フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
823 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

スーパーGTニュース&分析

グリッド
リスト

【スーパーGT】GT500最終決戦、1号車山本が優位か。8号車ARTAは淡々と準備、17号車Astemoは苦戦も諦めず

2021年スーパーGTはいよいよ最終戦。ランキング上位につけるチーム・ドライバーたちは来たる決勝レースを前にどのようなことを考えているのか?

スーパーGT第8戦富士|予選レポート(GT500):14号車ENEOSの山下健太がコースレコードを更新しPP獲得

スーパーGT第8戦富士の予選では、14号車ENEOS X PRIME GR SupraがGT500クラスのポールポジションを獲得した。

【スーパーGT】14号車ENEOS、レコード更新PPでタイトルへの望みつなぐ。大逆転王座は意識せずひたすら勝利を目指す

スーパーGT最終戦富士でポールポジションを獲得した14号車ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也と山下健太は、大逆転でのタイトル獲得は難しいと考えているものの、最終戦を勝利で飾りたいと意気込んだ。

【スーパーGT】タイトル王手の61号車スバル、PP獲得の裏にあったファンの後押し「元気をもらい、気持ちが吹っ切れた」

スーパーGT GT300クラスの選手権争いをリードする61号車SUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人と山内英輝は、ポールポジションからスタートする最終戦に向け、ファンから力をもらったことが大きな後押しになっていると語った。

スーパーGT第8戦富士|予選レポート(GT300):SUBARUの山内英輝が王座手繰り寄せる今季4回目PP

スーパーGT第8戦富士の予選では、61号車SUBARU BRZ R&D SPORTがGT300クラスのポールポジションを獲得した。

【スーパーGT】第8戦富士|公式予選タイム速報:GT500は14号車ENEOS、GT300は61号車スバルがPP!

富士スピードウェイで行なわれた2021スーパーGT第8戦の公式予選。GT500クラスは14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)、GT300クラスは61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポールポジションを獲得した。

【スーパーGT】第8戦富士公式練習|GT500は14号車ENEOS、GT300はランク首位のスバルがトップタイム

富士スピードウェイで行なわれた2021スーパーGT第8戦の公式練習。GT500クラスは14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)、GT300クラスは61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がトップタイムを記録した。

【スーパーGT】“国内2冠”がかかる野尻智紀。山本尚貴という“高い壁”を「登ることができると思っている」

スーパーGT最終戦での逆転タイトルを目指す野尻智紀は、ポイントリーダーである山本尚貴を「高い壁」と表現したが、その壁を乗り越えられる自信もあるようだ。

【スーパーGT】61号車スバル、初王座に向け慎重なコメントも確かな手応え「やれる事は全てやった」

61号車SUBARU BRZ R&D SPORTの小澤正弘総監督は、初のタイトルがかかるスーパーGT最終戦に向けてやれる事は全てやったとして、「自分たちの実力は発揮できるはず」とコメントした。

【スーパーGT】つちやエンジニアリング、来季はGT3のポルシェからGT300のGRスープラに変更へ。車両は現在製作中

つちやエンジニアリングは来季、参戦車両をポルシェ911 GT3RからGRスープラに変更することとなった。

【スーパーGT】最終戦直前! GT500タイトル争いをおさらい。NSX勢が上位独占も3メーカー全てにチャンスあり

富士スピードウェイで行なわれるスーパーGT最終戦を前に、GT500クラスでタイトル獲得の可能性が残されているドライバーを紹介。

【スーパーGT】わずかに逆転王座の可能性残す14号車ENEOSの山下「タイトルは厳しいけど……スープラ得意の富士で勝ちたい」

14号車ENEOS X PRIME GR Supraの山下健太は、1号車STANLEY NSX-GTのように安定してポイントを積み重なられなかった点が、シーズンの反省点のひとつだと考えている。

エアレース・パイロット室屋義秀、今年もスーパーGT第8戦富士でフライトパフォーマンスを披露!

富士スピードウェイで行なわれるスーパーGT第8戦富士では、室屋義秀によるフライトが実施される。

スーパーGT最終戦富士のエントリーリスト発表。両クラス共タイトルの行方に注目

スーパーGT第8戦富士のエントリーリストが発表され、GT500クラスに15台、GT300クラスに29台が名を連ねた。

【スーパーGT】muta Racing INGING、来季ロータスから車両変更の可能性認める。開発の自由度高いGT300規格に関心

ロータス・エヴォーラMCでスーパーGTのGT300クラスを戦っているmuta Racing INGING。来季は車両を変更することも視野に入れているようだ。

【スーパーGT】ホンダ勢3台がランキング上位占め最終決戦に突入! しかし佐伯LPL「安心できる状況ではない」と油断せず

2021年のスーパーGTは、ホンダ勢の3台がランキング上位を占めた状態で最終戦富士を迎える。しかしホンダのラージ・プロジェクトリーダーである佐伯昌浩氏は、ライバルに逆転される可能性もあり得るとして警戒を緩めていない。

GT300ランク首位の61号車スバル、第7戦は6位で王座確定ならず。最終戦に向け「笑って終われるよう頑張る」と井口

スーパーGT第7戦もてぎでGT300クラスの6位に終わった61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。井口卓人は最終戦に向け「最後はみんなで笑って終われるように頑張る」とコメントした。

【スーパーGT】9号車PACIFIC、トラブルに泣くも驚異の追い上げで見せ場作る。「GT500マシンかと思った!」とコッツォリーノ

9号車PACIFIC NAC CARGUY Ferrariのケイ・コッツォリーノは、スーパーGT第7戦もてぎでのマシンが「まるでGT500に乗っているかのような」仕上がりであったとして、決勝でオーバーテイクショーを見せられたことへの満足感を語った。

【スーパーGT】17号車NSX、決勝前にハプニング発生も“翼を授かり”タイトル戦線生き残り! バゲットは最終戦に向け確かな自信

スーパーGT第7戦もてぎで4位に入った17号車Astemo NSX-GTのベルトラン・バゲットは、最終戦もてぎでタイトルを狙うことができると自信を持っている。

野尻&福住の“絶好調コンビ”、スーパーGTで奇跡の大逆転タイトルなるか?「この流れは獲るしかない!」

2連勝でランキング2番手に浮上し、スーパーGT最終戦を迎えることとなった8号車ARTA NSX-GTの野尻智紀と福住仁嶺。逆転でのタイトル獲得に向け、福住は「「この流れは(タイトルを)獲るしかない」と語った。

【スーパーGT】首位走行中の12号車カルソニックがまさかの失速……第7戦もてぎの最終ラップに何が起きたのか?

スーパーGT第7戦もてぎで、最終ラップにガス欠に見舞われた12号車カルソニック IMPUL GT-R。後半スティントを担当した平峰一貴が当時の状況を振り返った。

【スーパーGT】今季初入賞が初優勝となった21号車アウディ「エンジン、クルマ、タイヤ、全てが噛み合った」と川端伸太朗

スーパーGT第7戦もてぎのGT300クラスを制した21号車Hitotsuyama Audi R8 LMSの川端伸太朗は、あらゆる要素が完璧に噛み合ったことが、今季初入賞が今季初優勝となった要因だと語った。

スーパーGT第7戦もてぎ決勝順位速報:8号車ARTAが2連勝! ファイナルラップに首位12号車GT-Rが失速

ツインリンクもてぎで行なわれた2021スーパーGT第7戦の決勝。GT500クラスは8号車ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)、GT300クラスは21号車Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/篠原拓朗)が勝利を飾った。

【スーパーGT】GT500ヨコハマ勢が4年ぶりフロントロウ独占。鍵となった事前テスト、2台で分かれた“テーマ”

スーパーGT第7戦もてぎの予選では、GT500のヨコハマタイヤユーザー2台がフロントロウを独占した。これにはもてぎでの事前テストが大きく貢献したようだ。

【スーパーGT】まさに“天国と地獄”。練習走行の不調から立ち直りPPの19号車WedsSport、前回もてぎ戦のリベンジ誓う

スーパーGT第7戦もてぎでポールポジションを獲得した19号車WedsSport ADVAN GR Supraの宮田莉朋は、最下位に終わったフリー走行では地獄を味わったものの、予選で天国のような結果を得られたと語った。

【スーパーGT】流れを掴めずにいた18号車UPGARAGE、ついに今季初ポール獲得。「これが本来の力だと思いたい」と小林崇志

スーパーGT第7戦もてぎでGT300クラスのポールポジションを獲得した18号車UPGARAGE NSX GT3の小林崇志は、「これがアップガレージの本来持っている力だと思いたい」と語った。

スーパーGT第7戦もてぎ予選レポート(GT500):19号車スープラの宮田が今季2度目のポール。ヨコハマユーザーがフロントロウ独占

スーパーGT第7戦の予選がツインリンクもてぎで行なわれ、19号車WedsSport ADVAN GR SupraがGT500クラスのポールポジションを獲得した。

【スーパーGT】第7戦もてぎ公式予選タイム結果:GT500はヨコハマのフロントロウ独占!GT300は18号車UPGARAGEがPP

ツインリンクもてぎで行なわれた2021スーパーGT第7戦の公式予選。GT500クラスは19号車WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)、GT300クラスは18号車UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/名取鉄平)がポールポジションを獲得した。

中嶋悟、WEC勇退の息子一貴を労う。NAKAJIMA RACING後継の可能性については「彼の人生ですから」と多くを語らず

今季限りでWECを勇退する中嶋一貴について、父である中嶋悟は「色んなことを経験しながらよく頑張った」とコメントした。

スーパーGT第7戦もてぎ予選レポート(GT300):18号車UPGARAGE NSX GT3の名取が初のPP獲得

スーパーGT第7戦の予選がツインリンクもてぎで行なわれ、18号車UPGARAGE NSX GT3がGT300クラスのポールポジションを獲得した。

【スーパーGT】第7戦もてぎ公式練習|GT500は8号車ARTA、GT300は9号車PACIFICがトップタイム

ツインリンクもてぎで行なわれた2021スーパーGT第7戦の公式練習。GT500クラスは8号車ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)、GT300クラスは9号車PACIFIC NAC CARGUY Ferrari(ケイ・コッツォリーノ/横溝直輝)がトップタイムを記録した。

【スーパーGT】逆襲目指すGT500ダンロップ勢、残り2戦で集大成見せられるか? 最終戦富士には“新アイテム”投入も予定

今季のスーパーGTにおいて、予選で度々速さを見せながらも、決勝レースで結果を残すことができていないGT500のダンロップ勢。ただ着実な進化は感じられており、終盤戦で集大成を見せることを目指している。

【スーパーGT】Q1突破わずか1回も王座争い大量リード。レース巧者の1号車STANLEY「いつも通り少しでも前でゴールするだけ」

2021年スーパーGTでタイトルに王手をかけている1号車STANLEY NSX-GT。小島一浩監督は、いつも通りのレースをしたいと語った。

【スーパーGT】最後尾スタートから4位ゴール! 3号車CRAFTSPORTS、目指すは王座争い残留 

スーパーGT第6戦オートポリスで、4位フィニッシュとなった3号車CRAFTSPORTS MOTUL GT-R。好調な走りとなっている3号車だが、最後までチャンピオン争いに残っていきたいと平手晃平は語っている。

「ジェントルマンドライバー=道楽」ではない。CARGUY木村武史が“楽しくない”レースに全力注ぐ理由

CARGUY Racingを率い、WEC(世界耐久選手権)やスーパーGTで自らステアリングを握る木村武史。いわゆるジェントルマンドライバーである彼はその活動スタイルから、自身を『遅いプロドライバー』と表現する。

【スーパーGT】23号車NISMO、3位表彰台も“悔しすぎる”レースに。ミシュランタイヤの進歩には確かな手応え

23号車MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリは、スーパーGT第6戦で3位表彰台を獲得したものの、非常に悔しいレースだったと振り返った。

【スーパーGT】38号車ZENT、怒涛のごぼう抜きで2位! 残り2戦での勝利目指す石浦宏明「今後に繋がる結果」

スーパーGT第6戦で2位に入った38号車ZENT CERUMO GR Supraの石浦宏明は、今回の結果が今後のレースに繋がるものになったと考えている。

【スーパーGT】39号車SARD、トラブルを抱えながらも粘りの5位「優勝争いがしたかった」

スーパーGT第6戦で5位に終わった39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraは、レース中にトラブルを抱えたことでペースが上がらなかったようだ。

SF第7戦鈴鹿、スーパーGT第7戦もてぎで『ワクチン・検査パッケージ』を導入。条件満たした者に一部エリアのチケットを販売

鈴鹿サーキットで行なわれるスーパーフォーミュラ第7戦、ツインリンクもてぎで行なわれるスーパーGT第7戦では、イベントの人数制限緩和を目指す技術実証の取り組みとして『ワクチン・検査パッケージ』が導入される。

【スーパーGT】8号車ARTA、ついに手にした今季初優勝。SF王者野尻が“覚悟と責任”を持ってチームを牽引

スーパーGT第6戦オートポリスで勝利を飾った8号車ARTA NSX-GT。先日スーパーフォーミュラでチャンピオンとなった野尻智紀は、今回のレースに向けてチームに多くの要求をしてきたという。

【スーパーGT】今季無得点だった31号車プリウスが鮮やかポールトゥウィン。「好調の理由をしっかり見つけたい」と嵯峨宏紀

スーパーGT第6戦のGT300クラスで勝利を収めた31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTの嵯峨宏紀は、今後のレースに向けて好調の理由をしっかり洗い出したいと語った。

スーパーGT第6戦オートポリス決勝レポート(GT300):31号車プリウスが独走でポール・トゥ・ウィン

スーパーGT第6戦の決勝がオートポリスで行なわれ、31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTがGT300クラスの優勝を飾った。

【スーパーGT】勝てる自信しかなかった……ホイール脱落でリタイアの16号車大湯、コースサイドで悔しさあらわ

スーパーGT第6戦でポールポジションを獲得しながらもトラブルでリタイアに終わった16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTの大湯都史樹。レースペースへの手応えがあっただけに、悔しさをにじませた。

スーパーGT第6戦オートポリス決勝順位速報:8号車ARTAが今季初勝利!

オートポリスで行なわれた2021スーパーGT第6戦の決勝。GT500クラスは8号車ARTA NSX-GT(野尻 智紀/福住仁嶺)、GT300クラスは31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)が勝利を飾った。

【スーパーGT】14号車ENEOS、70kgのサクセスウエイト跳ね除け驚異の予選2番手。決勝はペナルティ抱えるも「入賞に届くはず」

スーパーGT第6戦オートポリスで予選2番手を獲得した14号車ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也は、望外の結果に自分でも驚いており、決勝はペナルティストップがあるものの入賞に届くだろうと考えている。

スーパーGT、新燃料“カーボンニュートラルフューエル”を試験導入へ。2023年の本格使用目指す

スーパーGTは、化石燃料を使用しない燃料『カーボンニュートラルフューエル』をシーズンオフのテストで試験導入することを明らかにした。

【スーパーGT】BoPに苦しんできた31号車プリウスが今季初PP。ハイブリッド面の改善で光明が見えた?

スーパーGT第6戦オートポリスでGT300クラスのポールポジションを獲得した31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTは、レース前のテストでハイブリッド面の改善に成功した事がこの結果に繋がったようだ。

【スーパーGT】ついにポールに届いた16号車レッドブル、過去数戦の悔しさ晴らせるか?「今までと違うレース見せられるはず」と笹原右京

スーパーGT第6戦オートポリスでポールポジションを獲得した笹原右京は、決勝レースの展開がどうなるかは分からないとしつつも、レースペースに苦しんだ過去数戦とは違う走りを見せられるのではないかと語った。

スーパーGT第6戦オートポリス予選レポート(GT500):16号車レッドブルの笹原が初のポールを獲得

スーパーGT第6戦の予選がオートポリスで行なわれ、16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTがGT500クラスのポールポジションを獲得した。

スーパーGT第6戦オートポリス予選レポート(GT300):31号車プリウスの嵯峨がポールポジションを獲得

スーパーGT第6戦の予選がオートポリスで行なわれ、31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTがGT300クラスのポールポジションを獲得した。

【スーパーGT】第6戦オートポリス|公式予選タイム結果:16号車レッドブルがポールポジション!

オートポリスで行なわれた2021スーパーGT第6戦の公式予選。GT500クラスは16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原右京/大湯都史樹)、GT300クラスは31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)がトップタイムを記録した。

【スーパーGT】第6戦オートポリス公式練習|GT500は23号車GT-R、GT300は52号車埼玉トヨペットがトップタイム

オートポリスで行なわれた2021スーパーGT第6戦の公式練習。GT500クラスは23号車MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)、GT300クラスは52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)がトップタイムを記録した。

【スーパーGT】18号車UPGARAGE、公式練習は電気系統トラブルにより2度ストップ。原因解明中も公式予選には出走へ

スーパーGT第6戦オートポリスの公式練習で電気系統トラブルに見舞われた18号車UPGARAGE NSX GT3だが、公式予選には出走できる見込みだ。

スーパーGT第7戦もてぎ決勝日に「F-2B 戦闘機」の歓迎フライトを実施。観戦チケットの販売もスタート

ツインリンクもてぎで行なわれるスーパーGT第7戦で、航空自衛隊松島基地「F-2B 戦闘機」による歓迎フライトが実施されることが決定した。

【スーパーGT】K-tunes Racing、2022年もレクサスRC F GT3を継続使用へ。新型86使用チームはどこに?

K-tunes Racingは2022年シーズンのスーパーGTでもRC F GT3を使用する意向を示しており、レクサスブランドのマシンは少なくともあと1シーズングリッドに残ることとなる。

角田裕毅とグランツーリスモで真剣勝負! オンラインイベント『Red Bull Beat The Pro 2021』が開催中

レッドブルは、10月7日からグランツーリスモSPORTにおいて、アルファタウリF1の角田裕毅と直接挑戦できるオンラインイベント『Red Bull Beat The Pro 2021』を開催すると明かした。