フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
6,306 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

F1ニュース&分析

グリッド
リスト

ポルシェとアウディ、F1参戦を真剣に検討? ウイリアムズ代表「そうでなければ、無駄に会議に出ていない」

ウイリアムズのヨースト・カピト代表は、F1参戦を真剣に検討してなければ、ポルシェやアウディが将来のレギュレーションに関する会議に出席はしないだろうと語った。

”バトルの境界線”をめぐる話し合いはシーズンオフまで続く? サインツJr.「もっと深い議論を期待」

カルロス・サインツJr.(フェラーリ)は、シーズンオフもレース中の駆け引きについて話し合いが行なわれると考えている。

ハミルトン、 キャリアステージの違いがタイトル争いに表れる「フェルスタッペンくらいの頃は僕もミスばかりしていた」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、今季の”ライバル”マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とのタイトルに向けたアプローチの差異は、ふたりのキャリアステージの違いから生じるものだと考えている。

F1レースディレクター、バトル中の”境界線”は明確になったと主張。ドライバーからは「不明確だ」との声も……

FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシは、依然として”限界”がどこにあるか分からないと主張するドライバーがいるにもかかわらず、レースにおける”ルール”は明確になったはずだと主張する。

マゼピン、残り2戦も“重すぎる” ハースF1のシャシーでの走行か「僕らがフライドポテトを食べない理由は分かるでしょ?」

ニキータ・マゼピン(ハース)は、F1の2021年シーズンを締めくくる残りの2戦で、“鈍重な”シャシーを使い続けることになるかまだ分かっていないと語った。

カタルニア・サーキット、F1&MotoGPと契約延長で合意。2026年まで開催へ

スペインのカタルニア・サーキットは地元当局と新たな合意を結び、2026年までF1開催を継続し、さらにMotoGPの開催も契約を延長する運びとなった。

フェラーリ、ランク3位は"チームの進歩"の賜物「2022年マシンの開発は犠牲になっていない」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、今季のコンストラクターズランキング3位を獲得するために、来季マシンの開発を決して妥協していないと語った。

メルセデスの”異常”なアドバンテージは見納め? レッドブル代表、カタールGPの速度差に満足 

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、メルセデスが持つストレートスピードの”異常な”アドバンテージはもはや見られないだろうと語った。

ハミルトン、“純粋な速さ”のみでフェルスタッペンと雌雄を決することを望む「接触をこれまで以上に警戒している」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とのタイトル争いで8度目の戴冠と同時に、『どう勝つか』が重要であると語っている。

マゼピン父、ハースにさらなる支援を実施? スタッフのやる気維持にインセンティブ提案

ハースF1のタイトルスポンサーであるウラルカリのオーナー、ドミトリー・マゼピンは来季に向けてスタッフのやる気を保つことができるような、インセンティブ制度を提案した。

マクラーレン代表、レッドブルの”マーシャル非難”発言に反応「リスペクトを持ち続けるのが大切」

マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーがマーシャルを非難するような発言をしたことについて、許されることではないと語った。

判例に頭を悩ませるドライバーたち……サンパウロGPでのターン4事件からF1でのバトルはどう変わっていくのか

F1カタールGPの金曜日の夜、FIAレースディレクターのマイケル・マシとF1ドライバーがビデオ会議を通じレース週末恒例のブリーフィングを行なった。

レッドブルのはためくフラップ問題はまだ続く? 残る2戦はリスク上昇も「修理は比較的簡単」

レッドブルが頭を悩ませているリヤウイングのフラップに関する問題は、今季残る2レースでも影響してきそうだ。

【F1分析】アルファタウリのガスリーがカタールで使いこなせなかったのは、ソフトタイヤだけだったのか?

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1カタールGPをフロントロウからスタートしながらも、決勝レースではまさかの無得点。彼が使いこなせなかったのは、スタート時に履いたソフトタイヤだけだったのか?

サンパウロではメルセデスの直線速度に苦しめられたレッドブル、カタールでは逆に低速コーナーが敗因に?

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1カタールGPでメルセデスに大きな差をつけられた背景には、とあるコーナーが関係していると考えている。

人材補強進めるアストンマーチンF1、メルセデス空力チーフをヘッドハンティング

アストンマーチンは、メルセデスF1の空力チーフを務めているエリック・ブランディンを引き抜いたことを発表した。

タイヤにシャシー、トラブル多発のF1カタールGP。原因は”低すぎる”縁石とメルセデス予想

F1初開催となったカタールGPで多発したタイヤトラブルやマシンのダメージ。その原因は、縁石が低かったことだとメルセデスは考えているようだ。

メルセデスW12は“モンスター級”の気まぐれさ? 「セットアップがかなり難しい」とハミルトン

ルイス・ハミルトンは、メルセデスが2021年F1マシンのセットアップに苦労したことを引き合いに、そのマシンがまるで「気まぐれな歌姫」のようであると感じている。

サインツJr.、タイヤに問題が発生する可能性を認識「バラバラになるのが怖かった……だからペースを抑えていたんだ」

F1カタールGPの決勝レースを7位でフィニッシュしたフェラーリのカルロス・サインツJr.は、タイヤに問題が発生する可能性があることを認識し、終始ペースをマネジメントしていたと認めた。

フェルスタッペンのグリッド降格に繋がったカタールGP予選の黄旗。F1レースディレクター「掲出は正しかった」

FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシは、F1カタールGPの予選Q3で、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)がマシンにダメージを負いスローダウンしたことで出されたイエローフラッグは、正しい判断だったと改めて語る。

「今年一番、最高の気分」ハミルトン、連勝&コロナ後遺症も回復で最終2レースにポジティブ思考

ルイス・ハミルトンは2021年シーズンの残り2戦に向けて、自身とチームがこれまででも最高の状態にあると感じているという。

初の中国人F1ドライバー、周冠宇への批判は”不当”。F2で競い合うピアストリ断言

アルファロメオのドライバーとなる周冠宇への批判について、F2で競い合ってきたオスカー・ピアストリは不当だと語った。

マクラーレン、悪夢のような3連戦……獲得ポイント僅か”4”で、ランキング3位遠のく

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、メキシコGP〜カタールGPで僅か4ポイントしか獲得できなかったのは、コンストラクターズランキング3位を目指すチームにとって「苦痛」とも言える経験だったと語る。

セバスチャン・ベッテル、スタート直後のコースオフで後退も10位「力強いペースがあったのに残念」

F1カタールGPでアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、10位フィニッシュを果たした。しかしベッテルは、マシンにはかなりの戦闘力があり、もっと上位でフィニッシュできたはずだと悔しがる。

フェルナンド・アロンソ、カタールGPの表彰台は史上最長146戦ぶり。では2位は?

フェルナンド・アロンソが、F1カタールGPで146戦ぶりの表彰台を獲得した。これは、F1史上最長。しかし期間で言えば、アレクサンダー・ブルツが最長記録を鉾している。

ハミルトン、F1今シーズン残り2戦でもレインボーカラーのヘルメットを着用「LGBTQ+についてもっと知ってほしい」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、F1第21戦サウジアラビアGPと最終戦アブダビGPでもLGBTQ+のセクシュアルマイノリティを応援するレインボーカラーのヘルメットを引き続き着用する。

【ギャラリー】F1表彰台獲得”間隔”記録トップ10

F1の表彰台獲得”間隔”記録……フェルナンド・アロンソが146戦ぶりの表彰台を記録したが、表彰台間隔の”期間”最長記録は、アレクサンダー・ブルツが依然保持している。

ハミルトン、メルセデス優位のF1サウジアラビアではサンパウロ制した “スパイシーな”エンジンに換装……6基目投入はなし

メルセデスは、F1サンパウロGPでルイス・ハミルトンに投入した5基目の内燃エンジン(ICE)をストレート成分の多い次戦サウジアラビアGPで使用すると決定した。

アルファロメオ、プルシェールの来季F1昇格は「リスクが大きすぎた」F2継続参戦&F1テストドライブで経験積ませる方針

アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、テオ・プルシェールを来季にF1へ昇格させるのは「リスクが大きすぎる」と判断したようだ。

”マーシャル非難”発言で戒告、レッドブルのホーナー代表「今後も率直な話し方を変えるつもりはない」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1カタールGPでマーシャルを批判したとして戒告処分を受けたが、今後も率直な話し方を変えるつもりはないと語った。

F1カタールGPでパンクに見舞われた4人のドライバーが証言「こんなことあってはならない」

ランド・ノリスは、F1カタールGPで“危険な”パンクに見舞われる前に何の兆候もなかったといい、こういうことは起きてはならないと語った。

アルピーヌ、カタールGPで衝撃の速さ。エステバン・オコン「FP2で速かったから、自信を持っていた」

F1カタールGPの決勝で5位となったアルピーヌのエステバン・オコンは、フリー走行2回目のペースが良かったため、スタートで上げたポジションを最後まで守り切ることができると自信を持っていたと語る。

レッドブル代表、マーシャル批判で戒告。F1レースディレクター「受け入れられることではない」

カタールGPのマーシャルを批判したレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表に戒告が出されたことを受け、F1レースディレクターのマイケル・マシは批判は受け入れられないと語った。

フェルスタッペン、ハミルトンに対抗できずも前向き。グリッド降格は前日夜から”覚悟”

F1第20戦カタールGPで2位となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、5グリッド降格ペナルティは前日から覚悟していたと語った。

アルピーヌ、1ストップ作戦を成功させアロンソ3位「もう1回ピットインしても、得られるモノは何もなかった」

F1カタールGPでフェルナンド・アロンソを3位表彰台に導いたアルピーヌは、1ストップ戦略を成功させたことに満足。2ストップに切り替えていたら、何も得られるモノはなかったはずだと語った。

2連勝ハミルトン、その底力を「スーパーヒーローパワー」とチーム代表トト・ウルフ称賛

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、タイトル争いの勢いを取り戻す2連勝を挙げたルイス・ハミルトンが”スーパーヒーローパワー“を引き出したと称賛している。

F1カタールGP決勝で相次いだタイヤのパンク。ピレリは原因究明へ

ピレリは、F1カタールGPの決勝レースで4台のマシンがパンクに見舞われたことを受け、調査を開始することを明らかにした。

ホンダ田辺テクニカルディレクター「簡単ではなかったが、大きな意味がある週末」。アロンソの3位も祝福

F1カタールGPについて、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが振り返り、簡単ではなかったものの、非常に大きな意味のある週末だったと語った。

ピエール・ガスリー、フロントロウスタートからまさかの無得点「僕らは衝撃的な遅さだった」

F1カタールGPの決勝レースで、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、フロントロウ2番手スタートながらまさかの無得点に終わった。ガスリーはその原因について、ただペースが足りなかったと語った。

レッドブル代表、”誹謗中傷”で呼び出し受けて謝罪。フェルスタッペンのグリッド降格に怒り

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1カタールGPのレース後、スチュワードを批判したとして、スチュワードからの呼び出しを受けた。

角田裕毅、レースペース上がらずカタールGPは13位「こんなことになるとは思わなかった」

F1カタールGPの決勝レースを8番グリッドからスタートした角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、レースペースが上がらず厳しいレースとなった。

フェルナンド・アロンソ、7年ぶり表彰台。驚異のタイヤマネジメントで3位「ついに辿り着いた」

F1カタールGPでF1復帰後初の表彰台を獲得したアルピーヌのフェルナンド・アロンソは、「信じられない」と語った。

F1カタールGP 決勝:ハミルトンがフェルスタッペンを圧倒し今季7勝目、アロンソが7年ぶり表彰台。角田裕毅13位

F1第20戦カタールGPの決勝レースが行なわれ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が完勝。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、タイヤデグラデーション(性能劣化)に苦しみ13位に終わった。

【F1動画】2021年F1世界選手権第20戦カタールGP決勝ハイライト動画

ロサイル・インターナショナル・サーキットで初開催されたF1カタールGPの決勝レースを、ハイライト動画でプレイバック(DAZN提供)

F1カタールGP 決勝速報:ハミルトンが完勝! フェルスタッペン2位、アロンソが2014年以来の表彰台。角田裕毅は13位

F1第20戦カタールGPの決勝レースが行なわれ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝。フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)がF1復帰後初表彰台を手にした。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は13位だった。

2021年 FIA F1世界選手権第20戦カタールGP 決勝ライブテキスト

今年のF1もいよいよ残り3レース! ロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれる第20戦カタールGPをライブテキストでお届け。

フェルスタッペンにも5グリッド降格ペナルティ。予選でダブルイエロー無視……ガスリーがフロントロウに|カタールGP

F1カタールGPで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに5グリッド降格ペナルティが科されることになった。3番グリッド予定だったバルテリ・ボッタスにも3グリッド降格ペナルティが科されたため、ピエール・ガスリーがフロントロウに昇格することになる。

アルファタウリ・ホンダ、カタールGPの縁石で予選までに3つのフロントウイングを失う

F1カタールGPで、アルファタウリ・ホンダは予選までに持ち込んだ7つのうち3つのフロントウイングにダメージを受けたという。しかし予選でフロントウイングを壊したガスリーは、同じ仕様のモノに付け替えることができるようだ。

ボッタス、黄旗無視で3グリッド降格ペナルティ決定|F1カタールGP

F1カタールGPの予選で黄旗を無視したとして、メルセデスのバルテリ・ボッタスが3グリッド降格ペナルティを受けた。

リヤウイングの“傷跡”を指摘するレッドブルに、メルセデスが反論「ただの見間違いだ……彼らにはもうついていけない」

トト・ウルフ代表は、メルセデスのリヤウイングに傷跡があるというレッドブルの主張を「ただの見間違い」だと一蹴した。

メルセデス代表、F1の”今後”を懸念「よりダーティーなドライビングが増えるかも……」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、サンパウロGPでマックス・フェルスタッペンにペナルティが出なかったことで、今後F1でダーティーなドライビングが増えることを懸念している。

FIA、F1カタールGP予選後からリヤウイングの追加チェックを実施。一連の論争終結に一役買うか

FIAは実態調査の一環として、F1カタールGPの予選後からリヤウイングの追加チェックを行なうこととなった。

サンパウロGPターン4事件、マクラーレン代表も混乱「何がOKで何がNGなのか……明確にすることが重要」

マクラーレンF1のアンドレアス・ザイドル代表は、コース上で許容されるアクションに関してレースディレクターの判断基準が明確に示されることが重要だと語った。

アロンソ、初のカタールGPを大満喫「一晩中ドライブしていたい」決勝はスタートにチャンス?

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1第20戦カタールGPの予選を終え、初のコースを楽しんだと語った。

ネジが外れただけなのに……F1ブラジルGPでハミルトンが予選失格になった原因が判明

メルセデスは、F1ブラジルGPでルイス・ハミルトンが予選失格となったDRSのトラブル原因は、2本のネジの緩みだったと明らかにした。

苦戦フェルスタッペン、カタールGP予選2番手も「少し厄介な状況だ」と吐露

マックス・フェルスタッペンは、F1カタールGP予選でルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得したことを受けて、レッドブルがいつも以上に苦戦していることを認めた。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、カタールGP予選で黄旗無視の疑い。決勝前にスチュワードと面会へ

マックス・フェルスタッペンは、F1カタールGPの予選でダブルイエローフラッグを無視した疑いがあり、スチュワードに召喚された。

ルクレールのモノコックに亀裂発生。フェラーリ、交換を決断

フェラーリは、F1カタールGPの決勝に向け、シャルル・ルクレールのマシンのモノコックを変更することを決定した。ルクレールのマシンには、Q1で縁石の上を走った際、亀裂が生じていたのだという。

ピエール・ガスリー、カタールGP予選で4番手確保もQ3終盤にフロントウイング破損「シャシーには問題ないはず」

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、F1カタールGPの予選で、メルセデス勢とレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに次ぐ4番グリッドを確保。しかしQ3終盤、フロントウイングを破損させてしまった。

F1カタールGP予選:圧巻アタックのハミルトン、0.455秒差で久々ポール獲得。角田裕毅はQ3進出8番手

F1第20戦カタールGPの予選が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は8番手となった。