フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
1,249 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

スーパーGTニュース&分析

グリッド
リスト

BMW Team StudieからスーパーGTを戦ったアウグスト・ファルフス、来季残留予定も参戦レース数はIMSA次第?

アウグスト・ファルフスは、2023年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にフル参戦することが、BMW Team StudieからのスーパーGT参戦に影響を与える可能性があることを認めた。

スーパーGTはトムス陣営にシャッフル。37号車が“デロイト トムス”に、アレジのチームメイトは未定|TGR 2023年体制発表

TOYOTA GAZOO Racingは2023年スーパーGTの参戦体制を発表。2022年同様に6台体制を敷くこととなった。

例年になく苦しんだGT500トヨタ陣営。逆襲の鍵はあるか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

日本を拠点に活動するmotorsport.comグローバル版のニュース・エディター、ジェイミーがお届けするコラム。今回のテーマは、2022年のスーパーGTで苦しいシーズンを送ったトヨタ陣営について。

トヨタWECドライバーのホセ・マリア・ロペス、スーパーGT参戦に興味アリ「簡単ではないけど、僕はできるはず」

トヨタからFIA世界耐久選手権に参戦するホセ・マリア・ロペスは、いつの日かスーパーGTのGT500車両をテストし、同シリーズに参戦することに関心を示している。

ホンダ・レーシング・サンクスデー、開催内容の詳細が公開。F1”ありがとう号”走行予定とホンダが認める

モビリティリゾートもてぎで11月27日に開催されるHonda Racing THANKS DAY 2022の開催内容が公開された。

GOODSMILE RACING & TeamUKYO、早くも2023年スーパーGT参戦体制を発表。盤石の布陣に変更なし

GOODSMILE RACING & TeamUKYOは、2023年もスーパーGTのGT300クラスに参戦することを発表し、その体制を明らかにした。

2022スーパーGT制した日産Z、強さの鍵は空力バランス向上による適応能力? 一方でパワー向上を指摘する声も

2022年のスーパーGTにおいて、導入初年度でシリーズタイトルを獲得した日産Z。その強さの秘訣については、ライバル陣営含めて様々な箇所が指摘されている。

武藤英紀、スーパーGT参戦は今季限りで区切りの意向。背景にあった感情面での変化

武藤英紀は、スーパーGTへの参戦に今季限りで区切りをつける意向であることを明らかにした。

タイトル逃したホンダ勢、今季唯一の誤算は雨のSUGO?「あそこが一番の敗因になった」

2022年シーズンのスーパーGTは日産陣営に敗れてタイトルを逃したホンダ陣営。HRC(ホンダ・レーシング)は、概ね良い流れでシーズンを進められていたものの、第6戦SUGOでポイントを落としたことが痛かったと語った。

RB16BとRC213Vが走る! ホンダ・レーシング サンクスデー2022、四輪と二輪最高峰が共演へ

11月27日に開催予定のホンダ・レーシング・サンクスデー2022において、レッドブルとアルファタウリのF1マシンとMotoGPマシンの走行が行なわれることが明かされた。

今年もあと一歩王座に届かなかった17号車Astemo。最終戦はセットアップ噛み合わず「レースカーは生モノ……だから難しい」と担当エンジニア

2022年のスーパーGTでは最終戦までタイトルを争うも、ランキング4位に終わった17号車Astemo NSX-GT。田坂泰啓エンジニアは、あらゆるタイプのサーキットでセットアップのベースを見つけなければならないと語った。

スーパーGT、もてぎでカーボンニュートラル燃料のテストを実施。最終戦走ったばかりのマシンにすんなり適応も、ネックは“臭い”?

スーパーGT第8戦もてぎの決勝日翌日に、カーボンニュートラルフューエルのテストが同じモビリティリゾートもてぎ実施され、各車が精力的に走行を重ねた。

14号車ENEOS、3位表彰台でスープラ勢年間最上位を確保「最後に来年に繋がるレースができた」と山下健太も満足げ|スーパーGT第8戦

スーパーGT第8戦もてぎで3位に入った14号車ENEOS X PRIME GR Supraの山下健太は、全体的に厳しいシーズンだったとしながらも、最終戦で良いセットアップを見つけられたことに満足感を感じているようだ。

シーズンを通して苦戦した55号車ARTA。最終戦ポール・トゥ・ウインで有終の美……木村偉織「みんなにパワーをあげられる存在になりたい」

モビリティリゾートもてぎで行なわれたスーパーGTの2022年最終戦。GT300クラスでは、今シーズン厳しい戦いを強いられてきた55号車ARTA NSX GT3が勝利を手にした。

56号車リアライズ、”明日は我が身”と臨んだタイトル決定戦でトラブルも「天が僕らを味方してくれた」

2022年シーズンのスーパーGT GT300クラスでは、56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rがタイトルを獲得。決勝レースではタイヤが外れるというトラブルに見舞われたものの、同じヨコハマタイヤ勢の追い上げにより、戴冠にこぎつけた。

61号車スバル、ターボ系トラブルに苦しみ20位。連覇逃すもチーム一丸で乗り切った1戦に「満足している」と総監督|スーパーGT第8戦

スーパーGT第8戦もてぎで20位に終わった61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。シリーズ連覇はならなかったが、小澤正弘総監督は来年こそもっと強くなって戻ってきたいと語った。

100号車STANLEY、タイトル逃すも最終戦はポール・トゥ・ウインの完勝。しかしガス欠の危機迫る……山本尚貴「自分の経験をフルに活かした」

#100 STANLEY NSX-GTが、モビリティリゾートもてぎで行なわれた2022年のスーパーGT最終戦でポール・トゥ・ウインの完勝。しかしガス欠の危機が迫っていたという。

タイトル争いを左右した1周目の接触。3号車CRAFTSPORTSの千代勝正に”後悔”はなし

3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zの千代勝正は、ペナルティを受ける要因となってしまった最終戦1周目の攻防に、後悔はしていないと語った。

戦慄の追突事故。5号車マッハの冨林勇佑、31号車aprの中山から謝罪を受けたと明かす「前を見ていなかったと」|スーパーGT第8戦

スーパーGT第8戦もてぎの決勝レースでは5号車マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号に31号車apr GR SPORT PRIUS GTが追突するクラッシュが発生したが、5号車の冨林勇佑は31号車の中山友貴から謝罪を受けたと明かした。

インパル、27年ぶりのタイトル獲得。キーポイントは”チーム力”……平峰一貴「星野一樹さんのサポートで、チームが底上げされた」

カルソニック IMPUL Zが、2022年スーパーGTのGT500クラスでチャンピオンを獲得。平峰一貴は、今季からの新チームメイトであるベルトラン・バゲットから多くを学んだと共に、星野一樹がサポートしたことで、チーム全体の底上げにつながったと語った。

最終周までもつれた二転三転のタイトル争い……藤波&オリベイラが2年ぶり王座に。優勝は55号車ARTA|スーパーGT最終戦もてぎ:GT300決勝

スーパーGT第8戦もてぎの決勝レースが行なわれ、GT300クラスは55号車ARTA NSX GT3が優勝。年間王者には56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rの藤波清斗、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組が輝いた。

100号車STANLEYがポールトゥウィン。2位に入ったインパルが27年ぶりのタイトル獲得|スーパーGT最終戦もてぎ:GT500決勝

スーパーGT第8戦もてぎの決勝レースが行なわれ、GT500クラスは100号車STANLEY NSX-GTが優勝。年間王者には12号車カルソニック IMPUL Zの平峰一貴、ベルトラン・バゲット組が輝いた。

12号車インパルがタイトル獲得! 優勝は100号車STANLEY|スーパーGT第8戦もてぎ:決勝順位速報

スーパーGT第8戦もてぎの決勝レースが行なわれ、GT500クラスは100号車STANLEY NSX-GT、GT300クラスは55号車ARTA NSX GT3が優勝。シリーズタイトルはGT500が平峰一貴、ベルトラン・バゲット(12号車カルソニック IMPUL Z)、GT300が藤波清斗、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R)となった。

スーパーGT第7戦優勝の17号車Astemo、同レースでFCY中追い越しも発覚が遅れる。GTAが再発防止策について説明

スーパーGT第7戦オートポリスでは、優勝した17号車Astemo NSX-GTが決勝レースのフルコースイエロー中に追い越しをしていたことがレース後に発覚したが、プロモーターのGTアソシエイションは再発防止策について説明した。

スーパーGTが環境対応ロードマップを発表。目標は「2030年までにシリーズ全体のCO2排出量半減」、ハイブリッド化含め検討

スーパーGTは、2030年までにシリーズ全体の二酸化炭素排出量を50%削減するためのロードマップを発表した。

4台をQ2に送り込んだホンダと、5台がQ1でノックアウトされたトヨタ。対照的な結果となった要因はどこに?|スーパーGT最終戦もてぎ

スーパーGT第8戦もてぎでは、ホンダNSX-GT勢が4台Q2に駒を進めた一方で、トヨタGRスープラ勢は19号車WedsSport ADVAN GR Supra以外の5台がQ1落ちに。同じくノーウエイトの開幕戦岡山とは対照的な結果に終わった。

青と赤、2台のZが直接対決か。12号車インパルのバゲット「レースを通して3号車を抑える必要がある」

12号車カルソニック IMPUL Zのベルトラン・バゲットは、タイトルを争う3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zとレースを通じて激しいバトルを繰り広げることになると予想している。

JP.オリベイラ、55号車ARTAのポールタイムに脱帽も決勝には自信「僕らには良いタイヤがあると確信している」

56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rは、スーパーGT最終戦にランキング首位で挑む。同チームのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは、予選は6番手だったものの、決勝に向けては自信があると語る。

「あそこまでフロアが当たるとは」61号車スバル、予選クラッシュで連覇に暗雲。ピットスタートの危機も“1/2抽選”で命拾い

スーパーGT第8戦の予選Q2でクラッシュを喫した61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。山内英輝にとっても、自信を持って攻めていただけに、アクシデントが起きたのは想定外だったようだ。

ランク3番手から逆転王者目指す17号車Astemo、予選大苦戦の10番手。松下信治「チャンスはあるので諦めない」

17号車Astemo NSX-GTは、スーパーGT最終戦もてぎの予選で苦しみ、Q1敗退。10番グリッドからレースをスタートすることになった。ランキング首位と2番手の日産Z勢は前方のグリッドにいるため、厳しいレースになるだろうと松下は語る。

55号車ARTA、最終戦でその速さを余す所なく発揮。レコード更新の木村偉織「勝ちたいと思う」【スーパーGT最終戦:GT300クラスPP記者会見】

#55 ARTA NSX GT3の武藤英紀と木村偉織が、2022年のスーパーGT第8戦もてぎで驚異的な速さを見せてポールポジションを獲得。この予選での結果を決勝にもつなげたいと、武藤と木村は口を揃えた。

笑って一年を終えられるように。「あとは逃げ切るだけだ」と山本尚貴【スーパーGT最終戦:GT500クラスPP記者会見】

モビリティリゾートもてぎで行なわれたスーパーGT最終戦の予選。GT500クラスでポールポジションを獲得した100号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)のコメントを紹介。

61号車スバルの山内、まさかのクラッシュ。55号車ARTAの木村が波乱の予選を制す|スーパーGT最終戦もてぎ:GT300予選

スーパーGT第8戦もてぎの予選が行なわれ、GT300クラスは55号車ARTA NSX GT3がポールポジションを獲得した。

大逆転王座目指す100号車STANLEYがPP。ランキング上位Z勢はグリッド2列目に|スーパーGT最終戦もてぎ:GT500予選

スーパーGT第8戦もてぎの予選が行なわれ、GT500クラスは100号車STANLEY NSX-GTがポールポジションを獲得した。

GT500は100号車STANLEY、GT300は55号車ARTAがポールポジション!|スーパーGT第8戦もてぎ:予選タイム結果

スーパーGT第8戦もてぎの公式予選が行なわれ、GT500クラスは100号車STANLEY NSX-GT、GT300クラスは55号車ARTA NSX GT3がポールポジションを獲得した。

2024年導入のFIA F4次世代車両がお披露目。車名は『MCS 4-24/TOM'S』、服部尚貴がもてぎでデモラン

2024年から新たに導入されるFIA F4の次世代車両『MCS 4-24/TOM'S』がモビリティリゾートもてぎでお披露目され、服部尚貴がステアリングを握ってデモランも行なわれた。

12号車カルソニック IMPUL Zがトップタイム|スーパーGT第8戦もてぎ:公式練習タイム結果

スーパーGT第8戦もてぎの公式練習が行なわれ、GT500クラスは12号車カルソニック IMPUL Z、GT300クラスは56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rがトップタイムをマークした。

いよいよ迫るGT500最終決戦、自力タイトルの可能性残す3者の声。僅差の戦いが故に予選が鍵に?|スーパーGT最終戦もてぎ

モビリティリゾートもてぎで行なわれるスーパーGT最終戦。自力タイトルの可能性を残す3チームのドライバーが意気込みを語った。

GT300連覇が懸かるスバル、人事を尽くして天命を待つ。加速力で勝るGT-Rにも十分対抗可能?|スーパーGT最終戦もてぎ

スーパーGT・GT300クラスの2連覇が懸かる61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。小澤正弘総監督は、BRZは最終戦もてぎでもライバルのGT-Rに対抗し得ると考えているが、予選以上にロングランが鍵になるだろうと語った。

いざ、7年ぶりの王座へ……2台が自力タイトルの可能性残す日産陣営、オールマイティなZはもてぎも心配なし?|スーパーGT最終戦

スーパーGTのGT500クラスで7年ぶりのタイトルを目指す日産陣営。最終戦の舞台であるモビリティリゾートもてぎはホンダ陣営が得意とするコースだが、日産陣営はZがまずまずのポテンシャルを発揮できるはずだと考えている。

14号車ENEOSの山下健太、Zの速さに危機感。GRスープラは「改善しないともう1、2年厳しいシーズンになるかもしれない」

14号車ENEOS X PRIME GR Supraの山下健太は、トヨタ陣営がタイトル争いの主役となるためにはGRスープラのさらなる改善が必要だと考えており、そうでなければ来季以降も苦戦することになってしまうだろうと語った。

スーパーGT最終戦もてぎのエントリーリスト発表。名取鉄平が360号車RUNUP RIVAUX GT-Rから参戦へ

2022年スーパーGT第8戦のエントリーリストが公開され、GT500クラスに15台、GT300クラスに27台が名を連ねた。

スーパーGTホンダ陣営で体制変更の噂。来季はARTAのメンテナンス会社が変更か

スーパーGTに参戦するARTAが、2023年シーズンからメンテナンス会社を変更するという噂がある。

サッシャ・フェネストラズが腕を磨いたドライビングシミュレータ、買い手を募集中。レーシングドライバーを目指す人のスキルアップに

来季からフォーミュラEに参戦するサッシャ・フェネストラズは、拠点を日本からヨーロッパに移すため、ドライビング・シミュレータを買い取ってくれる人を募集している。

K-tunes、将来的な『GR GT3 Concept』でのスーパーGT参戦計画を明かす。ただ実戦投入は数年先に?

K-tunes Racingの影山正彦監督は、トヨタの『GR GT3 Concept』の実戦投入の準備が整い次第、同車両でスーパーGTに参戦する計画があるとして、それまでは現行のRC F GT3を継続使用すると語った。

首位と2.5ポイント差で最終決戦に……悲願の初タイトル目指す12号車IMPULのバゲット「もてぎはZにとって得意なコースのはず」

12号車カルソニック IMPUL Zのベルトラン・バゲットは6位でフィニッシュした第7戦オートポリスについて、素晴らしいレースではなかったものの、3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zの前でフィニッシュするという最低限の目標は果たせたと語った。

サッシャ・フェネストラズ、フォーミュラE東京開催の動きにワクワク「僕にとってはホームレースのようなものだから楽しみ!」

来季からフォーミュラEに参戦するサッシャ・フェネストラズは、長きに渡ってレースキャリアを築いてきた日本でのフォーミュラE開催の話が本格化してきたことについて、非常に楽しみだとコメントした。

SRS時代の同期、大草りきのルーキーチャンプに向け好アシスト。代役参戦の塩津佑介「自分の力は出し切れた」|スーパーGT第7戦

10号車TANAX GAINER GT-Rの塩津佑介は、富田竜一郎の代役として出場したスーパーGT第7戦を「自分の力を出し切ることができた」と総括した。

予選で痛恨スピンも、王座に首の皮一枚で繋がった37号車KeePer「今年はZが強い……でも何が起こるか分からない」とフェネストラズ

37号車KeePer TOM'S GR Supraのサッシャ・フェネストラズは、速さがありながらも9位に終わったレースを残念がっているが、最終戦での逆転タイトルを諦めずに戦いたいと語った。

52号車埼玉トヨペット、2年ぶりの勝利「色々なものが噛み合った」【スーパーGT第7戦:GT300優勝記者会見】

オートポリスで行なわれたスーパーGT第7戦の決勝レース。優勝記者会見で語られたGT300の優勝ドライバーのコメントを紹介。

17号車Astemo松下信治が感じた“ワンチーム”「朝起きた時『勝てる』と思った」【スーパーGT第7戦:GT500優勝記者会見】

オートポリスで行なわれたスーパーGT第7戦の決勝レース。優勝記者会見で語られたGT500の優勝ドライバーのコメントを紹介。

タイヤに苦しむ中、巧みに2位を死守。逆転タイトルに望み繋いだ山本尚貴「最終戦は勝って終わりたい」|スーパーGT第7戦

スーパーGT第7戦で2位を獲得した100号車STANLEY NSX-GT。山本尚貴は、終盤の24号車リアライズコーポレーション ADVAN Zによる追撃を振り切ってポジションを死守したが、悔しさの方が大きいようだ。

ホンダ勢2台のアンダーカットを許し、勝利を逃した24号車リアライズ。要因となった陣営の“誤算”|スーパーGT第7戦

スーパーGT第7戦オートポリスで3位に終わった24号車リアライズコーポレーション ADVAN Z。レースペースが良かっただけに、ピットインのタイミングが遅れたことを悔やんでいるようだ。

52号車埼玉トヨペットGBが今季初勝利。タイトル争いは激戦に|スーパーGT第7戦オートポリス:GT300決勝

スーパーGT第7戦オートポリスの決勝が行なわれ、GT300クラスは52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTが勝利した。

GT500は17号車Astemo、GT300は52号車埼玉トヨペットが優勝!|スーパーGT第7戦オートポリス:決勝順位速報

スーパーGT第7戦オートポリスの決勝レースが行なわれ、GT500クラスは17号車Astemo NSX-GTが、GT300クラスは52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTが優勝を飾った。

【スーパーGT】ホンダ陣営、予選でトップ7に4台送り込む好調ぶりに「オートポリスとの相性の良さはタイプSでも継承されている」

スーパーGT第7戦オートポリスでは予選上位に多くのマシンを送り込んだホンダ陣営。HRCはその要因について、オートポリスでの相性の良さが関係していると語った。

GT500初ポール。佐々木大樹が見せたいつもと違う走り「無我夢中で、あまり覚えていない」【スーパーGT第7戦:PP記者会見】

オートポリスで行なわれたスーパーGT第7戦の予選。ポールポジション記者会見で語られたドライバーのコメントを紹介。

F1レジェンド、ジャン・アレジが九州に降臨。息子ジュリアーノを見守る「彼の武器は“決断力”。経験を糧にもっと強くなるはず」

スーパーGT第7戦オートポリスに姿を現したジャン・アレジ。国内最高峰のレースで奮闘する息子ジュリアーノの戦いぶりについて聞いた。

ポイントリーダーの千代勝正、Q1敗退も決勝に自信をのぞかせる「予選順位はそれほど重要ではない」|スーパーGT第7戦

スーパーGT第7戦の予選でQ1敗退に終わった3号車CRAFTSPORTS MOTUL Z。しかし千代勝正は、決勝に向けてガッカリしていない様子だ。