角田 裕毅
Japan
ドライバー

角田 裕毅

2000-05-11 (21歳)
22

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
171 articles
フィルターをクリアにする
角田 裕毅
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

角田 裕毅の最新ニュース

グリッド
リスト

アルファタウリ代表、混乱を切り抜けダブル入賞に満足げ「予選の時点では、ユウキが7番手になるとは思ってもみなかった」

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、F1第11戦ハンガリーGP決勝でダブル入賞を果たした両ドライバーを称賛した。特に、予選16番手からスタートした角田裕毅が6位入賞を果たしたことは予想外だったと語った。

角田裕毅、ハンガリーGPの乱戦をくぐり抜け自己最高位7位「今週末はずっとマシンに苦しんでいた」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、ハンガロリンクで行なわれたF1ハンガリーGPで、苦しみながらも混乱をくぐり抜け、自己最高位でレースを終えた。

角田裕毅「ガスリーから、なぜあんなに遅れたのか分からない」予選Q1敗退に困惑

角田裕毅はハンガリーGPの予選で16番手となり、Q1敗退となった。しかしチームメイトのピエール・ガスリーにこれほどまで大きく差をつけられた理由がよく分からないと語った。

アルファタウリ・ホンダ代表、角田裕毅のマシンの”ダメージ”を説明「当初考えていたより、損傷が大きかった」

F1ハンガリーGPのFP1でクラッシュし、FP2の走行機会をほとんど失うことになったアルファタウリ・ホンダの角田裕毅。マシンはリヤエンドの広範囲にダメージを受けていたと、チームのフランツ・トスト代表は語る。

「ガスリーと角田裕毅のコンビを変える理由は見当たらない」アルファタウリ代表、ドライバーラインアップ継続を希望

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、来シーズンもピエール・ガスリーと角田裕毅のコンビで戦いたいと、その希望を語った。

角田裕毅、ハンガロリンクは「F2ではうまくいかなかったけど、好きなコース」……その後の”夏休み”を楽しみに

角田裕毅が、ハンガリーGPを前にコメントを発表。このコースは好きなコースであると語ると共に、その後に訪れる夏休みを「楽しみにしている」と語った。

角田裕毅、東京オリンピックは”世界で最も速い人”を決める100メートル走に注目「ウサイン・ボルトが大好きだった」

アルファタウリ・ホンダのドライバーとして今季のF1を戦う角田裕毅は、東京で始まったオリンピックでは、100メートル走に注目していると語った。

角田裕毅、F1イギリスGPの10位に満足「シルバーストンでのタイヤマネジメントには自信があった」

F1イギリスGPで10位入賞を果たしたアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、シルバーストン・サーキットでのタイヤマネジメントには自信があったとレースを振り返った。

ホンダPU勢には試練のF1イギリスGP。田辺TD「ここがターニングポイントだったと言われないよう、今後も全力を尽くす」

イギリスGPでは角田裕毅のみが入賞となったホンダPU勢。田辺豊治F1テクニカルディレクターは「非常に残念な結果」としながらも、これがターニングポイントにならないようにしたいと語った。

角田裕毅、ホンダPU勢唯一の10位入賞「タイヤマネジメントに、本当に集中した」

角田裕毅は、F1イギリスGPで10位入賞。ミディアムタイヤのマネジメントを成功させ、ホンダPU勢唯一のポイントを獲得した。

F1イギリス予選・角田レポート:僅差の戦いの中、痛恨のQ1敗退

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、イギリスGPの予選でQ1敗退。スプリント予選レースを16番グリッドからスタートすることになった。

角田裕毅、”自信”のあるシルバーストンへ……フリー走行が少ないのは痛手だが「F1で高速コーナーを走るのが楽しみ」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、シルバーストン・サーキットで行なわれるイギリスGPを前にコメントを発表。高速コーナーをF1マシンで走るのを楽しみにしていると語った。

アルファタウリ代表、角田裕毅の進歩に満足「新人ドライバーが慣れるには3年かかる……今のF1は複雑なんだ」

今季F1デビューした角田裕毅について、アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、その進歩に満足しており、新人ドライバーがF1に完全に慣れるには「3年かかる」と語った。

ホンダF1、5連勝達成。ホンダ田辺テクニカルディレクター「非常に力強いレース展開……良い形で進んでいる」

レッドブル・ホンダは、F1オーストリアGPを完勝したことでモナコからの連勝記録を5に伸ばした。レース後、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターがオンライン会見に応じ、そのレースを振り返った。

アルファタウリ・ホンダ、オーストリアGPは厳しいレースに。角田裕毅「難しい1日だった」

角田裕毅は、F1オーストリアGPの決勝を12位でフィニッシュ。予選では7番手と好調な走りを披露した角田だったが、ソフトタイヤでのスタートに苦しみ、ポジションを落とした。チームメイトのピエール・ガスリーも同様に苦戦した。

角田裕毅、オーストリアGP予選7番手……しかしガスリーとフィードバックがまるで逆?「それを分析すれば、さらに前進できるかも」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1オーストリアGPの予選で7番グリッドを獲得した。これは自己最高の予選結果である。しかしチームメイトのピエール・ガスリーとは、フィードバックが真逆だったという。

引っ越しが奏功? アルファタウリF1代表、角田裕毅の進歩を称賛「セッションごとに改善している」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、角田裕毅がチームの拠点に近いイタリアに引っ越して以来、「とても良くなっている」と語った。

角田裕毅、F1オーストリアGP初日は”好調な1日”「とてもポジティブ。目的を果たすことができた」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1オーストリアGP初日、FP1で5番手、FP2で6番手につけ目的を果たすことが出来たと語った。

ホンダF1、1991年以来の4連勝。田辺テクニカルディレクター「この流れを維持し、来週も勝利したい」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがF1シュタイアーマルクGPで勝利。これによりチームとホンダは、4連勝を達成することになった。ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、同じレッドブルリンクで行われるオーストリアGPでも勝利したいと語った。

角田裕毅、シュタイアーマルクGPでの10位に満足も「より良いポジションにたどり着く別の方法もあった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1シュタイアーマルクGPを10位でフィニッシュした。角田は今回の結果に満足しており、次も同じアプローチをして、ミスのない週末を目指すと語った。

角田裕毅、シュタイアーマルクGPではグリッド降格も今季2度目の予選Q3進出「フランスまでとはアプローチを変えた」

F1シュタイアーマルクGPの予選で8番手タイムを記録したアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、前戦までとはアプローチを変えたことが、この好結果に繋がったと語る。

ホンダF1、全4台が予選トップ8入り。田辺TD「ロングランのペースも良い。最大限の準備を続けていく」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、シュタイアーマルクGPの予選を終えてコメントを発表。決勝でも良いレースができるよう、最大限の準備をしていくと語った。

角田裕毅、シュタイアーマルクGP初日FP1は5番手で”満足”。しかしロングランでのバランスには「かなり苦労した」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1シュタイアーマルクGP初日FP1で5番手タイムを記録する、幸先の良い走り出しとなった。しかしFP2のロングランではバランスに苦労したという。

予選での”ミス”が続く角田裕毅「最初のアタックへの、アプローチの仕方を変える必要がある」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1シュタイアーマルクGPの走行開始前日の会見に応じ、予選でのミスが続く現状について「アプローチの仕方を変える必要がある」と語った。

アルファタウリ・ホンダの角田、経験値の多いレッドブルリンクでの2連戦……課題の予選は「かなりタイトになる」

アルファタウリ・ホンダからF1に参戦している角田裕毅は、オーストリア・レッドブルリンクで行なわれるF1第8戦シュタイアーマルクGP・第9戦オーストリアGPに向け、意気込みを語った。

角田裕毅のF1フランスGPは13位「タイヤが完全に終わってしまった」……ポイント獲得のために、予選の改善が急務

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1フランスGP決勝でアルファロメオ勢をアンダーカットするために早々にピットインしたものの、最後にはタイヤの寿命が尽きてしまったため、厳しいレースになったと語った。

角田裕毅、予選Q1のクラッシュは「自分のミス。チームに申し訳ない」/F1フランスGP予選

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1フランスGP予選Q1のクラッシュは「自分のミス」だと認め、チームに謝罪。決勝で良いレースをすることで、マシン修復を夜遅くまで行なうチームの頑張りに応えたいと語る。

角田裕毅、F1フランスGP初日は”満足”「中団グループは大接戦だけど、僕らにはペースがある」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1フランスGP初日を終えてコメント。大接戦になるとしながらも、マシンに対する自信を取り戻しつつあり、さらに「ペースもある」と語り、予選・決勝に向けて期待を感じさせる。

角田裕毅、バクーで早くも“お引越し効果”が? 次戦ポール・リカールはF3での走行経験が好材料となるか

F1アゼルバイジャンGPで自己最高となる7位でフィニッシュした角田裕毅は、拠点をイタリアに移した効果が早くも出ていると感じており、ポール・リカールで行なわれる次戦フランスGPは、F3での走行経験が好材料になるはずだと語った。

アルファタウリ・ホンダ代表が称賛する角田裕毅の”天性の速さ”「遅いドライバーを速くするより、速いヤツを成長させる方が”楽”だ」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、今季チームからデビューを果たした角田裕毅について、天性の速さを持っていると評価。遅いドライバーを速くするよりも、速さのあるドライバーを成長させるのは楽だと語った。

アルファタウリ・ホンダ代表、7位入賞の角田裕毅を絶賛「彼が知っているコースなら、もっと良い結果を望める」

アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストは、F1アゼルバイジャンGPで7位に入った角田裕毅を称賛。初体験のサーキットで好結果を手にしたことに触れ、今後彼が知っているコースでなら、より良い結果を期待できると語った。

角田裕毅、F1での自己最高位を更新する7位も「最終的な順位には少し不満」

F1アゼルバイジャンGPの決勝を7位で終えたアルファタウリ・ホンダの角田裕毅。しかし最後の2周でふたつ順位を落としてしまったことについては不満に感じていると語る。

角田裕毅、F1で初のQ3進出も、ラストアタックでクラッシュ「決勝では全てをまとめ、できる限りのポイントを手にしたい」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1アゼルバイジャンGPの予選でQ3に進出し8番グリッドを獲得。最終アタックではクラッシュし赤旗の原因となってしまったが、決勝では最大限のポイントを手にしたいと語る。

“速すぎ”角田裕毅にアルファタウリのトスト代表ハラハラ「何かが起こるかと心配だった」

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、F1第6戦アゼルバイジャンGPでの角田裕毅のペースが非常に速かったことから、クラッシュを恐れていたと語った。

アルファタウリF1代表、角田裕毅の拠点をイタリアに移したのは「新人ドライバーを育てるためには普通のこと」

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、角田裕毅の活動拠点をイギリスからイタリアに移した理由を説明。さらに、今季角田が良いレースを見せることを信じていると改めて語った。

角田裕毅、アゼルバイジャンGP初日FP2で10番手「今週末は良いペースがある」

角田裕毅は初挑戦となるアゼルバイジャンGPの初日を終えてチームのプレスリリースにコメントを寄せ、まだまだ改善すべき部分があるとしながらも、この週末好パフォーマンスを発揮できる可能性があると語った。

角田裕毅、イタリア”移住”はポジティブなこと「実は開幕直後から、レッドブルに頼んでいた」

モナコGP後から、欧州での活動拠点をこれまでのイギリスから、イタリアに移すことになった角田裕毅。レッドブルのファクトリー近くから、アルファタウリのファクトリー近くに移ったということになるが、これはポジティブなことだと角田は語る。

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅、未経験のアゼルバイジャン攻略のヒントはモナコにあり

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1第6戦アゼルバイジャンGPに向けた展望について、未経験のバクー市街地コース攻略へのカギは前戦モナコGPにあると語った。

角田裕毅「無線での感情コントロールが最重要」……親身にサポート”してくれる”トスト代表に感謝

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1デビューシーズン最大の目標のひとつが、無線での自分の感情のコントロールであると認める。

角田裕毅、拠点をイギリスからイタリアに変更へ。マルコ博士「正しい軌道に乗せなければ」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士は、角田裕毅をイギリス滞在からイタリア滞在に変更することを明かした。そして、まだまだ角田には「可能性がある」とも語った。

ガスリーは”風使い”? 角田裕毅、チームメイトの”強さ”を分析「僕はまだ風を活かしきれていない」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、チームメイトであるピエール・ガスリーの強さについて分析。風の使い方がうまいと語った。

角田裕毅が語るF1の”難易度”「クラッシュせずに限界を探るのが難しい」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1マシンのステアリングホイールに並ぶ様々なスイッチをコントロールするのには慣れたとしながらも、クラッシュせずにマシンの限界を見極めるのがとても難しいと語った。

ホンダF1、1992年以来のモナコ勝利。田辺豊治TD「速さと幸運……その両方を味方に、どんな形でも勝たなきゃいけない」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが勝利した、2021年のF1モナコGP。ホンダにとってはあのアイルトン・セナによる1992年以来のモナコGP勝利となった。

角田裕毅、”抜きにくい”モナコに苦しみ16位「予選パフォーマンスが僕の一番の課題」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、初挑戦となったF1モナコGPで、遅いマシンに終始進路を抑えられてしまい、結局16位でレースを終えることになった。

アルファタウリF1代表、角田裕毅の”怒りの無線”は望ましくないと語るも「ある程度のアグレッシブさは必要」

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、スペインGPで角田裕毅が不満を漏らした無線について望ましいコメントではなかったと認めつつ、ミスを気にしないドライバーよりは好感が持てると話した。

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅、伝統のモナコは初体験「どれだけコースに適応できるかが重要」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅がF1モナコGPに向けて意気込みを語り、初体験のコースにどれだけ適応できるかが重要になってくると語った。

インディ500連覇&3勝目を目指す佐藤琢磨。角田裕毅や岩佐歩夢ら”後輩”たちと「互いに刺激し合っていきたい」

インディ500での3勝目を目指す佐藤琢磨は、ヨーロッパで戦う”後輩”とも言える角田裕毅や岩佐歩夢について語り、彼らを含めた海外で戦う日本人ドライバーたちと、刺激し合っていきたいと語った。

片山右京、角田裕毅を語る「慣れるまでにはもう少し……でも楽しみにしていた日が近付いているはず」

今季アルファタウリ・ホンダからF1デビューを果たした角田裕毅は、開幕戦こそ入賞したものの、その後は苦しいレースが続いている。しかし元F1ドライバーの片山右京は、角田の活躍を心から期待していると語る。

角田裕毅のトラブルは燃料圧力の低下。ホンダ田辺TD「急に異変が起きて、燃料が来なくなった」

F1第4戦スペインGP決勝でトラブルによってリタイアした角田裕毅。ホンダF1 の田辺豊治テクニカルディレクターによると、燃料圧力の低下が原因と考えられているようだ。

角田裕毅、F1スペインGPのリタイアはギヤボックスの問題が原因?「何も動かなかった」

F1スペインGPをリタイアという結果で終えた、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、その原因がギヤボックストラブルだった可能性が高いと語る。

角田裕毅、まさかの予選Q1敗退……ガスリーとの違いに疑問と困惑「クルマの性格があまりにも違う」

F1第4戦スペインGPの予選でQ1敗退を喫したアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、チームメイトのピエール・ガスリーと比較してあまりにもマシンの性格が違うことから、困惑し疑問を感じているようだ。

アルファタウリの角田裕毅、馴染みのカタルニアで初日7番手発進「自信を持ってドライブできた」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1スペインGP初日で自信を持って走行することができたと語った。

角田裕毅、苦戦のポルトガルGPを振り返る「僕はまだF1に慣れていないと分かった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1スペインGPを前にオンラインでの会見に臨み、厳しい戦いになったポルトガルGPを振り返った。

角田裕毅、苦悩のポルトガルGP「何が起きたのか分からない」突然のペース悪化にアルファタウリ悩む

開幕2戦から一転、ポルトガルGPでは良いペースで走ることができなかったアルファタウリ・ホンダの角田裕毅。角田曰く「何が起きたのか分からない」といい、非常に厳しいレースだったと明かした。

角田裕毅、15位で終えたF1ポルトガルGP「十分なグリップも、ペースもなかった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、アルガルヴェ・サーキットで行なわれたF1ポルトガルGPの決勝レースでペースが上がらず、15位で終えた。曰く、グリップもペースも足りなかったと言う。

フェルスタッペン健闘も2位。ホンダ田辺TD「戦闘力が拮抗する中、良い結果……さらなる前進のため全力を尽くす」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、F1ポルトガルGPの決勝レース終了後に行われたオンライン記者会見に登場。週末の振り返りなどを語った。

角田裕毅、F1ポルトガルGP予選でQ3進出ならず「ソフトタイヤでグリップが全くなかった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1ポルトガルGPの予選に挑み、Q3進出はならず14番手グリッドを確保した。

角田裕毅、初体験のポルトガル初日「エンジニアとセットアップを分析し、予選で全力を尽くす」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1ポルトガルGPの初日を終えてコメント。初体験のサーキットながら、なかり早く学ぶことができたと語った。

角田裕毅を支えるレースエンジニアが語る、ルーキーの情熱「クルマの中のユウキは”ストーム”だ!」

アルファタウリ・ホンダで角田裕毅を担当するレースエンジニア、マッティア・スピニがmotorsport.comのインタビューに応え、角田の印象を語った。

角田裕毅、イモラ予選Q1でのクラッシュは”良い学習”「目標を高く設定しすぎていた」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1ポルトガルGPの走行開始前日に日本メディア向けのオンライン会見に応じ、レースに向けての意気込みを語った。