F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
2,100 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ハリウッド映画のようだった……ガスリー、激動の2019年を振り返る

トロロッソ改めアルファタウリ・ホンダから2020年のF1に参戦するピエール・ガスリーは、最高と最低の瞬間を経験した2019年シーズンは、ハリウッド映画のようだったと語った。

ウイリアムズ、ティクトゥムの貢献に期待「素晴らしい才能を活用できる」

ウイリアムズは、開発ドライバーに起用したダニエル・ティクトゥムの可能性を最大限に活用できると確信しているようだ。

輝きを取り戻せるか。ウイリアムズ、2020年シーズンに向け”健全”な予算を確保

ウイリアムズは、分配金とスポンサーの減少にも関わらず、2020年に向けて健全な予算が用意できていると主張した。

サウジアラビアに建設中の新サーキット。2023年F1開催を目指す?

サウジアラビアのキッディヤに建設中の新しいサーキットは、2023年からF1グランプリを開催する準備が出来ているという。サーキットの代表が、1月17日(金)に行われたイベントでそう語った。

ハミルトンはもっと、もっと強くなる? 「今年別レベルになる」とSNSで決意表明

これまで通算6度のF1世界チャンピオンに輝いているルイス・ハミルトンは、これまでとは”別のレベル”で働くことを目指すため、F1で”マシン”になると語る。

ウイリアムズ、ニッサニーをテストドライバーに起用。FP1にも3回出走へ

ウイリアムズは、ロイ・ニッサニーをテストドライバーとして起用。公式セッションにも複数回出走させるようだ。

ウイリアムズ、2020年はクラッシュテスト一発合格。復活の兆し?

2019年、プレシーズンテストの開始にマシンの完成が間に合わないなど、大苦戦のシーズンを過ごしたウイリアムズ。しかし今シーズンは、クラッシュテストに1発で合格したことで、昨年同様の遅れはないと自信を持っている。

ルクレール、ブラジルGPのような同士討ちは「2度と起こらない」

シャルル・ルクレールは、2020年シーズンでセバスチャン・ベッテルと昨年のような同士討ちを演じることはないだろうと語った。

「ベッテルからは“まだまだ”学べる」ルクレール、同僚が良い参考に?

シャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回るなど、力強いフェラーリでの1年目を過ごした。しかし彼は、依然として世界チャンピオンから多くを学ぶことができると語った。

マクラーレン、新車MCL35を2月13日に発表。ノリスが配信で”うっかり”暴露?

マクラーレンは、2020年のF1マシンを2月13日に発表することが、ランド・ノリスのライブ配信で明らかとなった。

2019年の規則変更は”失敗”だった? F1技術面トップのシモンズ認める

F1のチーフ・テクニカル・オフィサーを務めるパット・シモンズは、オーバーテイクを増やすために2019年から導入されたレギュレーションは、後から考えれば間違ったことだったと認める。

大口スポンサー失ったウイリアムズ、2020年は“ラティフィマネー”で乗り切る?

2015年からウイリアムズをスポンサードしてきたユニリーバは、2020年からマクラーレンのパートナーとなることを発表した。

リカルドの加入でルノーは“丸裸”に? 「我々はうぬぼれていたかも」とチーム代表

ルノーのシリル・アビテブール代表は、ダニエル・リカルドの加入によってチームが“丸裸”にされたと語ったが、それによって弱点が強調されたと認めた。

2020年の鍵を握る、PUの”合法性”。レッドブル「基準ができてFIAに感謝」

レッドブルは、2019年シーズン終盤にFIAから出されたパワーユニットに関する技術指令書が、2020年に平等な競争をする上で重要だと話した。

”甘く”見てはいけない……2021年新規則で、F1はF2よりも遅くなる??

レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、2021年から施行されるF1の新レギュレーション下で生み出されるマシンは、F2マシンより遅くなる危険性を孕んでいると警告する。

もちろんランキング4位では満足できず……マクラーレン、さらなる前進のため組織改革

マクラーレンは、2020年シーズンに向けて組織改革を完了。長年エンジニアリング部門のトップを担ってきたアンドレア・ステラが、レーシングディレクターに昇格したようだ。

盛り上がり見せるフォーミュラE……F1の完全電動化は実現する?

FIAのジャン・トッド会長は、F1が今後数十年は電動化しないだろうという見解を示した。

「ナンバーワンはひとりで十分」フェルスタッペン、フェラーリ加入を否定

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールの僚友としてフェラーリF1のマシンを走らせることは無いだろうと話した。

“F1チーム代表が選ぶ”トップ10ドライバー2019発表。ルーキー勢高評価受ける

F1チーム代表の選ぶトップ10ドライバー、その2019年版の投票が行われるとルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンがトップ2に選ばれた。また新人ドライバーが軒並み高評価を受けた。

マクラーレン、空力部門再編。責任者はすでにチーム離脱も、後任は不明

マクラーレンF1チームは、空力部門の再編に着手しているようだ。motorsport.comの取材によれば、空力部門の責任者であるギョーム・カテラニはすでにチームを離れたようだ。

僕はスタートが苦手……自己最低成績のグロージャン、2020年の課題を語る

ロマン・グロージャンは苦戦した2019年シーズンを終えて、2020年はスタートを改善しなければいけないと考えている。

2021年のF1マシンは”必要悪”か?『技術的には退化』したマシンの持つ意味

F1デザイナーのパトリック・ヘッドは、2021年に導入されるマシンはF1を台無しにするのを防ぐ”必要悪”だと主張した。

2019年はハミルトンにとって”最高の1年”「開幕直後のマシンは良くなかった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、自身6度目のタイトルを獲得したシーズンを振り返り、序盤戦でのマシンの状態からすれば、2019年はキャリアの中でもベストシーズンのひとつになったのではないかと考えている。

ドーピング問題に揺れるロシア。F1開催継続を主催者が主張

組織的なドーピングに対する処罰としてオリンピックなどの主要大会への出場や開催を禁じられたロシア。しかし、F1ロシアGPの主催者は2020年以降の開催に問題は生じないと語った。