F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
26 days
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
13 days
執筆者

Lewis Duncan

Lewis Duncanの最新ニュース

グリッド
リスト

アプリリア、6月10日にMotoGPテスト開催。他メーカーも6月末に実施へ

MotoGPに参戦するアプリリアは、6月初旬にミサノ・サーキットでテストを再開させる予定だ。

ロッシ「引退後の生活想像できた」新型コロナの外出規制でリラックス

バレンティーノ・ロッシは新型コロナウイルスによって発生した急な休みによって、自身の引退についてよりリラックスした見方ができるようになったと語った。

MotoGPバーチャル:ホルヘ・ロレンソ、仮想レースでデビューウィン! 

MotoGPバーチャルレースの第5ラウンド・シルバーストン戦が行なわれると、ホルヘ・ロレンソがバーチャルレースデビューウィンを達成した。

ドヴィツィオーゾ、KTM移籍にも現実味? ドゥカティとの契約交渉は”停滞中”

2021年に向けたドゥカティとアンドレア・ドヴィツィオーゾの契約は停滞中だと、ドヴィツィオーゾのマネージャーが認めた。

早く乗りたい! ハミルトン、愛機交換企画でヤマハが制止するほどのやる気見せる

昨年のF1王者であるルイス・ハミルトンはヤマハのMotoGPマシンに乗る機会を得たが、ヤマハのスタッフは早朝から出走をはやるハミルトンを説得しなければならなかったと、その舞台裏を明かした。

レース無しで契約更新は考えたくない! 1年契約のマルケス弟、再開を“心待ち”に

今季からMotoGPクラスへ昇格したアレックス・マルケスだが、新型コロナウイルスの影響でレースが実施されていない状況で契約延長について考えるのは好ましくないと語った。

モチベーションは最高! クラッチロー「MotoGPを辞める理由はない」

LCRホンダのカル・クラッチローは「2021年のMotoGPへ参加しない理由はない」と語り、今季限りでの引退は否定した。

「リンス&ミルのコンビを長く続けたい」スズキ、ライダーラインアップ維持に腐心

MotoGPに参戦するスズキのチームマネージャーであるダビデ・ブリビオは、アレックス・リンスとジョアン・ミルのラインアップを今後も長く維持したいと考えている。

MotoGP参戦メーカー、今季型エンジンを2021年も使用か。コスト削減目指す

グランプリ延期が続いているMotoGPだが、8日(水)には最高峰クラスへ参戦する6メーカーがコスト削減に向けた様々な取り組みを話し合う予定となっている。

「他メーカーに行くかと」ドヴィツィオーゾ、マルケスの契約延長は“予想外デス”

アンドレア・ドヴィツィオーゾはマルク・マルケスがホンダと4年間の契約延長に至ったことは予想していなかったと語り、他メーカーへ移籍すると考えていたと明かした。

イアンノーネ”ドーピング違反”で18ヵ月の出場停止処分。しかし故意の薬物摂取は否定

ドーピング違反の疑いで審議対象となっていたアプリリアのアンドレア・イアンノーネに、18ヵ月間の出場停止処分が下された。しかし、故意に禁止薬物を摂取したわけではないことが認定されている。

MotoGP、アルゼンチンGPを延期し11月開催に。次戦は5月のスペインGPへ

MotoGPは4月中旬に予定されていたアルゼンチンGPの開催延期を決定し、再度カレンダーを改定。新たな開催予定は11月22日(決勝)となった。

新型コロナの影響で、イタリアからの渡航にさらなる制限? F1、MotoGPに影響か

F1とMotoGPのレース開催は、多くのチームが拠点を構える北イタリア地域に厳格な検疫措置がとられたことにより、雲行きが怪しくなってきている。

収まらないコロナの影響。MotoGP、レース開催のためなら無観客試合も選択肢に

MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツCEOのカルメロ・エスペレータは、新型コロナウイルスの感染拡大による混乱を最小限にするためには、レースをクローズドな環境で行なうことも考慮していると語った。

MotoGP、2020年の開催予定を一部変更。延期のタイGPは10月開催へ

MotoGPはカタールGP最高峰クラスの中止とタイGPの延期を受け、新たなカレンダーを設定。アラゴンGPが前倒しされ、タイGPが10月に行なわれることとなった。

ホルヘ・ロレンソ、MotoGP第7戦カタルニアGPへワイルドカード参戦決定!  

2019年限りで現役を引退したホルヘ・ロレンソが、2020年のMotoGP第7戦カタルニアGPにワイルドカード参戦することが明らかとなった。

MotoGP開幕延期、王者マルケスにとって“福音”に? タイトル争いにもたらす影響とは

感染が広がる新型コロナウイルスの影響を受け、MotoGP最高峰クラスの開幕は少なくとも1カ月遅れることとなった。開幕戦カタールGPと第2戦タイGPの延期は、新型マシン開発やタイトル争いに影響を与えることになりそうだ。

MotoGP運営のドルナ、声明を発表。エスペレータCEOは全レース開催望む

MotoGPを運営するドルナ・スポーツCEOのカルメロ・エスペレータは、開幕戦カタールGPの最高峰クラスの中止と、タイGPの延期についての声明を発表。MotoGP2020年シーズンは間違いなく行なっていくと語った。

MotoGPカタールGP、新型コロナウイルスの影響で最高峰クラスキャンセル

FIM国際モーターサイクル連盟とMotoGPは、2020年MotoGP開幕戦での最高峰クラスを、新型コロナウイルスの流行を抑えるための旅行制限によって、キャンセルすることを明らかにした。

ヤマハの“問題”は解決していない? ロッシ「レースペースを維持できない」

ヤマハのバレンティーノ・ロッシはMotoGPカタールテストでのレースペースに不安があると認め、依然としてリヤタイヤの消耗に苦しんでいると語った。

ホンダ、バイクの問題点を特定? 「作業をやり直さなくちゃ」とマルケス

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは2020年型マシンの開発について心配をしていた。ただ、カタールテスト3日目の内容を通して、解決に向け問題点を見つけることができたと彼は語っている。

カタールテスト3日目:ビニャーレスが首位でテスト終える。マルケス、前年型マシンを試す

MotoGPカタールテストの3日目が終了した。トップタイムはヤマハのマーベリック・ビニャーレスが記録。一方で現チャンピオンのマルク・マルケスは2019年型のマシンを走らせるなど、ホンダは不安の残る展開となった。

タイトル挑戦への助けに? ドゥカティ、加速改善目指し“走行中”の車高制御へ着手

プラマックのジャック・ミラーは、ドゥカティが新たに開発したとされる、“走行中に使える”ホールショットデバイスとも言える新型デバイスを、昨年のタイGPから使用していたと認めた。

「優勝にはあと“ちょっと”足りない」ロッシ、2020年久しぶりの優勝なるか?

ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、MotoGPカタールテスト初日を終えて、2020年に勝利を争うには“あと0.2〜3秒”が必要だと語った。