE】ブエノスアイレス決勝:ブエミ王者の貫禄。開幕3連勝を達成

フォーミュラEシーズン3第3戦ブエノスアイレスePrixの決勝が行われ、ルノー・e.ダムスのセバスチャン・ブエミが勝利した。

【WEC】motorsport.comが選ぶ2016年のトップ10LMP1ドライバー:Part 2

motorsport.comのジャーナリスト/エディターが今年のLMP1ドライバーのトップ10を選考した。今回はそのPart 2をお届けする。

【フォーミュラE】マラケシュePrix決勝:グリッド降格もはね退け、ブエミが開幕2連勝

フォーミュラEマラケシュePrixは、ルノー・e.ダムスのセバスチャン・ブエミが優勝を果たした。

WECアメリカ予選:アウディがフロントロウ独占。トヨタ6号車がポルシェの一角を崩し4位

WEC第6戦COTA6時間レースの予選が行われ、7号車アウディR18がポールポジションを獲得した。

フォーミュラE公式テスト5日目:ベルニュ、ラップレコード更新でトップタイム

ドニントンパークで行なわれている、フォーミュラEシーズン3公式テスト5日目。ベルニュは自身の持つラップレコードを0.4秒以上更新した。

フォーミュラE最終戦予選:ブエミがPP獲得。同ポイントでディ・グラッシとの最終決戦へ

フォーミュラE第2シーズン最終戦の予選が行われ、セバスチャン・ブエミがポールポジションを獲得した。

フォーミュラE第10戦FP1:ブエミが盤石のトップタイム。FP2はシステムトラブルで中止

フォーミュラE最終戦ロンドンePrixのフリー走行1回目が行われ、セバスチャン・ブエミがトップタイムを記録した。

FE第8戦ベルリン決勝:ブエミ今季3勝目。ポイント差1で最終戦へ

フォーミュラE第8戦ベルリンePrixの決勝レースが行われ、2番グリッドからスタートしたセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)が優勝。ポイントリーダーであるルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)との得点差を1ポイントまで縮めた。