F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
19 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
2,304 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ウイリアムズの将来、今後3〜4ヵ月が勝負か。「今は投資を求める絶好の時」

ウイリアムズは、今後3〜4ヵ月以内にF1チームへの投資家または新たなオーナーを見つけるプロセスを完了したいと考えている。

ウイリアムズとの契約を解消したROKiT、他のモータースポーツ活動は継続

ウイリアムズとのタイトルスポンサー契約を終了させたにも関わらず、ROKiTは他のモータースポーツへの取り組みについてはこれまでと変わらず取り組み、新たな機会を模索すると主張する。

ウイリアムズ、F1チームの売却を検討。メインスポンサーとの契約も終了へ

ウイリアムズは、将来を確保することを目的とした新たな戦略の一環として、F1チームの株式を一部、または全て売却することを検討しているようだ。

ROKiTと契約を解除したウイリアムズ、開幕までにマシンのカラーリングを変更

ROKiTとのタイトルスポンサー契約を終了したウイリアムズは、F1シーズン開幕を前に、新しいカラーリングを発表する予定だ。

狂気のPU開発に”待った”! 新たに導入されるF1のエンジン開発抑制ルールとは

F1は、PUメーカーのアップグレードを厳しく制限する多くのルールを導入し、開発コストを抑制しようとしている。

マクラーレン、”痛み”を伴うレギュレーション変更は「F1の将来に向け必要不可欠」

マクラーレンは、支出を削減し、スタッフの人数を減らしてF1の予算上限策に合わせる「大規模で痛みを伴う作業」は、F1の将来を確固たるモノにするために支払うべき代償であると信じている。

不正行為撲滅へ……FIA、内部告発ホットラインを開設

FIAは、規則に違反しているチームやメーカーを内部告発するためのホットラインを開設することを明らかにした。

マクラーレン、コロナ禍で苦渋の決断。グループ全体で約1200名を解雇へ

マクラーレンは事業の大規模再編の一環として、自動車部門、技術部門、レース部門で計1200名のスタッフを解雇する予定だ。

ルノー代表、来季のドライバー決定は“慎重”に行なうと発言。F1活動継続の布石か?

ルノーはチームを離れるダニエル・リカルドの後任を誰にするかについて、2020年シーズンが始まってから決定するようだ。

アストンマーチン、メルセデスとさらに接近? CEOにメルセデスAMGの人材起用

アストンマーチンがCEOのアンディ・パーマーを現メルセデスAMGのCEOトビアス・ムアースへ交代する予定だと明らかになった。ローレンス・ストロール率いる投資コンソーシアムの出資を受けてから、はじめての主要経営陣刷新だ。

進化を続けるレーシングウェア。“生体データ”が新たな次元へ押し上げる

今日では、F1をはじめとするモータースポーツのレーシングウェアに“バイオメトリクス”が導入されようとしている。その技術にはどんなものがあり、どんなメリットがあるのだろうか?

F1の未来のために。2003年の”トラックの掃除屋”ルノーが残した教訓

新型コロナウイルスによる危機の中で、いかにコストを削減し、F1を魅力的なものにするかという議論がなされている。2003年に導入されたルールはそういった措置が機能する証拠だと言える。

F1、英国政府の検疫免除を受けられず……シルバーストンはGP開催をまだ諦めない?

イギリス政府は、6月8日から入国する人々に対して14日間の検疫措置を強制することを決定。F1はこの検疫が免除されるよう働きかけを続けてきたが、現時点ではこれは受け入れられなかったようだ。

F1各チームが予算上限など規則変更に合意。早ければ来週WMSCで承認へ

motorpsort.comの取材によれば、各F1チームは、新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、F1の将来を守ることを目的にした抜本的なルール変更に同意したようだ。

ルクレール、モナコを爆走? 物議を呼んだフランス短編映画のリメイクに挑戦

シャルル・ルクレールは、1976年に物議を醸した短編ドライビングムービーのリメイクで、そのスキルを披露することになるようだ。

「儲かることが必須!」F1ドイツGP、復活に近づく。”コロナ代打”で存在感

ドイツのホッケンハイムリンクは、シルバーストンでのレース開催に黄信号が灯ったことで、今季のF1開催をめぐりリバティ・メディア側との話し合いが加速していると明かした。

アロンソ、F1復帰に向けて充電完了? マネージャーが復帰の可能性を示唆

フェルナンド・アロンソは、1年間F1から離れたことで”デトックス”されており、F1復帰の準備ができていると、マネージャーのフラビオ・ブリアトーレは語った。

アイルトン・セナが決勝進出を逃した唯一のグランプリ:1984年サンマリノGP

F1の歴史に残る大スター、アイルトンセナ。そんな彼も一度だけ予選落ちを喫したことがある。

オーストリアGPは”厳格な”管理体制で実施? レッドブル代表「他のGPの先例になる」

レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、オーストリアGPで計画されている”極めて厳しい”医療手順は、他のサーキットが今年中にF1を開催する上での良い先例になる可能性があると語る。

コロナ対策でF1チームが奇跡の共闘。ルノーがレッドブルのファクトリーで仕事?

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、ルノーのスタッフがレッドブルのファクトリーで働くという、考えられないことが起きたと話した。

アストンマーチンの将来……ウルフを含む新投資家の”信念”により確固たるモノに

アストンマーチンのエクゼクティブ・チェアマンであるローレンス・ストロールは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフを含む複数の投資家が会社に示した信念が、ビジネス、そしてF1での成功を確信するきっかけになったと語る。

フェラーリふたりの関係は見た目ほど悪くない? ルクレール、”ベッテル残留”を期待

フェラーリのシャルル・ルクレールは、来季もセバスチャン・ベッテルがチームメイトであることを望むと語った。彼らの関係性は、伝えられているモノよりも良い形だという。

エンジン疑惑にも“倫理的”になったら? マクラーレンCEO、フェラーリに皮肉

マクラーレンCEOのザク・ブラウンは、2019年シーズンに発生したフェラーリのPU不正疑惑に関するFIAとの和解について詳細を公開し、倫理的な義務を果たすよう求めた。

ルクレール「ビアンキは僕よりも、フェラーリF1に相応しかったはず」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、2014年日本GPの事故によって負った怪我により死去したジュール・ビアンキについて、自分よりもフェラーリF1のシートに相応しく、より良い結果を残していただろうと語る。