フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
9,798 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

F1ニュース&分析

グリッド
リスト

超高速ジェッダが2023年F1サウジアラビアGPを前にコース再調整。ブラインドコーナー減らし安全性を向上

F1サウジアラビアGPのプロモーターは、2023年のレースに向けてジェッダにあるサーキットのレイアウトを微調整し、安全性と視界を向上させると明らかにした。

17勝を挙げ圧倒的強さを見せた2022年のレッドブル。しかし歴史上にはもっともっと強いチームもあった

レッドブルが22戦中17勝を挙げる圧倒的な強さを見せた2022年シーズン。しかし過去の歴史を紐解くと、それ以上に強さを発揮したチームもいくつかある。

フェラーリ、グランツーリスモ限定のバーチャル車両”ビジョンGT”を発表。フェラーリの歴史と最新技術が詰め込まれた1台

フェラーリがゲーム『グランツーリスモ』専用のレーシングマシン『ビジョン・グランツーリスモ』を公開。フェラーリの歴史と最新技術が詰め込まれた1台となっている。

F1引退レースで『招待状』と書かれたTシャツを着用したベッテル、その真意を明かす

セバスチャン・ベッテルは、F1引退レースとなったアブダビGPで『Invitation(招待状)』と書かれたユニークなTシャツを着用した理由について明かした。

FTX破綻で暗号通貨市場への不信感漂うも、マクラーレンCEOは心配せず「我々は最高の取引所と契約している」

マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、暗号通貨取引所『FTX』の破産が引き起こした混乱をF1は乗り切ることができると語った。

角田裕毅、サッカー日本代表の久保建英と1学年違いの同窓生だった。21年カタールGPでは華麗なシュートも披露

F1での2シーズン目を戦い終えた角田裕毅は、実は高校がサッカー日本代表の久保建英と同じであり、廊下ですれ違うことがよくあったと語っていた。

”ツノガス”最後の記者会見「F1キャリアベストなチームメイト」とガスリーの角田評。惜別も来季はクラッシュ上等バトルを予想

アルファタウリで2シーズンを共にしたピエール・ガスリーと角田裕毅。コース内外で仲の良いふたりが、”お別れ”を前にお互いの印象を語り合った。

【動画】F1ドライバーがホンダのType Rをドライブ!30周年オーナーズパレード|ホンダレーシングサンクスデー News
ビデオ・インサイド

【動画】F1ドライバーがホンダのType Rをドライブ!30周年オーナーズパレード|ホンダレーシングサンクスデー

レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレス、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅が、今年30周年を迎えたホンダの四輪ピュアスポーツモデル「Type R」の歴代モデルに乗り、Honda Racing Thanks Day 2022のオーナーズパレードに参加した。

ホンダ、フェルスタッペンの“F1連覇”を祝し『NSX Type S』プレゼント! 昨年おねだりが遂に実る|ホンダ・レーシング サンクスデー

ホンダは、2年連続でF1世界チャンピオンに輝いたレッドブルのマックス・フェルスタッペンに、NSX Type Sをプレゼントした。

【ギャラリー】ホンダの豪華ドライバー&ライダーが集結! ホンダ・レーシング・サンクスデー2022

モビリティリゾートもてぎでHonda Racing Thanks Day 2022が開催。四輪と二輪各カテゴリーからマックス・フェルスタッペンやマルク・マルケスをはじめとした名だたるホンダ勢が集結し、ファンの前でアクションを行なった。

ホンダの世界一を信じていた……ガスリー、大団円迎えたホンダでのキャリアを振り返る「初めてSakuraを訪れた時、驚いたのを覚えている」

アルファタウリのピエール・ガスリーが、ホンダのドライバーとして最後のイベントに参加。2017年から始まったホンダとの縁と思い出を語った。

首都高走行&ドリフトを動画で披露したハミルトン。レンタカー会社は「弊社が許可をして撮影されたものではない」と声明

メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンが、日産GT-Rを駆って首都高走行&ドリフトを行なう動画を公開したが、車両を貸し出したレンタカー会社は「弊社が許可をした撮影ではない」と声明を発表した。

ノリス、アルピーヌに負けて悔いなし。ランキングは1ポジションダウンも「マクラーレンは良い仕事をした」

マクラーレンのランド・ノリスは、チームにとってランキング5位は厳しいシーズンにおける最大限の結果だったと考えている。

2022年、好パフォーマンスを発揮したアロンソ。そのレベルを取り戻すのは「簡単ではなかった」

2022年、シーズンを通じて好パフォーマンスを発揮し、アルピーヌのコンストラクターズランキング4位獲得に貢献したフェルナンド・アロンソは、F1を2年離れた後、パフォーマンスを取り戻すのは簡単ではなかったと語った。

ペレスがF1ドライバー候補にエール! F1への挑戦は「人生の素晴らしい経験になる」上達のコツは”メモ”にあり

F1ドライバーのセルジオ・ペレスが、ホンダのドライバー育成プログラムの講師としてスクール生徒の前に登場。当然生徒からはF1ドライバーになるために必要なことを聞かれたが、重要視していたのは『メモ魔』になることだった。

フェルスタッペン、2021年のような大接戦の”再現”を歓迎「F1ドライバーとしては当たり前」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、超僅差のタイトル争いに備えられないのであれば、ドライバーを辞めるべきだと話した。

ペレスが講師として登場。ホンダレーシングスクールの特別授業が開講……佐藤琢磨校長の”熱血指導”も

栃木県のモビリティリゾートもてぎで、F1ドライバーのセルジオ・ペレスと、インディカードライバーの佐藤琢磨によるHRSーKスクール生への特別講習会が行なわれた。

20年前のあれ、覚えてる? アストンマーチンでF1テスト参加のアロンソ、旧知のデ・ラ・ロサと大盛り上がり

フェルナンド・アロンソはアブダビでアストンマーチンをF1マシンを初ドライブしたが、ブリティッシュグリーンのマシンを走らせるのはこれが初めてではなかった。

F1の歴史は繰り返すのか? 都落ちを経験したメルセデス、”負のスパイラル”を警戒

メルセデスのトト・ウルフ代表は、今季の苦戦が負の連鎖を生み何年も低迷する危険性を理解しているが、そうなることはないと信じているようだ。

マクラーレン、ガルフオイルとのパートナーシップを今季限りで終了。2021年モナコGPの特別カラーリングで話題に

マクラーレンは、ガルフオイルとの契約が今年限りで終了するが、2023年以降はパートナーシップを継続しない運びとなった。

タイトル”逃し”、猛批判受けたフェラーリ。ビノット代表「外部からのプレッシャーは大変だった……」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、チーム外部からの批判に対処するのが難しい1年だったと認めた。

来季レッドブル”復帰”のリカルド、マクラーレンでの最終レースを入賞で終え「ホッとした」と語る

ダニエル・リカルドは、マクラーレンでの最後のレースとなったアブダビGPをクリーンに戦い切ることができたことに「ホッとした」と語った。

メルセデスとアストンマーチンが投入した画期的”ウイングデザイン”、2023年は禁止に「新レギュレーションが目指した意図に反する」

メルセデスとアストンマーチンが2022年のF1に導入した極端な空力アイデアは、2023年には使用が禁止されることになった。

メルセデス、復活のためのピース”問題児への理解”はまだ足りず。それでも……「冬の間も進歩は続く」

メルセデスは、未だに今季マシンがトリッキーなモノになった理由を完全には理解できていないと認めた。

怪我の功名? アルピーヌ、来季のドライバーラインアップに満足「ガスリーは、ピアストリより速いはず」

アルピーヌのオットマー・サフナウアー代表は、ピエール・ガスリーが加入したことで、2023年のラインアップがより良いものになったと考えているようだ。

リカルド、インディカー参戦は精神的にまだ無理?「まだF1が頭の中にある」

来季のF1シートがないダニエル・リカルドだが、現状はインディカー参戦には興味がないことを改めて明らかにした。

アルファロメオ・ザウバー、2012年以来のランキング6位獲得。プラス14億円の配当金が「大きな違いを生む」

アルファロメオのフレデリック・バスール代表は、F1の2022年シーズンでアストンマーチンを破り、コンストラクターズランキング6位を獲得したことで得た配当金がチームにとって「大きな違い」を生むと考えている。

F1メカ解説|最終戦、各チーム”手持ち”パーツで最適セッティングを探る。来季向け”テストパーツ”を投入したチームも

F1最終戦アブダビGPでは、アップデートがほとんど持ち込まれなかったため、各チームが手持ちの空力パッケージを生かして、最適なセッティングを探った。しかし一部チームは、来季に向けた”テスト用”パッケージを投入していた。

F1、スプリントレースを決勝から独立化することを検討。ドライバーの懸念解消でよりエキサイティングに

F1はスプリントレースをよりエキサイティングなものにするため、決勝レースから独立したイベントにするというアイデアを再び検討している。

カタールで開幕したFIFAワールドカップ。サウジが大金星挙げたルサイルは”ロサイル”としてモータースポーツファンにもお馴染み

サッカーのFIFAワールドカップが始まり、サウジアラビア代表や日本代表が優勝候補を破る大金星を上げている。サウジ対アルゼンチンの試合が行なわれたルサイルは、モータースポーツファンにはロサイルとして馴染み深い土地だ。

その差は25%。メルセデス代表、レッドブルへの空力ペナルティが「チャンピオンシップを接近させる」王座奪還の追い風に?

メルセデスのトト・ウルフ代表は、予算制限超過を犯したレッドブルへの空力試験制限によって「チャンピオンシップが接近する」と考えている。

【動画】ルイス・ハミルトン、日産R34 GT-Rで”湾岸ミッドナイト” ドーナツターンも披露

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1日本GPの際に日産GT-R(R34)を駆り、夜の東京でのドライブを楽しんでいたようだ。キャプションには「サーキット走行が好きだけど、例外もあるよ」とある。

FIA、暫定事務局長の退任を発表。メルセデス代表の特別顧問務めた過去が一部F1チームから疑問視

FIAが、暫定事務局長を務めたシャイラ・アン・ラオの退任を発表。彼女は、メルセデスの元幹部という経歴によって、ライバルF1チームから疑問視されていた。

マクラーレン代表、チームランキング4位陥落も苦戦続いた「全くもってリカルドのせいにはできない」と責任認める

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、チームはコンストラクターズランキング4位の座をアルピーヌに奪われたことを、苦戦したダニエル・リカルドのせいにするのは「全く違う」と語り、彼のラストレースが入賞で終わったことを喜んでいる。

レッドブル、ダニエル・リカルドの“復帰”を正式発表。サードドライバーに就任「F1で最高のチームに貢献できるのは魅力的だ」

今季限りでマクラーレンのシートを失ったダニエル・リカルドが、サードドライバーとしてレッドブルに復帰することが正式に発表された。

フェルスタッペン、来季も王者の証”カーナンバー1”を使用「できるだけ長く、このナンバーを守りたい」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2023年シーズンもチャンピオンの特権であるカーナンバー1を使用すると認めた。

ガスリー、アルピーヌでの初日に”嬉しい驚き”「このクルマがランキング4位になった理由が分かった」

ピエール・ガスリーは、アルピーヌに移籍して最初のテストを終えてポジティブな驚きがあり、これ以上の初日はないと語った。

引退レース相手はやりにくい? オコン、ベッテルと序盤バトルも「接触はしたくなかった!」

エステバン・オコンはF1アブダビGPでセバスチャン・ベッテルと序盤に争うシーンが続いたが、ベッテルの引退レースということもあり、多少の“やりづらさ”を感じていたと明かした。

エンジニア求む! マクラーレンF1チームが大規模リクルート活動中。主要ポストも採用対象に

マクラーレンは、F1でさらに上位を目指すべく、エンジニアリングとエアロダイナミクスの領域で大規模な採用活動を開始している。

F1復帰組ヒュルケンベルグ、久しぶりの本格走行に「衰えを感じた……」2019年以来のフル参戦に向け準備進める

来季ハースからF1に復帰するニコ・ヒュルケンベルグは、アブダビでのポストシーズンテストに参加。ほぼ3ヵ月ぶりというF1マシンでの本格的な走行に「衰えを感じた」と語っている。

シューマッハー、ラティフィと接触スピンは「シンプルに見えていなかった」と釈明。視線は2024年F1復帰へ

ミック・シューマッハーはF1アブダビGP中盤にニコラス・ラティフィと接触して両者がスピンするシーンがあったが、当時ラティフィのことは見えていなかったと釈明している。

F1、新規定元年の2022年シーズンは前年度よりオーバーテイクが30%増加。ピレリ明かす

ピレリは、技術規定が刷新された2022年のF1では、前年度よりもオーバーテイク数が30%増加したことを明らかにした。

レッドブルの記録的な成功は、ライバルたちを傷つけた? ホーナー代表、来季の逆襲を覚悟

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、2022年に大成功を収めたことでライバルたちを傷つけたと考えているが、自己満足に陥らないように注意しているという。

圧倒的強さで完勝したレッドブル&フェルスタッペン。今季どんな新記録を樹立したのか?|F1データ・アーカイブ

全22戦で行なわれた2022年のF1。レッドブルとマックス・フェルスタッペンが、圧倒的な強さでダブルタイトルを獲得した。そして彼らは、いくつもの新記録を樹立している。

アロンソ、満足度100%以上! 新天地でのテスト終え、メルセデスPUの信頼性にも感心

フェルナンド・アロンソは、アストンマーチン移籍後初走行となったアブダビでのテストを終え、移籍に100%以上満足していると語った。

フェラーリがレッドブルに敗北したのは、”開発競争”における選択の差? ビノット代表「彼らはマシンの軽量化に集中したのがよかった」

F1の2022年シーズンをコンストラクターズランキング2位で終えたフェラーリは、開発競争でレッドブルに敗北を喫したと考えている。

アブダビF1シーズン後テストは、サインツJr.最速&フェラーリ1〜3番手独占。角田裕毅は20番手

F1のポストシーズンテストがアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれ、フェラーリ勢が1〜3番手を独占。アルファタウリのマシンを走らせた角田裕毅は20番手となった。

アブダビGPの苦戦が、メルセデスの”現在地”。ラッセル「フェルスタッペンと戦いたいなら、まだ道は長い」

ジョージ・ラッセルは、サンパウロGPでのワンツーフィニッシュから一転、アブダビGPはメルセデスにとって現実を確認する場となったと語った。

同点で敗北……アストンマーチン代表、アルファロメオの妨害作戦は「限界ギリギリだった」

アストンマーチンのマイク・クラック代表は、F1アブダビGPの決勝で、アルファロメオのドライバーたちの動きは限界に近かったと苦言を呈した。

【動画】F1シンクロ選手権! シューマッハー&ラティフィ組、アブダビGPの接触からピタリ同期

2022年のF1最終戦アブダビGPの決勝で、ミック・シューマッハーとニコラス・ラティフィが接触。両者は“シンクロ”したスピンを見せた。

アロンソやピアストリら”移籍組”ドライバーが新天地で走行スタート:F1アブダビ ポストシーズンテストが開始

アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで、F1のポストシーズンテストがスタート。来季チームを移籍するドライバーらが、ひと足早く新たな環境での走行をスタートしている。

スーパーサブはもうおしまい。ヒュルケンベルグの充電完了!「夏頃から、またF1への思いが強くなってきた」

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1へのカムバックについて関心が徐々に高まってきたことから、夏に自らハースに連絡したと明かした。

火曜日から始まるアブダビF1テスト。来季のタイヤ特性を把握する上で超重要……レースドライバーには10セットの”新仕様”タイヤを割り当て

11月22日(火)に、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで、2023年シーズンのF1に向けたピレリタイヤテストが行なわれる。このテストでは、新仕様のピレリF1タイヤをいちはやく試せるため、来季飛躍を遂げる上で重要なセッションとなる。

F1アブダビポストシーズンテストの参加ドライバーをチェック。新チームでの“仕事始め”に絶好の機会

F1は最終戦アブダビGPの後、ヤス・マリーナ・サーキットでポストシーズンテストを実施する。各チームのドライバーラインアップを確認しておこう。

シート喪失シューマッハー、メルセデス代表からのF1リザーブ指名に「恐縮です!」

ミック・シューマッハーは、メルセデスのトト・ウルフ代表がチームの2023年のリザーブドライバーとして興味を示しているということについて「恐縮な気持ちだ」と語った。

F1分析|角田裕毅、最終スティントで履いたソフトタイヤのデグラデーションに苦しむ。ミディアムを1セットしか残さない判断が痛手に?:F1アブダビGP決勝

F1アブダビGPの決勝レースで、アルファタウリの角田裕毅は入賞まであと一歩と迫る11位。最後にソフトタイヤを履かなければならなかった戦略が、様々な面で痛手だった。

【動画】メルセデス、ニック・デ・フリーズをアルファタウリに“直送”。来季角田裕毅のチームメイト

来季アルファタウリからF1デビューを果たすニック・デ・フリーズ。現在デ・フリーズが所属するメルセデスが、アブダビGPのパドックで彼をアルファタウリの元へ直接“デリバリー”する様子がSNSに投稿された。

フェラーリ、“ニセ情報無線”大成功! ランキング2位確保にルクレール&ビノット代表も満足

F1アブダビGPでフェラーリは”偽装無線”を行なうことでレッドブルをかく乱し、セルジオ・ペレスとシャルル・ルクレールの争いを優位に進めることができたと明かした。

ウイリアムズ、2023年のローガン・サージェント起用を正式発表。アメリカ人F1ドライバー誕生は8年ぶり

ウイリアムズF1は2023年のドライバーとして、ローガン・サージェントを起用すると正式に発表。8年ぶりにアメリカ人F1ドライバーが誕生することになった。

大苦戦の1年終えたメルセデス、悔しさは2021年の方が上?? 「今年はマシンが良くないのは分かっていた」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、苦しんだF1の2022年シーズンは、2021年にタイトルを失ったことに比べれば大したことはないと考えている。