ニック キャシディ
New Zealand
ドライバー

ニック キャシディ

1994-08-19 (26歳)
37

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
22 articles
フィルターをクリアにする
ニック キャシディ
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

ニック キャシディの最新ニュース

グリッド
リスト

完勝バード、チームメイトの”アシスト”に感謝「僕たちはイングランド代表のようだった」

フォーミュラE第11戦ニューヨーク・シティePrixで優勝したサム・バード(ジャガー)は、チームメイトであるミッチ・エバンスが『サッカーのイングランド代表』のように貢献してくれたと称賛した。

【フォーミュラE】ニック・キャシディ、初ポールポジションを喜ぶ「肩から重荷を下ろせた!」

フォーミュラEの第4戦ローマePrixでポールポジションを獲得したニック・キャシディ(ヴァージン)は、”肩の重荷が下りた”と喜びを語った。

キャシディ、”不運”なフォーミュラEデビュー。予選好アタックも抹消に……「これもレース」

フォーミュラEデビュー戦を迎えたニック・キャシディ。予選ではタイム抹消となる不運な展開もあり、決勝レースも19位で終えた。

フォーミュラEデビュー迫るキャシディ、新たな挑戦に気合十分「チャレンジの準備はできている」

ニック・キャシディはフォーミュラEのルーキーシーズンで、タフな時間を過ごすことになると覚悟しつつも、チャレンジする準備はできていると語った。

DTM参戦のキャシディ、レッドブルとの強力コラボに興奮も「まずはフォーミュラEに集中」

レッドブルとタッグを組んだAFコルセからDTMに参戦予定のニック・キャシディは、レッドブルからチャンスをもらったことを喜んでいるが、まずは初めてフル参戦するフォーミュラEでの活動に全力を傾けたいと語った。

レッドブル、AFコルセと組みDTM参戦。アルボン、キャシディ、ローソンの強力布陣

レッドブルはAFコルセと組み、今季のDTMに参戦することを発表。マシンはフェラーリ488 GT3 EVOで、アレクサンダー・アルボン、ニック・キャシディ、リアム・ローソンの超強力な布陣でシーズンを戦うことになった。

「勝利は手に入っていたのに……」ニック・キャシディ、SF第6戦のトラブル悔やむ

スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿でポールポジションからレースをリードしたものの、リタイアに終わったニック・キャシディだが、彼は胸が張り裂けるようだと語った。

キャシディ、フォーミュラEテストの影響でスーパーGTラスト2戦の参戦に黄色信号?

スーパーGTのGT500ランキング2番手につけている#37 KeePer TOM'S GR Supraのニック・キャシディだが、フォーミュラE参戦に向けた準備のため、シーズンラスト2戦を欠場せざるを得ない可能性が出てきているようだ。

SF第2戦はタイヤ交換により見応えのあるレースに。その裏にドライバーたちの働きかけが

石浦宏明は、スーパーフォーミュラ第2戦におけるタイヤ交換義務の復活は、ドライバー側から主催者に働きかけたものであることを明かした。

「人生で1番退屈だった」王者キャシディ、追い抜きがほとんどないレース展開に不満げ

VANTELIN TEAM TOM’Sのニック・キャシディは、ツインリンクもてぎで行なわれたスーパーフォーミュラ開幕戦を、自身のレースキャリアで「最も退屈なレース」だったと語った。

来季フォーミュラE参戦が決定済みのニック・キャシディ、SFは「今季が最後となるだろう」

スーパーフォーミュラに参戦するニック・キャシディは、2021年からフォーミュラEに参戦することが決定しているが、今季が自身のラストシーズンになる可能性が高いことと認めた。

ニック・キャシディ、来シーズンからフォーミュラEにフル参戦! ヴァージンと契約

2019年のスーパーフォーミュラ王者であるニック・キャシディが、2020-2021シーズンからヴァージンの一員としてフォーミュラEを戦うことが明らかとなった。

GRスープラ、鮮烈デビューウィンなるか? キャシディ「NSXとの差はほとんどない」

#37 KeePer TOM'S GR Supraのニック・キャシディは、今季のスーパーGT GT500クラスは現時点でNSX勢が若干優勢だと感じているが、スープラ勢も限りなく近い位置につけていると予想している。

DTM存続の危機……スーパーGTには”対岸の火事”? キャシディ「あまり影響ないはず」

ニック・キャシディは、DTMが存続の危機に瀕しているにもかかわらず、スーパーGTがDTMとのルール統合を進めたのには価値があったと語った。

トムス、チャリティーガレージセールを26日に実施。医療従事者を支援へ

トムスは医療従事者への支援を目的に、5月26日にレース車両のパーツやドライバーが着用したユニフォームなどを出品するガレージセールを実施する。

これがSF王者の適応力。キャシディ、初参加のFEテストでレコード更新最速タイム

マラケシュで行なわれたフォーミュラEのルーキーテストで、ヴァージンのマシンを走らせたニック・キャシディが、FEマシン初挑戦にもかかわらず、同サーキットのラップレコードを更新する速さを見せた。

トムス、キャシディとのSF契約延長を発表。2年連続タイトル獲得を目指す

トムスが、ニック・キャシディとスーパーフォーミュラの参戦契約を締結したことを発表。キャシディはmotorsport.comの取材に対し、「昨年の強さを維持したい」と語った。

「トムスと出会って人生が変わった」ニック・キャシディの歩みと“これから”

2019年にスーパーフォーミュラ王者となったニック・キャシディは、日本のレースカテゴリーで3つのタイトル(2015年全日本F3、2017年スーパーGT、2019年スーパーフォーミュラ)を獲得したドライバーとなった。今回はそんな彼の“これまで”と“これから”に迫った。

DTMに挑戦するスーパーGT勢。対峙の”鍵”はやはりハンコックタイヤへの理解

DTMのホッケンハイム戦にゲスト参戦しているスーパーGT勢。ジェンソン・バトンとニック・キャシディは、初めて使うハンコックタイヤを理解することが重要だと語った。

新OTS導入で開幕戦から各所でバトル続出、山本尚貴「新システムは良くできている」

今シーズンから運用方法が変わったスーパーフォーミュラのオーバーテイクシステム。開幕戦で表彰台に上がった3人が印象を語った。

スーパーフォーミュラ鈴鹿決勝|ニック・キャシディが優勝。決勝レースはセーフティカー4回の荒れた展開

スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿の決勝はニック・キャシディが優勝を飾った。ポールスタートの牧野任祐はリタイアとなった。

設立20年目のKONDO RACING、近藤真彦監督が見据える“次なる目標”

チーム設立20年目を迎えるKONDO RACINGは、昨年達成できなかった“スーパーフォーミュラでのドライバーズタイトル獲得”を次なる目標として定めている。