F1分析|フェルスタッペンの”早め早め”戦略を成功させた「判断と労り」
MotoGP新王者クアルタラロの強さは”安定感”にアリ
SF新プロジェクトにかける中嶋悟の想い
ブランドル、有名ラッパーにインタビューを拒絶され、話題に
4 時間

F1アメリカGPを勝利したマックス・フェルスタッペンとレッドブル。早め早めにピットストップをする戦略が功を奏したわけだが、この戦略を実現するためには、そのタイミングをしっかりと判断し、さらにしっかりとタイヤを労る必要があった。

4 時間

マルク・マルケスは、2021年のMotoGP王者となったファビオ・クアルタラロが苦しみながらも安定したパフォーマンスを見せてきたことが、今季の戴冠に繋がったと語った。

モータースポーツの将来を持続させていくための新プロジェクト『SUPER FORMULA NEXT 50』。この会見に登場した中嶋悟JRP会長は、”格好良い”レーシングドライバーたちの姿を、子供たちに見せていきたいと語った。

5 時間

元F1ドライバーであり、現在はF1中継のレポーターを務めているマーティン・ブランドルは、サーキットに訪れグリッドウォークに参加する有名人とその側近には「マナーと敬意」が必要だと主張した。

トップニュース

Misc F1とモータースポーツ・ネットワーク、ファン調査の結果発表 F1とモータースポーツ・ネットワーク、ファン調査の結果発表。16万7000人のフィードバック集まる
4 d
Indy インディカー初テストを終えたヒュルケンベルグ、チームからは高評価 インディカー初テストを終えたヒュルケンベルグ、チームからは高評価「予想通り、全てにおいてかなりハイレベルなドライバー」
6 時間
SGT 38号車ZENT、怒涛のごぼう抜きで2位。石浦「今後に繋がる結果」 【スーパーGT】38号車ZENT、怒涛のごぼう抜きで2位! 残り2戦での勝利目指す石浦宏明「今後に繋がる結果」
6 時間
F1 ハミルトン「勝つために、何か他のことができたかは分からない」 レッドブルの”巧妙”戦略に屈したハミルトン……勝つために「何か他のことができたかは分からない」
7 時間
SGT 【スーパーGT】39号車SARD、トラブルを抱えながらも粘りの5位 【スーパーGT】39号車SARD、トラブルを抱えながらも粘りの5位「優勝争いがしたかった」
7 時間
SF 無線が公開されるSF、F1のような“高度な心理戦”が展開される? 無線交信が完全公開されるスーパーフォーミュラ、F1のような“高度な心理戦”が展開される?
10 時間
F1 アロンソ、”コース外走行”許されたライコネンへの裁定に困惑 アロンソ、”コース外走行”許されたライコネンへの裁定に困惑「受け入れるしかないけど……」
11 時間
Indy ヒュルケンベルグ、「F1という名の列車はもう出発してしまった」 ヒュルケンベルグ、視線はF1からインディカーへ「F1という名の列車はもう出発してしまった」
11 時間
MotoGP ロッシ、最後のミサノで10位「最高の”さようなら”と”ありがとう”」 ロッシ、最後のミサノで10位「ファンに最高のさようならとありがとう」愛弟子のタイヤ選択にはお怒り?
11 時間
SF スーパーフォーミュラが一大プロジェクト始動 スーパーフォーミュラが一大プロジェクト始動!『ドライバーズファースト』『技術開発』『デジタルコンテンツ』の3本柱で更なる発展目指す
15 時間
F1 ハミルトン、アメリカでのF1人気上昇を喜ぶ ハミルトン、アメリカでのF1人気上昇を喜ぶ「大きな可能性があることは、初めから分かっていた」
15 時間

F1分析|フェルスタッペンの”早め早め”戦略を成功させた「判断と労り」

F1アメリカGPを勝利したマックス・フェルスタッペンとレッドブル。早め早めにピットストップをする戦略が功を奏したわけだが、この戦略を実現するためには、そのタイミングをしっかりと判断し、さらにしっかりとタイヤを労る必要があった。

新王者クアルタラロの強さは”安定感”にアリ。マルケス&ドヴィツィオーゾも称賛

マルク・マルケスは、2021年のMotoGP王者となったファビオ・クアルタラロが苦しみながらも安定したパフォーマンスを見せてきたことが、今季の戴冠に繋がったと語った。

”格好良いドライバー”の姿を、子供たちに見せていきたい……SF新プロジェクトにかける中嶋悟の想い

モータースポーツの将来を持続させていくための新プロジェクト『SUPER FORMULA NEXT 50』。この会見に登場した中嶋悟JRP会長は、”格好良い”レーシングドライバーたちの姿を、子供たちに見せていきたいと語った。

ブランドル、有名ラッパー”メーガン・ザ・スタリオン”にインタビューを拒絶され、話題に

元F1ドライバーであり、現在はF1中継のレポーターを務めているマーティン・ブランドルは、サーキットに訪れグリッドウォークに参加する有名人とその側近には「マナーと敬意」が必要だと主張した。

インディカー初テストを終えたヒュルケンベルグ、チームからは高評価「予想通り、全てにおいてかなりハイレベルなドライバー」

アロー・マクラーレンSPのチーム代表であるテイラー・キールは、初のインディカーテストを終えたニコ・ヒュルケンベルグにとても感銘を受けたと同時に、F1ドライバーとして期待に違わぬ才能を見せてくれたと語った。

【スーパーGT】38号車ZENT、怒涛のごぼう抜きで2位! 残り2戦での勝利目指す石浦宏明「今後に繋がる結果」

スーパーGT第6戦で2位に入った38号車ZENT CERUMO GR Supraの石浦宏明は、今回の結果が今後のレースに繋がるものになったと考えている。

レッドブルの”巧妙”戦略に屈したハミルトン……勝つために「何か他のことができたかは分からない」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPの決勝レースで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを打ち破るために何か他のことができたか分からないと語った。

【スーパーGT】39号車SARD、トラブルを抱えながらも粘りの5位「優勝争いがしたかった」

スーパーGT第6戦で5位に終わった39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraは、レース中にトラブルを抱えたことでペースが上がらなかったようだ。

無線交信が完全公開されるスーパーフォーミュラ、F1のような“高度な心理戦”が展開される?

来シーズンからチームとドライバーの無線交信が公開される予定のスーパーフォーミュラだが、現役ドライバー側もこれによってファンがより深くレースを楽しむことができると前向きに捉えている。

アロンソ、”コース外走行”許されたライコネンへの裁定に困惑「受け入れるしかないけど……」

フェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPでキミ・ライコネンがコース外走行でオーバーテイクしたのが許され、他のドライバーはそうでなかったことに困惑しているようだ。

ヒュルケンベルグ、視線はF1からインディカーへ「F1という名の列車はもう出発してしまった」

ニコ・ヒュルケンベルグのF1キャリアは、下位カテゴリーでの圧倒的な成績には釣り合わない不運の連続だった。アストンマーチンのリザーブ兼テストドライバーとして過ごす彼は、インディカーでの初テストに際し、過去を振り返り未来について語った。

ロッシ、最後のミサノで10位「ファンに最高のさようならとありがとう」愛弟子のタイヤ選択にはお怒り?

ペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは、MotoGPで最後のホームレースとなるエミリア・ロマーニャGPを終え、ファンに最高の形で感謝を伝えることができたと語った。

スーパーフォーミュラが一大プロジェクト始動!『ドライバーズファースト』『技術開発』『デジタルコンテンツ』の3本柱で更なる発展目指す

スーパーフォーミュラは、2022年以降のサステイナブルなモータースポーツ業界づくりを目的としたプロジェクト『SUPER FORMULA NEXT 50(ゴー)』をスタートさせることを発表した。

ハミルトン、アメリカでのF1人気上昇を喜ぶ「大きな可能性があることは、初めから分かっていた」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、アメリカでのF1人気が高まりつつあることを、喜んでいると語る。

勝利のカギは、フェルスタッペンのタイヤ管理。レッドブル代表「途中、勝てるかどうか疑った」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、第2スティントで使ったタイヤの状態を見て、F1アメリカGPでマックス・フェルスタッペンが勝てるかどうか自信が持てなかったという。

メルセデス代表、レッドブルの戦略に白旗「我々はあのタイミングでピットストップできなかった」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1アメリカGPで積極的なタイヤ戦略を採ったマックス・フェルスタッペンには敵わなかったと語った。

Moto3から飛び級で最高峰クラスへ……周囲からは疑問の声も「迷いはなかった」とダリン・ビンダー

RNFレーシングから2022年にMotoGPクラス昇格が決まったダリン・ビンダー。彼はMoto3からの飛び級での契約を、悩むようなことはなかったと語った。

マルケス「2日目までの天候不良が勝利の鍵だった」2019年以来の右回りコース優勝に喜び

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、MotoGPエミリア・ロマーニャGPで、右腕骨折後に初めて右回りのサーキットで優勝を果たした。彼によると、金曜日と土曜日に雨が降ったことが鍵だったという。

感情むき出しのクアルタラロ、昨年からは一変「冷静さがタイトルをもたらした」

新たなMotoGP世界王者となったヤマハのファビオ・クアルタラロは、第6戦イタリアGPでの優勝で得た自信がタイトル獲得に向けた“キーポイント”になったとし、冷静さを保ち続けた今シーズンを振り返った。

SF第7戦鈴鹿、スーパーGT第7戦もてぎで『ワクチン・検査パッケージ』を導入。条件満たした者に一部エリアのチケットを販売

鈴鹿サーキットで行なわれるスーパーフォーミュラ第7戦、ツインリンクもてぎで行なわれるスーパーGT第7戦では、イベントの人数制限緩和を目指す技術実証の取り組みとして『ワクチン・検査パッケージ』が導入される。

【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

半世紀以上に渡ってモータースポーツ界の最前線に身を置いてきた高橋国光氏にmotorsport.comがインタビュー。2輪ライダー時代の知られざるエピソードなどを伺った。

ホンダがモータースポーツに挑む理由:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く3

ホンダといえばモータースポーツのイメージが強いメーカーである。今のホンダにとって、F1やスーパーGT、MotoGPなど、モータースポーツに挑む意味とは何なのだろうか?

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

F1メカ解説|メルセデス、新仕様ウイングをフリー走行でテスト。低ダウンフォースのレースで実戦投入?

今季のタイトルを争うメルセデスとレッドブルは、コース上でのホイール・トゥ・ホイールの戦いと同様に、マシン開発の面でも激しい切磋琢磨を続けている。

F1メカ解説|トルコGP木曜日ピットレーン直送便。特別カラーのおかげで、レッドブルRB16Bの細部が見えた!?

2年連続の開催となったF1トルコGP。このレースは今シーズンの16戦目ということになるが、シーズン終盤になっても各チームがアップデートを持ち込んでいる。

F1メカ解説|メルセデスとレッドブル、激戦のタイトル争い……ライバルに打ち勝つための”空力”セッティング

今シーズン、激しいタイトル争いを繰り広げるレッドブルとメルセデス。争いが激化していくにつれ、両チームのセッティングを細かく変更し、ライバルに対する優位性を生み出そうとしている。

F1メカ解説|超ロングストレート2本のソチに、各チームが持ち込んだハイダウンフォース仕様

シーズン後半戦に突入している2021年のF1。しかし各所で激しいランキング争いが展開されており、その中で少しでもアドバンテージを築こうと、各チームが開発を推し進めている。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。