F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
29 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
45 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
59 days
松下信治、大きな決断の裏にある“信念”と“手応え”
レッドブル・ホンダRB16を徹底解剖
SRS、選手育成にクラウド導入
【フォトギャラリー】ウイリアムズFW43

MPモータースポーツに移籍しFIA F2での5年目に挑む松下信治は、チームの体制強化に手応えを感じており、優勝、そしてタイトルを狙うことができると語った。

3時間

レッドブルの2020年マシン『RB16』は、昨年のマシンと比較してあまり違いがないように見えるかもしれないが、実はレッドブルは既存のコンセプトを洗練させただけでなく、様々な教訓を学んでデザインを進化させている。

鈴鹿サーキットレーシングスクールに、クラウド人財マネジメントシステムが新たに導入されることとなった。

トップニュース

MotoGP MotoGPコラム:変わるロッシ、変わらない“情熱 MotoGPコラム:変わるロッシ、変わらない“情熱”。常夏のセパンで見える驚異の熱意
F1 クビサ、プレシーズンテスト初日にアルファロメオをドライブへ ロバート・クビサ、プレシーズンテスト初日にアルファロメオF1をドライブへ
3時間
F3JP 阪口晴南、B-MaxモトパークからSFライツにフル参戦 年間王者を目指して……阪口晴南、B-MaxモトパークからSFライツにフル参戦
MotoGP エースのリンス、スズキの新型にポジティブ評価 スズキの新型は“望んだ場所”にたどり着いたか? エースのリンス、ポジティブ評価
F1 レーシングポイントが想い描く、BWTとF1の将来 レーシングポイントが想い描く、BWTとF1の将来。アストンF1もピンクに?
SGT Modulo、スーパーGTに参戦する2台のカラーリングを公開 Modulo、スーパーGTに参戦する2台のカラーリングを公開
F1 F1新車”雑感”解説:メルセデスW11 F1新車”雑感”解説:”弱点”を補い、ダブルタイトル7連覇へ。メルセデスW11
F1 F1中国GPの代替レース、イモラで開催の可能性 F1中国GPの代替レース、イモラで開催の可能性。サンマリノGP復活か?
F1 ウイリアムズ、新車FW43のコンセプトに変更なし? 苦戦が続くウイリアムズ、新車FW43のコンセプトに変更なし……そのメリットは?
F1 レーシングポイント、新車『RP20』を発表 飛躍の基礎を築けるか。レーシングポイント、新車『RP20』のカラーリングを発表
F2 松下信治、FIA F2継続参戦! 松下信治、FIA F2継続参戦! MPモータースポーツで狙うは悲願のタイトル

松下信治、5年目の挑戦。大きな決断の裏にある“信念”と“手応え”

MPモータースポーツに移籍しFIA F2での5年目に挑む松下信治は、チームの体制強化に手応えを感じており、優勝、そしてタイトルを狙うことができると語った。

3時間

レッドブル・ホンダRB16を徹底解剖。細部まで洗練されたデザイン

レッドブルの2020年マシン『RB16』は、昨年のマシンと比較してあまり違いがないように見えるかもしれないが、実はレッドブルは既存のコンセプトを洗練させただけでなく、様々な教訓を学んでデザインを進化させている。

佐藤琢磨支援するコンサルティング会社、SRSに人財管理システムを導入へ

鈴鹿サーキットレーシングスクールに、クラウド人財マネジメントシステムが新たに導入されることとなった。

【ギャラリー】今年こそテールエンダー脱出なるか? ウイリアムズFW43

ウイリアムズF1チームは、2月17日に2020年マシン『FW43』を公開した。

ロバート・クビサ、プレシーズンテスト初日にアルファロメオF1をドライブへ

アルファロメオF1のリザーブドライバーであるロバート・クビサは、プレシーズンテスト初日にアルファロメオC39のドライブを担当する。

年間王者を目指して……阪口晴南、B-MaxモトパークからSFライツにフル参戦

今季から新たに始まる全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に阪口晴南がフル参戦することが決まった。

スズキの新型は“望んだ場所”にたどり着いたか? エースのリンス、ポジティブ評価

スズキのアレックス・リンスは、2020年最初のオフィシャルテストを終えて、マシンの仕上がりはポジティブであり、望んだ場所につけていると語った。

レーシングポイントが想い描く、BWTとF1の将来。アストンF1もピンクに?

レーシングポイントのCEOであり、チーム代表も務めるオットマー・サフナウアーが、ウォーターサーバー企業BWTとのタイトルスポンサー契約、そしてオンラインカジノ”SportPesa”との関係解消の理由について語った。

Modulo、スーパーGTに参戦する2台のカラーリングを公開

伊沢拓也、大津弘樹が乗る#64 Modulo Epson NSX-GTの今季カラーリングが公開された。

F1新車”雑感”解説:”弱点”を補い、ダブルタイトル7連覇へ。メルセデスW11

メルセデスが発表した、2020年シーズン用のニューマシンW11。一見昨年型マシンによく似ているが、それでも随所に改善が施されているのが分かる。

F1中国GPの代替レース、イモラで開催の可能性。サンマリノGP復活か?

イモラ・サーキットは、4月の開催が延期された中国GPの代替レースを実施することを申し出た。しかしサーキットの代表でさえ、この代替レースの開催は”実に難しいミッション”の可能性があることを認める。

苦戦が続くウイリアムズ、新車FW43のコンセプトに変更なし……そのメリットは?

ウイリアムズは2月17日に2020年用の新車「FW43」を発表した。昨年は大苦戦の1年だったウイリアムズだが、新型マシンの基本的なコンセプトに変更はないと、設計陣は語っている。

飛躍の基礎を築けるか。レーシングポイント、新車『RP20』のカラーリングを発表

レーシングポイントF1チームは、2月17日に2020年のシーズンを戦う新車『RP20』のカラーリングを発表した。

松下信治、FIA F2継続参戦! MPモータースポーツで狙うは悲願のタイトル

松下信治が、2020年シーズンのFIA F2にMPモータースポーツから参戦することが発表された。

「ライバル達を驚かせる」F2で5年目迎える松下信治、新天地での活躍誓う

2020年はMPモータースポーツからFIA F2に参戦する松下信治が、チームのプレスリリースにコメントを寄せた。

ハース、ウイリアムズ、ルノー……バルセロナで続々とシェイクダウン実施

2月19日からスタートするプレシーズンテストを前に、バルセロナでハースやウイリアムズ、ルノーが相次いでシェイクダウンを実施した。

両チーム合意の下……オコン、ルノーに”メルセデスの情報”を提供

エステバン・オコンは、元所属先であるメルセデスからルノーへと秘密を持ち込むことについて、両チームが合意したと明かした。

若手コンビで浮上のきっかけ掴む! ウイリアムズ、2020年マシン『FW43』発表

ウイリアムズF1チームが、2020年マシンである『FW43』を発表した。

メルセデス”唯一の弱点”……冷却性能はニューマシンW11で改善できたのか?

メルセデスF1チームは、昨年型W10の弱点だった冷却システムを、ニューマシンW11では改善していると語る。またパワーユニットをより高い温度で動かすことができるようにしたことにより、その効果が後押しされているという。

データエンジニアからドライバーへ……河野駿佑「ここからがある意味スタート」

レーシングドライバーとして活躍する一方、様々なかたちでスーパーGTに携わってきた河野駿佑。2020シーズンはいよいよ“ドライバー”としてスーパーGTに参戦する。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

”爆発”する個性……史上最もワイルドなデザインのF1マシントップ50

世界最高峰のモータースポーツであるF1。それを戦うマシンを生み出すデザイナーは、ライバルより少しでも前を走るべく、様々なアイデアを発想する。その結果、”奇抜”な形状のマシンが出現することも……。

2020年、日本初の市街地レース実現へ(2):”日本初”となることの現実

A1市街地レースクラブは、2020年の9月20日に日本初となる公道・市街地レースを、島根県の江津市で開催すると発表した。レンタルカートを用いて開催するこのレース……予定通り実現すれば、日本初の公道レースとなるが、その重圧は計り知れないようだ。

3時間

レッドブル・ホンダRB16を徹底解剖。細部まで洗練されたデザイン

レッドブルの2020年マシン『RB16』は、昨年のマシンと比較してあまり違いがないように見えるかもしれないが、実はレッドブルは既存のコンセプトを洗練させただけでなく、様々な教訓を学んでデザインを進化させている。

タイトル争いには破れたが、方向性は間違っていなかった? フェラーリSF90開発記

シーズン開幕前のテストで速さを見せたのは、フェラーリだった。しかし、シーズンが始まると失速。タイトル争いでもメルセデスに敵わず、レッドブル・ホンダにも脅かされるシーンが多々あった。そのフェラーリSF90の開発を振り返る。

レッドブル+ホンダのパートナーシップ1年目、その開発を振り返る

2019年シーズンに3勝を挙げたレッドブル・ホンダ。シーズン前半こそ苦戦したものの、徐々にRB15の戦闘力を向上させ、オーストリア、ドイツ、ブラジルで勝利。メルセデスとフェラーリを苦しめた。そのマシン開発を振り返る。

躍進のマクラーレン……トップ3の”直後”を手にした、2019年の開発とは?

2019年シーズンのF1も、少しでもパフォーマンスを向上させるため、各チームが様々なアップデートを施してきた。今季躍進を遂げたマクラーレンがどんな開発を行ったのか? イラストと写真で振り返ってみよう。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。