フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
4,836 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

F1ニュース&分析

グリッド
リスト

ルイス・ハミルトン、2022年以降の契約交渉をスタート。ポジティブな進行と明かす

ルイス・ハミルトンは2022年以降の契約に関してメルセデスと話し合いが進行中であると明かし、これまでのところはポジティブな状況だと話した。

連勝目指すフェルスタッペン、ホームレースも油断なし。「楽しみだけど、良い結果が残せるという保証はない」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、チームとして過去にレッドブル・リンクでいい成績を残しているからといって、今季の成功が保証されているわけではないと語った。

お手上げハミルトン、フェルスタッペン相手に激しいディフェンスをするのは「無意味だった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1第7戦フランスGPのレース最終盤でタイトル争いをするレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに抜かれた際、「必要以上の抵抗は無意味だった」と振り返った。

アストンマーチンF1、フランスGPの好走でタイヤ"不正疑惑"は晴れた?「これで黙ってくれればと期待」

アストンマーチンF1のオットマー・サフナウアー代表は、フランスGPの結果により、ピレリの指示に従わずにタイヤを使っていたという疑惑に終止符を打つことができると期待している。

レッドブル・ホンダ、破竹の4連勝を狙う! DAZNのF1シュタイアーマルクGP配信スケジュール

スポーツチャンネルDAZNは、F1第8戦シュタイアーマルクGPも全セッションライブ配信。その配信スケジュールが発表された。

ウイングにタイヤ……ルール違反疑われたレッドブル、F1フランスGPの勝利で「”答え”が出せた」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1フランスGPの勝利によって、フレキシブルウイングやタイヤの内圧に関するチームへの批判に答えを出すことが出来たと感じているという。

フェラーリ、『ミッション・ウィノウ』ロゴをEU圏のレースで使用せずも、フィリップ・モリスとは関係良好?

フェラーリのマッティア・ビノット代表曰く、EU諸国のレースで『Mission Winnow(ミッション・ウィノウ)』ロゴの掲出を取りやめたにも関わらず、フィリップ・モリスとは新たなスポンサー契約に向け話し合いが続いているという。

ハースのチーム内バトル再び?……シューマッハー、チームメイトのマゼピンに「今度は僕も引かない」

ハースのミック・シューマッハーは、F1第7戦フランスGPでチームメイトのニキータ・マゼピンと再度接触しかけたことに対し、次からは自分も引かないつもりであることを示唆した。

ピエール・ガスリー、オーストリア2連戦へ向け「満員のファンの前でレースをするのが待ちきれない」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、レッドブルリンクでの第8戦シュタイアーマルクGPと第9戦オーストリアGPに向けた意気込みを語った。

モビリティランド、2021年MotoGP日本GP中止を発表も「F1日本GPと鈴鹿8耐は引き続き開催に向け準備を進める」と強調

ツインリンクもてぎを運営するモビリティランドは、2021年のMotoGP日本GPの開催中止を発表したが、その一方で同社が運営する鈴鹿サーキットでのF1日本GP、鈴鹿8時間耐久レースについては、引き続き開催に向け準備を進めていくことを強調した。

アルファタウリ・ホンダの角田、経験値の多いレッドブルリンクでの2連戦……課題の予選は「かなりタイトになる」

アルファタウリ・ホンダからF1に参戦している角田裕毅は、オーストリア・レッドブルリンクで行なわれるF1第8戦シュタイアーマルクGP・第9戦オーストリアGPに向け、意気込みを語った。

レッドブル・ホンダ、初優勝の地オーストリアで連勝を伸ばせるか?「僅差の戦いになるだろう」と田辺TD

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、レッドブル・ホンダがここまで3連勝しているという事実は励みになると語ったが、決して気を緩めてはいない。

ベッテル、3戦連続入賞……アストンマーチンのマシンにはもう慣れた?「接戦だから少しでもポイントを獲らなきゃ」

アストンマーチンF1のセバスチャン・ベッテルは、フランスGPで9位入賞。これで3戦連続の入賞となった。ベッテルは接戦となっている今シーズンの中団争いでは、少しでもポイントを獲得しなければならないと語った。

レッドブルF1、ホンダPUの”進歩”疑うメルセデスのコメントに困惑「2基目のPUは1基目と全く同じ仕様」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、メルセデスがフランスGPでホンダPUが進化したと考えている理由が分からないと語った。

F1アブダビGP開催のヤス・マリーナ・サーキット、レイアウト改修を実施。オーバーテイク促進を目指す

アブダビのヤス・マリーナ・サーキットは、F1の今季最終戦に向けて、オーバーテイクを促進するためのレイアウト修正をこの夏に行なう予定のようだ。

F1フランスGP決勝で絶好調のランド・ノリス困惑「土曜日に苦労して、決勝で良かった理由が分からない」

F1フランスGPの決勝で5位に入ったランド・ノリスは、決勝のレースペースが良かったことには満足しているものの、土曜日まで苦労していた理由が分からず、困惑している。

メルセデスF1、勝つためには”完璧”な戦いが必要「チームが最高の状態なら、レッドブルを止められる」

メルセデスは、ベストなパフォーマンスを発揮することができれば、レッドブルに追いつきチャンピオンシップを制することができると考えている。

F1フランスGP無得点のフェラーリ、”悪夢”のようなレースの原因は?「今季中に完全解決はできない」

シャルル・ルクレールが「キャリアで最も難しいレースのひとつ」と評したように、フェラーリにとってF1フランスGPは、悪夢のようなレースになってしまった。

ピエール・ガスリー、フランスGPでのノリスとの”あわや接触”のバトルは「限界ギリギリ……でも良いバトルだったと思う」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが、F1フランスGPの決勝レース中に起きたマクラーレンのランド・ノリスとのニアミス事件について振り返った。

アルファタウリ代表、タイヤ内圧問題に苦言「なぜウォーマーの使用を禁止にしないのか?」

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、現在話題が沸騰しているタイヤの内圧問題に関して苦言。そもそもタイヤウォーマーの使用を禁止するべきだと主張した。

メルセデスF1が失った”原因不明”の0.5秒。「フェルスタッペンにアンダーカットされた理由が分からない」

メルセデスは、F1フランスGPでルイス・ハミルトンがマックス・フェルスタッペンにアンダーカットされた理由となった、0.5秒のタイムロスをまだ説明できないでいるという。

レッドブルF1、フランスGPでの”勇敢”な作戦変更は「スペインGPでやられたことのやり返し」

レッドブルは、首位のポジションを一旦明け渡すというリスクを犯しながらも、2ストップを選んだ”勇敢な”戦略は、スペインGPでやられたことをやり返したと語っている。

感情を爆発させたボッタスの無線での発言に、メルセデス代表喜ぶ

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、フランスGPの決勝レース中にバルテリ・ボッタスが無線で激しいメッセージを送ったことについて、感情を閉じ込めなかったと喜んでいる。

フェラーリ、F1フランスGPは”倍”のデグラデーションで大失速無得点。サインツJr.「原因を理解する必要がある」

カルロス・サインツJr.は、大苦戦したF1フランスGPの決勝レースを振り返り、フェラーリのタイヤのデグラデーションは、他チームの倍くらいあったのではないかと考えている。

レッドブル・ホンダのペレス連続表彰台「ハミルトンを抜いて1-2フィニッシュするまで、あと3周必要だった」

F1フランスGPで3位に入ったレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、メルセデスのルイス・ハミルトンを抜いてチームの1-2フィニッシュを達成するまであと3周だったと語り、次のレッドブルリンク2連戦ではそれを実現したいと語った。

FIA、ペレスがトラックリミット違反の対象にならなかった理由を説明……開幕戦の事件とは決定的な違い

FIAは、F1第7戦フランスGP決勝でレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスがレース終盤にメルセデスのバルテリ・ボッタスをオーバーテイクした後に、大きく縁石の外に出たにも関わらず、ペナルティの対象にならなかった理由を説明した。

メルセデス代表、ボッタスの“早すぎた”ピットインを説明「それ以外に選択肢はなかった」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1第7戦フランスGP決勝の第1スティントで、バルテリ・ボッタスのタイヤに振動が出始めていたためピットインを早めさせたと語り、それ以外に「選択肢はなかった」と考えている。

フェルスタッペン、レース中に無線トラブルも走りに支障なし「あとは走り切るだけだった」

F1第7戦フランスGPを勝ったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2度目のピットストップ以降に発生した無線トラブルは、追い上げにあまり影響しなかったと語った。

ホンダF1、3連勝。田辺豊治テクニカルディレクター「戦略の成否は最後まで分からない……ものすごい緊張感」

F1フランスGPの決勝終了後に会見に応じたホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、優勝した喜びを語ると共に、ものすごい緊張感の中で戦っていることを明かした。

レッドブル2台に“カモ”にされ4位のボッタス、声を荒げた無線にも後悔はナシ?「自分の考えを伝えただけ」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1フランスGPでチームの1ストップ作戦を批判した怒りの無線メッセージが「行き過ぎではなかった」と考えている。

レッドブルに勝つためには1ストップに”固執”するしかなかった……2位敗北のハミルトン「それでも良いレースだった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1フランスGPでレッドブルを倒すためには、1ストップ作戦に固執するしかなかったと語る。

角田裕毅のF1フランスGPは13位「タイヤが完全に終わってしまった」……ポイント獲得のために、予選の改善が急務

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1フランスGP決勝でアルファロメオ勢をアンダーカットするために早々にピットインしたものの、最後にはタイヤの寿命が尽きてしまったため、厳しいレースになったと語った。

F1フランス決勝:フェルスタッペン、追い上げ”ミッション遂行”。スペインの雪辱果たす劇的勝利

F1第7戦フランスGPの決勝レースが行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝した。角田裕毅は13位でフィニッシュした。

【F1動画】2021年F1第7戦フランスGP決勝ハイライト

2021年F1世界選手権第7戦フランスGP(ポール・リカール)の決勝レースを、ハイライト動画でプレイバック(DAZN提供)。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが好レースを披露。

F1フランスGP決勝速報:頭脳戦を制したレッドブル1-3位……フェルスタッペン、バクーでの置き土産を取り返す今季3勝目……角田は13位

F1フランスGPの決勝レースは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季3勝目を挙げた。

2021年F1第7戦フランスGP 決勝ライブテキスト

公道2連戦を終え、2021年のF1はフランスのポール・リカールへ。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがPPから逃げ切るのか? それともメルセデスが逆襲を見せるのか? 角田裕毅の最後尾からの追い上げにも注目だ。

レッドブル・ホンダのホーナー代表、もしF1フランスGPで優勝できれば「どんなコースでもメルセデスに勝てるはず」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、フランスGPでメルセデスを打ち負かすことができれば、今後どんなサーキットでも勝つことができると信じている。

熾烈なF1タイトル争い、レッドブル・ホンダが先行か? ハミルトン「彼らの方が少し前に出たかも」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスとレッドブルが繰り広げている2021年のF1タイトル争いにおいて、スペインGPの時と比べるとレッドブルが一歩前に出たかもしれないと語った。

予選7番手も苦しんだルクレール「問題はマシンではなく自分にあった」……サインツはクリーンな予選に安堵

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1第7戦フランスGPの予選を7番手で終えたが、ペースに苦しんだ予選中Q1、Q2を「悲惨だった」と語り、苦しんだ原因はマシンではなく自分自身にあると考えている。

前戦優勝のセルジオ・ペレス、F1フランスGP予選では4番手「ミスで理想的なアタックできず……でも僕の”長所”は決勝」

レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、F1フランスGPの予選Q3でミスがあり、フロントロウを逃したことを悔やみつつも、決勝での巻き返しを誓った。

ダウンフォースを削ったレッドブル、”削れなかった”メルセデス。ウルフ代表「単純にペースが負けている」

メルセデスのトト・ウルフは、レッドブルのようにダウンフォースを削る方針を採ったとしても、F1フランスGP予選で好結果を残せたとは考えていないようだ。

ピエール・ガスリー、母国フランスの予選でも絶好調「僕らの弱点はレースペース……決勝では立ち位置を確認したい」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1フランスGPの予選で6番手。ただチームの弱点は決勝でのレースペースにあるといい、ライバルと決勝で比較し、自分たちの居場所を確認したいと語った。

シャシー交換の影響はなし……ハミルトン「作り話が間違っていると証明できて満足」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、フランスGPを前にチームメイトのバルテリ・ボッタスとシャシーを変えたものの、そのボッタスを予選で上回り、シャシーに問題がなかったことを証明できて良かったと語る。

ポール獲得のフェルスタッペン、”予想以上”の好結果に満足「レースペースにもかなり自信がある」

F1フランスGPでポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンは、レッドブルが伝統的に苦戦してきたポール・リカールで、これほど強力な予選結果が出せるとは思わなかったと語った。

角田裕毅、予選Q1のクラッシュは「自分のミス。チームに申し訳ない」/F1フランスGP予選

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1フランスGP予選Q1のクラッシュは「自分のミス」だと認め、チームに謝罪。決勝で良いレースをすることで、マシン修復を夜遅くまで行なうチームの頑張りに応えたいと語る。

ホンダ勢が好結果の予選、田辺豊治F1テクニカルディレクター「大きな励み。でも大切なのはレース」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、フランスGPの予選を終えてコメントを発表。予選の結果は励みになるものの、大切なのはレース結果だと語り、万全の準備を進めると語った。

F1フランスGP予選:お見事フェルスタッペン、圧巻アタックでポール獲得。角田裕毅はQ1でクラッシュ

F1第7戦フランスGPの予選が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はQ1最初のアタックでクラッシュし、ノータイムに終わった。

【F1動画】第7戦フランスGP予選ハイライト

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが圧巻ポールポジション! F1第7戦フランスGP予選のハイライト動画(DAZN提供)

F1フランスGP予選速報:フェルスタッペン驚速ポールポジション。角田裕毅、痛恨のQ1クラッシュでノータイム

F1第7戦フランスGPの予選が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はQ1最初のアタックでクラッシュし、ノータイムに終わった。

F1フランスFP3:フェルスタッペン、0.7秒の大差でトップ! 角田裕毅は12番手タイムが抹消され17番手

F1第7戦フランスGPのフリー走行3回目は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップ。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は17番手となった。

【F1動画】第7戦フランスGPフリー走行3回目ハイライト

ポール・リカール・サーキットで行なわれている、F1フランスGPのフリー走行3回目のハイライト動画。DAZN提供。

F1フランスFP3速報:レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、ボッタスに0.7秒差をつけ首位。角田17番手

F1フランスGPのフリー走行3回目は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが首位。角田裕毅は17番手だった。

2021年のF1日本GPは、予定通り開催できるのか? モビリティランド田中薫社長に訊く

10月10日に決勝レースが予定されている2021年のF1日本GP。しかし新型コロナウイルスの感染はまだ収まっておらず、直前に開催が予定されていたシンガポールGPは中止に……今年、鈴鹿にF1はやってくることができるのだろうか? モビリティランド社長に訊いた。

バルテリ・ボッタス、F1フランスGP初日好調の理由はハミルトンとシャシーを交換したから?

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1フランスGPを前にチームメイトであるルイス・ハミルトンとシャシーを交換した。しかし初日上位のタイムを残せたことが、このシャシー交換に関係しているかは「分からない」とボッタスは語る。

母国レースで好調のアルピーヌF1。アロンソ「”通常”の競争力に戻った」と安堵

アルピーヌF1チームは、母国レースであるF1第7戦フランスGP初日、順調な滑り出しを見せた。市街地サーキットでの不調を払拭できたことに、ドライバーたちは安堵したようだ。

フェルスタッペン、フランスGP初日首位も警戒怠らず「かなり改善できたが、簡単な週末にはならない」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、フランスGPの初日をトップタイムで終えたものの、ライバルも非常に近い所にいるため、簡単な週末にはならないだろうと語った。

メルセデスF1、2022年のラインアップ決定は冬まで遅れる?「決定を急ぐ必要はない」

メルセデスF1チームは、バルテリ・ボッタスをチームに残すか、ジョージ・ラッセルを昇格させるか検討しているため、2022年のドライバーラインアップ決定を冬まで遅らせる可能性があるようだ。

角田裕毅、F1フランスGP初日は”満足”「中団グループは大接戦だけど、僕らにはペースがある」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1フランスGP初日を終えてコメント。大接戦になるとしながらも、マシンに対する自信を取り戻しつつあり、さらに「ペースもある」と語り、予選・決勝に向けて期待を感じさせる。

ホンダF1田辺TD、フランスGPは接戦を覚悟「細部に至るまでデータを確認し、最適化を進めていく」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、F1フランスGP初日を終えて多くのデータが収集出来たとコメント。接戦に備えて、さらに最適化を進めていくと語った。

F1フランスFP2:目指すは3連勝……トップはレッドブル・ホンダのフェルスタッペン、角田は13番手

F1第7戦フランスGPのフリー走行2回目では、メルセデス勢を抑えマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムをマークした。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は13番手だった。