F1
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
FP3 まで
11 時間
:
46
:
08
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
49 days
小林 可夢偉
Japan
ドライバー

小林 可夢偉

1986-08-13 (33歳)
7

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
134 articles
フィルターをクリアにする
小林 可夢偉
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

小林 可夢偉の最新ニュース

グリッド
リスト

小林可夢偉、ハンディキャップで勝敗決まるWECに不満爆発「誰も幸せにならない」

トヨタ7号車の小林可夢偉は、WECの現行のハンディキャップ制度は「誰も幸せにならない」として、この制度を続けることに警鐘を鳴らした。

小林可夢偉、デイトナ連覇に大きく貢献。”奇妙な”セットアップ変更が実を結ぶ

デイトナ24時間レースを連覇したウェイン・テイラー・レーシング。ドライバーのひとりである小林可夢偉が、レースペースの向上に大きく貢献していたようだ。

デイトナ24時間:小林可夢偉が連覇! WTRのキャデラックが優勝

ライアン・ブリスコー、レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ、スコット・ディクソン、小林可夢偉が走らせた10号車ウェイン・テイラー・レーシングのキャデラックDPi-V.Rが、2020年のデイトナ24時間レースを制した。

WECトヨタ、ワンツーで2019年締めくくり。可夢偉「チームに感謝。ミスなく戦えた」

WEC第4戦バーレーン8時間レースでワンツーフィニッシュを飾ったTOYOTA GAZOO Racing。7号車の小林可夢偉は、チームの着実な仕事を讃えた。

WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

WEC上海のフリー走行3回目が行われ、トヨタTS050 HYBRIDの7号車がトップタイムをマークした。

1周目ウエットタイヤ作戦は意外とアリ? 小林可夢偉が“奇策”を振り返る

晴天のなかウエットタイヤでスタートするという奇襲作戦に出た小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が、その時の状況を語った。

ウエットタイヤスタートの真相……KCMG松田監督「勝ちを狙いにいった結果」

2019スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿。carrozzeria Team KCMGの小林可夢偉はまたしても変則的な戦略でレースに臨んだ。

トヨタ7号車、僚友8号車から33秒差の2位。小林可夢偉「ハンディが大きすぎた」

WEC富士で2位に終わったトヨタ7号車の小林可夢偉は、優勝した8号車から33秒差という結果はハンディキャップを考えれば上出来だと語った。

トヨタ、厳しい”ハンデ”に直面。開幕ウイナー7号車の母国優勝は難しい?

トヨタ7号車の小林可夢偉は、今季からWECのLMP1クラスに導入されたサクセス・ハンディキャップが厳しく、レースに勝つチャンスはほとんどないと語った。

トヨタ7号車の小林可夢偉「ハンディキャップの影響は予想以上。辛いレースになるかも」

トヨタ7号車を駆る小林可夢偉は、今季から導入されたサクセス・ハンディキャップの影響が予想以上に大きいと語り、難しいレースになると考えている。

小林可夢偉、スーパーGT×DTM特別交流戦に出場決定。なんとBMWをドライブ

小林可夢偉が、11月に富士スピードウェイで行われる「SUPER GT x DTM 特別交流戦」に出場することが決定。BMW M4 DTMを走らせることになる。

WECシルバーストン:初日プラクティスはトヨタ7号車が総合トップ

2019-2020年のWECがシルバーストーンで開幕。初日は公式練習1回目と2回目が行われ、トヨタがトップ2を占めた。

00号車の小林可夢偉、メルセデス勢最上位の6番手獲得「落ち着いてレースを組み立てたい」

2019鈴鹿10時間耐久レース。#00 Mercedes-AMG Team GOODSMILEの小林可夢偉がポールシュートアウトで6番手タイムをマークしメルセデス勢最上位グリッドを獲得した。

小林可夢偉SF初優勝は”お預け”。原因は”鬼”のフラットスポット?

スーパーフォーミュラ第5戦ツインリンクもてぎ戦を2位で終えた小林可夢偉は、レース中に激しいフラットスポットを作ってしまい、それが原因で予定よりも早くピットインしたと語った。

デイトナ24時間連覇を目指す小林可夢偉が語った、“刺激だらけ”の初陣

2020年のデイトナ24時間レース参戦が決まった小林可夢偉が、初参戦時に受けた印象や刺激、そして2連覇に向けての意気込みを語った。

13台抜きを魅せた小林可夢偉「後方グリッドで失うものはなかった」

2019スーパーフォーミュラ第4戦富士。小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)は13台抜きの活躍を見せ6位入賞を飾った。

2位表彰台の小林可夢偉、優勝には届かずも「今日の展開としてはこれが最高位」

スーパーフォーミュラ第3戦SUGOで2位表彰台を獲得した小林可夢偉は、今回のレース展開の中で最大限の結果を出すことができたと考えている。

JMS、JRPAがル・マン24時間で活躍した中嶋一貴と小林可夢偉を讃える

スーパーフォーミュラ第3戦が行われているスポーツランドSUGOで、日本モータースポーツ記者会と日本レース写真家協会が中嶋一貴と小林可夢偉の健闘を讃えるセレモニーを行なった。

ル・マン初制覇を逃した小林可夢偉「これが僕の人生。逃げずにチャレンジし続ける」

2019年のル・マン24時間レースで2位に終わった小林可夢偉は、レースを終えての率直な心境を語った。

次世代WECマシンの基礎。トヨタGRスーパースポーツ、富士でテスト実施

トヨタは、2020/21年シーズンのWECに参戦するマシンのベースとなる、GRスーパースポーツのテスト映像を公開した。

小林可夢偉「ル・マンで勝つことがどんなに難しく厳しいかを見せつけられた」

ル・マン24時間の決勝で圧倒的なレースをしながら、トラブルにより勝利を逃してしまった7号車トヨタ。そのクルーである小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの3人がコメントを寄せた。

豊田章男社長、中嶋一貴の涙に「チームメイトを想う気持ちに感動」

2019年のル・マン24時間レースで2年連続でワンツーフィニッシュを果たしたTOYOTA GAZOO Racingのメンバーにコメントを発表した。

ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

トヨタ7号車の小林可夢偉が、ル・マン24時間のウォームアップ走行で最速ラップを記録。まもなく決勝スタートを迎えるが、好調さを維持している。

ポール獲得の小林可夢偉、2017年のレコード更新できず”がっかり”?

ル・マン24時間レースでポールポジションを獲得したトヨタ7号車の小林可夢偉は、ラップタイムにはがっかりしていると認めた。