F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
19 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
35 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
49 days
メルセデスPUの信頼性に黄色信号?
【PR】サッシャ”座る”を考える|メルセデスF1コラボゲーミングチェア
ホンダ、テスト後半2日目は有意義な1日に
S耐富士テスト、SF鈴鹿テストでパドックの一般入場が禁止に

F1プレシーズンテスト後半2日目、メルセデスのルイス・ハミルトンにもパワーユニット関連のトラブルが発生した。

メルセデスF1チームと「ノーブルチェアーズ/noblechairs」がコラボレーションしたゲーミングチェア「EPIC|Mercedes-AMG Petronas Motorsport Edition」が発売。”座って喋る”仕事が多いサッシャが、そのファーストインプレッションを語った。

F1プレシーズンテスト後半2日目、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、有意義な1日になったとプレスリリースにコメントを寄せた。

2月29日に富士スピードウェイで行なわれるスーパー耐久公式テスト、および3月9日〜11日に行なわれる鈴鹿サーキットでのスーパーフォーミュラ、スーパーフォーミュラ・ライツの公式テスト期間中は一般のパドック入場が禁止されることになった。

トップニュース

F1 レッドブルのアルボン「納得できる方向性が定まった」 開幕に向けて牙を研ぐレッドブル。アルボン「納得できる方向性が定まった」
3時間
F1 ガスリー、2番手タイムでマシンに好感触 アルファタウリのガスリー、2番手タイムでマシンに好感触「自信を感じている」
F1 F1プレシーズンテスト後半2日目レポート フェラーリ遂に最速&メルセデスに問題発生。ガスリー2番手の期待感|F1テスト後半2日目
F1 テスト後半2日目、午前はベッテルが最速。フェルスタッペン5番手 テスト後半2日目、午前はベッテルが最速。レッドブルのフェルスタッペンは5番手
F1 【初公開】ザントフールトのバンクがついに完成! 【初公開】F1オランダGPの舞台、ザントフールトのバンクがついに完成!
F1 コロナウイルスの脅威はベトナムGPにも影響か コロナウイルスの脅威はベトナムGPにも影響か。準備は順調も「状況は流動的」
F1 フェルスタッペン「マシンの戦闘力がある程度分かった」 フェルスタッペン、テスト後半初日を終え「マシンの戦闘力がある程度分かった」
WEC 可夢偉、WECのハンディ制は「誰も幸せにしない」 小林可夢偉、ハンディキャップで勝敗決まるWECに不満爆発「誰も幸せにならない」
F1 メルセデスPUの信頼性に問題? メルセデスPUの信頼性に問題? ウイリアムズ、すでに2度もエンジン交換
F1 ライブテキスト:F1プレシーズンテスト後半2日目 【生配信】F1テストも残り2日! ライブテキスト:F1プレシーズンテスト後半2日目
F1 トップタイムのクビサ、未体験の速さにひるむ? トップタイムのクビサ、未体験の速さにひるむ?「一瞬思考が停止した」

メルセデスPUの信頼性に黄色信号? ハミルトンにもトラブル発生

F1プレシーズンテスト後半2日目、メルセデスのルイス・ハミルトンにもパワーユニット関連のトラブルが発生した。

ホンダ、テスト後半2日目は有意義な1日。田辺TD「様々な状況でデータ得られた」

F1プレシーズンテスト後半2日目、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、有意義な1日になったとプレスリリースにコメントを寄せた。

S耐富士テスト、SF鈴鹿テストでパドックの一般入場が禁止に……新型コロナウイルス対策で

2月29日に富士スピードウェイで行なわれるスーパー耐久公式テスト、および3月9日〜11日に行なわれる鈴鹿サーキットでのスーパーフォーミュラ、スーパーフォーミュラ・ライツの公式テスト期間中は一般のパドック入場が禁止されることになった。

開幕に向けて牙を研ぐレッドブル。アルボン「納得できる方向性が定まった」

F1プレシーズンテストの後半2日目を終えて、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンがプレスリリースにコメントを寄せた。

アルファタウリのガスリー、2番手タイムでマシンに好感触「自信を感じている」

プレシーズンテスト後半の2日目を終えて、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーがプレスリリースにコメントを寄せた。

フェラーリ遂に最速&メルセデスに問題発生。ガスリー2番手の期待感|F1テスト後半2日目

F1プレシーズンテスト後半日程の2日目が行なわれ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイム。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが2番手となった。レッドブルが硬いタイヤで堅実に周回する中、メルセデスのPUにはトラブルが発生し、開幕に向けて不安が高まる結果となった。

テスト後半2日目、午前はベッテルが最速。レッドブルのフェルスタッペンは5番手

F1プレシーズンテストの後半2日目は午前のセッションが終了し、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイム。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5番手につけている。

【初公開】F1オランダGPの舞台、ザントフールトのバンクがついに完成!

F1オランダGPの舞台であるザントフールトに新たに建設中だったバンクが完成。その画像が公開された。

コロナウイルスの脅威はベトナムGPにも影響か。準備は順調も「状況は流動的」

F1のチェイス・キャリー会長は、ベトナムGPの準備が計画通り進んでいるものの、コロナウイルスの感染拡大に関して状況は流動的だと認めた。

フェルスタッペン、テスト後半初日を終え「マシンの戦闘力がある程度分かった」

F1プレシーズンテスト2回目の初日を終えて、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンがプレスリリースにコメントを寄せた。

小林可夢偉、ハンディキャップで勝敗決まるWECに不満爆発「誰も幸せにならない」

トヨタ7号車の小林可夢偉は、WECの現行のハンディキャップ制度は「誰も幸せにならない」として、この制度を続けることに警鐘を鳴らした。

メルセデスPUの信頼性に問題? ウイリアムズ、すでに2度もエンジン交換

ウイリアムズは、メルセデスPUに関するトラブルに見舞われ、プレシーズンテストですでに3基目のエンジンを使用している。

【生配信】F1テストも残り2日! ライブテキスト:F1プレシーズンテスト後半2日目

カタルニア・サーキットで始まった、2020年F1プレシーズンテスト2回目。今、何が起きているのか? 2日日の様子をライブテキストでお届けいたします(英語での配信です)

トップタイムのクビサ、未体験の速さにひるむ?「一瞬思考が停止した」

プレシーズンテスト2回目初日のトップタイムを記録したロバート・クビサは、これまで体験したことがなかった速さに対応するのが難しかったと語ったが、マシンはさらなるポテンシャルを秘めていると考えている。

平木湧也・玲次兄弟が新チームを結成、S耐とFIA-F4に参戦

国内モータースポーツ界で活躍する平木湧也・玲次兄弟が新たにチームを結成。スーパー耐久とFIA-F4日本選手権にエントリーすることを明らかにした。

ST-4クラスのC.S.I Racingに坪井翔が加入、2020参戦体制を発表

今シーズンはスーパーGT(GT500)とスーパーフォーミュラに参戦を予定している坪井翔。スーパー耐久にはC.S.I RacingからST-4クラスにエントリーすることとなった。

今年のレーシングポイントは”やっぱり”一味違う? ペレス「キャリア最高のクルマ」

レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、2020年シーズン用のニューマシンRP20はキャリアの中で最高のF1マシンだと評価する。しかしながら、シーズン開幕時のポジションは、まだ分からないと語る。

フェラーリ、過去にDASを思いつくも開発せず「合法性を確信できなかった」

フェラーリは、過去にメルセデスのようなDASシステムをマシンに搭載することを検討していたが、合法ではないと考えて断念したと明かした。

REAL RACINGが2020年のスーパーフォーミュラ参戦休止を発表

REAL RACINGが2020シーズンのスーパーフォーミュラ参戦休止を決定した。

クビサがテスト後半初日の首位に。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが2番手

スペインのカタルニア・サーキットで、F1プレシーズンテスト後半が開催された。その初日にトップタイムとなったのはアルファロメオのロバート・クビサだった。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2番手に続いた。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

”爆発”する個性……史上最もワイルドなデザインのF1マシントップ50

世界最高峰のモータースポーツであるF1。それを戦うマシンを生み出すデザイナーは、ライバルより少しでも前を走るべく、様々なアイデアを発想する。その結果、”奇抜”な形状のマシンが出現することも……。

2020年、日本初の市街地レース実現へ(2):”日本初”となることの現実

A1市街地レースクラブは、2020年の9月20日に日本初となる公道・市街地レースを、島根県の江津市で開催すると発表した。レンタルカートを用いて開催するこのレース……予定通り実現すれば、日本初の公道レースとなるが、その重圧は計り知れないようだ。

レッドブル・ホンダRB16を徹底解剖。細部まで洗練されたデザイン

レッドブルの2020年マシン『RB16』は、昨年のマシンと比較してあまり違いがないように見えるかもしれないが、実はレッドブルは既存のコンセプトを洗練させただけでなく、様々な教訓を学んでデザインを進化させている。

タイトル争いには破れたが、方向性は間違っていなかった? フェラーリSF90開発記

シーズン開幕前のテストで速さを見せたのは、フェラーリだった。しかし、シーズンが始まると失速。タイトル争いでもメルセデスに敵わず、レッドブル・ホンダにも脅かされるシーンが多々あった。そのフェラーリSF90の開発を振り返る。

レッドブル+ホンダのパートナーシップ1年目、その開発を振り返る

2019年シーズンに3勝を挙げたレッドブル・ホンダ。シーズン前半こそ苦戦したものの、徐々にRB15の戦闘力を向上させ、オーストリア、ドイツ、ブラジルで勝利。メルセデスとフェラーリを苦しめた。そのマシン開発を振り返る。

躍進のマクラーレン……トップ3の”直後”を手にした、2019年の開発とは?

2019年シーズンのF1も、少しでもパフォーマンスを向上させるため、各チームが様々なアップデートを施してきた。今季躍進を遂げたマクラーレンがどんな開発を行ったのか? イラストと写真で振り返ってみよう。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。