フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
876 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

マクラーレンF1、モナコGPで”ガルフオイル”の特別カラーリングを実施

マクラーレンは、今週末に行なわれるF1モナコGPで、ガルフオイルの特別カラーリングが施されたマシンを走らせることを発表した。

F1フランスGP開催前倒し。それでもグロージャンのF1テストはなくならない

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、F1フランスGPの日程が変更され、当初予定されていたロマン・グロージャンとメルセデスによるデモ走行は中止となった。しかし、グロージャンのF1テストは来月実施予定だという。

PU開発は甘くない? メルセデス代表、スタッフ引き抜いたレッドブルに「15人程度の人員では不十分」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、レッドブルが2025年に向けて競争力のあるパワーユニットを製造するためには、“15人のスタッフとガラガラのファクトリー”では不十分だと語った。

F1トラックリミット規則改善を目指した議論は続く。新たなワーキンググループも立ち上げ

今季なにかと話題となっているF1のトラックリミット規則の改善を求めて、新たなワーキンググループが立ち上げられているようだ。

アロンソ、”今の全力”じゃオコンには届かない?「アルピーヌは他より適応が必要なチームなのかも」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、印象的なパフォーマンスを見せるチームメイト、エステバン・オコンを打ち負かすには、全力を尽くしても今は足りないと語った。

可変リヤウイング問題に進展。FIAが各F1チームにより厳格な検査を実施、“たわみ”を制限へ

一部チームが“可変リヤウイング”を使用しているのではないかとの懸念がある中、FIAはF1フランスGPを前に新たなリヤウイングの柔軟性テストを導入するようだ。

メルセデスvsレッドブル、勝敗を決しているのは“リヤタイヤ”? レッドブル代表も問題認識

メルセデスF1は、2021年シーズンのライバルとして接戦を繰り広げているレッドブルの弱点が、リヤタイヤの劣化が激しいことではないかと考えている。

ハミルトン、レッドブルの”可変ウイング使用”を疑う? ホーナー代表「FIAは満足している」と噂を否定

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、レッドブルが直線スピードを向上させるための”可変”リヤウイングを使っているのではと指摘したが、当のレッドブルは、マシンのデザインの合法性について、「FIAは満足している」と主張する。

メルセデス、レッドブルの引き抜きにも動じず。ウルフ代表「若手が台頭するチャンス」とポジティブ

メルセデスのトト・ウルフ代表は、PU部門の準備を進めるレッドブルによってスタッフが引き抜かれているにも関わらず、チームにとってはプラスに働く可能性があると語った。

フェラーリのルクレール、ボッタスへのオーバーテイクは「予想外だった」と説明

F1スペインGPで、フェラーリのシャルル・ルクレールは、前を走るマシンからの乱流を避けようとしたことが、メルセデスのバルテリ・ボッタスをターン3で抜くことに大きく繋がったと語った。

ペレスの奮起を期待するレッドブル「彼が上位を走っていれば、ハミルトン2回目のピットストップを阻止できたはず」

レッドブルは、メルセデスに対する戦略の優位性を失わないために、セルジオ・ペレスが先頭集団に加わることを”喉から手が出るほど”強く求めていると語る。

ハースF1のシュタイナー代表、スタッフを6週間も家に帰さないのは「フェアじゃない」

ハースF1のチームボス、ギュンター・シュタイナーは、F1トルコGP終了後にホテルでの隔離を避けるために、スタッフに6週間に及ぶ移動を要求するのは不公平だと考えている。

レッドブル、珍しくピット作業遅れ発生。その原因はフェルスタッペンの勘違い?

レッドブルはF1スペインGPでマックス・フェルスタッペンのピット作業に遅れが発生した理由が、フェルスタッペンが予定外のタイミングで自発的にピットへ入ったことが理由だと明かした。

Q1敗退の角田裕毅、『同じクルマか疑問』発言を謝罪。「自分のパフォーマンス不足に腹が立っていた」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1スペインGP予選でQ1敗退を喫したあと、マシンが同僚のガスリーと「同じクルマか疑問」と語ったことについて謝罪した。

アロンソ、アルピーヌの躍進は「出来過ぎなくらい良い!」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、前戦のF1ポルトガルGPから今回のF1スペインGPにかけてのチームによる躍進は「良すぎる」と感じながらも、本物の進歩の証だと考えている。

マゼピン、予選アタック妨害でペナルティ「アタック順番待ちの紳士協定は機能していない」

ハースのニキータ・マゼピンは、F1第4戦スペインGPで他車のアタックを妨害したとして3グリッド降格ペナルティを受けたが、予選における紳士協定は機能していないと語った。

マクラーレンのノリス、F1スペインGP予選Q1で引っかかった渋滞がQ3にも『悪影響』

マクラーレンのランド・ノリスは、ハースのニキータ・マゼピンの進路妨害によりスペインGPの予選Q1のアタックラップが台無しになったことで、予選全体への望みを失ったと語った。

話題に事欠かないトラックリミット、スペインGPでF1CEOとチーム代表が話し合いへ

F1の各チーム代表は、第4戦スペインGP期間中に行なわれる定例会議でトラックリミットに関するルール変更の必要性について話し合う事になっている。

メルセデス、勝負強さの秘密はPUにアリ? フェルスタッペン「”発電量”はホンダよりも少し優れている」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ホンダPUが総合的にパワーを向上させたにも関わらず、エネルギー管理の面ではメルセデスが優位に立っていると考えている。

ライコネン息子、“前方不注意”で事故の父イジる「父さん、いつも前見ろって言ってたじゃん」

アルファロメオのキミ・ライコネンはF1第3戦ポルトガルGPでステアリングの操作に気を取られてクラッシュしたことについて、息子からからかわれてしまったと明かした。

レッドブルのペレス、無理に自分好みのマシンにはしない?「フェルスタッペンと方向性を変えてもしょうがない」

セルジオ・ペレスは、レッドブルのF1マシンを乗りこなせるように、マックス・フェルスタッペンのセットアップの方向性に追従していることを明かした。

ハミルトン「フェラーリやマクラーレンの進歩は驚き」……驚異はレッドブルだけじゃない??

メルセデスのルイス・ハミルトンは、今季のF1でのフェラーリ、マクラーレン、アルピーヌの進歩は驚くべきモノであると語り、レッドブルだけが驚異になっていくわけではないだろうと語る。

レッドブル、メルセデスからエンジン開発スタッフをさらに5人”引き抜き”「我々の目標達成へ向けた強い決意の表れ」

レッドブルは、来季から同チーム用のパワーユニットプロジェクトを担うレッドブル・パワートレインズのメンバーとして、新たにメルセデスから5人の上級エンジニアを獲得したことを明らかにした。

ノリスはメルセデス&レッドブル“トップ4の壁”を崩せる! 一貫性でチャンスありとチーム代表

マクラーレンF1は近年その成績を上向かせているが、2021年シーズンの戦いではメルセデスとレッドブルのトップ4独占を、ランド・ノリスが敗れるかもしれないと考えている。

レッドブル、フェルスタッペンの”細かなミス”には懸念なし「限界に挑戦している時には仕方ない」

レッドブルは、F1第3戦ポルトガルGPでマックス・フェルスタッペンに小さなミスが続いたことについて、懸念はないと主張している。

ハース、マゼピンとペレスの”ニアミス”事件はチームの責任「コミュニケーションを改善しなければ」

F1ポルトガルGPの決勝で、ニキータ・マゼピンがセルジオ・ペレスと接触しかけたことを受け、ハースはドライバーとのコミュニケーション改善を約束した。

レッドブル、ペレスの”ロングスティント”はハミルトン妨害ではなく「ファステストラップが狙いだった」

レッドブルは、F1第3戦ポルトガルGPでセルジオ・ペレスの第1スティントを延長したのは、ルイス・ハミルトンの邪魔をするためではないと主張している。

なぜレッドブルのトラックリミット違反に対する不満は受け入れられない?……FIAが反論

レッドブルはF1ポルトガルGPにてマックス・フェルスタッペンがトラックリミットを逸脱したとしてファステストラップの追加ポイントを失ったことに苛立ちを隠せていない。

メルセデスF1代表、レッドブルへのPUスタッフ流出に恐れなし「阻止に”マネーゲーム”は必要ない」

レッドブルが新設するF1パワーユニット(PU)部門に人材を集めているが、メルセデス代表のトト・ウルフはPUスタッフを囲い込む為に大金を支払う心配はしていないという。

レッドブル、ノリスがフェルスタッペンを”故意に妨害した”と疑う? マクラーレンは完全否定

マクラーレンは、ランド・ノリスがF1ポルトガルGPの予選Q3で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンを故意に妨害したのではないかという憶測を否定した。

ライコネンへの30秒ペナルティ、再審へ。スチュワードがアルファロメオへのヒアリングを実施

アルファロメオF1チームは、第2戦エミリア・ロマーニャGPでキミ・ライコネンに与えられた30秒のタイム加算ペナルティについて、再審理に臨む権利を獲得した。

メルセデスとレッドブルで別れたタイヤ戦略……ポルトガルGPの”正解”はどっち??

まもなく決勝レースを迎えるF1ポルトガルGP。メルセデスとレッドブルが熾烈な優勝争いを繰り広げると考えられるが、残りのタイヤのセット数が異なることが、勝負を大きく左右することになるかもしれない。

アルファロメオ、第2戦のライコネンへのペナルティ裁定に異議「レース中問い合わせたのに……」

アルファロメオは、F1エミリア・ロマーニャGPでキミ・ライコネンが入賞を逃す要因となったタイムペナルティについて、FIAに再審を要求した。

マクラーレンCEO「レッドブルの自社パワーユニット開発は非常に勇敢」と評価

レッドブルがホンダのF1パワーユニットプロジェクトを引き継ぎ運営するという決定について、マクラーレンのCEOザク・ブラウンは「非常に、非常に勇敢だ」と評価している。

ルクレール「 "全開"のスプリントレースはスリル満点に違いない!」一方、ベッテルは慎重な姿勢

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1が新たに導入するスプリントレースの良い点の一つとしてドライバーがレース中フルプッシュし続けられる点を挙げた。ルイス・ハミルトンも導入に賛成した一方、セバスチャン・ベッテルは慎重な姿勢を見せた。

マクラーレンのノリス、ポルトガルGP初日はQ3進出への自信つかめず。アルピーヌの改善にも警戒

マクラーレンのランド・ノリスは、F1第3戦ポルトガルGPのトリッキーな初日フリー走行を終え、予選Q3に進めるだけの自信はないと語った。

レッドブル、来季導入される新燃料も対応バッチリ?「ホンダが稼働している内に作業を進める」

レッドブルのクリスチャン・ホーナーは、今季限りでF1から離れるホンダが、2022年から導入される新燃料に対応するため作業を行なっていると明かした。

F1新空力規則に不満収まらぬアストンマーチン「変更手順が適切だったか確認中」ライバルからは冷めた視線

アストンマーチンは今季のF1空力規則がハイレーキのマシンに有利に働いていることに不満を持っているが、ライバルチームは規則の策定過程に異議を唱える理由はないと考えている。

フェルスタッペンとハミルトン……イモラで”触れ合った肩”は今年の王座争い”激化”の兆候?

マックス・フェルスタッペンの父親であり、元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペンが、エミリア・ロマーニャGPの予選後に息子とルイス・ハミルトンがすれ違い様に肩を擦り合わせたことについて語り、今季の王座争いが激化する兆候であると語った。

苦境のハースF1。”鬼軍曹”シュタイナー代表も「新人ふたりにかける言葉は間違えないように……」

ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、チームの新人ドライバーふたりに適切な言葉をかけるのが難しいと認めた。

マクラーレン代表、リカルドの発言を支持「F1には、クラッシュより魅力的な部分がたくさんある」

マクラーレンのダニエル・リカルドは、クラッシュシーンに固執するF1のソーシャルメディアを批判しているが、チーム代表のアンドレアス・ザイドルもこの姿勢に賛同すると語った。

フェラーリ、中団争いの主導権を握れるか? サインツ「僕たちに合ったコースなら、マクラーレンを倒せる」

カルロス・サインツJr.は、フェラーリのマシンにより適したコースであれば、マクラーレンを上回ることができると考えている。

F1、スプリントレース実施は”特別なレース”のみ?「試験導入が成功しても、全レース実施はない」

試験的にスプリントレースを導入することが決まったF1。実験が成功に終わっても、将来的に全レースでこのフォーマットを採用する可能性は低いという。

F1予選スプリントレースの実施が決定! ドメニカリCEO「ドライバーも楽しんでくれるはず」

F1とF1チームは、今季中にスプリント形式の予選レースを試すことを満場一致で決定。まずはイギリスGPで、この案が実施されることになるようだ。

レッドブル、メルセデスの心理戦を警戒「タイトル”本命候補”という評価は、プレッシャーをかけるため」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、メルセデスが今季のF1タイトル最有力候補はレッドブルだと評価していることについて、チームにプレッシャーをかけるための策だと考えている。

F1ドメニカリCEO、サッカー”スーパーリーグ”構想に物申す。F1を見習うべき? 

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、サッカーのスーパーリーグ構想について発言。F1が進めるコスト削減策は、サッカー界が見習うべきモノだと考えていると語った。

レッドブル新F1エンジン部門、メルセデスから有能エンジニアを”引き抜き”。テクニカルディレクターに起用

レッドブルのF1エンジン部門”レッドブル・パワートレインズ”のテクニカルディレクターに、メルセデスの上級エンジニアであるベン・ホジキンソンが就任することが決まった。

マゼピン、F1の激しさに”驚いた”と明かす。「今は学び続けていくことが大事」

ハースのニキータ・マゼピンは、F1の”激しさ”に驚いているが、直面している課題については冷静に対処しているという。

ホンダのプロジェクト引き継ぐレッドブル、PU部門にニューウェイと双璧なす“最高の人材”獲得目指す

レッドブルはホンダから引き継ぐ野心的なパワーユニットプロジェクトを成功させるため、“最高の人材”を獲得することをターゲットにしているようだ。

今季マクラーレン加入のリカルド、バサーストだけでなくインディカー参戦の可能性も?

ダニエル・リカルドは、マクラーレンに移籍したことで将来的にバサーストやインディカーに出走するチャンスがあると考えているようだ。

初開催バーチャル・オリンピックの一競技にモータースポーツが決定。”グランツーリスモ”を使用

バーチャル・オリンピック・シリーズの初開催を、国際オリンピック委員会が発表。全5競技で争われるが、そのうちのひとつがモータースポーツになることが決まった。そして「グランツーリスモ」がその戦いに使われることも明らかになった。

レッドブルF1、メルセデスとの接戦が続けば、2022年マシン開発に移行する時期が遅れる?

レッドブルのヘルムート・マルコは、タイトル争いが大接戦となった場合、レッドブルとメルセデスは、なかなか来季用マシンにリソースを振り分けることができないような状態に陥ることを恐れている。

マクラーレン、名物モーターホームを大幅縮小へ。機材輸送を減らし持続可能性の追求に貢献

マクラーレンチームの象徴でもある『ブランドセンター』と呼ばれるモーターホームは、縮小された形でF1パドックに戻ってくるようだ。

”学習”が続くアロンソ、イモラで復帰後初ポイントも「言い訳はしたくない。もっと良い準備をして次に臨む」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、低調なパフォーマンスが続いていることについて、最近のF1マシンでレースをした経験が少ないことを言い訳にはできないと語った。

「マゼピンのことが見えていなかった」ラティフィ、予選の好結果活かせず悔しい0周リタイア

F1エミリア・ロマーニャGPでリタイアに終わったニコラス・ラティフィは、リプレイ映像を見るまでニキータ・マゼピンと接触したことに気付かなかったという。

マクラーレン、ファクトリーを256億円で売却、財務強化進む。20年間のリースバックも契約

マクラーレンは、英ウォーキングにあるF1および市販車のファクトリーを約256億円で売却し、20年間のリースバック契約を結んだことを発表した。

痛恨スピンで11位のペレス「チームに申し訳ない」さらなる活躍をレッドブルも期待

セルジオ・ペレスは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPで11位ノーポイントに終わったことについて、レッドブルに自身のミスを謝罪した。

7回王者の危機を救ったリバースギヤ……コースオフしたハミルトンの“逆走”が許されたワケ

ルイス・ハミルトンはF1エミリア・ロマーニャGPでコースオフした際、逆走して本コースに復帰したが、この行為がなぜ合法なのかについて、レースディレクターのマイケル・マシが説明した。

ラッセル、大クラッシュから1日が経ち謝罪文を発表「感情が高ぶり、我を忘れてしまった」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでクラッシュした後の行動を含め、謝罪文を発表した。

ハミルトン、イモラF1決勝のミスを振り返る「周回遅れを抜くのに、急ぎすぎてしまった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝での自身のクラッシュを振り返り、周回遅れのマシンを抜くことに急いでしまったと語った。