ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
82 articles
フィルターをクリアにする
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】の最新ニュース

グリッド
リスト

F1メカ解説|メルセデス、新仕様ウイングをフリー走行でテスト。低ダウンフォースのレースで実戦投入?

今季のタイトルを争うメルセデスとレッドブルは、コース上でのホイール・トゥ・ホイールの戦いと同様に、マシン開発の面でも激しい切磋琢磨を続けている。

F1メカ解説|トルコGP木曜日ピットレーン直送便。特別カラーのおかげで、レッドブルRB16Bの細部が見えた!?

2年連続の開催となったF1トルコGP。このレースは今シーズンの16戦目ということになるが、シーズン終盤になっても各チームがアップデートを持ち込んでいる。

F1メカ解説|メルセデスとレッドブル、激戦のタイトル争い……ライバルに打ち勝つための”空力”セッティング

今シーズン、激しいタイトル争いを繰り広げるレッドブルとメルセデス。争いが激化していくにつれ、両チームのセッティングを細かく変更し、ライバルに対する優位性を生み出そうとしている。

F1メカ解説|超ロングストレート2本のソチに、各チームが持ち込んだハイダウンフォース仕様

シーズン後半戦に突入している2021年のF1。しかし各所で激しいランキング争いが展開されており、その中で少しでもアドバンテージを築こうと、各チームが開発を推し進めている。

8年ぶりタイトル獲得へ……レッドブルの躍進を後押しした”開発トークン”

レッドブルのエイドリアン・ニューウェイは、昨シーズンから開発が凍結されている中、追加での開発を許可する”トークン”をうまく使うことができたため、パフォーマンス向上に繋がったと考えているようだ。

【F1メカ解説】レッドブルの”細やかな”空力仕様……ブレーキダクトを毎戦のように変更

レッドブル・ホンダは、2021年シーズン前半戦のほぼ全てのグランプリでアップグレードを投入。パフォーマンス向上に余念がなかった……。

F1公式インスタの投稿で、フェルスタッペン車のダメージが明らかに……サイドポッド内クーラーも損傷していた

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ハンガリーGPの決勝レーススタート直後の多重事故でダメージを負ったマックス・フェルスタッペンのマシンは、かなりのダウンフォースを失っていたと語った。

2022年、レギュレーション一新のF1。新マシンのどこに”チームの個性”は宿る?

F1イギリスGPで、新規則を考慮して作られた2022年マシンの実物大モデルを公開された。F1の新時代が垣間見えたが、各チームの実際のマシンとどれくらいの違いがあるのだろうか。

【F1メカ解説】ウイリアムズは、風の流れに“敏感な”マシンを、どのように飼い慣らしたのか?

今季、入賞圏内への復帰に向け、大きく進歩したように見えるウイリアムズ。ピーキーな空力特性をコントロールでき始めたことが、その要因の一端のように思える。

【F1メカ解説】ついに報われた! フェラーリ”フロアの実験”が効果を発揮?

フェラーリは各グランプリで、複数のデザインのフロアを使用。それぞれのメリットを調べると共に、パフォーマンス面についてバランスを見つけようとしており、その効果が現れ始めたようだ。

打倒メルセデス目指し、開発の手を緩めぬレッドブル。ホーム連戦合間にもアップグレード投入

レッドブルはF1タイトル争いのライバルであるメルセデスを追い詰めるべく、F1オーストリアGPにさらなるアップグレードを持ち込んでいた。

【F1メカ解説】オーストリアGPピットレーン直送便:22年新マシンにリソース集中も、各チームアップデート投入

レッドブルリンクでのF1”2連戦”。その2戦目となるオーストリアGPの木曜日に、ピットレーンで撮影されたマシンのディテール写真を一挙公開。

【F1メカ解説】ランキング首位に立っても、開発の手を緩めない? レッドブル、2021年の開発を振り返る

レッドブル・ホンダは、レッドブルリンクでの2連戦に大規模アップデートを実施。これにより、タイトル争いにおける最大のライバルであるメルセデスに、大きな差をつけようとしているように思える。

メルセデスF1、痛恨の”マジックボタン”ミスを避けるためにフランスGPに向け小変更を加える?

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPで”マジックボタン”を押してしまったことで、目の前まで迫っていた勝利の可能性を手放してしまうことになった。チームはこの再発を防ぐため、ステアリングに修正を加えたようだ。

【F1メカ解説】ロングストレートと低速区間併せ持つアゼルバイジャン。“最適解”求めた各チームの解決策とは

“フレキシブルウイング騒動”巻き起こる中行なわれたF1アゼルバイジャンGPでは、渦中のレッドブルが高いパフォーマンスを見せた一方で、メルセデスは苦難の週末を過ごした。各チームはリヤウイングやその他パーツに関してどのようなアプローチをしていたのだろうか?

【F1メカ解説】アゼルバイジャンGPピットレーン直送便:超高速&超低速が混在……各チームはどう対処してきたか?

モナコと同じ市街地コースを舞台に行なわれるアゼルバイジャンGP。しかし2km以上に及ぶ全開走行区間が存在するなど、その特性は大きく異なる。そんな特性に合わせるべく、各チームが空気抵抗削減を考慮したデザインを多数投入してきた。

F1アゼルバイジャンGP、フレキシブルウイングの監視に小さなシールを活用。ウイング変形の実態把握へ

FIAは、F1アゼルバイジャンGPでフレキシブルウイングの実態把握に役立てるため、各マシンのリヤウイングに小さなシールを貼るように指示を出した。

【F1メカ解説】”走り慣れた”バルセロナに登場した、各チームのアップデート

カタルニア・サーキットで始まった、F1スペインGP。そこに持ち込まれた各チームのマシンのディテールを観察!

【F1メカ解説】ポルトガルGPに持ち込まれた、各チームの最新アップデート:ピットレーン直送便

アルガルヴェ・サーキットで始まった、2021年のF1第3戦ポルトガルGP。各チームは今回のレースにも、様々なアップデートパーツを持ち込んできた。

【F1メカ解説】”不安定”だったメルセデスW12に改善の兆し……チームは何をやったのか?

シーズン開幕前テストで遅れを取ったメルセデス。しかし時が経つに連れ、その戦闘力を取り戻しつつある。彼らは一体何をやってきたのか? またメルセデス以外のチームも、アップデートを行ない、戦闘力を向上させている。

【F1メカ解説】エミリア・ロマーニャGPピットレーン直送便:3週間で各チームアップデートを準備

イモラ・サーキットで開催される2021年のF1第2戦エミリア・ロマーニャGP。開幕戦から3週間の間に、各チームはアップデートを準備し、このグランプリに持ち込んでいる。

【F1メカ解説:2021年開幕戦バーレーン】初戦で見えてきた、各チームの”秘密”兵器

開幕戦の舞台バーレーン・インターナショナル・サーキットに集った20台のF1マシン。木曜日のパドック/ピットレーンでは、各チームが新シーズンに向けて手塩にかけて育ててきたデバイスを確認することができた。

【F1メカ解説】プレシーズンテストに登場した2021年マシン。そこから垣間見える開発の跡

バーレーン・インターナショナル・サーキットで始まったF1の2021年プレシーズンテスト。そこで投入されたマシンからは、新車発表時には分からなかった様々な開発の跡が垣間見えた。

メルセデスのマシンがF1最強であるために……W05〜W07開発ヒストリー

現在F1最強の名を欲しいままにしているメルセデス。しかし2013年までは、年に1勝できるかどうかのチームだった。2014年、現行のパワーユニットレギュレーションが施行されると、彼らは一気に登り詰めた。そして、それには十分な理由が存在する。

2021年フロア規則変更……最も大きい影響を受けるのはレッドブルかメルセデスか?

2021年のF1マシンは、昨年のマシンから開発が凍結されているため、勢力図に変化はないのではないかとの見方が強い。しかしながら、どうも一部改訂される規則には、勢力図に大きく影響を及ぼす可能性がありそうだ。

メルセデスは、シーズン後のテストを活用するため、アブダビGPを犠牲にした?

最終戦アブダビGPでレッドブルのマックス・フェルスタッペンに完敗を喫したメルセデス勢。しかし彼らは将来のため、この1戦を犠牲にしたのではないかという疑念が生じている。

”秘密の”フロントウイングを投入したレッドブル。それが意味するモノとは?

レッドブルの2020年シーズン用マシンRB16は、シーズン序盤の段階で、空力的にかなり敏感であることが分かった。チームはこの傾向を解消するため、様々なアップデートを定期的に施している。

タイヤを守るため、ダウンフォース削減のF1。2021年のレギュレーションはどこが変わる?

2021年の空力レギュレーションが微調整され、ピレリの現行タイヤに過度の負荷がかからないように変更された。ではどんなところが変更されたのだろうか。

F1メカ解説|シーズン早くも折り返し。高速&初開催ムジェロに登場したアップデート

初開催&高速ムジェロに、各チームはどんなアップデートを持ち込んだのか? F1最新メカチェック。

F1メカ解説|各チーム“超高速仕様”! イタリアGP初日ピットレーン直送便

F1第8戦イタリアGPの初日に持ち込まれた、様々なパーツをクローズアップ写真でチェック!

F1メカ解説|“高速3連戦”の初戦ベルギーGPで、各チームは何を試していた?

F1はスパ・フランコルシャン、モンツァ、ムジェロで行なわれる“高速3連戦”を迎えたが、その初戦であるベルギーGPに向け、各チームがどのような開発を行なってきたのか、写真で確認していく。

F1メカ解説|ダウンフォースはいる? いらない? 高速シルバーストンの正解

F1チームは少しでもライバルに追いつき、追い越そうと、絶え間なく開発を行なっている。今回はイギリスGPで見られたトップ4チームの新パーツを見てみることにしよう。

F1メカ解説|高速シルバーストン2連戦。ピットレーン直送便

F1第4戦イギリスGPの舞台であるシルバーストン・サーキットに持ち込まれた、様々なパーツをクローズアップ写真でチェック! ピットレーン直送便

レッドブルがハンガリーGP決勝前に見せた驚異的作業……それが意味するモノ

F1ハンガリーGPのスタート前、レコノサンスラップでクラッシュしたマックス・フェルスタッペンのマシンを修復するために、レッドブルのメカニックたちは素晴らしい仕事をした。

F1メカ解説|メルセデス、アルファタウリなどがハンガリーに持ち込んだアップデート

開幕が遅れに遅れた2020年のF1。しかし始まってみれば、あっという間に3レースを消化。各チームがその間に、マシンにアップデートを施してきた。ここではメルセデス、マクラーレン、アルファタウリ、レーシングポイントのそれを見てみることにしよう。

フェラーリ、第2戦に新型フロントウイング投入。パフォーマンス改善なるか?

フェラーリは、2020年のF1第2戦シュタイアーマルクGPに、新しいフロントウイングを持ち込んだ。当初チームは第3戦ハンガリーGPに新パーツを持ち込む予定だったが、これを1戦前倒しした格好だ。

F1メカ解説|メルセデス、レッドブル、ルノーが開幕戦に持ち込んだアップデートを解説

F1チームは、毎戦のようにマシンにアップデートを施し、少しでもパフォーマンスを向上させようと日々勤しんでいる。今回はメルセデス、レッドブル、ルノーがオーストリアに持ち込んだアップデートを見てみよう。

レッドブルがF1開幕戦に持ち込んだ新ノーズ。今後の開発の方向性を表す?

レッドブルは、2020年のF1開幕戦に、新たなデザインのノーズを持ち込んでいる。このノーズは、RB16にパフォーマンスを付け加えるための、チームの新たな方向性を示唆している。

F1メカ解説|ピットレーン直送便:ついに開幕2020年シーズン。各マシンの進化は?

ついに開幕を迎えた2020年シーズンのF1。その初戦となるオーストリアGPに各チームが持ち込んだパーツをチェック。

F1メカ解説|ルノー、3戦分”トリプル・アップデート”を開幕戦オーストリアに投入

ルノーF1は、オーストリアGPにアップデートパッケージを持ち込んだ。チームによれば、これはベトナム、オランダ、スペインの各GPで持ち込む予定だった全てを一気に投入する”トリプル・アップデート”だという。

F1メカ解説|王者メルセデス”開幕”オーストリアにアップデート投入

メルセデスは、2020年のF1開幕戦となったオーストリアGPに、アップグレード版の空力パーツを複数持ち込んだ。

使用禁止になった”画期的”デバイス6:圧倒的性能も”危険?” ブラバムのファンカー

1978年のスウェーデンGPでF1デビューを果たしたブラバムBT46B。”ファンカー”として有名なこのマシンほど、F1の歴史上登場してすぐに結果を残し、そしてすぐに使用が禁止された例はない。

2021年のF1、ダウンフォース削減のためフロアを縮小……意図しない結果に繋がる可能性?

2021年シーズンに向けては、基本的にはマシンの開発が凍結されることになった。しかし、そんな中でも空力開発は進んでいくことになっており、ダウンフォースの増加を抑えるためにも、フロアが小型化されることになった。

使用禁止になった”画期的”デバイス5:安定したダウンフォース発揮のため……ブロウンディフューザー

F1マシンのパフォーマンスを探し当てるには、少々の才能が必要だ。そして既成概念に捉われない思考、そしてレギュレーションの境界を押し広げる意欲もなければいけない……。

2020年、各F1チームのフロントウイングデザインが、我々に教えてくれるモノ

2019年に導入されたレギュレーション改訂により、F1のフロントウイングのデザインは多様性が増した。導入から1年後の2020年シーズン、各チームはどのフロントウイングをどう進化させてきたのだろうか?

メルセデスが開発を推し進める、リヤウイングのディテール。その効果は?

現在のF1で最強の立場を確固たるモノにしているメルセデス。それでもさらにパフォーマンスを引き上げるべく、2020年に向けても様々な改善を施してきた。あまり注目されていないが、リヤウイングにも細かな努力は払われている。

使用禁止になった”画期的”デバイス3:抜群の安定感を実現させた『マスダンパー』

2000年代中盤に成功を収めたルノーF1チームだが、その成功の一因となったのが『マスダンパー』という秘密兵器。FIAによって禁止されるまで、他のチームもこぞって追随した。

6輪F1マシンは失敗? それとも”革新的”なアイデアだったのか?

1976年の5月2日、ティレルはF1史上最もユニークとも言えるマシンのひとつ、P34をデビューさせた。このマシンは、グランプリの実戦を走った唯一の6輪車である。

フェラーリが2008年に登場させた過激なアイデア。今は必須デバイスのSダクト

F1チームは何も学ばないわけではない。レギュレーションの変更により、優れたアイデアの使用が禁止されると、デザイナーたちは多くの時間を費やして、失われたアドバンテージを取り戻すための方法を模索する。

使用禁止になった”画期的”デバイス2:ドライバーが手動で操作! 秘密兵器”Fダクト”

F1チームは、最高のパフォーマンスを発揮するため、レギュレーションで許されたギリギリまで開発を行なう。このシリーズでは、登場したものの使用禁止となったソリューションのいくつかを紹介していく。

使用禁止の画期的F1マシン:グランドエフェクトを追求、”ツインシャシー”ロータス88

F1チームは、最高のパフォーマンスを発揮するため、レギュレーションで許されたギリギリまで開発を行なう。しかし時には、”やりすぎた”事例も多数登場する……このシリーズでは、使用禁止となったソリューションのいくつかを紹介していく。

マクラーレンの最も印象的なF1マシンの開発物語:マクラーレンMP4/4・ホンダ

マクラーレン・ホンダMP4/4は、70年のF1の歴史の中でも最も成功したマシンだと言えるだろう。1988年にアイルトン・セナとアラン・プロストのコンビで16戦15勝。勝率は驚異の93.8%である。そのマシンの秘密を紐解いていく。

メルセデスF1の開発方法論。F1のブレーキを”次のレベル”に引き上げる?

メルセデスは2020年用のF1マシンW11に、空力効果を追求したブレーキシステムを採用してきた。この開発は、F1のブレーキを次のレベルに引き上げることになったのか?

フェラーリ、昨年から秘密のシステムPASを使用。メルセデスDASと類似の効果?

メルセデスが今季マシンW11に導入した新システムDAS。フェラーリも昨年から、内部ではPASと呼ばれるシステムを投入し、DASと同じような効果を発揮することを目指していたことが明らかになってきた。

DASは秘密兵器にあらず? すでに使用していたサスペンションの”拡張ツール”か

今季のF1プレシーズンテストではメルセデスのDASが注目されたが、メルセデスは以前から類似のシステムを使用していた可能性がある。

トップ3チームで考え方が分かれた……2020年F1マシンのサスペンションレイアウト

2020年シーズンのF1は、前年からレギュレーションの変更がほとんどないため、各チームのマシンのコンセプトは似たようなモノになると考えられていた。しかし蓋を開けてみると、トップチームのアプローチは大きく異なっていた。

メルセデス”謎の”新デバイスDASは、マシンにどう取り付けられているのか?

2020年シーズンのF1で論争の的となっている、メルセデスの画期的なシステム”DAS(二重軸ステアリング)”。新型コロナウイルスの一件がなければ、間違いなく最も注目を集めたであろう。このシステムは、シャシーにどのように取り付けられているのだろうか?

F1メカ解説|2020年F1開幕戦オーストラリアGP初日ピットレーン直送便

新型コロナウイルスの影響で、開催は中止になったけど……各チームがオーストラリアに持ち込んだ最新パーツ。

レッドブル、メルセデスに先制攻撃。ブレーキダクトの”合法性”明確化を要求

F1の2020年シーズンはまだ始まっていない。しかしながらすでに戦いの緊張感はオーストラリアでのパドックで高まっており、チームはお互いのマシンの合法性をめぐって争っている。レッドブルはメルセデスのリヤブレーキダクトの合法性について、FIAに規則の明確化を要求した。

F1メカ解説|フェラーリと頂点目指すルクレール、新ステアリングに“こだわり”

フェラーリのシャルル・ルクレールは、SF1000のステアリングホイールに自身のニーズを反映させるため、様々な方法を模索している。