F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
9,551 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ホンダF1田辺TD、フェラーリの直線性能低下は「明らか」と語る

ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、アメリカGPでフェラーリが直線スピードのアドバンテージを失ったことは明らかだとしつつも、その原因に関して結論を出すことには慎重な姿勢を見せた。

”心の悪魔”と戦い続けたハミルトン、6度目の王者獲得は「最もタフなシーズン」

2019年のF1王者に輝いたルイス・ハミルトンは、ニキ・ラウダやアントワーヌ・ユベールの死に影響を受けて感情的に消耗したシーズンだったものの、それに打ち勝ってタイトルを獲得できたと語る。

必ず最後に正義は勝つ? レーシングポイント代表がペナルティのクビアトに口撃

レーシングポイントのオットマー・サフナウアー代表は、F1アメリカGPでトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが受けたペナルティは妥当なものだと考えている。

アメリカGPで”不評”の2020年F1タイヤ、導入中止もありうる?

ピレリは、F1アメリカGPでテストされた2020年仕様タイヤに批判が集中したため、導入が中止される可能性があるようだ。

レッドブル育成離脱、来季インディ参戦のオワード。マクラーレンからF1テストへ?

マクラーレンは、インディカーで起用することになったパトリシオ・オワードとオリバー・アスキューを2020年のF1テストに招集する可能性を認めた。

「“意義ある”何かがあれば」マクラーレンCEO、アロンソとの関係継続に含み

マクラーレンのCEOザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソとのアンバサダー契約が今年限りの物だと明言し、関係の継続については話し合う必要があると語った。

トロロッソ2台、ペレスと接触し入賞逃す。クビアト「愚かなペナルティだ」

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、前戦メキシコGPに引き続きアメリカGPでも、チェッカーを受けた後にタイム加算ペナルティを受け、順位降格となった。このペナルティについてクビアトは、「愚か」で「受け入れられない」と語る。

FIA、重量計測無視による“厳しすぎる”ペナルティの軽減を検討 

FIAは2020年シーズンに、車両重量の計測を見逃した際に科すペナルティについて、変更を検討しているようだ。

フェラーリF1、アメリカGPでの”直線スピード欠如”の理由を説明

フェラーリF1は、アメリカGPの週末に直線スピードを失ったのは、エンジンとは何も関係ないと主張する。

2021年には金曜午前で車体仕様が凍結。パルクフェルメはFP3から適用へ

F1チームは2021年から、金曜午前に車体の仕様を凍結され、土曜フリー走行の前にはほとんどのセットアップを確定させる必要がある。

ハミルトンはシューマッハーに並べる? メルセデス代表「不可能な理由は無い」

F1アメリカGPで、ルイス・ハミルトンは6度目のドライバーズタイトルを獲得した。メルセデスのチーム代表トト・ウルフは、ミハエル・シューマッハーの「7回」のタイトル獲得記録に挑戦できない理由はないと話した。

マクラーレン、ペトロブラスとの提携・スポンサー契約解消を発表

マクラーレンは2018年からスポンサーを務めるペトロブラスとの契約を、同社の母国であるブラジルGPを前に打ち切ったことを明らかにした。

レッドブル代表、アルボンを称賛も来季のシートは「急いで決断しない」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンの働きぶりを称賛しつつも、2020年のシート争いに関しては決断を急いでいないと語った。

アルファロメオF1、2020年シーズンのジョビナッツィ継続起用を発表

アルファロメオF1チームは、2020年もキミ・ライコネンと共にアントニオ・ジョビナッツィをドライバーとして起用することを正式に確認した。

「不正をやめたからだ」フェルスタッペン、フェラーリ勢の失速にチクり口撃

マックス・フェルスタッペンのフェラーリの失速について不正をやめたからだと話したが、シャルル・ルクレールはそれを“冗談”だと一笑に付した。

マクラーレンはまだ“中団最強チーム”ではない? 「レースペースが課題」とノリス

ランド・ノリスは、アメリカGPのレースペースはルノーの方が上回っていたと語り、中団で最も強いチームという地位を確固たるものにはできていないと語った。

マグヌッセン、アメリカGPリタイアは「ブレーキディスクが割れた」ことが原因

F1アメリカGPの53周目走行中にリタイアしたハースのケビン・マグヌッセン。そのリタイア原因は、ブレーキディスクが割れたことだったという。

【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

バルテリ・ボッタスが優勝、ルイス・ハミルトンが自身6度目のタイトル獲得を決めたF1アメリカGP決勝レースの模様を、ハイライト動画がプレイバック。

驚異のリカバリーで“ノルマ達成”。アルボン「接触がなければルクレールと戦えた」

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、序盤の接触がなければ4位でフィニッシュすることができたかもしれないと考えている。

ボッタス「良い気分だね」。 ハミルトンの勝利でのタイトル決定を阻止

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、チームメイトのルイス・ハミルトンが勝利でタイトルを決めるのを阻止できたことを「気分が良かった」と語る。

F1アメリカGP決勝:ハミルトン、ファンジオ超え6度目の戴冠。ボッタスが今季4勝目

F1アメリカGPの決勝が行われ、バルテリ・ボッタスが優勝。2位に入ったルイス・ハミルトンが2019年のドライバーズチャンピオンに輝いた。

アメリカGP無得点でランキング後退のトロロッソ。クビアトはペナルティに憤慨

トロロッソ・ホンダは、F1アメリカGPを無得点で終えた。しかもダニール・クビアトは10番手でフィニッシュしたものの、前戦メキシコGPに続きチェッカー後にペナルティ……この決定にまたしても憤慨している。

メルセデスと真っ向勝負で3位。フェルスタッペン「黄旗がなければ2位になれた」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1アメリカGPで3位になれたことを喜びつつも、レース終盤にターン12でイエローフラッグが出なければ2位になれたはずだと悔しがった。

圧倒的な気分……歴代2位、自身6度目のタイトル獲得を決めたハミルトン

F1アメリカGPで2位に入り、歴代2位となる6度目のF1ドライバーズチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトンが、その想いを語った。