フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
11,501 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

F1公式サイト、角田裕毅のアメリカGPを称賛。F1昇格以来最高のレース?

F1公式サイトが、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅に関する記事を掲載。アメリカGPで9位入賞を果たした走りを称賛している。

来季もチャンピオンナンバー『1』は見られない? クアルタラロ、『20』継続使用の意向を明かす

2021年シーズンのMotoGP王者となったヤマハのファビオ・クアルタラロ。彼は王者として迎える2022年シーズンも変わらず『20』のゼッケンナンバーを使い続けるつもりだと明かした。

「ジェントルマンドライバー=道楽」ではない。CARGUY木村武史が“楽しくない”レースに全力注ぐ理由

CARGUY Racingを率い、WEC(世界耐久選手権)やスーパーGTで自らステアリングを握る木村武史。いわゆるジェントルマンドライバーである彼はその活動スタイルから、自身を『遅いプロドライバー』と表現する。

レッドブル代表、最終局面でフェルスタッペンの前方に現れた周回遅れに一喜一憂「ピットウォールに緊張が走った」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はF1アメリカGPの決勝最終盤で、周回遅れのミック・シューマッハー(ハース)が勝利を目の前にしたマックス・フェルスタッペンの努力を無に帰すのではと恐れていたと語った。

ミサノで2度目の表彰台を獲得したバスティアニーニ、今後の課題は予選順位にあり

エスポンソラマのエネア・バスティアニーニはエミリア・ロマーニャGPで3位表彰台を獲得。彼は2日目に転倒を重ねたことで、決勝に向けては自信がなかったと語る。また今後の課題には予選を挙げている。

ペレスに表彰台を諦めさせ、ハミルトンからFLポイントを”奪い”に行かせるのは酷だった? レッドブル説明

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1アメリカGPでセルジオ・ペレスにファステストラップを獲得させ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)から1ポイントを奪いにいかなかった理由を説明した。

ホンダWSBK、2022年は現テック3のイケル・レクオナとMoto2のビエルゲを起用

ホンダは2022年のスーパーバイク世界選手権Team HRCのライダーとして、イケル・レクオナとチャビ・ビエルゲを起用すると発表した。

ホンダ移籍後初表彰台は自己最高位! ポル・エスパルガロ「これまでの苦労が報われた」

レプソル・ホンダのポル・エスパルガロは、第16戦エミリア・ロマーニャGPでMotoGPクラス自己最高位の2位を獲得。これまでの苦労が報われたと述べ、2021年シーズンにHRCへ移籍したことは大きなリスクだったと明かした。

ミルのジャンプスタート、原因は“複雑な”スタート手順? 「ローンチコントロールをオンにしてるか不安になって……」

スズキのジョアン・ミルはMotoGPエミリア・ロマーニャGPでジャンプスタートを切ってしまったが、その原因はローンチコントロールシステムを動作させていたかどうかわからなくなり、混乱してしまったことにあったようだ。

【スーパーGT】23号車NISMO、3位表彰台も“悔しすぎる”レースに。ミシュランタイヤの進歩には確かな手応え

23号車MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリは、スーパーGT第6戦で3位表彰台を獲得したものの、非常に悔しいレースだったと振り返った。

F1分析|フェルスタッペンの”早め早め”戦略を成功させた「判断と労り」

F1アメリカGPを勝利したマックス・フェルスタッペンとレッドブル。早め早めにピットストップをする戦略が功を奏したわけだが、この戦略を実現するためには、そのタイミングをしっかりと判断し、さらにしっかりとタイヤを労る必要があった。

F1レースディレクター、メキシコGPでドライバーと話し合いを予定「ライコネンの裁定は”際どかった”」

F1レースディレクターのマイケル・マシは、アメリカGPでの裁定を巡って、ドライバーたちとの話し合いを計画しているようだ。

ハミルトン勝利への”唯一の道”は先制ピットインだった? でもメルセデス「先に動く勇気はなかった」

メルセデスは、F1アメリカGPでルイス・ハミルトンを8周目という早い段階でピットインさせることが、マックス・フェルスタッペンを倒すのに役立ったはずだと語った。

新王者クアルタラロの強さは”安定感”にアリ。マルケス&ドヴィツィオーゾも称賛

マルク・マルケスは、2021年のMotoGP王者となったファビオ・クアルタラロが苦しみながらも安定したパフォーマンスを見せてきたことが、今季の戴冠に繋がったと語った。

”格好良いドライバー”の姿を、子供たちに見せていきたい……SF新プロジェクトにかける中嶋悟の想い

モータースポーツの将来を持続させていくための新プロジェクト『SUPER FORMULA NEXT 50』。この会見に登場した中嶋悟JRP会長は、”格好良い”レーシングドライバーたちの姿を、子供たちに見せていきたいと語った。

ブランドル、有名ラッパー”メーガン・ザ・スタリオン”にインタビューを拒絶され、話題に

元F1ドライバーであり、現在はF1中継のレポーターを務めているマーティン・ブランドルは、サーキットに訪れグリッドウォークに参加する有名人とその側近には「マナーと敬意」が必要だと主張した。

インディカー初テストを終えたヒュルケンベルグ、チームからは高評価「予想通り、全てにおいてかなりハイレベルなドライバー」

アロー・マクラーレンSPのチーム代表であるテイラー・キールは、初のインディカーテストを終えたニコ・ヒュルケンベルグにとても感銘を受けたと同時に、F1ドライバーとして期待に違わぬ才能を見せてくれたと語った。

【スーパーGT】38号車ZENT、怒涛のごぼう抜きで2位! 残り2戦での勝利目指す石浦宏明「今後に繋がる結果」

スーパーGT第6戦で2位に入った38号車ZENT CERUMO GR Supraの石浦宏明は、今回の結果が今後のレースに繋がるものになったと考えている。

レッドブルの”巧妙”戦略に屈したハミルトン……勝つために「何か他のことができたかは分からない」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPの決勝レースで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを打ち破るために何か他のことができたか分からないと語った。

【スーパーGT】39号車SARD、トラブルを抱えながらも粘りの5位「優勝争いがしたかった」

スーパーGT第6戦で5位に終わった39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraは、レース中にトラブルを抱えたことでペースが上がらなかったようだ。

無線交信が完全公開されるスーパーフォーミュラ、F1のような“高度な心理戦”が展開される?

来シーズンからチームとドライバーの無線交信が公開される予定のスーパーフォーミュラだが、現役ドライバー側もこれによってファンがより深くレースを楽しむことができると前向きに捉えている。

アロンソ、”コース外走行”許されたライコネンへの裁定に困惑「受け入れるしかないけど……」

フェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPでキミ・ライコネンがコース外走行でオーバーテイクしたのが許され、他のドライバーはそうでなかったことに困惑しているようだ。

ヒュルケンベルグ、視線はF1からインディカーへ「F1という名の列車はもう出発してしまった」

ニコ・ヒュルケンベルグのF1キャリアは、下位カテゴリーでの圧倒的な成績には釣り合わない不運の連続だった。アストンマーチンのリザーブ兼テストドライバーとして過ごす彼は、インディカーでの初テストに際し、過去を振り返り未来について語った。

ロッシ、最後のミサノで10位「ファンに最高のさようならとありがとう」愛弟子のタイヤ選択にはお怒り?

ペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは、MotoGPで最後のホームレースとなるエミリア・ロマーニャGPを終え、ファンに最高の形で感謝を伝えることができたと語った。

スーパーフォーミュラが一大プロジェクト始動!『ドライバーズファースト』『技術開発』『デジタルコンテンツ』の3本柱で更なる発展目指す

スーパーフォーミュラは、2022年以降のサステイナブルなモータースポーツ業界づくりを目的としたプロジェクト『SUPER FORMULA NEXT 50(ゴー)』をスタートさせることを発表した。

ハミルトン、アメリカでのF1人気上昇を喜ぶ「大きな可能性があることは、初めから分かっていた」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、アメリカでのF1人気が高まりつつあることを、喜んでいると語る。

勝利のカギは、フェルスタッペンのタイヤ管理。レッドブル代表「途中、勝てるかどうか疑った」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、第2スティントで使ったタイヤの状態を見て、F1アメリカGPでマックス・フェルスタッペンが勝てるかどうか自信が持てなかったという。

メルセデス代表、レッドブルの戦略に白旗「我々はあのタイミングでピットストップできなかった」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1アメリカGPで積極的なタイヤ戦略を採ったマックス・フェルスタッペンには敵わなかったと語った。

Moto3から飛び級で最高峰クラスへ……周囲からは疑問の声も「迷いはなかった」とダリン・ビンダー

RNFレーシングから2022年にMotoGPクラス昇格が決まったダリン・ビンダー。彼はMoto3からの飛び級での契約を、悩むようなことはなかったと語った。

マルケス「2日目までの天候不良が勝利の鍵だった」2019年以来の右回りコース優勝に喜び

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、MotoGPエミリア・ロマーニャGPで、右腕骨折後に初めて右回りのサーキットで優勝を果たした。彼によると、金曜日と土曜日に雨が降ったことが鍵だったという。

感情むき出しのクアルタラロ、昨年からは一変「冷静さがタイトルをもたらした」

新たなMotoGP世界王者となったヤマハのファビオ・クアルタラロは、第6戦イタリアGPでの優勝で得た自信がタイトル獲得に向けた“キーポイント”になったとし、冷静さを保ち続けた今シーズンを振り返った。

SF第7戦鈴鹿、スーパーGT第7戦もてぎで『ワクチン・検査パッケージ』を導入。条件満たした者に一部エリアのチケットを販売

鈴鹿サーキットで行なわれるスーパーフォーミュラ第7戦、ツインリンクもてぎで行なわれるスーパーGT第7戦では、イベントの人数制限緩和を目指す技術実証の取り組みとして『ワクチン・検査パッケージ』が導入される。

逆転タイトル目指すも届かなかったバニャイヤ「優勝か転倒しかなかった」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤはタイトル争いを賭け、優勝を目前にして転倒リタイヤしたことについて失望したとするも、優勝か転倒のどちらかにしかならなかったと認めた。

【ギャラリー】ファビオ・クアルタラロ、フランス人初のMotoGP王者に!

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPで、2021年シーズンのチャンピオンに輝いたヤマハのファビオ・クアルタラロ。フォトギャラリーで彼のタイトル獲得の瞬間をチェック。

ペレス、体調不良の”サバイバルモード”でも好アシスト「人生で最も長いレースだった……」

レッドブルのセルジオ・ペレスは、F1アメリカGP決勝で体調不良に悩まされながらも3位を獲得。人生で最も長いレースだったと語った。

新王者クアルタラロ、タイトル争いの重圧に「朝はご飯も喉を通らなかった……」

2021年のMotoGP王者に輝いたファビオ・クアルタラロ。彼はエミリア・ロマーニャGPの決勝前には、食事を摂るにも苦労するほどだったと明かした。

戦略バッチリで米国GP制覇。ホンダ田辺豊治TD「レッドブル・ホンダとして、チーム力を発揮できた」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、F1アメリカGP制覇を達成した。これについてホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、チームとして力を発揮できたと振り返った。

角田裕毅、F1アメリカGPを堅実に戦い抜き9位入賞「ソフトタイヤでのスタートを最大限に活かした」

F1アメリカGPの決勝レースで、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は9位入賞。不利と思われたソフトタイヤでのスタートを逆に活かし、ハンガリーGP以来のポイントを手にした。

”早め早め”のアグレッシブな戦略でアメリカGPを制したフェルスタッペン&レッドブル「勝てるかどうか確信が持てなかった」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、攻撃的な戦略を成功させてF1アメリカGPを制覇。しかし当初は、その戦略が勝つために十分なモノなのかどうか確信を持てなかったという。

【F1動画】2021年F1第17戦アメリカGP決勝レースハイライト動画

2021年のF1世界選手権第17戦アメリカGP決勝の模様を、DAZN提供のハイライト動画でプレイバック。最後の最後まで、手に汗握る激戦だった。

F1アメリカ決勝:フェルスタッペン、”攻撃的戦略”でハミルトンとの一騎打ちを制す! 角田裕毅も王者経験者とのバトル制し9位入賞

F1第17戦アメリカGPの決勝が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がレースを制した。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅も9位に入った。

F1アメリカGP決勝速報:フェルスタッペンがハミルトンとの激戦制す! 角田裕毅9位入賞

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがF1アメリカGPを優勝。2位にはメルセデスのルイス・ハミルトンが入った。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は10位入賞を果たした。

2021年 FIA F1世界選手権第17戦アメリカGP 決勝ライブテキスト

2021年のF1第16戦トルコGP決勝の模様を、ライブテキストでお届け。

ハミルトン、フェルスタッペンと1コーナーで接触しないことを望む……しかしそれで終わりではない?

メルセデスのルイス・ハミルトンは、タイトル争いのライバルであるマックス・フェルスタッペンとアメリカGPのスタート直後に接触しないことを望んでいるが、その時点で全ての決着がつくわけではないと考えている。

クアルタラロ、初タイトル獲得も「語る言葉がない!」世界王者の実感はこれからか

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPで、2021年シーズンのチャンピオンに輝いたファビオ・クアルタラロ。彼はMotoGPチャンピオンとなった喜びは「言い表せない」と語っている。

9番手から追い上げのボッタス、苦しい展開を予想「フェラーリやマクラーレンは抜くのが難しい」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1アメリカGPでフェラーリやマクラーレンを抜くのは難しいと認め、9番手からのリカバリーは難しいかもしれないと話した。

MotoGPエミリア・ロマーニャ決勝:新王者クアルタラロ誕生! バニャイヤ優勝目前もまさかの転倒&マルケス優勝

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行なわれ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが今季3勝目を達成した。

【リザルト】MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP|ファビオ・クアルタラロ、2021年チャンピオンに決定!

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP決勝が行なわれ、マルク・マルケスが優勝。またヤマハのファビオ・クアルタラロの2021年シーズンチャンピオンが決定した。

メルセデス、バンプ対策でセットアップを妥協「マシンが壊れるという”大惨事”を避けるため」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームが路面のバンプに対処してマシンを調整していなければ、アメリカGPを完走できないリスクがあったことを認めた。

【スーパーGT】8号車ARTA、ついに手にした今季初優勝。SF王者野尻が“覚悟と責任”を持ってチームを牽引

スーパーGT第6戦オートポリスで勝利を飾った8号車ARTA NSX-GT。先日スーパーフォーミュラでチャンピオンとなった野尻智紀は、今回のレースに向けてチームに多くの要求をしてきたという。

Moto2エミリア・ロマーニャ決勝:フェルナンデス、タイトル争いに手痛い転倒ノーポイント。優勝はサム・ロウズ

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はサム・ロウズだった。

マルケス、引退する”宿敵”ロッシに贈る言葉「彼のMotoGPでの功績は唯一無二」 エミリア・ロマーニャGP
ビデオ・インサイド

マルケス、引退する”宿敵”ロッシに贈る言葉「彼のMotoGPでの功績は唯一無二」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは宿敵バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)のキャリア最後となるホームレースを前に、ロッシがしてきたことは他にない格別なものであると語った。

【スーパーGT】今季無得点だった31号車プリウスが鮮やかポールトゥウィン。「好調の理由をしっかり見つけたい」と嵯峨宏紀

スーパーGT第6戦のGT300クラスで勝利を収めた31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTの嵯峨宏紀は、今後のレースに向けて好調の理由をしっかり洗い出したいと語った。

スーパーGT第6戦オートポリス決勝レポート(GT300):31号車プリウスが独走でポール・トゥ・ウィン

スーパーGT第6戦の決勝がオートポリスで行なわれ、31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTがGT300クラスの優勝を飾った。

【スーパーGT】勝てる自信しかなかった……ホイール脱落でリタイアの16号車大湯、コースサイドで悔しさあらわ

スーパーGT第6戦でポールポジションを獲得しながらもトラブルでリタイアに終わった16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTの大湯都史樹。レースペースへの手応えがあっただけに、悔しさをにじませた。

レッドブル、FP3でリヤウイングに”謎の亀裂”を発見。予選は乗り切るも「原因は分からない」

レッドブルはF1アメリカGPの予選を前に、マックス・フェルスタッペン車のリヤウイングに入っていた亀裂について、まだ原因は不明だと語った。

Moto3エミリア・ロマーニャ決勝:フォッジア優勝、タイトル争い更に僅差に。日本勢は佐々木が8位

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのMoto3クラス決勝が行なわれた。デニス・フォッジアが優勝し、タイトル争いのポイント差を縮めることに成功した。

伝説のF1王者フィッティパルディ「F1の年間23戦は多すぎる」と苦言

2度のF1チャンピオン経験者であるエマーソン・フィッティパルディは、2022年のF1が23戦もレースを開催するのは「多すぎる」と考えている。

参戦年齢引き上げに対しMotoGPライダー達がコメント、ロッシ「全ての問題を解決するとは思わない」

バレンティーノ・ロッシはMoto3やMoto2クラスの参戦可能年齢が18歳に引き上げられたことに対し、大きな違いだとするも根本的な問題は今のライディングスタンダードにあると語った。