F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
ロス・ブラウン、ブラジルGPで同士討ち演じたフェラーリのふたりに喝!
サインツJr.、表彰台の鍵となったのは“ラリーのスキル”?
ボッタス、最終戦アブダビでグリッド降格の危機?
フェラーリ同士討ちが今起きたのは”幸運”なこと?
ヒュルケンベルグ、インディカー行きもなし?

F1ブラジルGPで3位となったカルロス・サインツJr.は、厳しい状況のレース終盤でなぜポジションをキープできたのか自分でも分からないというが、グリップのない状況を乗り越えるため”ラリー”の経験が役に立ったかもしれないと語る。

メルセデスは、ブラジルGPでマシントラブルによりリタイアしたバルテリ・ボッタスが、最終戦アブダビGPでグリッド降格ペナルティを受ける必要があるかどうか、まだ分からないと語る。

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、2020年シーズンに向けて必要なことを明確にする良いチャンスとなったため、F1ブラジルGPでのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの”同士討ち”は、チームにとって幸運だったと語る。

2020年のF1シート喪失が濃厚なニコ・ヒュルケンベルグだが、インディカー・シリーズに参戦するエド・カーペンター・レーシングはヒュルケンベルグ加入という“噂”を否定した。

”同士討ち”演じたフェラーリに喝! ロス・ブラウン「王者ハミルトンを見習え」

F1スポーティングディレクターのロス・ブラウンは、ブラジルGPで同士討ちを演じたフェラーリのふたりは、正直に話し合うべきだと語った。

最後尾から3位表彰台のサインツJr.、勝負の鍵となったのは“ラリーのスキル”?

F1ブラジルGPで3位となったカルロス・サインツJr.は、厳しい状況のレース終盤でなぜポジションをキープできたのか自分でも分からないというが、グリップのない状況を乗り越えるため”ラリー”の経験が役に立ったかもしれないと語る。

ボッタス、最終戦アブダビでグリッド降格の危機? トラブル発生のエンジン調査中

メルセデスは、ブラジルGPでマシントラブルによりリタイアしたバルテリ・ボッタスが、最終戦アブダビGPでグリッド降格ペナルティを受ける必要があるかどうか、まだ分からないと語る。

ベッテルとルクレールの同士討ち……「今起きたのは幸運」とフェラーリ代表宣言

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、2020年シーズンに向けて必要なことを明確にする良いチャンスとなったため、F1ブラジルGPでのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの”同士討ち”は、チームにとって幸運だったと語る。

ヒュルケンベルグ、インディカー行きもなし? エド・カーペンターが“噂”を否定

2020年のF1シート喪失が濃厚なニコ・ヒュルケンベルグだが、インディカー・シリーズに参戦するエド・カーペンター・レーシングはヒュルケンベルグ加入という“噂”を否定した。

ポディウム未経験者はあと何人? 現役ドライバーのF1初表彰台レースを振り返る

F1ブラジルGPでは、ピエール・ガスリーとカルロス・サインツJr.がキャリア初表彰台を獲得した。今回は現役F1ドライバーが初めて表彰台を獲得したレースを振り返る。

パワーで勝ったブラジルGP。ホンダ田辺TD「今季3勝目は励みになった」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターがmotorsport.comの取材に応じ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位と、ホンダ勢ワンツーフィニッシュとなったレースを振り返った。

ザントフールト、最終コーナーのバンク角はインディアナポリスの2倍に

2020年にF1が開始されるザントフールトは、最終コーナーのバンク角がインディアナポリスの2倍となることを明らかにした。

「信じられないほど素晴らしい結果」フェルスタッペン、ガスリーの2位を喜ぶ

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ブラジルGPで2位表彰台を獲得したトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーの仕事ぶりを「信じられないほど」と語り、メルセデスのルイス・ハミルトンも「本当に素晴らしい」と賞賛した。

【動画】2019年F1第20戦ブラジルGP決勝ハイライト

2019年F1ブラジルGPは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位に入り、ホンダパワーユニット勢によるワンツーフィニッシュとなった。F1の歴史の中でも指折りの乱戦となった決勝レースの模様を、ハイライト動画でお届けする。

ハミルトン、アルボンとの接触”弁解”せず。スチュワードの聞き取り前に過失認める

メルセデスのルイス・ハミルトンは、ブラジルGP終盤の接触に関して弁解の機会を与えられたにも関わらず、自身の過失を認め、ペナルティを受け入れたようだ。

フェルスタッペンとピットロードで接触寸前。クビサ「彼に謝りたい」

ロバート・クビサは、F1ブラジルGPでトップを走っていたマックス・フェルスタッペンと接触寸前となったことに対して謝罪の言葉を述べた。

フェラーリ代表、ドライバーの関係悪化を否定「“修羅場”にはならないはず……」

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、ブラジルGPでの同士討ちが「関係を悪くするかもしれない」と示唆しながらも、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは基本的に良い関係を築いていると主張した。

メルセデスとの差は詰まってきている……レッドブル代表、ホンダの前進に手応え

ブラジルGPで今季3勝目を挙げたレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、ホンダの前進に手応えを感じ、メルセデスとの差が縮まってきていると認識していると語った。

”働くお母さん”の希望に……レッドブル代表、戦略担当女史を表彰台に送る

F1ブラジルGPで優勝を手にしたレッドブルは、コンストラクター代表として戦略担当のハンナ・シュミッツを表彰台に上げた。これは、フェルスタッペン優勝の手助けとなった”勇敢”な指示に相応しい報酬だったと、クリスチャン・ホーナー代表は説明する。

愚かなミスだった……メルセデス、ハミルトン3度目のピットストップを後悔

メルセデスF1のテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、ブラジルGPでルイス・ハミルトンが行った3度目のピットストップを悔いている。

トロロッソ代表、初表彰台獲得のガスリーは「”円熟”したドライビングだった」と称賛

トロロッソのフランツ・トスト代表は、F1ブラジルGPでクレバーなドライビングを見せて2位を獲得したピエール・ガスリーを称賛した。

ホンダ本橋エンジニア、トロロッソのガスリーとの表彰台に”感無量”

ホンダのトロロッソ担当F1チーフエンジニアである本橋正充エンジニアは、ホンダがトロロッソと組んで以来ずっとドライバーを務めているピエール・ガスリーがブラジルGPで表彰台を獲得したことについて、感無量だとコメントを寄せた。

フェラーリ代表、同士討ちは“愚か”と失望「チームに謝るべき」

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1ブラジルGPで起こったセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの同士討ちについて「愚かな動き」だとコメントした。

アルボン、接触で表彰台逃し”動揺”。それでも「ハミルトンには怒っていない」

レッドブルのアレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPでルイス・ハミルトンと接触しスピンを喫したが、ハミルトンを責めていないという。

空気が薄い! 冷却と空力にどう対処する?|メキシコGPピットレーン直送便

25日から走行が始まる2019年F1第18戦メキシコGP。日本GPから2週間、標高が高く気圧の低いメキシコ・シティで、各車どんなパフォーマンスを見せるのか? アップデートを中心に、パーツのクローズアップをピットレーンがらお届け。

F1メカ解説:メルセデスが鈴鹿で見せた”反撃”

今シーズン夏休み明け、フェラーリに差をつけられることになったメルセデス。しかし日本GPでアップデートを投入。予選では差をつけられたものの、決勝ではタイヤマネジメントも活かし、勝利を手にした。彼らはどんな改良を施してきたのか?

終盤戦でも、F1の開発は止まらず。各チームが鈴鹿に持ち込んだ空力アップデート

2019年の日本GPを制したのは、メルセデスだった。メルセデスはそれまで、進歩を遂げたフェラーリの前に苦戦続き。しかし鈴鹿に持ち込んだ空力のアップデートが功を奏したか、戦闘力を向上させ、フェラーリを撃破した。ただ今回アップデートを行ったのは、メルセデスだけではなかった……。

F1メカ解説|日本GPピットレーン直送便|各チームが持ち込む”細やかな”改良

日曜日に予選と決勝レースが行われることになった219年のF1日本GP。各チームが持ち込んだアップデートパーツを、ピットレーンから直送!

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。