F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
44 days
執筆者

戎井健一郎

戎井健一郎 の最新ニュース

グリッド
リスト

F2シュピールベルク2:レース2はルンガーが優勝。角田、佐藤はトラブルでリタイア

FIA F2第2戦シュピールベルクのレース2が行なわれ、ARTグランプリのルーキー、クリスチャン・ルンガーが優勝した。

F2シュピールベルク2:角田裕毅、レース1は悔しい悔しい2位。シュバルツマンが初優勝

FIA F2第2戦シュピールベルクのレース1が行なわれ、プレマのロバート・シュバルツマンが優勝した。ポールポジションスタートの角田裕毅は僅差の2位となった。

F3シュピールベルク2:レース1は天候悪化により途中終了。ベスティが初優勝飾る

FIA F3第2戦シュピールベルクのレース1は、天候悪化により24周中14周を消化したところで終了。プレマのフレデリック・ベスティが優勝した。

F2シュピールベルク2予選:角田裕毅、デビュー2戦目にして初のポールポジション獲得!

FIA F2第2戦シュピールベルクの予選が行なわれ、角田裕毅がポールポジションを獲得した。佐藤万璃音は11番手、松下信治は14番手だった。

F1オーストリアGP決勝:レッドブル・ホンダに悲劇。大サバイバル戦をボッタス制す

2020年のF1開幕戦オーストリアGPは、チェッカーわずか11台となる波乱のレースをメルセデスのバルテリ・ボッタスが制した。レッドブル・ホンダは2台共にトラブルに見舞われチェッカーを受けられなかった。

F3シュピールベルク:レース2はレッドブル育成のリアム・ローソンが優勝

FIA F3開幕ラウンドのシュピールベルク戦レース2は、レッドブル育成ドライバーのリアム・ローソンが優勝した。

F2シュピールベルク:周に不運、レース1はアイロットが制す。角田はほろ苦い初陣に

2020年FIA F2開幕ラウンドのシュピールベルク戦レース1が行なわれ、ユニ-ヴィルトゥオーシのカラム・アイロットが優勝した。日本勢最上位は松下信治の9位だった。

F1オーストリアFP3:またもメルセデスワンツー。フェルスタッペン、ペレスが続く

F1開幕戦オーストリアGPのフリー走行3回目が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手だった。

F1オーストリアFP2:メルセデス2台にペレスが続く。レッドブル・ホンダはスピン連発

F1開幕戦オーストリアGPのフリー走行2回目が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンが8番手、アレクサンダー・アルボンが13番手だった。

日本語習得にも“本気”デス! 来日2年目、サッシャ・フェネストラズの日常

今季はスーパーフォーミュラとスーパーGT GT500クラスに参戦するサッシャ・フェネストラズ。日本在住の外国人ドライバーは、コロナ禍による外出自粛期間中、どんな暮らしをしているのか?

驚きの番狂わせ優勝6:首位を次々と魔物が襲う……カオスなレースをハーバートが制す

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。1999年のヨーロッパGPは、首位を走行するマシンが次々と脱落する大波乱のレースとなった。中堅チームのスチュワートを駆るベテラン、ジョニー・ハーバートがトップチェッカーを受けようとは、誰も予想していなかった。

ホンダ勢の速さを警戒する前年王者キャシディ、中でも福住をマーク

VANTELIN TEAM TOM’Sのニック・キャシディは、スーパーフォーミュラ富士公式テストでホンダ/M-TECエンジン勢の速さを感じながらも、チームとしては満足のいくテストができたと語った。

「日本行きはステップダウンではない」セッテ・カマラ、SF初年度に油断はなし

2020年は日本に戦いの場を移すセルジオ・セッテ・カマラだが、スーパーフォーミュラは簡単には勝てないハイレベルなカテゴリーであると感じているようだ。

3人の“サムライ”のライバルとなるのは? 2020年F2参戦ドライバーをおさらい!

2020年のFIA F2には、角田裕毅、松下信治、佐藤万璃音という3人の日本人ドライバーが参戦する。今回は11チーム22名のラインアップを一気におさらい!

FEマラケシュ予選:ダ・コスタが今季初ポール。ギュンター、ロッテラー惜しくも届かず

フォーミュラE第5戦マラケシュePrixの予選が行なわれ、DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが今季初のポールポジションを獲得した。

何事にも動じぬ驚異のメンタル。角田裕毅、勝負の1年は「誰よりも速く走るだけ」

2020年からFIA F2に参戦する角田裕毅はF1昇格に向け、レッドブルやホンダなど、多くの人々の期待を背負っている。しかし彼はそれを重圧と感じておらず、とにかく速く走るだけだと語った。

アルファロメオ、開幕前テスト初日にニューマシン『C39』を発表

アルファロメオF1チームは2月19日、2020年シーズンを戦うニューマシン『C39』を正式に発表した。

松下信治、5年目の挑戦。大きな決断の裏にある“信念”と“手応え”

MPモータースポーツに移籍しFIA F2での5年目に挑む松下信治は、チームの体制強化に手応えを感じており、優勝、そしてタイトルを狙うことができると語った。

「ライバル達を驚かせる」F2で5年目迎える松下信治、新天地での活躍誓う

2020年はMPモータースポーツからFIA F2に参戦する松下信治が、チームのプレスリリースにコメントを寄せた。

若手コンビで浮上のきっかけ掴む! ウイリアムズ、2020年マシン『FW43』発表

ウイリアムズF1チームが、2020年マシンである『FW43』を発表した。

トヨタWRC今季初優勝! エバンスがラリー・スウェーデン制す

WRC第2戦ラリー・スウェーデンは、エルフィン・エバンスが優勝。トヨタが2020年シーズン初勝利を挙げた。

FEメキシコシティ決勝:ジャガーのエバンスが独走V。日産のブエミは3位表彰台

フォーミュラEシーズン6の第4戦メキシコシティePrixが行なわれ、ジャガーのミッチ・エバンスが今季初勝利を挙げた。日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミは3位に入り、今季初表彰台を獲得した。

3強にどこまで近付ける? マクラーレン、2020年マシン『MCL35』を公開

マクラーレンは、2月13日(木)にイギリスのウォーキングで2020年マシン『MCL35』を発表した。

目指すはトップ4以上? ルノー、ニューマシンR.S.20を”チラ見せ”

ルノーF1チームが、2020年シーズンを戦うマシンR.S.20を発表した。そのマシンの全貌は明らかにせず、一部を”チラ見せ”するにとどめた。