F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
ベッテル、失意のシーズン序盤に”現実逃避”?
WRC最終戦ラリー豪州の開催中止が正式決定
メルセデスのウルフ代表、ブラジルGPを“欠席”へ
ラリー豪州中止決定の遅れに、サービスパークで苛立ちの声

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリがメルセデスに遅れをとった2019年シーズン序盤は、現実を見ないようにしていたという。

ラリー・オーストラリアの主催者は、今週末に開催が予定されていたWRCの最終戦について、周辺地域の山火事の状況を考慮し、中止を決定したことを明らかにした。

中止が決まったWRC最終戦ラリー・オーストラリア。ただ中止が決定されるのが遅れたことについて、サービスパークでは苛立ちの声が上がっていた。

トップニュース

WRC WRC最終戦ラリー豪州、山火事により中止 WRC最終戦ラリー豪州、山火事により開催中止。ヒュンダイがタイトルを手に
F1 2021年F1マシンは画一化を食い止める? ロマンがあったあの時代をもう一度……2021年F1マシンは画一化を食い止める?
WEC WEC上海で敗北喫したトヨタ、ハンディキャップへの”支持”は変わらず WEC上海で敗北喫したトヨタ、ハンディキャップへの”支持”は変わらず
MotoGP マルケス、来季型バイクにフロント負荷軽減を望む マルケスも“神セーブ”の繰り返しは嫌? フロントタイヤの高負荷軽減を望む
WRC ラリージャパン開催へ向け、テストイベントで見えた課題 2020年愛知・岐阜で開催のラリージャパンへ……テストイベントで見えた課題
F1 フェラーリ、シーズン中の空力開発は”予想以上” 後半戦好調のフェラーリ、シーズン中の空力開発が”予想以上”に成功?
Misc Juju、2020年はデンマークF4に参戦 Juju、2020年はデンマークF4に参戦。14歳で本格4輪レースデビューへ
F3JP Wシリーズ初代女王チャドウィック、日本進出も視野 Wシリーズ初代女王チャドウィック、日本進出も視野。SFライツが候補のひとつに?
MotoGP アプリリア、エンジン再設計に着手 “全く新しい”バイクを準備中……アプリリア、V4エンジン再設計で浮上狙う
Taikyu 藤井誠暢、D’station Racingでの初勝利に感慨 藤井誠暢、D’station Racingでの初勝利に感慨「この1勝はすごく嬉しい」
WEC フェラーリ51号車、WEC上海失格。LM-GTE Pro優勝が幻に WEC上海:フェラーリ51号車、最低車高違反で失格。LM-GTE Pro優勝が幻に

ベッテル、失意のシーズン序盤に”現実逃避”?「現実を見ないようにしていた」

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリがメルセデスに遅れをとった2019年シーズン序盤は、現実を見ないようにしていたという。

WRC最終戦ラリー豪州の開催中止が正式決定「ラリーを開催するのは適切ではない」

ラリー・オーストラリアの主催者は、今週末に開催が予定されていたWRCの最終戦について、周辺地域の山火事の状況を考慮し、中止を決定したことを明らかにした。

メルセデスのウルフ代表、ブラジルGPを“欠席”へ。2013年の就任以来初

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、F1ブラジルGPで2013年以来初めてレースを欠席することになる。

ラリー豪州中止決定の遅れに、サービスパークで苛立ちの声「信じられない状況」

中止が決まったWRC最終戦ラリー・オーストラリア。ただ中止が決定されるのが遅れたことについて、サービスパークでは苛立ちの声が上がっていた。

WRC最終戦ラリー豪州、山火事により開催中止。ヒュンダイがタイトルを手に

ラリー・オーストラリアは、山火事が急速に広がり、イベントのメイン会場であるコフス・ハーバーに危機が迫ったため、開催が中止されることになった。

ロマンがあったあの時代をもう一度……2021年F1マシンは画一化を食い止める?

FIAのシングルシーター部門責任者のニコラス・トンバジスは、2021年の車両規則が“ロマンティックな”F1マシンをデザインするきっかけとなることを期待している。

WEC上海で敗北喫したトヨタ、ハンディキャップへの”支持”は変わらず

WEC上海で優勝を逃したトヨタ。しかし、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンは、”サクセス・ハンディキャップ”を支持し続けているという。

マルケスも“神セーブ”の繰り返しは嫌? フロントタイヤの高負荷軽減を望む

マルク・マルケスは2020年シーズンに向けたマシン開発において、さらなるパフォーマンスを発揮するためにフロントタイヤ側の負荷を減らすことを要望しているようだ。

2020年愛知・岐阜で開催のラリージャパンへ……テストイベントで見えた課題

2020年に愛知・岐阜の両県を舞台に開催される予定のWRC日本ラウンド”ラリージャパン”。そのためのテストイベントが”セントラルラリー愛知/岐阜2019”として開催されたが、本番のラリージャパンへ向けた課題が浮き彫りになってきた。

後半戦好調のフェラーリ、シーズン中の空力開発が”予想以上”に成功?

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、シーズン中の空力開発が期待以上にうまくいったと語った。

Juju、2020年はデンマークF4に参戦。14歳で本格4輪レースデビューへ

Jujuこと野田樹潤が、2020年は活躍の場をヨーロッパに移し、デンマークのF4選手権に挑むことを明らかにした。

Wシリーズ初代女王チャドウィック、日本進出も視野。SFライツが候補のひとつに?

2019年のWシリーズでタイトルを獲得したジェイミー・チャドウィックは、2020年に日本のスーパーフォーミュラ・ライツを含めた新たなカテゴリーに挑戦することを視野に入れている。

“全く新しい”バイクを準備中……アプリリア、V4エンジン再設計で浮上狙う

苦戦の続くアプリリア・レーシングは、来シーズンに向けてRS-GPのエンジンを根本的に再設計すると、CEOのマッシモ・リボラが明かした。

藤井誠暢、D’station Racingでの初勝利に感慨「この1勝はすごく嬉しい」

2019スーパー耐久第6戦岡山。ST-Xクラス優勝を果たした#777 D’station Vantage GT3の星野敏、藤井誠暢、近藤翼がレースを振り返った。

WEC上海:フェラーリ51号車、最低車高違反で失格。LM-GTE Pro優勝が幻に

WEC上海4時間レースで、LM-GTE Proクラス首位でレースを終えたフェラーリ51号車は、レース後車検で車高違反が見つかり、失格となった。

ラリー・ジャパンまであと1年。愛知県大村知事&古屋議員がテストイベントを評価

2020年WRC”ラリー・ジャパン”のテストイベントとして行われた、Central Rally Aichi/Gifu 2019。同ラリーの表彰式に愛知県の大村秀章知事と自民党の古屋圭司議員が出席。今回のイベントに対する評価を語った。

ルノーはまだ、安定した状況にはない……しかしプロスト、ランキング5位確保に自信

ルノーF1チームのノン・エクゼクティブ・ディレクターであるアラン・プロストは、厳しいシーズンを過ごしているにも関わらず、コンストラクターズランキング5位を確保できると信じている。

マイアミGP開催は首の皮一枚で繋がった? 郡長が反対決議に拒否権を行使

地域住民からの反対が根強いF1マイアミGPの開催計画だが、マイアミ・デイド郡の郡長が反対決議に拒否権を行使したことで、長期戦の様相を呈している。

WRC最終戦オーストラリア、山火事で開催中止の危機。コース短縮はほぼ確定か?

ラリー・オーストラリアの主催者は、今週末に行われる予定のWRC最終戦について、山火事の影響により大幅にコースが短縮される可能性があることを認めた。

6年連続ダブルタイトル獲得のメルセデス。強さの秘訣は”ミスの少なさ”?

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、今季ダブルタイトルを獲得できたのは、ライバルチームよりもミスが少なかったからだと信じている。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

MotoGPコラム:強豪チームに上り詰めたスズキ。その戦闘力と“これから”

第12戦イギリスGPで今季2勝目を挙げたスズキ。今季のスズキは大きく戦闘力を挙げてきているが、これまでの推移と“来季”の戦いに目を向けてみよう。

【連載】受け継がれる“驚速”の遺伝子(3):2019スーパーフォーミュラ、さらに異次元の領域へ

今年から新型マシン『SF19』が導入されるスーパーフォーミュラ。現在では海外ドライバーも積極的に参戦するようになるなど国内外で注目度も高まっているが、いよいよ新マシンのデビューが間近に迫ってきた。

空気が薄い! 冷却と空力にどう対処する?|メキシコGPピットレーン直送便

25日から走行が始まる2019年F1第18戦メキシコGP。日本GPから2週間、標高が高く気圧の低いメキシコ・シティで、各車どんなパフォーマンスを見せるのか? アップデートを中心に、パーツのクローズアップをピットレーンがらお届け。

F1メカ解説:メルセデスが鈴鹿で見せた”反撃”

今シーズン夏休み明け、フェラーリに差をつけられることになったメルセデス。しかし日本GPでアップデートを投入。予選では差をつけられたものの、決勝ではタイヤマネジメントも活かし、勝利を手にした。彼らはどんな改良を施してきたのか?

終盤戦でも、F1の開発は止まらず。各チームが鈴鹿に持ち込んだ空力アップデート

2019年の日本GPを制したのは、メルセデスだった。メルセデスはそれまで、進歩を遂げたフェラーリの前に苦戦続き。しかし鈴鹿に持ち込んだ空力のアップデートが功を奏したか、戦闘力を向上させ、フェラーリを撃破した。ただ今回アップデートを行ったのは、メルセデスだけではなかった……。

F1メカ解説|日本GPピットレーン直送便|各チームが持ち込む”細やかな”改良

日曜日に予選と決勝レースが行われることになった219年のF1日本GP。各チームが持ち込んだアップデートパーツを、ピットレーンから直送!

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。