F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
9,545 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

後半戦好調のフェラーリ、シーズン中の空力開発が”予想以上”に成功?

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、シーズン中の空力開発が期待以上にうまくいったと語った。

ルノーはまだ、安定した状況にはない……しかしプロスト、ランキング5位確保に自信

ルノーF1チームのノン・エクゼクティブ・ディレクターであるアラン・プロストは、厳しいシーズンを過ごしているにも関わらず、コンストラクターズランキング5位を確保できると信じている。

マイアミGP開催は首の皮一枚で繋がった? 郡長が反対決議に拒否権を行使

地域住民からの反対が根強いF1マイアミGPの開催計画だが、マイアミ・デイド郡の郡長が反対決議に拒否権を行使したことで、長期戦の様相を呈している。

6年連続ダブルタイトル獲得のメルセデス。強さの秘訣は”ミスの少なさ”?

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、今季ダブルタイトルを獲得できたのは、ライバルチームよりもミスが少なかったからだと信じている。

技術スタッフ再編で浮上目指すルノー「トンネルの向こうに光が見える」

ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、チームが技術スタッフを補強するきっかけとなったのが、アップデートが不発に終わったフランスGPであることを明かした。

マッサ、ルクレールの”成功”を確信「フェルスタッペンより先にF1王者になるかも」

フェリペ・マッサは、シャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンより先にチャンピオンになる可能性があると語った。

2017年以降のF1マシンは失敗だった? F1側とドライバー側で意見様々

セバスチャン・ベッテルは、ロス・ブラウンが2017年以降のハイダウンフォースマシンを批判したことに関して反発した。

コスト制限導入前年……2020年のF1は”史上最もお金がかかる”シーズンに?

レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2021年からレギュレーションが変更されることに伴い必要な開発も同時進行で行うことになるため、2020年のF1は”史上最も高価”なシーズンになるだろうと語る。

ルノー、マクラーレンとのランキング4位争いは「恥ずかしいことではない」

ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、2019年シーズンに3強チームではなくマクラーレンと争っていることに関して「恥ずかしいことではない」と語った。

表彰台裏でハミルトンを祝福したベッテル「彼の偉業に敬意を表する必要がある」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、6度目のタイトルを獲得したルイス・ハミルトンがその偉業に値すると語った。

レッドブル代表が”意味深”発言。燃料規則明確化で「無駄な努力をせずに済んだ」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、フェラーリがFIAの技術指令に該当するような燃料システムの悪用をしていた場合、それは間違いなく規則違反にあたると考えている。

レッドブル代表、チームとホンダの進歩に賛辞「勢いを来季に繋げることが重要」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、2020年に向けて勢いを保ったままシーズンを終えることが重要だと語った。

ヘルメットデザインの変更は”自由”にすべき? ベッテル「だってこれは僕のだよ」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ドライバーがヘルメットのデザインを自由に変更できない今のF1レギュレーションは、愚かなモノだと一蹴する。

フェラーリ、F1アメリカGP決勝での”スランプ”原因は「未だ分からず」

フェラーリは、F1アメリカGPでメルセデスやレッドブルに対抗することができなかったが、その理由を未だ説明できないという。

ライコネン、またも入賞ならず7戦連続ノーポイント「11位は最下位と同じ」

アルファロメオのキミ・ライコネンは、F1アメリカGPで11位となったことに関して「最下位になるのと同じだ」と語った。

F1残留が絶望的となったヒュルケンベルグ「F1に代わる選択肢なんてない」

ニコ・ヒュルケンベルグはこれまでのF1キャリアでやり残したことはないとしつつも、今後もF1で戦い続けたいという意志があることを示唆した。

ピットストップはトップチームのレベルにはない……今冬改善を目指すマクラーレン

マクラーレンF1チームは、ピットストップでのミスを減らしスピードアップを図るため、冬の間にその手順と機材の見直しを行うという。

ハミルトンの予選アタック不発、原因は”スイッチガードが外れた”ステアリング

メルセデスは、F1アメリカGP予選でステアリングのスイッチガードが外れていたことで、ルイス・ハミルトンのアタックに悪影響があったと明かした。

ホンダF1田辺TD、フェラーリの直線性能低下は「明らか」と語る

ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、アメリカGPでフェラーリが直線スピードのアドバンテージを失ったことは明らかだとしつつも、その原因に関して結論を出すことには慎重な姿勢を見せた。

”心の悪魔”と戦い続けたハミルトン、6度目の王者獲得は「最もタフなシーズン」

2019年のF1王者に輝いたルイス・ハミルトンは、ニキ・ラウダやアントワーヌ・ユベールの死に影響を受けて感情的に消耗したシーズンだったものの、それに打ち勝ってタイトルを獲得できたと語る。

必ず最後に正義は勝つ? レーシングポイント代表がペナルティのクビアトに口撃

レーシングポイントのオットマー・サフナウアー代表は、F1アメリカGPでトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが受けたペナルティは妥当なものだと考えている。

アメリカGPで”不評”の2020年F1タイヤ、導入中止もありうる?

ピレリは、F1アメリカGPでテストされた2020年仕様タイヤに批判が集中したため、導入が中止される可能性があるようだ。

レッドブル育成離脱、来季インディ参戦のオワード。マクラーレンからF1テストへ?

マクラーレンは、インディカーで起用することになったパトリシオ・オワードとオリバー・アスキューを2020年のF1テストに招集する可能性を認めた。

「“意義ある”何かがあれば」マクラーレンCEO、アロンソとの関係継続に含み

マクラーレンのCEOザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソとのアンバサダー契約が今年限りの物だと明言し、関係の継続については話し合う必要があると語った。