フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
112 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

lemans News and Analysis

グリッド
リスト

マグヌッセン親子がル・マン24時間レースでタッグ! ハイクラス・レーシングから参戦

ヤン・マグヌッセン、ケビン・マグヌッセンは、今年8月に開催されるル・マン24時間レースにLMP2クラスのハイクラス・レーシングから参戦。親子がマシンをシェアして戦うことになった。

ル・マン24時間レース、2021年も開催日程変更。8月21~22日に延期が決定

ル・マン24時間レースは、世界的な健康危機の影響で2年連続で開催が6月から延期されることになった。

デュバルの「プジョーとやり残した仕事」……WEC復帰し、いざル・マン2勝目へ

2022年にWEC復帰を果たすプジョーのドライバーに名を連ねたロイック・デュバルは、まだプジョーで「やり残した仕事」があると語る。

2024年にル・マン24時間レース参戦の燃料電池レースカー、パワートレインをGreenGTが供給へ

2024年のル・マン24時間レースで導入される予定の水素燃料電池プロトタイプカーのパワートレインを、GreenGTが製造・供給することが発表された。

レッドブル、燃料電池レースカーのシャシーを開発へ。オレカと提携し、2024年ル・マンに向け始動

レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズはオレカと提携し、2024年のル・マン24時間レースに導入される水素燃料電池車クラス用マシンのシャシーを製造することになった。

新時代を迎えるWEC。トヨタ新車vsアルピーヌの戦いは「性能調整が左右する」

WECに参戦するトヨタはLMH規定の新車両を投入するが、LMP1車両を使うアルピーヌと勝負できるかどうかは、性能調整次第だと考えられているようだ。

トヨタ、LMHマシンのテストを実施。ロペスは信頼性に好印象「複雑なクルマなのに最初から良い」

ホセ・マリア・ロペスは、トヨタの新しいLMハイパーカーの印象について、2回のテストを経て信頼性に好印象を抱いたようだ。

”耐久の王者”が動き出した! ポルシェ、LMDh車両の開発を発表。2023年からWEC、IMSAに参戦へ

ポルシェはLMDh車両を開発し、2023年からWECとIMSAへの参戦をスタートすることを発表した。

プジョー、2022年のWEC参戦に向けてドライバーの”分析”をスタート

プジョーは、2022年にスタートするハイパーカープログラムのドライバー選考のため、過去数シーズンのWECのデータ分析を開始していることを明かした。

「中嶋一貴の後継者になるかも」初のル・マンで輝き放った山下健太をトヨタが称賛

トヨタのチーム監督であるロブ・ルーペンは、LMP2クラスからル・マン24時間レースに初参戦した山下健太が“非常に良い仕事”をしたと称賛した。

「レースというものは残酷」トヨタ7号車の小林可夢偉、またしてもル・マン制覇ならず

2020年のル・マン24時間レースで3位に終わったトヨタ7号車の面々が、その複雑な心境を語った。

ブルーノ・セナ、8度目の挑戦でやっと届いたル・マン初表彰台「素晴らしい成果だ!」

ブルーノ・セナは、ル・マン24時間レースでレベリオンが2位を獲得したことについて、驚くべき成果だったと評し、初の表彰台獲得を喜んだ。

トヨタ豊田社長「勝利は嬉しくも、それ以上に悔しさを感じている」

トヨタ自動車の豊田章男社長が、ル・マン24時間、そしてラリー・トルコの結果に対してコメントを発表。いずれのイベントも勝利を収めたことに喜びつつも、トラブルが発生した状況には満足できないと語った。

最速のトヨタ7号車に、ル・マンの女神はまたも微笑まず。チームも「かける言葉が見つからない」

2020年のル・マン24時間レースで、トヨタ7号車がトラブルに見舞われ勝利を逃したことについて、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンはかける言葉が尽きてしまったと語った。

中嶋一貴&トヨタ8号車、ル・マン24時間レース3連覇を達成! 小林可夢偉のトヨタ7号車は3位

第88回ル・マン24時間レースは、トヨタ8号車が総合優勝を達成。中嶋一貴とセバスチャン・ブエミは、ル・マン3連覇となった。

ブエミ&中嶋一貴ル・マン3連覇。「僕らは他の車よりも運に恵まれている」

2020年のル・マン24時間レースは、トヨタの8号車が総合優勝。中嶋一貴とセバスチャン・ブエミは、これでル・マン3連覇を成し遂げることとなった。8号車のクルーが、勝利の喜びを語った。

ル・マン24時間レース決勝速報:トヨタ8号車が優勝! 中嶋一貴は史上9人目の3連覇

2020年のル・マン24時間レースが行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingの8号車が優勝。大会3連覇を達成した。

ル・マン24時間は3連覇懸かるトヨタ8号車のトップで夜明け迎える。残り6時間に

2020年のル・マン24時間レースは開始から18時間が経過。トヨタ8号車が3連覇に向けトップを走行している。

【ル・マン24時間】今年もトヨタ7号車に試練……首位走行中にトラブル発生、30分をロス

ル・マン24時間レースが12時間を経過した直後、首位を走行していたトヨタ7号車がトラブルにより緊急ピットイン。リードを失うことになった。

ル・マン24時間は12時間経過。トヨタ7号車が首位キープ、8号車はトラブルで周回遅れに

2020年のル・マン24時間レースは、折り返し地点である12時間が経過した。LMP1クラスは依然としてTOYOTA GAZOO Racingがワンツー体制を築いている。

ル・マン24時間:スタートから4時間が経過、トヨタ7号車が快調リード

第88回ル・マン24時間レースは開始から4時間を経過し、トヨタ7号車が順調にトップをひた走っている。

2020年のル・マン24時間レースがスタート。初優勝目指すトヨタ7号車が好発進

2020年のル・マン24時間レースがスタートした。LMP1クラスはポールポジションスタートのトヨタ7号車が順調な滑り出しを見せた。

トヨタ8号車のブエミ、”アマチュア”の動きに警戒「サバイバルレースになるかも」

トヨタのセバスチャン・ブエミは、ウエットコンディションとルーキーの多さから、今年のル・マン24時間レースが生き残りをかけたレースになると予想している。

トヨタ8号車のハートレー、レベリオンへの警戒を解かず「厳しい戦いになるはず」

トヨタの8号車のドライバーであるブレンドン・ハートレーは、ル・マン24時間レース決勝で、レベリオン勢に対しても警戒を解いていないようだ。

レベリオン、ル・マン決勝では「トヨタの脅威になれない」と悲観

レベリオンは、トヨタが何かミスをしない限り、ル・マン24時間レースの決勝で彼らを脅かすことはできないと認めている。

全てはル・マン初制覇のため。小林可夢偉がチームづくりの中で意識した“気遣い”

ル・マン24時間レースでの初優勝を目指す小林可夢偉が、レースに向けて行なってきたチームづくりや、コロナ禍の今年ならではのアプローチについて語った。

プジョー、LMH車両の開発を決定。2022年に耐久レース最高峰に復帰へ

プジョーはLMH規定の車両を開発し、2022年にスポーツカー耐久レースの最高峰に復帰することを目指すと発表した。

トヨタ村田代表「一貴も可夢偉も、絶対に優勝をもぎ取るという決意だ」と明かす

TOYOTA GAZOO Racingの村田久武代表が、今年のル・マン24時間制覇にかける中嶋一貴と小林可夢偉のの激しいまでの気概を感じていると語った。

WEC、全6戦からなる2021年シーズン開催カレンダー発表。富士6時間は第5戦

WEC(世界耐久選手権)は、6戦からなる2021年の開催カレンダーを発表。9月26日には、第5戦として富士6時間レースの開催が予定されている。

走行感覚とラップタイムの差が掴めず……トヨタ8号車の中嶋「このままでは大変」

中嶋一貴がドライブするTOYOTA GAZOO Racingの8号車は、2020年ル・マン24時間レースの予選で3番手となった。しかしレベリオンにも先行されてしまう結果に中嶋は、「このままでは大変」と危機感を露わにした。

小林可夢偉、レコード更新逃し”がっかり”も……ル・マン初制覇に向け好感触

トヨタの小林可夢偉は、2017年に自身が記録したル・マン24時間のコースレコードを更新できなかったことに少しがっかりしたと認めた。

ル・マン24時間:トヨタ7号車がポール獲得。小林可夢偉、惜しくもレコード更新ならず

第88回ル・マン24時間レース予選のハイパーポールセッションが行なわれ、トヨタ7号車の小林可夢偉が最速タイムを記録し、ポールポジションを獲得した。

ル・マン24時間:ハイパーポール進出賭けた予選が実施。LMP1はトヨタ7号車トップで通過 24 Hours of Le Mans
ビデオ・インサイド

ル・マン24時間:ハイパーポール進出賭けた予選が実施。LMP1はトヨタ7号車トップで通過

2020年のル・マン24時間レースの予選が行なわれ、トヨタ7号車がトップタイムを記録。金曜日に行なわれるハイパーポールセッションへ備えた。

ル・マン3連覇に向けて準備は万端。中嶋一貴「小さな積み重ねが大きな差になる」

ル・マン24時間レース3連覇を目指す中嶋一貴は、例年とは一味違ったル・マンに臨む上で、しっかりと準備をしてきたと語った。

2017年ル・マンのレコード更新は”不可能ではない”。小林可夢偉「長く残る記録を出したい」

トヨタは、2017年のル・マン24時間予選で小林可夢偉が記録したラップレコードを更新できる可能性はゼロではないと考えている。

コロナに感染せず、出走するのが最優先。小林可夢偉「特別な9月にしたい」

今年もル・マン24時間にTOYOTA GAZOO Racingの一員として挑む小林可夢偉は、新型コロナウイルスに感染せず、しっかりとレースに出走することを最優先に考えたいと語った。

感動のフィニッシュを劇場で! ル・マン24時間で史上初のライブビューイング実施

2020年のル・マン24時間レースでは、全国21の劇場にて史上初のライブビューイングが実施されることとなった。

トヨタTS050、ル・マン24時間は昨年比7kg増。プライベーターとの差も縮まる方向へ

トヨタのTS050 HYBRIDは、昨年よりも7kg重いマシンで9月19~20日に開催されるル・マン24時間レースに参戦することになる。

CAR GUY RACING、新型コロナの渡航制限の関係で関口雄飛のル・マン24時間起用を断念

ル・マン24時間レースに参戦予定のCarguy Racingが第3ドライバーの変更を発表。関口雄飛の起用を断念することを明らかにした。

関口雄飛、CARGUYからル・マン24時間参戦へ。最新エントリーリスト発表

9月19~20日に決勝レースが行なわれるル・マン24時間レースの暫定エントリーリストが更新され、CARGUY RACINGの第2ドライバーとして、関口雄飛が登録された。

FIA会長、インディ500控えるインディアナポリスを訪問「F1にとって必要なものが揃っている」

FIA会長のジャン・トッドは、再びインディアナポリス・モータースピードウェイでレースを行なうことが、F1にとって非常に良いことだと語った。

CARGUY RACING、2020年のル・マン24時間レースに参戦へ。MR RACINGの参戦枠を受け継ぐ形に

CARGUY RACINGは、今季のWEC第8戦ル・マン24時間レースのLM-GTE AmクラスにAF CORSEと組んで参戦することを発表した。

9月に延期の2020年ル・マン24時間、無観客でのレース開催が決定

9月に開催を予定している今年のル・マン24時間レースは、当初観客を入場させる予定だったが、そこから一転、無観客でのレース開催を決定した。

LMP1の“最終進化形”、トヨタTS050ハイブリッドの限界は見られずじまい? 

トヨタはWECでハイパーカーによる新時代が到来することを歓迎しているが、その一方で現行のLMP1カーであるTS050 ハイブリッドの限界を探ることができないのは残念なことだと語った。

2020年ル・マン24時間レース:フルエントリーリスト

2020年のル・マン24時間レースに参戦する59台のマシンと、これまでに発表されているドライバーをチェック!(9月16日発表時点)

バーチャル・ル・マン24時間|16時間経過し、レベリオンがワンツー体制

世界最大のバーチャルレース『バーチャル・ル・マン24時間レース』は、16時間を経過し、レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツがワンツーとなっている。

ノリス&フェルスタッペン擁する20号車、バグが原因で仮想ル・マン無念のリタイア

チーム・レッドラインのマックス・フェルスタッペンは、技術的な問題が発生したことでバーチャル・ル・マン24時間レースからリタイアすることとなった。

仮想ル・マンでまさかのストップ。アロンソが原因を説明「燃料補給ができなかった」

フェルナンド・アロンソは、バーチャル・ル・マン24時間レースでストップしてしまった理由を説明。「ゲームの不具合とヒューマンエラー」によるものだと語った。

最も「神秘的」なレース。ルクレール、”リアル”のル・マン参戦を希望

フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、バーチャル・ル・マン24時間レースに参戦中。その最初のドライブを終えた後、実際のル・マン24時間にも挑戦してみたいと語った。

三大レース制覇に王手のモントーヤ、ル・マン再挑戦に意欲。まずは仮想レースで肩慣らし?

ファン・パブロ・モントーヤは、ル・マン24時間レースに参戦してモータースポーツの“三冠”を達成したいという野望を持ち続けていると語った。

バーチャル・ル・マン予選は”eプロ”が席巻。バイコレスがポールポジション

バーチャル・ル・マン24時間レースの予選が行なわれ、LMP2クラスはバイコレス、GTEクラスはポルシェがポールポジションを獲得した。

ル・マン24時間バーチャルレースはいよいよ今週末。日本ではJ SPORTSで生中継&生配信

今週末に開催されるル・マン24時間バーチャル・レース。そのレースの模様は世界中で生配信され、最大4億人の視聴者を集めることが期待されている。日本ではJ SPORTSでスタートとゴールの生放送が行なわれる。

グリッケンハウス、来季のWECには2台体制で参戦へ。LMHマシンの準備は順調か

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスは、来シーズンのWEC(世界耐久選手権)ならびに2021年のル・マン24時間レースに、2台のハイパーカーを投入する意向を発表した。

バーチャル・ル・マン24時間、エントリーリストが確定。F1、WEC、FEから超豪華メンバー揃う
ビデオ・インサイド

バーチャル・ル・マン24時間、エントリーリストが確定。F1、WEC、FEから超豪華メンバー揃う

6月13〜14日に開催されるバーチャル・ル・マン24時間レースのエントリーリストが発表。リアルの世界からも、多くのトップドライバーが参戦することが確定した。

”史上最大”ル・マン24時間バーチャルレース、50台のエントリーが発表

6月に行なわれるル・マン24時間レース・バーチャルレースのエントリーリストが発表された。TOYOTA GAZOO Racingは、3台がエントリーすることになった。

マツダ787Bル・マン優勝車のスポンサーで知られる「レナウン」が経営破綻。コロナの影響

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、1991ル・マン24時間総合優勝マシンのカラーリングとして知られるレナウンが倒産に追い込まれた。

コルベット、ル・マン24時間のエントリー取り下げ。20年続いた参戦途切れる

コルベット・レーシングは、2台体制で戦う予定だったル・マン24時間レースのエントリーを取り下げた。

WECで2021年導入予定のLMH規定が一部修正。LMDhとの性能均衡化が目的

2021年の世界耐久選手権(WEC)に導入されるLMH規定は、その1年後に施行されるLMDh規定に合わせて修正が行なわれた。

プジョー、WEC復帰計画は進行中。ハイパーカーとLMDh、どちらを選ぶ?

プジョーは、LMハイパーカーとLMDhどちらの規定のマシンを開発するか決定していないものの、2022年のWEC復帰という目標は変わっていないようだ。

2022年からWECとIMSAで施行のLMDhレギュレーション、その一部が発表

ACO(フランス西部自動車協会)とIMSAは、2022年から施行される新しいプロトタイプマシンのカテゴリー”LMDh”のレギュレーション詳細を発表した。